安定感欠くユナイテッド…アンリ氏は選手たちに苦言「監督が誰だろうと結果を出さなければ…」

2022.02.24 17:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏が、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちに苦言を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

ユナイテッドは数多くの栄冠をクラブにもたらしたサー・アレックス・ファーガソン氏が2013年に退任して以降、長期政権は実現しておらず、これまでデイビッド・モイーズ氏(現ウェストハム指揮官)、ルイス・ファン・ハール氏(現オランダ代表指揮官)、ジョゼ・モウリーニョ氏(現ローマ指揮官)、オーレ・グンナー・スールシャール氏らが指揮をとったが、いずれも3年ももたずにクラブを解任されている。

現在は昨年11月に就任したラルフ・ラングニック監督が指揮しているが、一部報道によると不安定な成績もあり、すでにロッカールームでの支持を失いつつあるとも言われ、不穏な空気が流れている。23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのアトレティコ・マドリー戦も、劣勢の中で辛くもドローとなった。

アトレティコ戦後、アメリカ『CBS Sports』に出演したアンリ氏はユナイテッドについて言及した際、選手たちの姿勢に苦言。これまで多くの監督が批判にさらされてきたが、一向に結果を出せない選手たちも責任を負うべきだと語った。

「私は普段、選手とやり合うのは好きじゃない。だが、彼らにはまず、これまで成功を収めてきたファン・ハールのような“教師”がいただろう」

「そして、選手たちはモウリーニョを "独裁者"と呼んでいたようだが、それは彼がこれでもかというほどやり過ぎたからだろうね。彼は選手に対して、あまりにも直接的であり、選手たちはそれを嫌ったのだろう」

「その後突然、彼らにはスールシャールという“友達”ができた。彼らがスールシャールを好んだのは、どちらかというと父親的な存在である、良い人だったからだ」

「いつになったら、選手たちの番になるのだろうか。彼らはこのクラブで成果を出す必要があるだろう。私はユナイテッドのファンではないが、このクラブでプレーする以上、監督が誰であろうと結果を出さなければならないはずだ」

「常に(責められるのが)監督である必要はないだろう。選手たちはパフォーマンスを発揮して、自分たちがどこにいるのか理解し始めないといけない。それが見られないのであれば、残念だね」

関連ニュース
thumb

レイプ、暴行、殺人脅迫の疑いで逮捕のグリーンウッドは保釈中…継続して捜査

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFメイソン・グリーンウッドが、保釈されたままの状態だという。イギリス『アスレティック』や『BBC』が伝えた。 大きな期待を寄せられていたグリーンウッド。しかし、イングランド代表としてデビューした直後に、新型コロナウイルス(COVID-19)のプロトコル違反を犯して追放。その後は招集もされていなかったが、今年1月31日にレイプと暴行疑惑で逮捕。2月1日には性的暴行と殺人の脅迫の疑いで逮捕されていた。 ピッチ外での不祥事に、クラブも声明を出し、解決するまでの活動停止を言い渡すことに。また、エレクトロニックアーツ(EA)は『FIFA 22』からグリーンウッドを削除。スポンサー契約を結んでいた「ナイキ」も契約を終了するなど、大きな問題に発展していた。 そのグリーンウッドに関して、24日にグレーター・マンチェスター警察が声明を発表。グリーンウッドは保釈された状態だとした。 「昨日の審問の結果、2022年1月30日にレイプ、暴行、殺害の脅迫を行った疑いで逮捕された20歳の男は保釈中である」 「保釈審査の結果は、捜査の進行に影響をてないため、グレーター・マンチェスター警察は容疑者が起訴されるか、更なる措置に直面して釈放されるまで、最新情報は提供しない」 依然として、罪に問われるかどうかがハッキリしていない状況。『アスレティック』によれば、ユナイテッドの最新の声明も以前と変わらないという。 「マンチェスター・ユナイテッドは、あらゆる種類の暴力を強く非難することを改めて表明します」 「以前から伝えているように、メイソン・グリーンウッドは追って通知があるまで、クラブのためにトレーニングをしたりプレーしたりすることはありません」 なお、グリーンウッドはこの事件について一際コメントしていない。 20歳ながら、ユナイテッドでは公式戦129試合で35ゴール12アシストを記録。イングランド代表デビューも果たしていたが、このままキャリアが終わってしまうのだろうか。 2022.06.24 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

退団希望は本気? C・ロナウドが市場で無力なクラブに嫌気、タイトル争えなければ…

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、本格的に退団を考えているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 昨夏、電撃的にユベントスを退団し、古巣であるユナイテッドに移籍加入したC・ロナウド。チームの成績は芳しくない一方で、個人としてはプレミアリーグ30試合に出場し18ゴール3アシストと奮闘。チャンピオンズリーグでも7試合で6ゴールとしっかりと結果を残していた。 新シーズンからエリク・テン・ハグ監督がチームを指揮する中、C・ロナウドについても非常に重要な戦力と語っていた中、C・ロナウドも監督と会談をしているとのこと。チームの変化を信じている一方で、クラブに嫌気がさしているという。 一部で報じられた退団希望だが、どうやら案外本気の様相。『レコルド』によれば、C・ロナウドは周囲に退団を望んでいることを漏らしているとのこと。その大きな理由は、やはりチームの補強策のようだ。 テン・ハグ監督の目指すサッカーには信頼を置いている一方で、今夏の移籍市場で動きが鈍いクラブに嫌気がさしているといわれ、特にダルウィン・ヌニェスの争いに無力だったチームにガッカリしている様子だ。 すでに、チームはエディンソン・カバーニ、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、ジェシー・リンガード、フアン・マタが退団。一方で、リバプールとのダルウィン・ヌニェスの争いには見向きもされずに敗北。バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得が話題に上がっているが、一向に話は進展していないのだ。 C・ロナウドが最終決断を下していないものの、残り契約期間は1年。クラブが体たらくぶりを見せ続ければ、他クラブへの移籍の可能性は低くなく、一部ではバイエルンが獲得に興味を持っているともされている。果たして、どのような決断を下すのか。来週にはトレーニングに戻るとも言われているが、去就に注目が集まる。 2022.06.24 21:53 Fri
twitterfacebook
thumb

カラスコにプレミアの強豪3クラブが関心!

アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニック・カラスコ(28)にプレミアリーグの強豪3クラブが関心を強めているようだ。スペイン『アス』が報じている。 シーズンを通してパフォーマンスに波はあるものの、本職の左ウイングに加えて、左右のウイングバックやサイドハーフで、ディエゴ・シメオネ率いるチームの崩しの起点を担うカラスコ。 そのベルギー代表に関しては、今夏の移籍市場でトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドというプレミアリーグのビッグクラブが獲得に動いているようだ。 クラブとの現行契約は2024年まで残っており、アルゼンチン人指揮官の信頼も厚いカラスコに関して、クラブは来シーズン以降も重要な戦力として考えているという。 ただ、6000万ユーロ(約85億5000万円)に設定されている契約解除金は前述のクラブにとって十分に支払い可能な金額だ。また、カラスコのサラリーはチーム平均の金額で、年俸1000万ユーロ(約14億2000万円)超えのGKヤン・オブラクやMFコケ、FWアントワーヌ・グリーズマンらとは大きく開きがある。そのため、選手サイドがより好条件でのプレーを希望した場合、同選手を失う可能性が十分に考えられるようだ。 とはいえ、現時点で前述のクラブは公式な動きは見せておらず、アトレティコとカラスコの間で条件を改善した新契約を結ぶ可能性も除外されていないという。 2022.06.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

SB余剰のユナイテッド、レンタル先で躍動の21歳B・ウィリアムズを16億円で売却へ

マンチェスター・ユナイテッドはU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズ(21)の売却を厭わない考えのようだ。 ユナイテッド下部組織出身の左サイドバックであるウィリアムズは、昨夏にプレミアリーグへ昇格したノリッジ・シティに1年レンタルで加入。チームは1シーズンでチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格となってしまったが、自身は公式戦通算28試合に出場するなど、武者修行先で一定の出場機会を得ていた。 今シーズン終盤には物議を醸すSNS投稿も話題となったウィリアムズだが、新シーズンはユナイテッドの一員として迎える予定になっている。しかし、イギリス『サン』によると、ユナイテッド側は1000万ポンド(約16億5000万円)のオファーが届けば売却を躊躇しない考えとのことだ。 一時期はオーレ・グンナー・スールシャール元監督に重宝され、すでにユナイテッドでの公式戦出場が50試合まで達しているウィリアムズ。だが、エリク・テン・ハグ新監督からは重要な戦力と見なされておらず、左サイドバックにはイングランド代表DFルーク・ショーとブラジル代表DFアレックス・テレスの実力者2人がいる状況。また右利きながら左サイドバックを務めているが、右サイドバックにも元イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトがおり、テン・ハグ監督や首脳陣らは地元出身の21歳に継続的なプレー時間を与えることは困難と判断したようだ。 また、今年3月には選手本人も必ずしもオールド・トラッフォードでキャリアを続けることが全てではないという旨の発言をしていることから、今夏に限らずとも新天地を求めてクラブを離れる可能性は捨てきれないと考えられる。 2022.06.24 11:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバはやはりユベントス入り、すでに原則合意で契約条件を調整中か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)。ユベントス移籍が近づいているとされる中、その動きが芳しくない。 メディカルチェックも一部を終えているとされているポグバだが、どうやら移籍に関しては原則的に合意に達しているとイタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 『スカイ・スポーツ』によれば、細部を詰めているとのことで、契約期間が3年+1年の延長オプションになるか4年になるかが争点のようだ。 また、ポグバは7月に入ってから契約にサインするとされ、あと1週間はかかる見込み。パリ・サンジェルマン(PSG)の噂も出た中、ユベントス入りはほぼ確実にようだ。 ユナイテッドとユベントスの間を行き来しているポグバ。ユベントスで輝きを放ち、期待を受けて6年前にユナイテッドに復帰したものの、獲得したタイトルはEFLカップとヨーロッパリーグの2つ。近年はサポーターにブーイングされるなど、関係は良いとはいえず、潮時と言えるだろう。 2022.06.24 10:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly