【J1開幕直前ガイド|川崎フロンターレ】2チーム目のリーグ3連覇なるか、継続と成長がカギに

2022.02.17 21:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、いよいよ2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

川崎フロンターレ
2021シーズン成績:優勝(28勝8分け2敗)

◆戦力分析

例年通り昨シーズンの戦力をベースに、大幅な入れ替えを行わないオフシーズンとなった。

即戦力としてはタイ代表MFチャナティップ(←北海道コンサドーレ札幌)とMF瀬古樹 (←横浜FC)といったところだろう。大卒ルーキーも3名いるが、U-22日本代表でもあるMF松井蓮之(←法政大学)がどこまで試合に絡んでくるかだ。

昨シーズンはルーキーのMF橘田健人が開幕から試合に出場すると、MF大島僚太のケガやMF田中碧のデュッセルドルフ移籍などもあり徐々にチームに欠かせない存在に。終盤は定位置を掴みかけていただけに、その存在はリーグ連覇に大きく作用した。

今シーズンのポイントはチーム全体のレベルアップ。序盤戦はケガのDFジェジエウが居ないだけに最終ラインも苦戦を強いられる可能性もある。さらに悔しい思いをしているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)には今シーズンも出場。アジアの舞台でも結果を残しながら、リーグ戦でも3連覇を目指すとなると、チームの選手層の厚さが重要だ。

主軸は割と固定されている川崎F。ケガ人やコロナの読めない状況もあるだけに、いかにチーム力を高く保つか。昨年は多くのチャンスが得られなかった選手も、チームにフィットしてパフォーマンスを出すことが求められそうだ。

◆目標

鬼木達監督が率いて6年目。すでに4度のリーグ優勝を達成しているが、3連覇に挑戦するのはこれで2度目だ。2019シーズンも3連覇を目指したが、勝ち切れない試合が増えて4位に終わっていた。

当然今シーズンの目標はリーグ3連覇。しかし、それだけでは終われない。ACLの優勝、そしてYBCルヴァンカップ、天皇杯と獲得できるタイトルは全て狙っていくことになる。

そのためにはチームとしての強さが求められるが、戦力も充実し、チームとしてのコンセプトも十分把握している選手が多いため、不安要素は少ない。あとは、各クラブの川崎F対策をしっかりと打破していけるか。「FUJIFILM SUPER CUP2022」では浦和レッズを前に苦戦。チームとして、課題も浮き彫りになっていた。

新戦力のフィットをいかに早め、川崎F特有の選手たちが自然に呼応して動くサッカーを早い時期に見せられるか。リーグ3連覇はそこに懸かっているだろう。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF脇坂泰斗(26)

今シーズンの注目選手としては新たな「14」となる脇坂泰斗を挙げたい。

2018年に阪南大学から加入した脇坂。下部組織でも育った男は、4年間特長を磨いて古巣に復帰した。しかし、プロ1年目は天皇杯の1試合に出場したのみ。一方同期であるMF守田英正は日本代表に選ばれるなど悔しい思いをした。

その脇坂は2年目にJ1デビューを果たすと、3年目はポジションを掴むことに成功。昨シーズンはチームの軸として攻撃を牽引。日本代表にも選出される活躍を見せ、ベストイレブンにも選出された。

その脇坂は決意を新たに背番号を「14」に変更。クラブのバンディエラである中村憲剛がつけていた番号として有名だろう。脇坂は「今シーズンは見てもらいたいという強い気持ち」と14番をつける意味についてコメントしており、3連覇へと導く活躍を見せて「14」を自分のものにできるかに注目だ。

◆注目ポイント

やはりなんといっても鹿島アントラーズ以来の3連覇が注目ポイントだ。大きくは変化しないながらも、強かにウィークポイントを改善していく川崎F。一方で、対戦相手は常に川崎Fを倒そうと躍起になり、自然と包囲網が出来上がる状況だ。

その中で、しっかりと勝ち点を重ねて3連覇を成し遂げられるのか。そして、結果を出せていないアジアで、Jリーグ最強チームが通用するのかにも注目だ。その点では、新加入のチャナティップの活躍も気になるところ。アジアの舞台でチャナティップが躍動するのか。王者の戦いは全て注目に値する。

関連ニュース
thumb

「高校の国体以来かも…」」TBS齋藤アナが板倉滉との2ショットを披露!過去に横浜FMのユースに在籍

TBSの齋藤慎太郎アナウンサーが4日にインスタグラムを更新。ボルシアMGの日本代表DF板倉滉との2ショットを披露している。 カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選考前最後の実戦となった9月のキリンチャレンジカップ2022。日本代表は1勝1分けという結果に終わった。 齋藤アナもトレーディングキャンプを行っていたドイツへ取材に向かっていたが、「仕事の合間で、板倉滉選手と会うことができました」とその合間でケガで代表から外れていた板倉とも会っていたようだ。 「滉くんとちゃんと話したのは、高校の国体以来かも…」と久々の再会だったことを明かし、「怪我をしていてもポジティブで、自分も頑張らねばと奮い立たされました」とエネルギーを貰ったとした。 「遠い海外でのご活躍、心から応援しています!!!」とエールを送った齋藤アナだが、ファンからは「格好いいツーショット」、「美男子の2ショットは画になりますね」、「素敵なお写真」といったコメントも集まっている。 横浜F・マリノスユースに所属していた経歴のある齋藤アナは、2013年に国民体育大会に神奈川県選抜として出場。その際に板倉や日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)ともプレーしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉と齋藤アナの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">齋藤慎太郎 / TBSアナウンサー(@shintarosaito_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

26(フロ)周年の川崎Fが記念のトリプルコラボスニーカーを発売!デザインはやっぱり「風呂」

川崎フロンターレは3日、クラブ設立26(フロ)周年を記念したオリジナルのコラボスニーカーを販売することを発表した。 川崎Fとサプライヤーを務める『プーマ』、そしてスニーカーショップ『atmos』のトリプルコラボスニーカー「SUEDE VTG MIJ FRONTALE atmos」は、厳選された素材を使い、国内の工場で生産する匠の技が光るPUMA SUEDEの最高峰「MADE IN JAPAN」であるPUMA MIJをatmosとコラボして作り上げた。 アッパーには、日本最大の皮革産業地域である兵庫県姫路市で生産された「姫路レザー」を採用し、歴史的に古くから続く生産手法によって、革本来の風合いを最大限に活かした「プレミアムスエード」を採用している。 そして、フォームストリップとインソールには、川崎Fと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けた今シーズンのユニフォームのグラフィックがプリントされている。 また、シュータンには川崎Fのロゴ入りの特別な織ネームが採用され、インソールには、川崎F、atmos、、プーマのロゴがプリントされたクラブ設立26周年のアニバーサリーイヤーを記念するにふさわしいこだわりの一足に仕上がった。 価格は22,000円(税込)、サイズは23cmから29cmまで展開されており、29日から限定250足で予約開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】風呂のタイルがデザインに施された川崎Fのオリジナルスニーカー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>Look forward to it!!<br>\<br><br>&quot;PUMA×atmos×FRONTALE&quot;の初コラボが決定<br>川崎フロンターレ26周年を記念し、オリジナルのコラボスニーカー「SUEDE VTG MIJ FRONTALE ATMOS」22,000円(税込)を販売いたします<br><br><a href="https://t.co/lPwRXE0cqB">https://t.co/lPwRXE0cqB</a><a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://twitter.com/PUMA_JPN?ref_src=twsrc%5Etfw">@PUMA_JPN</a> <a href="https://twitter.com/atmos_tokyo?ref_src=twsrc%5Etfw">@atmos_tokyo</a> <a href="https://t.co/8jItF1rJHu">pic.twitter.com/8jItF1rJHu</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1576920026245828608?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjQNJrgPj-n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjQNJrgPj-n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjQNJrgPj-n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yasuto Wakizaka / 脇坂 泰斗(@yasuto_wakizaka)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

逆転に次ぐ逆転劇…札幌がラストプレー弾で川崎との102分の激闘制す! 興梠と小林が快記録達成 【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節、北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが1日に札幌厚別公園競技場で行われ、4-3で札幌が勝利した。 残留が目標の札幌と、逆転優勝を目指す川崎の一戦。直近の札幌は好調で、9月は横浜FM相手の引き分けを含めて2勝1分け無敗だった。一方の川崎は、9月は延期されていた名古屋戦を含めて1勝2分け1敗といまいちな戦績に。今節は3試合ぶりの白星を狙う。 序盤から主導権の激しい奪い合いが展開された中、先にチャンスを迎えたのはアウェイの川崎。11分、速攻でマルシーニョが右サイドから侵攻し、その折り返しを家長がシュート。左足アウトサイドで合わせた巧みなシュートだったが、惜しくもクロスバーに嫌われた。 札幌も負けじと攻撃に出る中、25分に荒野が負傷し、興梠を緊急投入する事態に。そんな札幌を尻目に川崎は30分、ボックス手前でボールをキープしていた登里からヒールパスが橘田に繋がると、ゴール前にへ飛び込むその橘田が岡村に倒されPKを獲得。これを家長が決めて先制に成功した。 しかし、川崎相手に勇敢に攻める札幌は33分に同点に追いつく。自陣右サイドで金子がパスカットし中央のルーカス・フェルナンデスへ供給。さらにボックス左の興梠へ展開し、そこからゴール前に走り込むルーカス・フェルナンデスへ折り返し。相手に当たって上手く繋がらなかったものの、こぼれ球をルーカス・フェルナンデスが蹴り込んでネットを揺らした。 札幌はさらに畳みかけていく。まずは38分、速攻の流れからガブリエル・シャビエルが放ったミドルシュートがネットを揺らすが、シュートコースにいた青木がオフサイドと判断され、ゴールは認められず。それでも41分、味方のパスに反応したルーカス・フェルナンデスが遅れてチャージに入った佐々木に倒されPKを獲得。これを興梠が決めて逆転した。 なお、興梠はこれでJリーグ通算162点目。佐藤寿人氏を抜いて191得点の大久保嘉人氏に次ぐ単独2位に浮上した。 珍しく逆転を許してしまった川崎。45分に脇坂のシュートが左ポストに阻まれるなど、運にも見放されてしまう。後半からは佐々木を下げて代表帰りの山根を投入し、まずは同点を目指す。 57分にはシミッチとジェジエウを下げて小林と谷口を送り込む。小林は2017年以降、札幌戦は10試合連続得点を挙げ、合計12得点を記録している。 するとその3分後、小林が早速ゴールに絡む。60分、脇坂の浮き球のパスを小林がヘディングシュート。これはGK菅野に止められるが、こぼれ球を巡って混戦となったところで知念が押し込んでゴールイン。ネットは揺れなかったものの、リプレイで確認した結果、ラインを割っていたとしてゴールが認められた。 これで勢いを取り戻したアウェイチームは、69分に小林にもゴールが生まれる。カウンターからその小林がボールを持ち運び、左のマルシーニョに展開。ボックス手前で再び受け直し、右足一閃。これがDFの間を抜けてゴール左下に決まった。 小林はこれで札幌戦11試合連続ゴール。興梠に続いてまた一つ快記録が生まれたが、試合はここから混沌さを増していく。 83分、札幌は左サイドで青木がドリブルで仕掛け、右サイドへ展開。ルーカス・フェルナンデスがライン際から右足でクロスを上げると、シャビエルが頭で合わせて三度同点に。 さらにその直後、川崎のキックオフで始まるやいなや、ボールを奪った札幌が敵陣中央のキム・ゴンヒを経由してシャビエルに供給。ゴール前に飛び出そうとしたところ、背後から橘田のファウルを受けて転倒。橘田は決定機阻止で一発退場が言い渡された。 ここでFKかPKかの判断で時間がかかった上、シャビエルと交錯したGKチョン・ソンリョンの治療のため試合が止まっていたため、後半のアディショナルタイムは12分に設定された。 白熱の試合がこのまま終わるはずがなく、同点で波に乗る札幌は98分に最後尾からのロングパスに反応したキム・ゴンヒが、競り合う山根のトラップミスを奪ってシャビエルのゴールをアシスト。これで逆転かに思われたが、味方のパスの時点でキム・ゴンヒがオフサイドポジションにいたため、ノーゴールに。 それでもドラマは最後に待っていた。102分、札幌は田中駿汰が自陣右サイドから一気に前線へロングボールを送り、受けたキム・ゴンヒがドリブルを開始。ボックス手前左でゴール前に走る小柏にパスを出すと、小柏は相手を背負った状態で前を向いて左足一閃。これがゴール右下に決まり、土壇場で勝ち越しゴールを挙げた。 両チームによる逆転に次ぐ逆転劇はホームの札幌に軍配。一方、逆転優勝を目指す川崎にとっては痛恨の敗戦となった。 北海道コンサドーレ札幌 4-3 川崎フロンターレ 【札幌】 ルーカス・フェルナンデス(前33) 興梠慎三(前41) ガブリエル・シャビエル(後38) 小柏剛(後45+12) 【川崎F】 家長昭博(前30) 知念慶(後15) 小林悠(後24) 2022.10.01 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:札幌vs川崎F】今節も苦しめるかマンツーマンディフェンス、川崎Fは勝利あるのみ

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2022年10月1日(土) 16:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(11位/35pt) vs 川崎フロンターレ(2位/54pt) [札幌厚別公園競技場] ◆マンツーマンディフェンスで封じ込めるか【北海道コンサドーレ札幌】 どちらかといえば残留争いに足を踏み込んでしまう可能性がある札幌。それでも9月の3試合で復調を見せた。 後半戦は黒星が先行し、8月までは9試合で2勝2分け5敗だった。それでも9月の3試合で2勝1分けで勝ち点を積み上げ、降格圏転落を逃れることとなった。 残り5試合。前節はVARに救われた部分もあったが、首位チーム相手にゴールレスドローに持ち込む粘りを見せた。 特に改善されたのは守備。2試合連続無失点という状況だが、今節の相手は川崎f。攻撃力は知っての通り。横浜FMを相手に無失点に抑えただけに、今節も継続して失点を避けていきたい。 思えば、この相手から自信を掴んだマンツーマンディフェンス。その成果はボールを保持する相手に有効で、上位であっても苦しめる戦いをしている。今節もその力を発揮することができるか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、岡村大八、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成、高嶺朋樹、ルーカス・フェルナンデス MF:小柏剛、青木亮太 FW:ガブリエウ・シャビエル 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆勝ち続けるしかない【川崎フロンターレ】 今シーズンも残り5試合。逆転での3連覇に向けて、チャンスは限られてきた。 中断前に連続ドローを喫したことは痛恨の極みだろう。勝ち点差を詰めなければいけない中で、逆に離されてしまっただけに、厳しさは増している。 勝ち点差は「5」。相手が取りこぼさない限り優勝はない。ただ、取りこぼさないとは言えない。自分たちが勝ち点15を積み上げることで、プレッシャーをかけるしかない状況だ。 日本代表の活動から帰ってきた山根視来、谷口彰悟のコンディションは気になるが、そんなことを言っている状況ではない。しっかりと中断期間に調整した選手たちが攻撃力を最大限に出して戦えば、望む結果が得られるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、橘田健人 FW:家長昭博、知念慶、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.10.01 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

3連覇目指す川崎Fに衝撃? マルシーニョにエジプトの名門アル・アハリが獲得に接近と現地報道…移籍金は2億円超か

川崎フロンターレのブラジル人MFマルシーニョ(27)が、エジプトに移籍する可能性が高いようだ。エジプト『King Fut』が報じた。 2021年8月にフリーだったマルシーニョは川崎Fへと加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで11試合に出場し1ゴール4アシスト、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 しかし、今年は持ち前のスピードと突破力を生かし、左ウイングに定着。J1では25試合で9ゴール3アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5試合で1ゴール1アシストを記録するなど、リーグ3連覇を目指すチームの主軸としてプレーを続けている。 そのマルシーニョだが、突如として浮上したのがエジプトへの移籍。強豪のアル・アハリが獲得に興味を示し、合意に近づいているという。 これまでブラジル国内のインテルナシオナルやフォルタレザでプレーし、中国スーパーリーグの重慶力帆でもプレー。その後、川崎Fへと移籍してきた。 アル・アハリはシーズンがこれから開幕を迎えることとなり、日本でパフォーマンスを発揮しているマルシーニョに目をつけたという。 『King Fut』によれば、アル・アハリは150万ドル(約2億1700万円)の移籍金を提示したとのこと。新シーズンに向けて4人目の補強になるとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻すぎるマルシーニョのハットトリック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AJpNlRv9u7c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.30 18:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly