降格危機ボルドーがジダン元副官ベットーニ氏招へいに動く

2022.02.09 23:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルドーが新指揮官候補としてジネディーヌ・ジダン氏の右腕として知られるダビド・ベットーニ氏(50)とコンタクトを取っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

ボルドーは今シーズンから前スイス代表監督のウラジミール・ペトコビッチ監督(58)を招へい。過去にラツィオでも優れた手腕を発揮した名将の就任によって開幕前はポジティブなムードに溢れていたが、ここまでのリーグ・アンで4勝8分け11敗の19位に低迷。とりわけ、リーグワーストの58失点と守備が完全に崩壊している。

今冬の移籍市場では前リヨンDFマルセロを始め、ヴォルフスブルクから元フランス代表MFジョシュア・ギラヴォギ、マルメからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFアネル・アフメドジッチという実力者を補強。しかし、直近のスタッド・ランス戦では0-5の惨敗を喫し、クラブ首脳部はペトコビッチ監督の更迭を決断。

現在、正式に解任はアナウンスされていないが、ペトコビッチ監督がクラブを去ることは確実となっている。

そういった中、クラブはレアル・マドリーで長らくジダン氏の副官として戦術面や日々のトレーニングの指導を担当していたベットーニ氏の招へいに向け、スポーツ・ディレクターであるアドマー・ロペス氏が話し合いの場を持ったようだ。

そして、クラブの首脳部の決定次第では、近日中に正式な面接が行われることになる模様。

現役時代にカンヌのユースチームでジダン氏と知り合ったベットーニ氏は、現役引退後にその古巣のユースチームで指導者キャリアをスタート。その後、ジダン氏の監督キャリアスタートに伴い、レアル・マドリー・カスティージャから副官を務め上げ、エルブランコでの多くの成功をともに分かち合った。

ただ、監督として独り立ちを目指す同氏は、昨夏にジダン氏がマドリーの指揮官を退任したタイミングで、一度袂を分かつ決断を伝えていた。

フランス『RMC』によると、すでにルディガルシア氏やジョアン・サクラメント氏らは新監督候補から外れており、ベットーニ氏以外では前スタッド・ランス指揮官のダビド・ギヨン氏、前コートジボワール代表指揮官のサブリ・ラムシ氏らが候補に挙がっているという。

関連ニュース
thumb

3部降格危機のボルドー、今季リーグ・アン最下位のダビド・ギヨン監督と契約更新

ボルドーは23日、ダビド・ギヨン監督(54)と契約を1年延長したことを発表した。 これまでスタッド・ランスでユースやリザーブ、トップチームの監督を歴任してきたギヨン監督は、今年2月にボルドーの監督に就任。当時リーグ・アン19位に低迷していたことで前任のウラジミール・ペトコビッチ監督が解任され、シーズン終了後まで手綱を握ることになった。 ところが、立て直すどころか、ギヨン監督のチームは以降は2勝しか挙げられず、結局最下位でフィニッシュ。6勝13分け19敗、91失点という成績で30年ぶりのリーグ・ドゥ(フランス2部)降格が決定した。 だが、ボルドーはさらなる困難に立たされている。今月14日、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)は、財政問題を理由にボルドーに対してナシオナル(フランス3部)への降格を言い渡した。 ただ、昨シーズンもDNCGから2部降格を宣告されたボルドーは、異議申し立てを行った結果、最終的に財政状況の改善が認められたこともあり、逆転でのリーグ・アン残留を勝ち取っていた。 そして今回も異議申し立てを行い、3部降格の回避に向けて動いているようだ。 そんな中で、この度クラブとギヨン監督は2023年夏まで契約を延長。果たしてボルドーの舞台は2部リーグか3部リーグか…。 2022.06.23 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

財政問題抱えるボルドーに3部降格宣告…今後数週間で財務状況改善図る

財政問題を抱えるボルドーがナシオナル(フランス3部)降格を言い渡された。 今シーズンのリーグ・アンを最下位で終え、リーグ・ドゥ(フランス2部)降格が決定したボルドー。 さらに、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)は14日、財政問題を理由にボルドーに対してナシオナルへの降格を言い渡した。 ただ、昨シーズンにもDNCGから2部降格を宣告されたボルドーは、異議申し立てを行った結果、最終的に財政状況の改善が認められたこともあり、逆転でのリーグ・アン残留を勝ち取っていた。 そのため、今回に関しても異議申し立てを行い、その後2週間に渡るDNCGとの再度のヒアリングを行い、財務計画が承認された場合、3部降格を回避できる可能性は残されている。 なお、フランス『RMC Sport』によると、ボルドーは現時点で4000万ユーロ(約56億円)の赤字を抱えているが、ジェラール・ロペス会長はDNCGの説得を試みているという。 フランス『Sud Ouest』によると、ロペス会長は自身が経営する『Jogo Bonito』社から1000万ユーロ(約14億円)を調達しつつ、負債の半分にあたる2600万ユーロ(約36億4000万円)を同社に移管する計画を持っているという。 さらに、今月末までに選手の売却によって2200万ユーロ(約30億8000万円)の資金調達を計画に盛り込んでいるとのことだ。 ただ、現時点でDNCGはボルドーの財務計画に納得しておらず、今後数週間で劇的な財務状況改善を図る必要があるようだ。 2022.06.15 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWファン・ウィジョに仏2クラブとドイツから関心

ボルドーに所属する韓国代表FWファン・ウィジョ(29)は、リーグ・アンの2クラブやドイツ行きの可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今シーズンのリーグ・アンを最下位で終え、2部降格が決定したボルドー。さらに、以前から財政問題を抱えるクラブは、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)の勧告によって、今夏の移籍市場での大幅な人員整理が求められている状況だ。 『レキップ』によると、クラブは今夏の移籍市場で16~18人の退団が見込まれており、その中でファン・ウィジョとカメルーン代表MFジャン・オナナ、ホンジュラス代表FWアルベルト・エリスの3選手にはすでに幾つかのクラブからオファーが届いているという。 2019年夏にガンバ大阪から加入し、ここまでリーグ戦92試合29ゴール7アシストの数字を記録する韓国代表FWは、今シーズンも11ゴールを挙げており、国内での評価は高い。 そして、現時点ではフランス人FWコロ・ムアニ、イングランド人FWステフィー・マヴィディディと、いずれも主力ストライカーの退団が決定的なナントとモンペリエの2クラブが獲得に興味を示している模様だ。 加えて、具体的なクラブ名は出ていないが、ブンデスリーガからも関心が示されているという。 なお、韓国代表に合流中のファン・ウィジョは、先日にブラジル代表との国際親善試合前のインタビューで、「将来のことは誰も分からない。良いチームがあればできるだけ早く移籍、新しい環境に適応する時間を十分確保したい」と、ボルドーからの移籍の可能性を認めていた。 2022.06.08 22:32 Wed
twitterfacebook
thumb

コシエルニーと共に人種差別問題に揺れたコスティルがボルドー退団…現役は続行へ

ボルドーは7日、元フランス代表GKブノワ・コスティル(34)の退団を発表した。 これまでにカーンやスダン、スタッド・レンヌなどフランスのクラブを渡り歩いてきたコスティルは、2017年夏にボルドーに加入。初年度から5シーズン連続で守護神の座を守り続け、2017-18シーズンの途中からはキャプテンマークを巻いてゴールマウスに立った。 通算では公式線182試合に出場してきたが、今年3月にDFローラン・コシエルニーと共にボルドー最大のサポーターグループである『ウルトラマリン』に対して人種差別行為を働いたと報じられ、衝撃が走っていた。 2人は報道を否定したものの、コシエルニーは当時戦力外となっていたこともあり、同月に現役引退を発表。そしてこの度、コスティルも6月30日の契約満了をもってボルドーを退団する決断を下した。 なお、ボルドーによると、コスティルは今後も現役を続ける意欲を見せているとのことだ。 2022.06.07 19:49 Tue
twitterfacebook
thumb

降格カリアリが逸材WBベッラノーバを買取! 今夏ビッグクラブ行きが既定路線

カリアリは31日、ボルドーからレンタル中のU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 ミランのプリマヴェーラ育ちのベッラノーバは2019年にボルドーに完全移籍。しかし、フランスの名門ではほぼプレー機会がなく、アタランタ、ペスカーラと母国クラブへの武者修行を経て、昨夏にカリアリへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していた。 カリアリではチームが18位で降格の憂き目を味わうも、個人としてはセリエAで31試合に出場し、1ゴール2アシストを記録。188cmの恵まれた体躯と、驚異的な運動量、スピードを武器に右ウイングバックの主力として印象的なパフォーマンスを披露していた。 なお、今回のオプション行使によってひとまず保有権はカリアリとなったが、リーグ屈指の若手ウイングバックに対してはインテルを中心に国内のビッグクラブがこぞって関心を示しており、今夏のステップアップが既定路線だ。 2022.05.31 23:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly