「涙が出そうになった」試合終盤に息子投入のポルト監督、劇的逆転弾に歓喜の抱擁&口づけ「健全な父と息子の瞬間」

2022.01.13 08:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
期待に応えた息子を父親指揮官が盛大に祝福する様子が大きな注目を集めている。

プリメイラ・リーガで首位に立つポルトは8日、MF食野亮太郎を擁するGDエストリル・プライアとアウェイで対戦した。

2点を先行されて前半を終えるという難しい展開を強いられたが、後半の立ち上がりにメフディ・タレミ、さらに84分にはルイス・ディアスがゴールを奪い、終盤に試合を振り出しに戻した。

勢いのままにもう1点が欲しいセルジオ・コンセイソン監督は、87分に息子のフランシスコ・コンセイソンへ声をかけ、ピッチへと送り出す。すると、この交代が見事に的中。投入からわずか2分後、フランシスコは左からのクロスに飛び込み、劇的な逆転ゴールをたたき込んだ。

殊勲のゴールを挙げ、高揚してユニフォームを脱いでピッチを駆けるフランシスコ。チームメイトの祝福を受けてもみくちゃにされながら、父親とも喜びを共有しようと、それを潜り抜けて父親の下へと走っていった。

同様に昂っていたセルジオ・コンセイソンも息子を迎え入れて抱き留めると、激しい口づけでヒーローを歓迎。さらには手荒い祝福でフランシスコと歓喜を分かち合った。

ゲーム終盤に生まれた親子の絆にはファンも感無量の様子。「なんて美しい」、「一緒に祝う父を探すフランシスコの決意よ」、「健全な父と息子の瞬間」、「涙が出そうになった」などの声が寄せられている。

このゴールが決勝点となり、3-2の逆転勝ちでエストリルを退けたポルト。親子で結果を残し、首位をキープしている。



1 2

関連ニュース
thumb

PSG、ポチェッティーノ監督の後任にセルジオ・コンセイソン監督を検討か?

マウリシオ・ポチェッティーノ監督の去就が不透明となっているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、後任候補にポルトのセルジオ・コンセイソン監督(47)が浮上しているようだ。フランス『フット・メルカート』が伝えた。 2021年1月にトーマス・トゥヘル監督(チェルシー監督)の後任として、PSGの指揮官に就任したポチェッティーノ監督。2020-21シーズンはリーグ・アンのタイトルを逃した中、2021-22シーズンに向けては、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)、MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム(リバプール)など大型補強。リーグ・アンは制したものの、チャンピオンズリーグ(CL)はラウンド16で敗退していた。 シーズン途中から、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任する可能性が報じられるなど、去就が取り沙汰されているポチェッティーノ監督。今シーズン限りでチームを去る可能性もある中で、レオナルドSD(スポーツ・ディレクター)は後任を探し始めているという。 アントニオ・コンテ(トッテナム)、チアゴ・モッタ(スペツィア)、ヨアヒム・レーヴ(フリー)など、多くの候補がおり、ジネディーヌ・ジダン(フリー)も候補として挙げられており、最優先の候補とも見られている。 そんな中、浮上しているのがポルトのセルジオ・コンセイソン監督だ。 今シーズンはプリメイラリーガを制しており、タイトル獲得の実績もあること、さらにはCLでの経験もあることから候補として挙げられている。 ポルトとは2024年6月までの契約を結んでいるものの、1000万ユーロ(約13億5000万円)の契約解除条項もあるとのことだ。 ただ、新指揮官についてはオーナーの承諾がいる状況であり、現時点では決定されることはないとのこと。ただし、ウナイ・エメリ監督(現ビジャレアル監督)の後任としても名前が挙がったことがあり、就任の可能性はあるという。 2022.05.17 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがポルトMFペペに興味か

アーセナルが、ポルトのブラジル人MFペペ(25)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 昨夏に母国のグレミオから加入したペペ。右利きで左サイドハーフを主戦場としながらも、右ウイングから右サイドバックに至るまで多岐に渡るポジションで活躍している。 シーズン前半はなかなか出場時間が延びなかったものの、冬の移籍市場でFWルイス・ディアスがリバプールに移籍したことをきっかけにチャンス到来。リーグ戦の優勝争いが佳境を迎えているここ6試合では4アシストを記録しており、直近のベンフィカとのビッグマッチでも後半アディショナルタイムの決勝点をお膳立てしていた。 ヨーロッパでの評価を高めつつある25歳は2026年までポルトと契約を結んでいるが、4300万ポンド(約69億円)のリリース条項がある模様。アーセナルはFWニコラ・ペペの後釜と考えているようだ。 2022.05.11 17:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトが2シーズンぶり30回目のリーグ制覇! 58試合無敗の快記録も

ポルトは7日、プリメイラリーガ第33節でベンフィカを下し、2シーズンぶり30度目のリーグ制覇を果たした。 セルジオ・コンセイソン監督の下で5シーズン目を迎えたポルトは、今季も開幕から圧倒的な強さで白星の山を築いた。初黒星がついたのは第31節のブラガ戦。それまではリーグ戦58試合無敗(47勝11分け)という新記録を打ち立てていた。第32節が終了した時点で、2位のスポルティングと6ポイント差をつけていた。 そして迎えた今節、相手はすでに3位を確定させている強敵ベンフィカ。勝てば自力優勝が決まる大一番だが、やはりビッグクラブ同士、互いに一歩も引かない試合が展開され、なかなか得点が生まれない膠着状態が続く。 15分に味方からの浮き玉のスルーパスでFWメフディ・タレミが抜け出すが、シュートはGKに止められた。後半立ち上がりにはFWエヴァニウソンの強烈なミドルシュートが炸裂。しかし、ここもGKオディセアス・ヴラチョディモスの好セーブに遭った。 そんな中、52分に一瞬の隙を疲れ、FWダルウィン・ヌニェスにネットを揺らされるが、スルーパスに反応した際に僅差でオフサイドの判定に。ポルトにとっては胸を撫で下ろす場面となった。 その後は互いに決定機を迎えながらも、試合は0-0のまま推移。だが、このまま終わるかに思われたが後半アディショナルタイムに歓喜の瞬間が訪れる。 ベンフィカのCKをDFペペのヘディングで跳ね返したポルトは、MFペペが右サイドを独走。ボックス右まで持ち運び、最後は横パスを受けたDFザイドゥ・サヌシが決めて決勝点。この勝利により、残り1試合でスポルティングとの勝ち点差を「6」に保ったポルトの優勝が決定。2シーズンぶり30度目のリーグ制覇を成し遂げた。 2022.05.08 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「何もしていない」乱闘騒ぎで23日間の出場停止処分、ポルトDFペペが不当な処分だと声明「最悪の感情だ」

ポルトに所属するポルトガル代表DFぺぺが、怒りの声明を発表した。 かつてはレアル・マドリーで守備の要として活躍していたぺぺ。古巣のポルトに戻ってもチームの軸であり続け、39歳になった現在もパワフルなプレーを売りにチームを支えるキャプテンとしてもプレーしている。 そのぺぺだが、19日にポルトガルサッカー連盟(FPF)から懲戒処分が下された。その処分は、23日間の出場停止と2870ユーロ(約40万円)の罰金という重いものだった。 問題とされたのは、2月11日に行われたスポルティング・リスボンとのダービーマッチでの出来事。この試合では、試合の最終盤に両軍入り乱れる乱闘騒ぎとなった。 後半アディショナルタイム、2-2の同点で迎えた中、スポルティングがCKを獲得。クロスボールをジョアン・パリーニャがバイシクルシュートで狙うが、足がぺぺの頭部にクリーンヒット。これをキッカケに大乱闘が始まった。 選手やスタッフが入り乱れ、総勢40人以上が絡む大混乱に。この騒動でポルトはぺぺとアウグスティン・マルチェシン、スポルティングはタバタとジョアン・パリーニャが退場処分を受けていた。 乱闘を起こしたとはいえ、最初の被害者であったぺぺは騒動の中心となったことで退場。さらに、その後の調査に応じなかったということもあり、この騒動で最も重い罰を受けることとなった。 2870万ユーロの罰金はタバタと同額だが、さらに23日間の出場停止(14日間は消化済み)が決定。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴しない限り、避けられない処分となっている。 この処分を受け、ぺぺが自身のインスタグラムで声明を発表。処分が不当だとし、自身は何もしていないと訴え、事実とは異なると主張した。 「名誉、尊厳、正直さの3つは、どんな状況であれ、僕が人生で最も大切にしている価値観の1つだ。そして、これらの柱を守るため、僕はFPFの懲戒委員会が僕に下した処分を激しく否定する他ない」 「事実が真実であれば、最終的には勝つと信じていただけに残念でならない。2月11日以来、僕は自分対する容疑が事実ではないことをわかっていたので、常に冷静でいた。しかし、3月7日に公聴会、4月12日に裁判というプロセスを経て、今日23日間の出場停止処分を言い渡された」 「23年以上、プロスポーツ選手としてやってきた。僕の旅の中で、多くの間違いを犯してきた。僕はそれを隠すつもりはないが、アスリートとしても、1人の人間として、自分の行動の結末を想定してこなかったことを非難する人はいないだろう。僕に会ったことのある人はよく知っているはずだ」 「ある人の言葉は、僕の言葉と異なる重みを持つことはできない。ある人の無罪の推定は、僕の言葉と異なる重みを持つことはできない」 「僕がとても大切にしている名誉、尊厳、そして正直さは、僕がしなかったことに対して出された罰に対し、僕を否定し、後悔し、立ち上がることを強いてくる。繰り返すが、僕は何もしていない。そして、不公平感は、今も昔も、最悪の感情だ」 <span class="paragraph-title">【動画】両軍入り乱れる大混乱、被害者ペペは中心にいた…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZ4eHO2IuP8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZ4eHO2IuP8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZ4eHO2IuP8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.20 12:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトが国内リーグ57戦無敗の快記録更新! 今季無敗優勝にも期待

ポルトが国内リーグで驚異的な記録を残した。 10日に行われたプリメイラ・リーガ第29節でヴィトリア・ギマランエスと対戦したポルト。39分にFWメフディ・タレミのPKで先制し、そのまま逃げ切る形で勝利を収めた。 ポルトガル『A BOLA』によると、この試合でポルトのリーグ戦における成績が57試合無敗(46勝11分け)に。2020年10月30日にパソス・デ・フェレイラに2-3で敗れて以降、およそ1年半の間、一度も負けていないという。 これは1976年から1978年にかけてベンフィカが達成した56試合無敗を上回り、ポルトガル史上最長記録に。もちろん今季もここまで25勝4分け無敗で首位。残り5試合となったリーグ戦、このまま無敗優勝を成し遂げることはできるだろうか。 2022.04.11 13:56 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly