J3得点王はキャリアハイの13得点を決めた岐阜MF川西翔太、宮崎の躍進支えた2人も上位に

2021.12.05 17:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J3リーグの全日程が5日に終了。FC岐阜のMF川西翔太が得点王に輝いた。

岐阜の背番号10を背負う川西は、今シーズンのJ3リーグで26試合に出場。2試合のみ欠場したが、自身のキャリアハイだった昨シーズンの10得点を上回り、13得点を記録。見事にJ3の得点ランキングで1位に立った。

チームは上位を争う時期もあったが、早々に昇格争いからは脱落。6位でフィニッシュしていた。

2位には今季からJ3に昇格したテゲバジャーロ宮崎のFW 藤岡浩介がランクイン。自身初のJリーグの舞台だった、全28試合に出場し10得点を記録。チームの3位躍進に大きく貢献していた。

3位には9得点で6人が並ぶ状況に。最終節でゴールを記録したガイナーレ鳥取のFW田口裕也や鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣も9得点として並ぶことに。その他、カターレ富山のFW大野耀平、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人、AC長野パルセイロのMF三田尚希、福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が並んだ。

◆J3得点ランキング
【13】
川西翔太(FC岐阜)

【10】
藤岡浩介(テゲバジャーロ宮崎)

【9】
大野耀平(カターレ富山)
田口裕也(ガイナーレ鳥取)
米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC)
梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎)
三田尚希(AC長野パルセイロ)
樋口寛規(福島ユナイテッドFC)

【8】
イスマイラ(福島ユナイテッドFC)
高橋利樹(ロアッソ熊本)


関連ニュース
thumb

鳥栖のケニア代表FWイスマエル・ドゥンガがJ3讃岐へ期限付き移籍「ゴールを決めることで讃岐に貢献したい」

カマタマーレ讃岐は28日、サガン鳥栖のケニア代表FWイスマエル・ドゥンガ(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年12月31日までとなり、鳥栖との公式戦には出場できない。 イスマエル・ドゥンガは、ケニアやザンビアのクラブでプレーした他、ギリシャ、アルバニアとヨーロッパでもプレー。アルバニアのヴラズニアから2021年に鳥栖へと完全移籍で加入した。 189cm、80kgの屈強なフィジカルを持つイスマエル・ドゥンガは、2021シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場したがゴールはなかった。 イスマエル・ドゥンガは両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「はじめまして。サガン鳥栖よりレンタル移籍で来ましたイスマエル・ドゥンガです。ゴールを決めることで讃岐に貢献したいと思います」 「スタジアムでカマタマーレ讃岐ファミリーの皆様とお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いいたします」 ◆サガン鳥栖 「リリースの通り、カマタマーレ讃岐に期限付き移籍することになりました。日本での1年目は私にとってとても大変でしたが、多くのことを学び、素晴らしい経験を積むことができました」 「サガン鳥栖ファミリーの皆様の応援・サポートに心より感謝申し上げます。また成長して皆様に会える日を楽しみにしています。本当にありがとうございました」 2022.01.28 18:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「Jリーグマスコット総選挙」、中間結果で1位はマリノス君、過去優勝のヴィヴィくん、グランパスくんが続く

Jリーグは28日、「Jリーグマスコット総選挙2022」の中間結果を発表した。 2013年にスタートし、毎年シーズン開幕前の恒例行事となっている「Jリーグマスコット総選挙」。今シーズンは24日に投票が始まり、2月4日まで投票が行われる。 FC東京の東京ドロンパが参加を見合わせる他、クラブマスコットがいないチームが参加していないこともあり、53クラブとJリーグキングの54体が参加している。 27日までの投票結果で1位に輝いたのは、横浜F・マリノスのマリノス君。2020年にマリノスケが優勝したが、2年ぶりの優勝に向けて良いスタートを切った。 2位には2021年に優勝したV・ファーレン長崎のヴィヴィくん、3位には2019年に優勝した名古屋グランパスのグランパスくんが入った。 【中間発表順位】 1位:マリノス君(横浜F・マリノス) 2位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 3位:グランパスくん(名古屋グランパス) 4位:ニータン(大分トリニータ) 5位:パルちゃん(清水エスパルス) 6位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 7位:ガンズくん(松本山雅FC) 8位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 9位:しかお(鹿島アントラーズ) 10位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 11位:カブレラ(川崎フロンターレ) 12位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 13位:レノ丸(レノファ山口FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 16位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 17位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 18位:ウィントス(サガン鳥栖) 19位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 20位:フリ丸(横浜FC) 21位:ギッフィー(FC岐阜) 22位:アルビくん(アルビレックス新潟) 23位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 24位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 25位:レイくん(柏レイソル) 26位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 27位:アルディ(大宮アルディージャ) 28位:ライオー(AC長野パルセイロ) 29位:ロビー(セレッソ大阪) 30位:ディーオ(モンテディオ山形) 31位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 32位:アビーくん(アビスパ福岡) 33位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 34位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 35位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 36位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 37位:パーサくん(京都サンガF.C.) 38位:ガミティ(SC相模原) 39位:ジンベーニョ(FC琉球) 40位:ライカくん(カターレ富山) 41位:トッキー(栃木SC) 42位:レディア(浦和レッズ) 43位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 44位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 45位:Jリーグキング(Jリーグ) 46位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 47位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 48位:伊予柑太(愛媛FC) 49位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 50位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 51位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 52位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 53位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 54位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 2022.01.28 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐FW栗田マークアジェイがJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍…昨季はJ3で24試合2得点

カマタマーレ讃岐は28日、FW栗田マークアジェイ(23)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、讃岐との公式戦に出場は可能となる。 栗田マークアジェイは、2020シーズンに静岡産業大学から入団。2020シーズンは明治安田生命J3リーグで26試合に出場し5得点、2021シーズンは明治安田J3で24試合で2得点を記録していた。 栗田はクラブを通じてコメントしている ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「今シーズン、カマタマーレ讃岐より移籍しました栗田マークアジェイです。鈴鹿のJ3昇格に貢献できるよう、自分の持てる全てをピッチで出したいと思います。JFL優勝、そしてJ3昇格を成し遂げるために一緒に闘いましょう!!」 ◆カマタマーレ讃岐 「今シーズン始まったばかりですが、鈴鹿ポイントゲッターズに移籍することになりました。僕がいた2年間どんな時でも応援し続けてくれたファン、サポーターの皆様には感謝しています。ありがとうございました!」 「鈴鹿のJ3昇格という目標が達成できるように、そしてチームに貢献できるように頑張ってきます!行ってきます!!」 2022.01.28 15:33 Fri
twitterfacebook
thumb

富山選手1名が新型コロナ陽性…他の選手&スタッフは全員陰性

カターレ富山は28日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を報告した。 当該選手は27日に発熱、倦怠感があり、医療機関での自主的なPCR検査で陽性判定。現在は隔離され、保健所指導のもとで自宅にて療養中だという。 これを受け、チームは27日の練習を中止して、選手・チームスタッフのオンサイト検査および自主的なPCR検査を実施。全員の陰性を確認したようだ。 また、医療機関を通じて保健所に報告。今後は保健所の指導に従って、当該選手の行動履歴から感染経路および濃厚接触者の特定に努めるとのことだ。 濃厚接触者に認定された者についてはチームから完全に隔離。観察期間を経て、自主的なPCR検査で陰性を確認した後、チームに合流させる模様だ。 2022.01.28 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

いわきFC退団のGK射庭康太朗が関東1部昇格の東邦チタニウムへ移籍

いわきFCは28日、GK射庭康太朗(26)が関東1部リーグの東邦チタニウムへ移籍することを発表した。 射庭は大阪府出身で、ガンバ大阪のジュニア出身。その後セレッソ大阪U-18へと加入すると、京都産業大学を経て、2018年にモンテディオ山形へと入団した。 山形では出番がなく、2019年にいわてグルージャ盛岡へと完全移籍。1年目はJ3で2試合に出場したものの2020年は出番なし。2021年からいわきFCでプレーすると、JFLで7試合の出場に終わっていた。 東邦チタニウムは、2021シーズンは関東2部に所属。しかし、クリアソン新宿が関東1部からJFLへと昇格したことを受け、自動昇格。2022シーズンは関東1部で戦うことが決まっていた。 2022.01.28 10:43 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly