代表期間でのカンテとプリシッチの再負傷を心配するトゥヘル監督「少しおびえている」

2021.11.08 17:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、代表ウィークでの選手の負傷を心配している。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。

プレミアリーグ11試合を終えて、8勝2分け1敗で首位に立つチェルシーだが、ここ最近は負傷者が続出。1-1の引き分けに終わった6日のバーンリー戦では、離脱中のFWロメル・ルカクとFWティモ・ヴェルナーに続いて、MFマテオ・コバチッチとDFマルコス・アロンソがケガで欠場していた。

そんな苦しい状況のなか、今週末からはカタール・ワールドカップ(W杯)予選が行われる。各国の代表メンバーを多く抱えるトゥヘル監督は、MFエンゴロ・カンテとFWクリスチャン・プリシッチが代表戦で再負傷することを懸念しているようだ。

「我々は選手が自国で活躍することを喜んでいる。彼らは国を代表することを誇りに思っているし、プレーするために指名された最高の選手たちなのだ。私はそのことをしっかり理解している」

「その一方で、代表活動に参加させずに特定の選手を休ませて、コブハムで一緒にトレーニングができるようにしたいとも思っているよ。ケガから復帰した選手たちは安静にさせたいが、時にはこのようなこともある。もし彼らが自国のためにプレーできるのであれば、それは良いことだ」

「私たちは、選手がどこに行くのか、どれくらいプレーするのかを考慮して、スケジュールを計画している。これはエンゴロやクリスチャンのような選手に当てはまることだ」

「ここ数週間、彼らはほぼ毎日我々と一緒に回復に努めてきたが、代表戦ではそれぞれの国の選手としてプレーできるのだ。クラブに戻ってきたとき、より高いレベルに成長できるような出場時間を得られることを期待している」

「そうなることを願う一方で、彼らがケガをしないことも祈っている。これはエンゴロやクリスチャンだけでなく、チェルシーに所属するすべての代表選手に対してだ。我々にはどうすることもできないので、選手が遠くに行ってしまうことにはいつも少しおびえている」



関連ニュース
thumb

チェルシーの新ユニフォームが発表!『FIFA 23』で明らかになった通りのデザインに

チェルシーは6日、2022-23シーズンの3rdユニフォームを発表した。 シャツはセサミ(オレンジに近いゴールド)がベースとなっており、袖口にはオレンジと黒のラインがあしらわれている。また、背面の首元部分だけ黒に切り替わる。 そして、ショーツもゴールドがベースで、ソックスは白をベースにオレンジと黒のライン入っている。 新たに発表された3rdユニフォームだが、このデザインについては、9月30日に発売されたエレクトロニック・アーツ(EA)のサッカーゲーム『FIFA 23』に収録されたいたため、事前に明らかになっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】『FIFA 23』で明らかになっていたチェルシーの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjXPwWRsQut/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjXPwWRsQut/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjXPwWRsQut/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】『FIFA 23』に収録されていたチェルシーの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Probably not the type of kit launch Chelsea were planning<a href="https://t.co/KYAhgF26Dg">https://t.co/KYAhgF26Dg</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1574778242996772865?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.07 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団濃厚のカンテにスパーズorアーセナル行きの可能性?

チェルシー退団が既定路線と見られるフランス代表MFエンゴロ・カンテ(31)にトッテナム、アーセナル行きの可能性が浮上しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 2015年夏にレスター・シティから加わって以降、公式戦262試合に出場するなど、ブルーズの絶対的な主力に君臨するカンテ。ここまでプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブ・ワールドカップ、ヨーロッパリーグなど6つのトロフィー獲得に貢献してきたが、現行契約は今シーズン終了までとなっている。 一時はクラブから1年の延長オプション付きの2年契約のオファーが掲示されたとの報道もあったが、今季ここまでわずか2試合の出場にとどまるなど、近年負傷離脱が目立つコンディションへの懸念、1000万ユーロ(約14億2000万円)とされる高額な年俸を考慮した結果、クラブ首脳陣は契約更新を見送る決断に至った模様だ。 現在、カンテサイドはクラブの考えを理解しており、新天地探しに着手。先日にはユベントスがフリートランスファーでの獲得に関心を示しているとの報道もあったが、カンテ自身はロンドン残留を希望しているという。 そして、新天地候補として過去にも関連が指摘されたトッテナム、アーセナルの名前が挙がっているという。 トッテナムに関してはチェルシー時代に指導を受け、経験豊富な選手を好むアントニオ・コンテ監督の存在、アーセナルに関しては過去にGKペトル・チェフやMFウィリアンが移籍している経緯もあり、両クラブ間の人の行き来は比較的盛んだ。 2022.10.07 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

19歳シェシュコ、来夏ライプツィヒ移籍内定も...ユナイテッドらが獲得へ?

マンチェスター・ユナイテッドなど3クラブが、来季のRBライプツィヒ移籍が内定しているスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)に狙いを定めているようだ。 シェシュコはレッドブル・ザルツブルクに所属する新進気鋭のストライカー。今夏はユナイテッドのほか、バイエルンなどからも関心が寄せられたが、今年8月に2023年7月より姉妹クラブのライプツィヒへ移籍すると発表されていた。 だが、イギリス『90min』によると、来夏のライプツィヒとの正式契約への流れを覆そうとするクラブが複数あり、その1つがFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者にシェシュコを据える思惑を持つユナイテッドだという。 C・ロナウドは今夏に退団を希望した影響もあり、現在はエリク・テン・ハグ監督の下で序列が明らかに低下。来夏までに退団するのが確実で、ユナイテッドは新たなセンターフォワードのリストアップに奔走中とみられている。 なお、シェシュコの獲得を目論むクラブとして、ユナイテッドのほか、チェルシー、バイエルンも挙げられるとのことだ。 2022.10.06 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが古巣ミラン戦に感動「こんなに強いとは…」

チェルシーの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、ミランの印象を語った。 5日にチャンピオンズリーグでミランと対戦したチェルシー。ここ最近は監督交代など調子の上がらない状態が続いていたが、新加入ヴェスレイ・フォファナの移籍後初ゴールを皮切りに3ゴールを挙げて快勝を収めた。 オーバメヤンもチームの2点目を決めて公式戦2試合連続得点を記録。結果的には快勝だったが、古巣ミランの手強さに驚きを隠せなかったようだ。 「実を言うと、ミランがこれほど強いとは思っていなかった。相手にしたくないチームで、本当に良いフットボールをしていた。僕たちが勝てたのは、相手を打ち負かすための正しいインテンシティを持っていたからだ」 「古巣との対戦は本当に特別だった。対戦できて嬉しかったよ。ミランとはずっと対戦したいと思っていた。そしてようやくその時が来たんだ」 2022.10.06 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トナーリがチェルシー戦黒星を反省「ミランのパフォーマンスではなかった」

ミランのイタリア代表MFサンドロ・トナーリが、チャンピオンズリーグのチェルシー戦の敗戦を振り返った。 5日に行われたチェルシー戦。グループEにおいて決勝トーナメント進出の本命と目されるチーム同士のビッグマッチだったが、試合はミランが3-0で完敗。内容でも終始劣勢を強いられた。 フル出場したトナーリは球際で激しく競り合うなど気を吐いたが、チームはグループステージ初黒星を喫することに。試合後のインタビューでは、チェルシー戦にふさわしいパフォーマンスではなかったと反省した。 「個人のインシデントを分析するのは難しい。単純に全体的にミラン本来のパフォーマンスではなかったね」 「この経験を生かし、他の多くの試合の手本として学んでいかなければいけない。チェルシーは初めから僕たちよりギアを上げていた。それは最初からわかっていたことだよ」 なお、ミランは今後、週末のセリエAではユベントスとの一戦を控え、11日にはチェルシーとのリターンマッチに臨む。 2022.10.06 16:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly