4連敗で下位低迷のビラ…指揮官は解任のプレッシャー否定 「パニックになることはない」

2021.11.05 16:56 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのディーン・スミス監督(50)が解任のプレッシャーを否定した。イギリス『BBC』が伝えている。

ビラは今夏にイングランド代表MFジャック・グリーリッシュがマンチェスター・シティへ移籍した一方、イングランド代表FWダニー・イングス、ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー、アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアら大型補強を敢行した。

しかし、プレミアリーグでは結果が出ず苦しんでおり、10試合を消化した現時点で3勝1分け6敗。リーグ4連敗で15位に沈んでおり、この状況が続くと残留争いに巻き込まれる可能性がある。
こうした成績を受け、一部メディアではスミス監督の解任を予想。後任として昨季までローマの指揮官を務めたパウロ・フォンセカ氏の名が挙げられるなど、クラブ周辺の騒がしさは増す一方となっている。

5日に敵地で行われるプレミアリーグ第11節のサウサプトン戦も落とすようだと、さらに追い込まれそうなスミス監督だが、その試合に先駆けた会見で冷静さを保ち、立ち直ろうとチーム一丸での取り組みと強調した。

「フットボールクラブにおいて、外からの認識は常に違っているものだと思う。よく眠れるかと聞かれれば、『はい、よく眠れます』と答えるだろうね。今でもゴルフをすれば良いプレーができるし、妻はまだ私に話しかけてくれる。私は元気だ」

「パニックになることはない。我々は状況をコントロールしており、物事を正す決意をしている。すべての選手が結果に失望しており、この状況に反応しているよ」

「こうしたチーム状況であれば、我々の逆転への道のりはそう遠くないと決意を新たにしている。ここには集団的責任があり、選手たちは懸命に働いているんだ」

「私は以前にも、こうした状況に置かれた経験がある。プレミアリーグでの最初のシーズンでは、そうした状況からでも残留することができた」

「批判については喜んで受け止めるよ。私は大人の男だからね。16歳からプロのフットボーラーとなり、本当に多くのことを見てきた」

関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、モロッコ代表GKボノを獲得へ? ラ・リーガ屈指の守護神

アストン・ビラが、セビージャのモロッコ代表GKボノ(31)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ボノはカタール・ワールドカップ(W杯)を戦うモロッコ代表の正GKで、23日に行われたグループF初戦のクロアチア代表戦でスタメン出場。2日の最終節では決勝トーナメント進出をかけ、生まれ故郷のカナダ代表と対戦する。 所属するセビージャでも正GKに君臨。今季のチームはラ・リーガで降格圏に低迷も、昨季は1試合あたりの平均失点が最も少ないGKに贈られるサモラ賞を受賞するなど、リーグ屈指のシュートストッパーとして名高い。 そんなボノに対し、元セビージャ指揮官のウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラが来年1月の獲得に照準。現在のセビージャは深刻な財政難のため、適切なオファーがあれば拒否するのは難しいという。 アストン・ビラが留意している点はボノのコンディション面。ボノは27日のベルギー代表戦で、当初はスタメンに名を連ねていたものの、キックオフ直前の国歌斉唱中に気分が悪くなり、急遽メンバーを外れることとなった。 どうやら元々体調が優れず、さほど深刻なものではなかったようだが、アストン・ビラとしては慎重に動向を追っているとのことだ。 2022.11.30 20:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

エメリ監督、古巣から引き抜き開始? 23歳チュクウェゼらに関心

アストン・ビラがビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 チュクウェゼは18歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2018年9月にヨーロッパリーグ(EL)でファーストチームデビュー。右サイドが本職の左利き快足アタッカーで、公式戦通算178試合で29得点26アシストを記録している。 アストン・ビラは来年1月の移籍市場で即戦力となるサイドアタッカーの獲得を模索。つい先日までビジャレアルを率いていたウナイ・エメリ監督からの要望もあり、チュクウェゼの引き抜きに動き出しているという。 また、スペイン『Fichajes』によると、リバプールとアーセナルもチュクウェゼに関心を寄せ、ビジャレアルの要求額は4000万ユーロ(約58億1000万円)。契約を2024年6月まで残すなか、首脳陣らは売却に前向きとされている。 なお、アストン・ビラの来冬の本命はあくまでチュクウェゼのようだが、同じくビジャレアル所属でビッグクラブ行きも噂されるスペイン代表DFパウ・トーレス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2022.11.22 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが引退…「全てを出し尽くしたと素直に言える」

元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(36)が、16日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 「フットボールは僕に多くの喜びと成功を与えてくれた。ここでスパイクを脱ぐ決断ができたのは、全てを出し尽くしたと素直に言えるからだ」 「かつて夢見たことを実現し、信じられないような思い出を作ることができた。で優勝したような最高の瞬間から、母国とチェルシーのFAカップ優勝チームのキャプテンを務めた特権まで、永遠に私の中に残り続けるだろう」 「また、チームメイトや監督、裏方のヒーローたちなど、サッカー界全体で素晴らしい友情を育んできたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ」 「プレーをやめるという決断は簡単なことではない。20年間、毎日トレーニングに励み、試合当日に最高のコンディションでプレーできるように努力し、所属していたチームの成功に貢献してきた」 「自分の選択肢を考える時間があり、熟考した結果、今が自分のキャリアの次のステージに進む時だと感じたんだ」 「これまで私を支えてくれた素晴らしい家族に、特別な感謝の気持ちを伝えなければならない。これからは家族と充実した時間を過ごすことができるから、それが楽しみだよ」 「この先も、サッカーは常に僕の一部であり、僕が愛しているものだ。僕にとって、人生の新しい章が始まるときに、後ろ向きになるのではなく、前向きになることが重要なんだ」 アストン・ビラの下部組織出身だったケイヒルは、バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て2008年1月に加入したボルトンで頭角を現し、2012年1月にチェルシーに完全移籍した。 チェルシーでは在籍7年半で公式戦290試合に出場し、プレミアリーグを2回、チャンピオンズリーグ1回、ヨーロッパリーグ2回、FAカップ2回、EFLカップ1回と、数々の優勝をに貢献。また、この間にイングランド代表での地位も確立し、2014年と2018年のワールドカップや2016年のユーロに出場した。 2019年夏のチェルシー退団後は、クリスタル・パレスとボーンマスに在籍。概ね主力としてプレーしたが、今夏にフリーになると、およそ半年後のこのタイミングで引退を決断した格好だ。 2022.11.16 21:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly