スパーズ、パラティチが監督交代に言及 噂される大型補強については明言避ける

2021.11.04 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムでマネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏が、今回の監督交代、今後のクラブの展望について語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

トッテナムは1日、成績不振を理由にヌーノ・エスピリト・サント前監督を電撃解任。そして、その翌日には今夏にも招へいに動いていたアントニオ・コンテ監督の新指揮官就任を発表した。

4日にヨーロッパ・カンファレンス(ECL)のフィテッセ戦を控える中、キャプテンのGKウーゴ・ロリスと共に公式会見の場に出席したパラティチ氏は、ダニエル・レヴィ会長と共に行った今回の監督人事について説明した。

「まず初めに、ヌーノと彼のスタッフがこの4カ月間に行った仕事に感謝したいと思う。フットボールの世界では、ひとつのクラブのためにこのような決断をしなければならないことは、毎回簡単なことではない。ただ、この世界において我々は前に進み続けなければならない。ただ、ヌーノと彼のスタッフに感謝を伝えたい」

「(今夏から今回の招へいにあたってクラブとして変わった部分は?)今年の夏に一度、アントニオと話をしたが、そのときは、過去2シーズンの間、彼自身がインテルとの関係が長かったこともあり、少し感情的になっていて、準備ができていなかった。だが、今がそのときだ。私はアントニオをよく知っている。彼がノーと言えばノーだし、イエスと言えばイエスだ。それだけだよ」

また、今回の招へいに際してはレヴィ会長を含め、フロント陣が補強面の全面的なバックアップを約束したとの見方がある。だが、今回の会見の場では積極補強の可能性について明言を避けている。

「(コンテと移籍の話をしたか?)全くしていないよ。なぜなら、我々は既存のプレーヤーをとても信頼しているからだ。我々はクラブとして、チームとして、より良くなることに集中している」

「(仮に補強を求められた場合、今冬に費やす予算はあるか?)プレーヤーについての話はしていない。我々は既存のチームに集中しなければならないし、それから考えることになる。チームは現時点でも競争力があり、プレーヤーたちを信頼している。したがって、今はそのことについて考えるには適切な時期ではない」

また、トッテナムは13年間に渡って一つのトロフィーも獲得できない苦しい状況が続くが、パラティチ氏はユベントス時代の元同僚と共に、かつてのビアンコネロのようにクラブにタイトルをもたらしたいと考えている。

「アントニオとは以前、別のクラブで一緒に仕事をしたことがある。私が期待していること? 彼のことはよく知っている。ハードワーカーであり、情熱を持ち、知識も豊富だ」

「そして、世界でも最高の監督の一人だ。彼の実績がそれを物語っているし、今更私が改めて期待することはないよ。我々は我々らしく、より一層努力し、献身的にならなければならない」

「我々がユーベで働き始めた頃は、長い間勝てていなかった。だから、あれに勝たなきゃ、これに勝たなきゃとは考えない。とにかく、競争しなければならない、これが最も重要なことだと考えていた。そして、そのレベルになったら、また改善してトロフィーを獲得するための準備をする必要がある」

「何かを築き上げるのは日々の積み重ねであり、考えたり話したりするだけではない。行動し、懸命に働き、集中しなければならない。それ以外に近道なんてないんだ」

世界屈指の名将の招へいによってクラブとしての野心を示したトッテナムだが、引き続き懸念材料となっているのが、イングランド代表FWハリー・ケインの動向だ。パラティチ氏はエースの状況について明言を避けるも、クラブとしての今後の成功に自信を示している。

「ハリー・ケインに限ったことではないが、我々がここにいるのは、仕事をするためであり、個人としてではなく、クラブとしての野望を達成するためだ」

「今シーズンのためだけではなく、長期的なプロジェクトのために、より良いものを作るために、毎日このクラブのためにベストを尽くすことを探している。それこそが答えだ。それはハリーだけでなく、他のすべてのプレーヤーにも言えることだ」


関連ニュース
thumb

デ・ブライネが今季プレミア年間MVPに輝く! 史上4人目の複数回受賞者に

プレミアリーグは21日、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(30)が2021-22シーズンの最優秀選手賞に選出されたことを発表した。 デ・ブライネは今シーズンここまでのプレミアリーグで29試合に出場し、15ゴール7アシストを記録。最終節のアストン・ビラ戦の勝利でリーグ2連覇に迫る首位チームの攻撃を牽引。 そして、一般投票に加え、所属20クラブのキャプテンと複数のフットボールエキスパートの投票を経て、自身2度目のリーグ年間MVPに輝いた。 なお、2019-20シーズンに同賞を受賞したデ・ブライネは、FWティエリ・アンリ(アーセナル)、FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)、DFネマニャ・ヴィディッチ(マンチェスター・ユナイテッド)に続く、史上4人目の複数回受賞者となった。 最終候補者にはデ・ブライネの他に、リバプールのFWモハメド・サラー、同DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ウェストハムFWジャロッド・ボーウェン、マンチェスター・シティDFジョアン・カンセロ、アーセナルFWブカヨ・サカ、トッテナムFWソン・フンミン、サウサンプトンMFジェームズ・ウォード=プラウズが選出されていた。 2022.05.21 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

33歳ムヒタリアンは今夏の隠れた人気銘柄?インテル、トッテナムら4クラブが争奪戦へ

ローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)はクラブに残留するかどうか不透明のようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 かつてドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどにも在籍した33歳の老練なアタッカーは、今季のセリエAで31試合5得点6アシストと、年齢を感じさせないハイパフォーマンスを見せ、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマの中心選手として活躍している。 そんなムヒタリアンだが、ローマ加入3季目を迎えた今季限りで現行の契約が満了。現在までにローマとの契約延長にサインしておらず、母国アルメニアのニュースを伝える情報サイト『Public Radio of ARMENIA』によると、ムヒタリアンに対し、インテル、ナポリのセリエA勢の他、トッテナム、アストン・ビラのプレミア勢も関心を寄せているようだ。 中でも獲得に熱心だとされているのがインテルだが、昨夏に引き続き財務上の観点から今夏の移籍市場も予算が限られている模様。そんな中でもチームの競争力を維持するために、フリー移籍で獲得可能なベテラン即戦力にアプローチをかけているとみられている。 また、イタリア『Sempre Inter』によると、インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督がムヒタリアンの獲得を熱望しており、中盤の主力選手であるトルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)のバックアップとしてチームに迎え入れたいとのことだ。 ムヒタリアンのローマ退団は現時点で確定しておらず、モウリーニョ監督も契約延長を望んでいるとのことだが、引き続きイタリアの首都でプレーを続けるのか、違う色のユニフォームを着ることになるのか。未だ衰えを見せないベテランの決断に注目が集まっている。 2022.05.20 10:39 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムがEL制覇の鎌田大地に本気か? 加入となれば冨安健洋とのノースロンドン・ダービーも

フランクフルトの一員としてヨーロッパリーグ(EL)の優勝に貢献した日本代表MF鎌田大地(25)だが、トッテナムが今夏の補強候補にあげているようだ。 今シーズンはアントニオ・コンテ監督に率いられて戦っているトッテナム。プレミアリーグは残り1試合となった中、難しいと見られていたトップ4フィニッシュが現実のものとなりそうだ。 崖っぷちの状態で臨んだ4位アーセナルとのノースロンドン・ダービーを3-0で完勝すると、アーセナルがニューカッスルに敗れて自滅。この2試合で4位に浮上し、最終節は自力での4位フィニッシュが見えている状況だ。 ELを制したフランクフルトは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得。しかし、トッテナムもCL出場権を獲得できれば、その点で不利になることはなくなる。 コンテ監督と、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、現金を支払れば鎌田を獲得候補に入れていると、ドイツ『Sport Bild』が報道。セビージャも獲得を目指しているといい、牽制しているようだ。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと加入した鎌田は、当初は出番をもらえず苦戦。2018年8月にシント=トロイデンへとレンタル移籍すると、公式戦36試合で16ゴール9アシストの活躍を見せて復帰した。 それ以降は攻撃の軸としてプレー。今シーズンもブンデスリーガで32試合4ゴール3アシスト、ELでも全13試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残して優勝に貢献。フランクフルト通算では132試合で24ゴール27アシストを記録している。 フランクフルトとの契約は2023年夏までとなっているが、契約延長の可能性がある一方で、今夏の退団も考えられる1人となっている。 イギリス『HITC』によれば、昨夏もトッテナムは興味を示したものの具体的な動きはなし。ただ、コンテ監督が採用している[4-3-3]のシステムにおいて、攻撃的なクリエイティブさを発揮できると見られており、[3-4-3]でも問題なくプレーできると見られている。 また、今季のELではバルセロナやウェストハムといった強豪クラブ相手にも存在感を示し、特にウェストハム戦のパフォーマンスに感銘を受けたのではないかと予想されている。 加えて、ライバルであったアーセナルが昨夏獲得したDF冨安健洋が高いパフォーマンスを示し、獲得を考慮していたトッテナムとしても、日本人選手の能力に疑いはないはず。得点王に近い韓国代表FWソン・フンミンとともに、アジア人コンビでトッテナムの攻撃を牽引するのだろうか。加入となれば、日本人同士の“ノースロンドン・ダービー”にも注目が集まる。 2022.05.19 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ監督、CL出場権獲得で巨額ボーナス獲得へ! 中盤2選手の補強も進む?

アントニオ・コンテ監督はトッテナムがトップ4フィニッシュを達成した場合、巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 コンテ監督は昨年11月にヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を受け、トッテナムの新指揮官に就任。当時、プレミアリーグ9位のチームを引き継ぐと、以降の27試合では紆余曲折がありながらも16勝5分け6敗の戦績を収め、22日に行われるノリッジとの今季リーグ最終節を前に、5位のアーセナルと2ポイント差の4位にチームを上昇させた。 そして、最終節で引き分け以上の結果を残せば自力で、あるいはエバートンと最終節を戦うアーセナルが引き分け以下に終わった場合、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められる状況だ。 そういった中、『タイムズ』が報じるところによれば、トッテナムとコンテ監督との契約には今シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した際のインセンティブの条項があり、仮にこの目標を達成した場合、250万ポンド(約4億円)という巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。 また、トッテナムがトップ4を確定した場合、来シーズン以降も続投することが決定的となるイタリア人指揮官にはアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキの買い取り以外に、巨額の補強資金が与えられる模様。 そして、クラブはすでに手薄な中盤の有力な補強候補としてブレントフォードのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、レスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスへの関心を強めているという。 なお、両選手共にCLでのプレーを熱望しており、CL出場権獲得のあかつきにはひとつ獲得に向けた障害が取り除かれることになる。 2022.05.19 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの去就に揺れるバイエルン、OBは後釜にハリー・ケインを推薦「彼は完全なストライカー」

リヨンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、古巣のバイエルンにトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の獲得を薦めた。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 バイエルンはブンデスリーガ得点王に7度輝くなど、長年エースとしてチームに君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就が不透明な状況にある。来夏で満了を迎えるの契約交渉がまとまらず、選手本人は14日に行われたブンデスリーガ最終節のヴォルフスブルク戦後に「バイエルンでの最後の試合になった可能性がある」と発言するなど、退団を意思を明らかにしている。 レヴァンドフスキにはバルセロナが関心を抱いていると報じられているが、一方でバイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏は2023年までの契約遵守を求めており、今夏の市場でどのような動きがあるか注目されている。 こうした状況を受け、2011年から10年間バイエルンに所属していたボアテングは、仮にレヴァンドフスキが退団となった場合、後釜としてケインを獲得すべきだと提案。昨シーズンはプレミアリーグで得点王とアシスト王を獲得し、今シーズンもリーグ戦36試合で16ゴール8アシストの成績を残すイングランド代表FWなら、レヴァンドフスキ退団の影響を最小限に抑えられると評価しているようだ。 「多くのストライカーが僕に感銘を与えてきたけど、現時点ではレヴィ(レヴァンドフスキ)が最高だと思う。(カリム・)ベンゼマも、今シーズン終了後にはそうなるかもしれないね。ただ個人的な意見としては、バイエルンはハリー・ケインを獲得すべきだと思う」 「僕にとってケインは、トッテナムで毎日のようにゴールを決めている完璧なストライカーだ。そしてトッテナムは良いチームだが、世界屈指のクラブではない。だからバイエルンのようなチームでプレーすればとても良いことであり、最高の後釜になれるだろう。もちろん、それはバイエルン次第だけどね」 また、ボアテングは退団を希望しているレヴァンドフスキにも言及。かつてのチームメイトの心情に理解を示しており、納得のいく解決手段が見つかることを願った。 「彼のような選手にとって、新しいことがやりたいと思うのは当然だと思う。僕たちは皆、そうした考えや段階を経てここまできているのだから。大騒ぎをしなくても、双方が納得する解決策はあると思っているよ。難しいことではあるけど、夏休みに入った今は十分な時間がある」 2022.05.18 18:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly