アッレグリ「この結果は大きい」 “イタリア・ダービー”ドローも満足感示す

2021.10.25 14:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督がインテル戦をポジティブに振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。24日に行われたセリエA第9節でインテルと対戦したユベントス。公式戦6連勝と絶好調のままイタリア・ダービーに臨んだ。

試合は15分、相手FWエディン・ジェコに先制点を許し、1点のビハインドを負うと、試合終盤まで好機を生み出せず。このまま終了かと思われたが、85分にDFアレックス・サンドロがボックス内で相手DFデンゼル・ダンフリースに蹴られたとして、VAR判定の末にPKを獲得した。これをFWパウロ・ディバラがしっかりと決めると、試合は1-1のまま終了。連勝こそストップしたものの、アウェイの地で勝ち点1を手にした。

試合後、アッレグリ監督はダービーでのドロー決着に満足感を示した。

「フィジカルとテクニックを兼ね備えたチームであるインテルを相手に、ドローに持ち込めた。この結果は大きい。特に後半は良いパフォーマンスを見せた」

「彼らとの勝ち点差は『3』のままだ。我々はポジティブな流れを続けており、インターナショナルブレイク前に、さらにいくつかのポイントを獲得したいと思っている」

また、レギュラーであるFWフェデリコ・キエーザに代わって、MFデヤン・クルゼフスキを先発起用した意図を説明。相手のクロアチア代表MFにプレッシャーをかける必要があったと明かした。

「先発からキエーザを外した理由? (マルセル・)ブロゾビッチにプレッシャーを与えるためにクルセフスキが必要だった」

「そして時間が経ち、彼や、ディバラ、カイオ・ジョルジの出番がやってきた。彼はとてもうまく仕事をこなしたと思う」

関連ニュース
thumb

ヴラホビッチがユベントス到着! メディカルチェック後に正式手続きへ

ユベントスは28日、セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)がメディカルチェックのためクラブハウス入りしたことを伝えている。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。現行契約が2023年6月までとなっていたため、ヨーロッパ中のビッグクラブが挙って獲得に乗り出していた。 そんな中、本人の意向もあり、ユベントス行きが決定的になったと、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏から伝えられた。 すると28日、正式契約に先駆けて、ユベントスは公式ツイッターを通じでヴラホビッチがクラブに到着したことを報告。多くのファンや報道陣に囲まれ、ファンサービスも行いながらメディカルへ向かっていった。 なお、クラブ間ではボーナスを含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)、個人間では年俸700万ユーロ(約9億円)で合意に達したという。 <span class="paragraph-title">【写真】ユベントスに到着したヴラホビッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Vlahovic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Vlahovic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/JMedical?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JMedical</a> <a href="https://t.co/PZrleu5a9Y">pic.twitter.com/PZrleu5a9Y</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1486989441562562560?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.28 18:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴラホビッチのユーベ移籍決定的に! 選手、代理人、フィオレンティーナと完全合意

フィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)のユベントス入りが決定的なようだ。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。セリエAの得点王争いでもトップタイに立つが、2023年6月までの現行契約を延長する意思がないのがわかり、去就の面でもより注目を集める日々が続いている。 そんなヴラホビッチを巡ってはアーセナルの熱心なアタックが噂されたが、先日あたりから、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザの大ケガでより前線補強が急務のユベントスが争奪戦でリードしているとの見方が大半に。そして、もはや発表を待つのみのところまできているようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏の続報によると、先日にボーナス含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)でフィオレンティーナと合意したユベントスは代理人との交渉も成立。選手との話し合いもまとめ、年俸700万ユーロ(約9億円)のサラリーになるという。 なお、ヴラホビッチは今後、ユベントスのメディカルチェックを受けるため、トリノ入りする見通し。それが終わり次第、サインを済ませ、正式発表されるものとみられる。 2022.01.28 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、2ndGKペリンがコロナ陽性に

ユベントスは26日、イタリア代表GKマッティア・ペリンが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 なお、ペリンはプロトコルに沿って既に自己隔離に入っているとのことだ。 GKヴォイチェフ・シュチェスニーに次ぐ2ndGKの立ち位置であるペリンは今季の公式戦で6試合に出場していた。 ユベントスは代表ウィーク明け、2月6日にボローニャと対戦する。 2022.01.27 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスで構想外のラムジー、今冬残留なら夏までスタンド送りか

ユベントスがウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)に今冬の移籍を求めているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ラムジーは2019年夏にアーセナルからのフリートランスファーで加入。初年度こそセリエA24試合に出場して3ゴール1アシストを記録するなど優勝に貢献したが、11試合の先発にとどまり、絶対的な主軸に定着できなかった。 昨シーズンもセリエAで2ゴール5アシストの成績を残したものの、スタメン出場は13試合と扱いは変わらず。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で迎えた今シーズンは構想外となり、セリエAで3試合の出番しか巡ってきていない。 こうした状況を受け、クラブは年俸700万ユーロ(約9億600万円)を受け取るラムジーの今冬放出を希望しているものの、選手本人はクリスタル・パレス、ニューカッスル、バーンリーからのオファーを拒否。相応のオファーがなければ、ユベントスに残留する姿勢を見せている。 イタリア『Il Bianconero』によると、クラブ側はこうしたラムジーの姿勢に不満を持っており、仮にこの1月に移籍しなかった場合、今後試合で起用しない方針を打ち出しているようだ。 ラムジーとユベントスの契約は2023年までとなっているが、両者の関係は悪化していることから今後の去就が注目されている。 2022.01.26 12:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベがヴラホビッチ獲得に迫る! 移籍金額はボーナス含みで96.4億円

ユベントスがフィオレンティーナからセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得に迫っているようだ。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。2023年6月までの現行契約を延長する意思がないのが判明して以降、今後の動向により注目を集める日々が続いている。 そんなヴラホビッチを巡ってはアーセナルの強い関心が噂される。だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同じく興味が囁かれたユベントスが個人条件を詰めるフェーズに入っているようだ。 ユベントスは同氏いわく、フィオレンティーナとボーナス含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)で合意。個人条件に関しても、年俸700万ユーロ(約9億円)で選手の代理人との話し合いを進めているという。 今季のユベントスは昨夏退団のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わる得点源を擁立できておらず、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザも今季絶望の大ケガ。前半戦の遅れを取り戻す必要もあるチームにとって、点取り屋の獲得が急務だった。 2022.01.26 09:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly