韓国代表FWファン・ヒチャンがウルブス加入! 買取OP付きのレンタル移籍

2021.08.30 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは29日、RBライプツィヒから韓国代表FWファン・ヒチャン(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「26」に決定した。

浦項スティーラースの下部組織出身もレッドブル・ザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表はリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引していた。

その活躍が評価され、昨夏には系列クラブであるライプツィヒへのステップアップを果たしたが、新型コロナウイルス感染の影響によるコンディション不良などもあり、思うように出場機会を得ることができず。昨シーズンは途中出場をメインに公式戦26試合に出場し、3ゴール3アシストの数字に留まった。

今シーズンはザルツブルクで指導を受けたジェシー・マーシュ監督がライプツィヒの新指揮官に就任したことで、より出場機会を得られるかに思われたが、昨夏にも獲得に動いていたウルブスへの移籍を決断した。


関連ニュース
thumb

オリジの後半AT弾でリバプールがウルブスに劇的勝利! 公式戦連続複数得点はストップも暫定首位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。   3位のリバプール(勝ち点31)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーに4-1のスコアで快勝し、3試合連続4ゴールを奪っての3連勝を飾った。その絶好調のクロップ率いるチームは、8位のウルブス(勝ち点21)とのアウェイゲームで4連勝を狙った。   週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えるチームだが、すでに首位通過を決めているため、エバートン戦と全く同じスタメンを採用し、サラー、ジョタ、マネが引き続き3トップを組んだ。   立ち上がりからボールの主導権を握ったリバプールが押し込む形で試合を進めていく。だが、相手の集中した守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。18分には左CKの場面でアレクサンダー=アーノルドのクロスをファーサイドで競り勝ったジョタが頭で合わすが、これは相手DFのブロックに遭う。   以降も中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。激しいダービーから中2日というコンディション面の問題もあるか、流れの中で攻め切れないリバプールだが、29分にはチアゴの浮き球パスに反応したアレクサンダー=アーノルドのボックス内でのシュート、直後の32分にはアレクサンダー=アーノルドの右クロスにボックス左のジョタが飛び込むが、いずれのシュートも枠を外れる。   一連の攻撃でリズムを掴み始めたアウェイチームは38分、中央のジョタからのスルーパスに反応したロバートソンがボックス左に抜け出して得意の高速クロスを供給。これにニアでマネ、ファーでサラーが飛び込むが、相手DFの身体を張った寄せもあってサラーは押し込み切れない。その後、前半終盤にかけてはやや試合がオープンとなり、ウルブスにカウンターチャンスを与えたものの、最低限のゴールレスで前半を終えた。   互いに枠内シュート0での折り返しとなった試合は、後半に入ってより攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となる。まずは立ち上がりの50分、リバプールが右CKの流れからサラーのシュートに反応したゴール右のチアゴに決定機も連続シュートは相手守備陣の身体を張ったブロックに遭う。   一方、後半に入って右サイドのアダマ・トラオレを起点とするカウンターが機能し始めたウルブスは59分、ボックス付近でのファン・ヒチャンの落としからデンドンケルがミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKアリソンの守備範囲。   すると、この直後の60分にはリバプールに最大の決定機が訪れる。ヘンダーソンが右サイドのスペースに出したフィードに対して、飛び出したGKとサリスがコミュニケーションミスを犯し、こぼれを拾ったジョタがボックス内に持ち込んでシュートを狙う。だが、GK不在の中で決死のゴールカバーに入っていたDFコーディにゴールライン上でブロックされてしまい、25歳のバースデーを自ら祝う古巣相手の恩返し弾とはならず。   この絶好機を逸して以降、徐々に攻撃が停滞してきたリバプールは68分にヘンダーソンを下げてオリジを投入し、[4-2-3-1]へ変更する。さらに、83分にはジョタを諦めてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り込む。   この交代によってさらに前がかるアウェイチームは専守防衛の構えを見せるホームチームを押し込んでいくと、87分にはマネ、90分にはサラーと続けて枠内にシュートを飛ばすが、GKジョゼ・サのビッグセーブに遭う。   しかし、諦めずに攻め続けるリバプールは最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、ファン・ダイクの対角上のフィードに反応した右サイドのサラーが見事なファーストタッチで一気にスピードに乗ってボックス内に侵入。丁寧にゴール前のオリジの足元に横パスを入れると、オリジが見事な左足の反転シュートを流し込み、ウルブスゴールをこじ開けた。   そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、公式戦連続複数得点が「18」でストップしたものの、接戦を見事に制したリバプールがリーグ4連勝で暫定首位に浮上した。 2021.12.05 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

3連勝と好調も優勝争いの話に関心なし クロップ監督「今は次の試合に集中したい」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が今季のタイトルレースについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールはプレミアリーグ第14節までを消化した現時点で9勝4分け1敗の好成績を収め、首位チェルシーと2ポイント差の3位につけている。1日に行われたエバートンとのマージーサイド・ダービーでも4-1の完勝を収めており、チームの勢いは加速中だ。 こうした状況のなか、リバプールは4日に行われるプレミアリーグ第15節でウォルバーハンプトンと対戦。過密日程となっているものの、試合前の会見に出席したクロップ監督は必要最低限のターンオーバーに留めると明言。また、タイトルレースの話題についてはまだ早いとしつつ、現在の調子を維持していきたいと気合いを示した。 「もちろん、選手の安全は非常に重要だが、我々は厳しいスケジュールに慣れており、当然選手たちもそうだ。少なくとも12月に入ったばかりで、試合ごとにたくさんの変更を加える必要はないと思う。12月半ばか終わりにどうなるかは見る必要があるだろう。私はまだウルブズ戦のメンバーを決めていないが、7、8人もの変更はしない」 「もうタイトルレースの話かい? 前にも言ったが、ここはとても優れた最高品質のリーグだ。このリーグで1つの試合に勝つためどれほどの力が必要かを考えると、本当に信じられないね。11月や12月にリーグを制覇することはできない。そして、敗北もあるかもしれない」 「今の時点で、タイトルレースがあるとは思っていない。もちろん、現状はエキサイティングだが、他チームの結果を気にしているわけでもないんだ。できることなら、3月か、4月のいずれかの時点で他チームの結果が気になっていると良いね。それは素晴らしいことであり、我々がまだタイトルレースに残っていることを意味する。とはいえ、それまでには非常に多くの試合があるのだから、今は次の試合に集中したい」 また、クロップ監督は対戦相手のウォルバーハンプトンに所属するメキシコ代表FWラウール・ヒメネスに言及。昨季に負った頭蓋骨骨折の重傷から復帰したことを喜び、今後の活躍を願った。 「彼が戻ってきてくれたこと、そして悲惨なシーンを乗り越えてくれたことを、私は本当に嬉しく思っている。今、この話をしていても、まだ頭の中に(ヒメネスが負傷したシーンが)残っているんだ。だから、彼が戻ってきてくれて本当に嬉しい。たくさんのゴールを決めてくれることを期待している。次の試合以外でね」 2021.12.04 12:21 Sat
twitterfacebook
thumb

專スタあるある? プレミアでゴール裏女性サポーターの顔面にボールが直撃…鼻血を出してスタンドを後に

プレミアリーグで専用スタジアムならではのアクシデントが発生した。イギリス『サン』が伝えている。 1日、プレミアリーグ第14節ウォルバーハンプトンvsバーンリーがモリニュー・スタジアムで行われた。上位争いを演じているウルブスだったが、前節のノリッジ戦に続き、下位を相手にゴールレスドロー。足踏みが続いている。 この一戦では痛みを伴うアクシデントが発生。27分にノリッジがCKを得ると、ウルブスDFマキシミリアン・キルマンのクリアしたボールがスタンドイン。ゴール裏に陣取っていた女性サポーターの顔にぶつかり、鼻血を出してしまう。隣にいた少年は驚いて泣き出してしまった。 続くCKをしのいだ後にスタンドの様子に気が付いたGKジョゼ・サとFWラウール・ヒメネスが医療スタッフに合図。ゲームは一時中断され、彼女の治療に充てられた。女性はティッシュのようなもので鼻を押さえながら、スタンドを後にすることとなった。 女性が付けていた眼鏡は破損してしまったものの、本人は大事には至らなかったとのこと。ピッチとスタンドとの距離が近い専用スタジアムならではのアクシデントとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】周りは心配そうに見守る。ボールが直撃し鼻血が出てしまった女性サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wolves fan left with blood pouring down face after having ball smashed into her <a href="https://t.co/YAXOTEEXt3">https://t.co/YAXOTEEXt3</a> <a href="https://t.co/ILtkDCFaru">pic.twitter.com/ILtkDCFaru</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1466148377071173642?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWが南野拓実のライバルになる可能性? リバプール&シティが注目

ウォルバーハンプトンに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(25)の評価が急上昇しているようだ。 今夏RBライプツィヒからレンタル移籍でウォルバーハンプトンへと加入したファン・ヒチャン。初のプレミアリーグ挑戦となったが、ここまで8試合に出場し4ゴールを記録するなど、いきなり結果を残している。 RBライプツィヒでは、公式戦29試合で3ゴール4アシスト。ブンデスリーガでは20試合でノーゴールに終わるなど、ドイツでは輝かなかったが、プレミアでは持ち味を発揮。ウォルバーハンプトンは、来年1月にも完全移籍での獲得を目論んでいるとされている。 しかし、そのファン・ヒチャンに対してはビッグクラブも注目。イギリス『ミラー』によると、リバプールとマンチェスター・シティが関心を示しているようだ。 持ち味の馬力あるプレーはFWとしてだけでなくウイングや中盤でも発揮され、そのパフォーマンスが大きな注目を集める要因となったようだ。 リバプールは、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノ、ジオゴ・ジョタと磐石の4名の攻撃陣が控えているが、カバーできる人員であり、競争をもたらせられると関心を寄せているとのこと。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も同様のようだ。 一方で、ウォルバーハンプトンは買い取りオプションが契約についており、来夏ではなくシーズン途中にも前倒しで完全移籍させようとしているようだ。 ファン・ヒチャンといえば、かつてはザルツブルクに在籍し、リバプールに所属する日本代表MF南野拓実と共に攻撃陣を牽引していた。仮にリバプールに来るとなれば、再びチームメイトになるが、南野にとっても競争が激化することとなる。 一時は今冬の放出も噂された南野だが、このところは中盤で途中出場する機会を得ており、ユルゲン・クロップ監督も高く評価していることは間違いない。冬にライバルが到着するかどうか。ファン・ヒチャンの動向にも注目が集まる。 2021.11.15 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯優勝メンバー、元イングランド代表でウルブスのレジェンドであるフラワーズ氏が87歳で他界

ウォルバーハンプトンは12日、クラブのレジェンドである元イングランド代表MFのロン・フラワーズ氏が他界したことを発表した。87歳だった。 フラワーズ氏は、イングランド代表が唯一優勝した1966年のイングランド・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーの1人だ。 ドンカスター出身のフラワーズ氏は、ドンカスター・ローヴァーズのユースでキャリアをスタート。その後、ウォルバーハンプトンのアカデミーへと入り、1952年に18歳でデビューした。 ウォルバーハンプトンでは、クラブ史上5番目の出場記録となる515試合出場を誇り、1部リーグで3度の優勝とFAカップを制していた。 1955年5月にはフランス代表戦でイングランド代表デビュー。以後、49キャップを記録し、1962年のチリW杯ではゴールも記録した。また、1958年11月から1963年4月までイングランド代表として40試合連続で出場。1966年の優勝した大会では試合出場はなかった。また、欧州選手権の予選で初めてゴールを決めたイングランド人としても知られている。 なお、1966年のW杯ではプレーしていないため優勝メダルがもらえなかったが、その後に国際サッカー連盟(FIFA)が制度を見直し2009年にメダルが授与されていた。また、2021年には大英帝国勲章(MBE)を受勲していた。 2021.11.12 22:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly