韓国代表FWファン・ヒチャンがウルブス加入! 買取OP付きのレンタル移籍

2021.08.30 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは29日、RBライプツィヒから韓国代表FWファン・ヒチャン(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「26」に決定した。

浦項スティーラースの下部組織出身もレッドブル・ザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表はリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引していた。

その活躍が評価され、昨夏には系列クラブであるライプツィヒへのステップアップを果たしたが、新型コロナウイルス感染の影響によるコンディション不良などもあり、思うように出場機会を得ることができず。昨シーズンは途中出場をメインに公式戦26試合に出場し、3ゴール3アシストの数字に留まった。

今シーズンはザルツブルクで指導を受けたジェシー・マーシュ監督がライプツィヒの新指揮官に就任したことで、より出場機会を得られるかに思われたが、昨夏にも獲得に動いていたウルブスへの移籍を決断した。


関連ニュース
thumb

エバートンがウルブスのイングランド代表DFコーディをレンタル 今夏4人目の新戦力

エバートンは8日、ウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)のシーズンローンを発表した。背番号「30」をつける。 マージサイドで生まれ、リバプールでプロデビューのコーディ。シェフィールド・ユナイテッドやハダースフィールドで経験を積み、2015年夏にウォルバーハンプトン入りした。 そのウォルバーハンプトンでキャリアが開花。公式戦通算317試合の出場数を誇るセンターバックはDFリーダーに君臨し、2020年にはイングランド代表デビューにまで漕ぎ着けた。 ウォルバーハンプトンでは昨季もプレミアリーグ全試合に先発したほか、主将としても信頼を掴む存在だったが、先のプレミアリーグ開幕節ではベンチメンバーに甘んじていた。 エバートンではプレミアリーグ開幕節でDFベン・ゴッドフリーとDFジェリー・ミナが揃って負傷交代。両選手ともしばらくの離脱が見込まれており、補強の必要性が生じていた。 なお、エバートンにとって、コーディはDFジェームズ・タルコウスキ、DFルベン・ヴィナグレ、MFドワイト・マクニールに続く4人目の新戦力となる。 2022.08.09 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表FWゲデスがウォルバーハンプトン移籍! 推定移籍金44.8億円の5年契約

ウォルバーハンプトンは8日、バレンシアからポルトガル代表FWゴンザロ・ゲデス(25)の獲得を発表した。契約期間は5年で、背番号は「17」に。イギリス『BBC』によると、取引額は2750万ポンド(約44億8000万円)とみられる。 以前からステップアップを望み、財政難のバレンシア側も適切なオファーが届けば、移籍を容認するスタンスだったゲデス。今夏に同胞のジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマの関心も取り沙汰されたが、最近になり、ウォルバーハンプトン行きの様相を呈している状況だった。 ゲデスは2017年夏にパリ・サンジェルマンから加わって以降、通算178試合で36得点30アシストをマーク。センターフォワードを任されるなどプレーの幅を広げ、昨季は36試合に出場したラ・リーガでキャリアハイの11得点を決め、公式戦でも42試合で13得点という数字を収めた。 ウォルバーハンプトンではメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが主砲に君臨するが、プレシーズン中の負傷で先のプレミアリーグ開幕戦を欠場。ストライカーポジションの補強が求められていた。 2022.08.09 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

CBに負傷者続出のエバートン、リバプール出身のウルブスDF獲得に接近か

エバートンがウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(29)の獲得に迫っているようだ。 昨シーズン終盤まで残留争いに巻き込まれ、何とか生還したエバートン。厳しい財政事情のなかで補強に動き、バーンリーからイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ、イングランド人MFドワイト・マクニールを獲得したほか、リールからベルギー代表MFアマドゥ・オナナ、パリ・サンジェルマン(PSG)からセネガル代表MFイドリサ・グイエの獲得も目前に迫っている。 一方で、6日に行われたプレミアリーグ開幕節のチェルシー戦ではDFベン・ゴッドフリー、DFジェリー・ミナが揃って負傷交代。それぞれ長期離脱となる可能性もあることから、センターバックの補強が必須となるなか、イギリス『デイリー・メール』によると、クラブはかねてから関心を抱いてきたコーディ獲得に接近しているとのことだ。 エバートンの宿敵であるリバプールの下部組織出身であるコーディは2015年夏に移籍したウォルバーハンプトンで主軸に定着。昨シーズンはプレミアリーグ全試合に出場するなど、チームを主将として牽引し続けてきた。しかし、チームが今夏にバーンリーからDFネイサン・コリンズを獲得したことによる序列低下が懸念され、6日に行われた開幕戦でも出場がなかった。 コーディについてはウェストハムも関心を示しているが、エバートンは1200万ポンド(約19億5000万円)+ボーナスで契約がまとまると確信しており、今週中の移籍発表を目論んでいるようだ。 2022.08.08 12:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴンサロ・ゲデスがウルブス加入へ! 8日にメディカルチェックのため現地入り

バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(25)のウォルバーハンプトン移籍が濃厚となった。 以前からステップアップを希望し、財政難のクラブサイドも適切なオファーが届いた場合、売却を容認する構えを見せていたゲデス。 今夏の移籍市場では同胞指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマからの関心が伝えられていたが、新天地はセリエAではなくプレミアリーグとなるようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、昨夏にも獲得に動いていたとされるウルブスは3200万ユーロ(約44億円)+アドオンという好条件のオファーを掲示。 これに対して、バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、「クラブは、プレミアリーグのクラブからゲデスに対して破格のオファーを受け取ったと言ってきた」と、エースの流出を示唆するコメントを残していた。 そして、バレンシアはウルブスからのこのオファーを受け入れるようで、すでに個人間でも合意に至っているゲデスは8日にメディカルチェックのために現地入りする予定だという。 ゲデスはベンフィカ、パリ・サンジェルマンを経て2017年からバレンシアに在籍。左右のウイングを主戦場に持ち味の鋭い縦への仕掛け、強烈な右足のシュートを武器に、チームの攻撃をけん引し、ここまで公式戦177試合36ゴール30アシストをマーク。とりわけ、昨シーズンのラ・リーガでは36試合11ゴール6アシストと見事な数字を残していた。 2022.08.08 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

元G大阪FWがプレミア挑戦か? ウォルバーハンプトンが韓国代表FWファン・ウィジョ獲得に興味

ウォルバーハンプトンが韓国代表FWファン・ウィジョ(29)の獲得に興味を持っているようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。 ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格していた。 そのボルドーは、慢性的な財政問題を抱えており、4000万ユーロ(約55億5000万円)の赤字を抱える財政問題を理由に、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)からナシオナル(フランス3部)への降格を言い渡されていた。 しかし、増資を勝ち取ったほか、選手の売却で資金を調達。フランスサッカー連盟(FFF)の執行委員会は今季はリーグ・ドゥで戦うことを許可していた。 ただ、ボルドーは一時的に凌いだだけであり、財政難状態は継続。今夏の移籍市場で選手を売却しなければ、再び降格の憂き目に遭う可能性がある。 『レキップ』によれば、ウォルバーハンプトンは300万ユーロ(約4億1000万円)のオファーを出したものの、安すぎるとしてボルドーが却下。しかし、ファン・ウィジョ本人がプレミアリーグでのプレーを望んでいることもあり、交渉が続いているという。 プレミアリーグでは、昨シーズンはアジア人として初めて得点王に輝いたトッテナムのFWソン・フンミン、そしてウォルバーハンプトンのFWファン・ヒチャンと2人の韓国人が活躍。ファン・ウィジョも加入となれば、韓国代表の前線3人がプレミアリーグでプレーすることとなる。 2022.08.04 18:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly