CL&ユーロ2020制覇に貢献したジョルジーニョがUEFA最優秀選手に初受賞!

2021.08.27 02:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は26日、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(29)が2020-21シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞に選出されたことを発表した。なお、今回の受賞はジョルジーニョにとって、初の受賞となる。

今回の選考は、2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)のグループステージに出場した32チーム、およびUEFAヨーロッパリーグ(UEL)のグループステージに参加した48チームの合計80名の監督に加え、55人のジャーナリストが審査員によって行われた。

前述したジョルジーニョと共に、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(30)とチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(30)が選出されていた。

ジョルジーニョは、2020-21シーズンにチェルシーで公式戦43試合に出場し、9年ぶりのチャンピオンズリーグ制覇に貢献。13試合に出場イタリア代表では、今夏に行われたユーロ2020で全試合に出場し53年ぶりの優勝に大きく貢献した。

なお、最終順位とポイントは以下の通り。

1位:ジョルジーニョ(チェルシー/イタリア)-175pt
2位:ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)-167pt
3位:エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)-160pt
4位:リオネル・メッシ(バルセロナ-パリ・サンジェルマン/アルゼンチン)-148pt
5位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)-140pt
6位:ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン-パリ・サンジェルマン/イタリア)-49pt
7位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)-31pt
8位:ラーヒム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)-18pt
9位:クリスティアーノロナウド(ユベントス/ポルトガル)-16pt
10位:アーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー)-15pt


関連ニュース
thumb

ヤシン・トロフィーにユーロ優勝の伊代表守護神ドンナルンマ! 「大きな誇り」と喜びの心境

バロンドールを主催する『フランス・フットボール』が29日に授賞式をパリで執り行い、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマがヤシン・トロフィーを受賞した。 元ソビエト連邦代表でGKとして唯一バロンドールを受賞したレフ・ヤシン氏の名を冠して2019年から新設されたヤシン・トロフィー。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったが、GK版のバロンドールとも評される同賞にイタリアの若き守護神ドンナルンマが輝いた。 ブラジル代表GKアリソン(リバプール)に続く受賞者となるドンナルンマは昨季、8年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したミランで公式戦48試合に出場して、15回のクリーンシートを記録。イタリア代表でも今夏のユーロ2020で優勝に貢献し、個人も大会最優秀選手に輝いた。 チェルシーのCL優勝に貢献したセネガル代表GKエドゥアール・メンディや、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク、マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンらを抑えて、栄冠に輝いたドンナルンマは受賞後、SNSを通じて喜びの心境を語っている。 「ヤシン・トロフィーの受賞は大きな誇りだ。カステッランマーレ・ディ・スタービアで生まれ、ミランに行き、そして今やパリにいる。すごく長い道のりで、たくさんの変化もあった。人生は旅のようなものだ」 「そのなかで、いくつかの大きな夢をすでに叶えることができた。僕はラッキーな男だと思っている。この賞もそう思えるその1つだ。でも、ほかにもまだ追い求めたいことがたくさんある」 2021.11.30 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「まずはトルコ」イタリアとPOで同居もポルトガル代表指揮官は目の前の試合を見据える

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。FIFAが伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2016を制したポルトガル代表が、ユーロ2020を制したイタリア代表とグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況となったわけだが、サントス監督はこの結果について言及。まずは初戦のトルコ代表戦が大事だと強調した。 「イタリアについて考えるに値しない。トルコに勝つことに集中することが大切だ。決勝に進んだ場合、どうやって勝つかを考え始める」 「もちろん、決勝はホームで行われるが、まずはトルコに勝たなければいけない。ホームでの試合は有利だ」 「観客が応援してくれることも重要だが、移動に時間をかけずに済むという点でもメリットがある」 2021.11.27 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「良いドローではない」まさかのポルトガルと同居…イタリア代表指揮官が心境語る

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。イタリアサッカー連盟(FIGC)が伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2020を制したイタリア代表と、ユーロ2016を制したポルトガル代表がグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況に。まさかの抽選結果に、マンチーニ監督がコメント。「避けたかった」と明言した。 「良いドローではない。もう少し、良いものがあったかもしれない」 「我々もポルトガルも、北マケドニアとトルコに勝たなければいけないが、固い試合になり困難はつきものだ」 「我々がポルトガルを避けたかったように、彼らもイタリアを避けたかったはずだ」 「W杯に行けるか? 我々は常に自信を持っており、ポジティブだ。最も重要なことは、全ての選手を使えるようにすることだ」 2021.11.27 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯欧州予選プレーオフ組み合わせ決定、イタリアとポルトガルが同居

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会を行った。 グループCで欧州王者イタリア代表と、前欧州王者であるポルトガル代表が同居。仮に準決勝を勝ち上がると、決勝で本戦出場を懸け激突することになる。 準決勝は2022年3月24日に行われ、決勝は同29日に行われる。その他の組み合わせは以下の通り。 ◆グループA 《準決勝》 スコットランドvsウクライナ ウェールズvsオーストリア ◆グループB 《準決勝》 ロシアvsポーランド スウェーデンvsチェコ ◆グループC 《準決勝》 イタリアvs北マケドニア ポルトガルvsトルコ 2021.11.27 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、ラツィオDFルイス・フェリペ招集を検討か

イタリアサッカー協会(FIGC)が、ラツィオのブラジル人MFルイス・フェリペの代表招集を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 先日のカタール・ワールドカップ欧州予選でプレーオフに回ることになったイタリア代表。最初は3連勝で快調なスタートを切っていたものの、その後の5試合で1勝4分けと急失速し、最終節でスイス代表に逆転首位通過を許してしまった。 3月に出場権を懸けたプレーオフが控える中、イタリア代表ではここ最近、チーム強化に向けて新戦力の招へいが検討されている。その一人であるカリアリのブラジル人FWジョアン・ペドロは、すでにロベルト・マンチーニ監督とコンタクトがあったことを認め、アッズーリでのプレーに意欲を示した。 そして、同じくブラジルにルーツを持つルイス・フェリペもまた、指揮官が注目する選手。2016年夏にブラジルのイトゥアーノからラツィオに移籍した同選手は、サレルニターナでの武者修行を経て徐々に主力に定着。 昨季は足首のケガでシーズンの半分を棒に振ってしまったものの、今季はケガとサスペンションによる欠場2試合を除けば、セリエAでは全試合に先発出場している。 代表では、両親がブラジル人のため、U-20とU-23のブラジル代表で出場した経歴を持つ。一方で、その両親がイタリア出身のため、同時に2カ国のパスポートを保有。両代表でデビュー可能となっている。 なお、マンチーニ監督はセンターバックの新戦力候補として、ローマのブラジル人DFロジェール・イバニェスにも注目しているようだ。 2021.11.25 16:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly