イタリア代表勇退のDFキエッリーニ、ユーロ2020でハイボール処理を誤ったファウルを回想

2022.06.15 21:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020決勝でのプレーを振り返える元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)を、イギリス『ギブミースポーツ』がSNSを引用して伝えている。ユーロの王者とコパ・アメリカ王者が対戦するフィナリッシマ2022を最後に、代表引退を決意したキエッリーニ。昨年のユーロ2020では主将としてチームを牽引し、アッズーリを53年ぶりの2度目となる欧州制覇へと導いた。

2021年7月11日に行われたイングランド代表との決勝戦。延長戦を経てのPK戦を制したイタリアだが、1-1で迎えた後半終了間際に犯したキエッリーニのファウルは当時大きな物議を醸していた。
タッチライン際でハイボールの処理を誤ったキエッリーニは、ブカヨ・サカに入れ替わられてしまい、シャツを引っ張る恰好でファウル。イエローカードを受けていた。

レッドカードではとの声も多く上がっていたこのシーンをベテランDFは微笑を浮かべながら次のように回想している。

「このシーンはユーロ2020の象徴になってしまったな。2021年夏では一番取り上げられたんじゃないか」

「これはユーロでやってしまった唯一のミスだった。それは90分で、軌道から体を入れてボールアウトにできると思ったんだ」

「けど、サカが後ろからちょろっとやってきてスペースへ抜けようとした。反射的に彼(のシャツ)を掴むしかなかったけど、まぁうまくやったんじゃないかな」

ユベントス在籍17年間で19個のタイトルを獲得したキエッリーニは、13日にメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCへと活躍の場を移すことが発表されている。


関連ニュース
thumb

退団希望でローマに居場所失ったザニオーロ、今冬残留から一転トルコ行きも?

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)にトルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 ザニオーロは今冬のローマ退団を望み、ミランとボーンマスへの移籍交渉の行方が注目された。しかし、個人間で合意していたミランはローマの要求額を満たせず撤退。対してボーンマスへは自身が移籍を望まず、ローマ残留という形で決着したと思われた。 ローマはザニオーロの姿勢に激怒し、後半戦で一切起用しない方針を固めたとも言われるなか、現在も移籍市場が開いているトルコへなら移籍が可能。移籍市場に精通するジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏によると、ガラタサライとフェネルバフチェがローマに接触している段階だという。 ザニオーロ本人がトルコ行きに同意するかは不透明のようだが、ローマはいずれかのクラブが要求額を満たせば躊躇なく売却する考え。レンタル放出は排除しており、完全移籍に絞って話し合いが続いているとされる。 トルコ・スュペル・リグの移籍市場は2月8日まで。6日中に決定的な動きがあるかもしれないと考えられている。 2023.02.05 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「実現しなかった」過去にアーセナル行き叶わずのジョルジーニョ、プレミア制覇へ意気込み「約束できるのは全力を尽くすということ」

移籍期限最終日にチェルシーからアーセナルへと加入したイタリア代表MFジョルジーニョが、最初のインタビューに応えた。 1月31日、アーセナルはジョルジーニョを完全移籍で獲得。移籍金は1200万ポンド(約19億3000万円)と見られ、1年間の延長オプションがつく1年半契約を結んだとされている。 ボランチの選手が手薄となっているアーセナル。19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けて補強に動いていた中、経験豊富なジョルジーニョを手にすることができた。 ロンドンのライバルクラブから加入したジョルジーニョ。移籍はあっという間に決まったとし、ミケル・アルテタ監督の存在は大きかったとした。 「彼は大きな影響力を持っていた。なぜなら、彼は僕を前にも何度か手にしたいと思っていたことを知っている。それは僕の願いではなく、別の理由で実現しなかった。だから、彼の影響は大きかった」 「この新たな挑戦にとても興奮しているし、正直に言ってピッチに立つのが待ちきれない。全てがとても迅速に起こった。少し驚いたけど、この素晴らしい挑戦の機会を利用したいと思った」 「大切なシャツだね。素晴らしいクラブだし、ビッグクラブだし、ここに来られて本当に興奮しているし、幸せだ」 アーセナルへの移籍を喜んだジョルジーニョ。チェルシーの選手として対戦した中、今シーズンのアーセナルは上手くいくと感じていたとコメント。これまでの経験を生かして、チームの躍進を助けたいと意気込んだ。 「本当に大変だったよ。プレシーズンでも親善試合で対戦し、アーセナルが今シーズンはとても上手くいくと感じていたし、それを見ていた。だから、スタンフォード・ブリッジで再び対戦した時、全く驚きはなかった」 「チームを助けるためにポジティブなエネルギー、ハードワーク、経験をもたらせられるように努める。それはいつも僕が心掛けていることだ」 「他のクラブでの経験を生かし、チームがより多くのことを達成できるように、できる限りのことをしたいと思っている。それが僕の目標だ。僕が約束できることは、このクラブを代表するために、全力を尽くすということだけだよ」 <span class="paragraph-title">【写真】アーセナルのユニフォームでキメるジョルジーニョ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがチェルシーMFジョルジーニョ獲得へ? その他の移籍も絡む事案に

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)の獲得に関心を寄せているようだ。『The Athletic』が伝えた。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍を遂げる。 マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍している。 チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残しており、経験は十分だ。 また、イタリア代表としてもユーロ2020で優勝を果たしており、能力は証明済み。ガーナ代表MFトーマス・パルティが負傷し離脱期間は不明だが、プレミアリーグ優勝に向けて今冬の移籍市場ではボランチの補強を目指しているアーセナルにとっては、大きな補強となりそうだ。 ただ、最優先はブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(22)と思われるが、ジョルジーニョに関しても獲得に動いているという。 チェルシーとジョルジーニョの契約は今シーズン終了後に満了を迎え、チェルシーとしては今冬に放出しなければフリーで移籍させることに。ただ、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得に向けて最後に粘りを見せており、獲得に成功した場合はジョルジーニョを手放すことが濃厚と見られている。 時間がない中でどのような結末を迎えるか。様々な移籍が絡んだ取引となりそうだ。 2023.01.31 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

四面楚歌のザニオーロ… 母親がローマに恨み節「これほどまで憎しみを生み出すなんて」

去就問題に揺れるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、母親はSNSでローマへの恨み節を綴っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ザニオーロは今冬のローマ退団を希望し、ミランかボーンマスへの移籍が濃厚に。だが、個人合意済みのミランはローマの要求額を満たせず断念し、反対に要求額を満たしたボーンマス行きは本人が拒否と、どちらへの移籍も実現せずに終幕した。 その矢先、ジョゼ・モウリーニョ監督が記者会見で「残念ながら残るようだ」と発言し、練習から除外されていたことが明るみに。ローマでの居場所もなくなりつつあり、ゼネラル・マネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏がインタビューで「解決策を模索中」と話したように難しい状況に陥っている。 ローマとしては移籍市場閉幕までになんとか売却したいところだが、ザニオーロのお騒がせ家族として度々話題にあがる母フランチェスカ・コスタさんが自身のSNSを更新。モウリーニョ監督の発言も念頭にあったのか、「これほどまでに憎しみを生み出すなんて、度が過ぎているわ」と、息子を四面楚歌に追い込んだとしてローマを非難している。 また、29日にローマがナポリに1-2で敗戦した際は、ザニオーロはメンバー外だったにもかかわらず、試合後に一部のローマサポーターが自宅まで押しかけ、「敗戦の責任はザニオーロ」と叫ぶなどし、警察が出動する事態となっている。 退団を望むザニオーロ、その意向を受けて高値での売却を模索するクラブ、敗戦に苛立つサポーター、息子を庇いたい母親…ローマは残りわずかな移籍期間中にザニオーロの売却先を見つけられるだろうか。 2023.01.30 20:42 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly