ソシエダがライプツィヒFWセルロートを獲得! ウィリアン・ジョゼはベティスへ

2021.08.26 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは25日、RBライプツィヒからノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

スペイン『El Diario Vasco』が伝えるところによれば、買い取りオプションの金額は1600万ユーロ(約20億7000万円)となるようだ。

セルロートは、母国ローゼンボリの下部組織出身で2013年7月にトップチーム昇格。その後はフローニンヘンやミッティランを経て、2018年1月にクリスタル・パレスに加入。

イーグルスでは公式戦20試合で1ゴール1アシストと結果を残すことはできなかったが、昨夏に2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルでその才能を完全に開花させると、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。

2020年夏にはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、チェコ代表FWパトリック・シックが去ったライプツィヒの新エースストライカー候補として加入。しかし、公式戦37試合の出場でわずか6ゴールに留まり、大きく期待を裏切っていた。

そして、今夏の移籍市場でクラブがフランクフルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得したことで、今夏の退団が有力視されていた中、過去に同胞MFマルティン・ウーデゴールが在籍していたソシエダ行きを選んだ。

なお、セルロートの獲得によってソシエダは、今夏にウォルバーハンプトンからレンタルバックしたブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)をベティスに売却することが確実となった。


関連ニュース
thumb

コパ・デル・レイ優勝のベティス、ソシエダからレンタルのウィリアン・ジョゼ買い取りへ

ベティスにレンタル中のブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(30)は、ソシエダからの完全移籍が決定したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 2016年夏にソシエダに加入し、ラ・リーガでは4シーズン連続で二桁得点を記録してきたウィリアン・ジョゼ。昨季からやや序列を落とすと、昨季途中に頭蓋骨骨折で長期離脱中のFWラウール・ヒメネスに代わるセンターFWとしてウォルバーハンプトンへレンタル移籍。 昨夏にソシエダへ復帰したが、今季はベティスにレンタル移籍で加入。ここまで公式戦42試合で11得点5アシストを記録し、17年ぶりのコパ・デル・レイ優勝に貢献していた。 『マルカ』によれば、ベティスは買い取り金としてソシエダに1000万ユーロ(約13億4400万円)強を支払うことで合意に至っており、ウィリアン・ジョゼとは3~4年の契約を結ぶとのことだ。 2022.05.14 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ監督にクラブ・ブルージュが関心か、今季はソシエダBで2部リーグに挑戦中

レアル・ソシエダのリザーブチームで辣腕を振るうシャビ・アロンソ監督(40)だが、クラブ・ブルージュが招へいを検討しているようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じている。 シャビ・アロンソは2017年7月の現役引退後、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、今シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、残り3試合となった現時点で19位に沈んでおり、自動降格となる20位と3ポイント差の窮地に立っている。 去就はチームの残留か降格かにも依るだろうが、今夏で契約満了となる40歳指揮官に向けてクラブ・ブルージュが興味を示している模様。同クラブでは昨年1月にフィリップ・クレメント監督がモナコに引き抜かれ、その後任としてアルフレッド・スロイデル氏を招へい。 しかし、そのスロイデル監督も先日、今季限りで退任するエリク・テン・ハグ監督の後任を探していたアヤックス就任が決定したため、再び後任探しに奔走している。 2022.05.13 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

36歳ダビド・シルバ、来季も現役! ソシエダと今季限りの契約を新たに1年延長

レアル・ソシエダは29日、元スペイン代表MFダビド・シルバ(36)との契約延長を発表した。 新たな契約は2023年まで。2020年夏の加入時に締結した2年契約が今季限りで満了となるなか、1シーズンをエスタディオ・アノエタで過ごすことが決定した。 マンチェスター・シティ在籍10年間で数々のタイトルをもたらし、世界を代表する強豪に押し上げたD・シルバ。2020年夏からソシエダにフリー加入した。 スペイン代表の黄金期でも中盤の一角を担った36歳はソシエダでも細かいケガに悩まさがちだが、コンディションが整ってさえいればまだまだ違いを生み出す。 チームがラ・リーガでヨーロッパ大会の出場権争いに割って入る今季も衰えぬ技術で異彩を放っており、リーグ戦22試合の出場で1得点4アシストを記録している。 在籍2シーズンで公式戦56試合3得点9アシストのD・シルバは契約更新に際して、クラブ公式チャンネルで充実ぶりとこのたびの決断に対する満足感を示した。 「ここでの2年間はとても良いものだった。今季はヨーロッパの出場権を手にして終わりたいね。僕らは素晴らしい試合をして、良いフットボールを展開している。もう1シーズンを過ごせるのは幸せだし、満足だよ」 「ここに来る前から、このクラブはうまくいっている。監督のスタイルをもって、チームはうまくフットボールを展開しているんだ。毎シーズンのようにヨーロッパの舞台で戦えているのも良いことだと思うよ」 「僕の家族はとても快適に過ごしている。外に出れば、人々も魅力的だ。この2年間でたくさんの友人ができたのもここで続ける大きなポイント。彼らが家のように感じさせてくれるのはすべてを楽にしてくれる」 2022.04.30 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

公式戦の連敗中のバルサ、決勝ゴールのオーバメヤンは連敗脱出に「良い姿勢で正しいことを行った」

バルセロナのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、レアル・ソシエダ戦を振り返った。 バルセロナは21日、ラ・リーガ第33節でソシエダとアウェイで対戦した。 消化試合が少ない中で上位に位置するバルセロナ。勝たなければレアル・マドリーのリーグ制覇を後押しする形となってしまうだけに、なんとしても勝利が必要な試合だった。 そのバルセロナは、直近の公式戦で連敗。ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのフランクフルト戦では2-3と撃ち合いに負けると、3日前の前節はカディスに0-1で敗戦。苦しい戦いが続いていた。 そのバルセロナだが、開始11分に左サイドから崩すもウスマーヌ・デンベレのシュートはポスト直撃。しかし、その流れから抜け出したフェラン・トーレスの浮き球のパスをオーバメヤンがヘディングで決めて先制。1-0で勝利を収めた。 試合後、貴重な先制ゴールを決めたオーバメヤンがインタビューに応じ、何よりも勝利が大事だったとコメント。難しい2試合を終え、チームの戦う姿勢が正しかったと勝利を喜んだ。 「今日は辛勝だったけど良かったね。勝ったんだ。そして、2試合を終えて迎えた今夜は、とても重要だったと思う」 「なんと言って良いのか…複雑だ。でも、勝ったことが重要なことだ。今夜、僕たちは良い姿勢で正しいことを行ったと思う。それが重要なことだった」 「確かに、今日のようなことをすることは重要だった」 「僕たちはみんな、最後の1分まで戦っていたと思う。これまで話したように、その態度が問題だった。そして、今夜は勝つことが重要だった」 <span class="paragraph-title">【動画】オーバメヤンがヘディングで先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="B3IyXipizyQ";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.22 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

苦しみながらも白星をつかんだバルサ、チャビ監督は結果の重要性強調「全力を尽くす選手に満足」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、難敵相手の勝利を喜んだ。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは敵地で21日に行われたラ・リーガ第33節でレアル・ソシエダと対戦した。 11分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制に成功したものの、その後は相手チームに押し込まれる苦しい展開に。後半に入っても流れは変わらず防戦が続いたものの、最後までリードを守り抜き1-0で勝利した。 公式戦連敗を脱し、トップ4入りに向け大きな勝利をつかんだことに対して、チャビ監督は試合後に重要な白星になったと強調。相手チームを称えつつ、選手たちへの満足感を示した。 「ビジャレアル戦と並び、我々がもっとも苦しんだ試合の1つになった。多くの場面で彼らは我々を支配しており、我々より多くボールを持っていたと思う」 「後半の最初数分間の彼らは大暴れしていた。素晴らしいチームであり、フィジカルも強い。そして、我々は疲労を強く感じていた。だからこそ、この勝利は重要であり金メダルのようなものだ。現段階では、本当に素晴らしい勝利になった」 「多くの局面で、相手にはより価値があったと思う。我々も何度か0-2にするチャンスがあり、前半は支配した時間もあった。ただ、後半は違った」 「彼らは引き分けに値すると思うが、我々は(トップ4の)戦いに残れる非常に重要な勝利を手にして、ここを去ることができる」 「負けたときは悲しく感情的になり、環境への疑念も出てくる。だが、今日の我々は何の疑いも持っていない。これは素晴らしい勝利であり、良いプレーをしなくても戦えるというニュースでもある。全力を尽くしている選手たちの姿勢には満足している」 2022.04.22 10:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly