アレクサンダー・セルロート Alexander SORLOTH

ポジション FW
国籍 ノルウェー
生年月日 1995年12月05日(28歳)
利き足
身長 195cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

ビジャレアルで大暴れのセルロート、契約解除金64億円で今夏注目の1人に?

ビジャレアルのノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(28)が今夏マーケットで注目を集める1人となりそうだ。 過去2シーズンをレアル・ソシエダで過ごし、今季からビジャレアル入りしたセルロート。RBライプツィヒからローンで獲得したソシエダが完全移籍でとどめきれず、今季からビジャレアルに活躍の場を移したストライカーはさらに得点力を開花させ、ここまで公式戦40試合で26得点を叩き出す。 ラ・リーガに限れば、先週末のレアル・マドリー戦で衝撃の4ゴールと大暴れし、23ゴールで得点ランキングトップに。こうした活躍により、ビジャレアルに完全移籍して1年で他クラブもいろめき立つ存在となる。 スペイン『マルカ』によると、ビジャレアルとの契約は2028年夏までだが、解除条項があり、その額は3800万ユーロ(約64億5000万円)。市場終盤でも4000万ユーロ(約67億8000万円)ほどとのことで、有力クラブからすれば届かない額でもなく、オファーが予想されるという。 マルセリーノ・ガルシア・トラル監督はレアル・マドリー戦後、「オファーを恐れてなどない。それがフットボールの市場というものだからだ」とコメント。なお、ビジャレアルは800万ユーロ+ボーナスで獲得している。 2024.05.21 16:00 Tue

CL決勝へ調整続くレアル、4失点もアンチェロッティ監督は「全てが完璧だった」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が問題なしを強調した。クラブ公式サイトが伝えた。 すでにラ・リーガ制覇を決めたことから、6月1日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向けた調整が続く王者マドリー。19日に行われたラ・リーガ第37節のビジャレアル戦は、控え主体のメンバー構成で臨んだ。 トルコ代表MFアルダ・ギュレルの先制点を皮切りとしたマドリーは、スペイン代表FWホセル、元スペイン代表DFルーカス・バスケス、ギュレルと前半のうちに4ゴールを奪取。しかし、前半1ゴールを許していたノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートに後半に入ってから3点を追加され、4-4のドロー決着となった。 リーグ戦では10試合ぶりに勝ち点「3」を逃したアンチェロッティ監督だが、消化試合のため内容を重要視。失点を重ねた以外は良かったと振り返っている。 「スピードと激しさに溢れ、オープンであまりタイトではないエンタメ性の高い試合だった。我々必要なものを手にして終えたし、次の試合に備えなければならない。良いプレーをして、攻撃的なサッカーをしたかった」 「もう勝ち点は必要ないため、スピードや強度を伴った良いパフォーマンスを発揮し、トラブルやケガを避けることが目的だった。全てが完璧だった」 「必要以上に失点してしまったが、チャンピオンズリーグの決勝に向けては問題ない。ロッカールームは今後2週間、良いトレーニングをするためにギアを上げていくし、チャンピオンズリーグ優勝を目指してトライする」 また、アンチェロッティ監督は2得点のギュレルを「非常に効果的で、特別な才能を持っている」と称賛。一方、4失点を喫したウクライナ代表GKアンドリー・ルニンについては「失点が彼の責任ではないのは明らかだ」と擁護している。 さらに、長期離脱からの完全復活を目指すブラジル代表DFエデル・ミリトンについてもコメント。CL決勝までにコンディションが万全になる可能性を示唆した。 「彼は100%に近づいている。2週間あるし、決勝戦にはベストの状態で臨めるかもしれない。セルロートに苦しめられたのは、彼だけではなく(アントニオ・)リュディガーもだ」 2024.05.20 14:22 Mon

ノルウェー代表で定位置と背番号を譲った後輩…セルロートが5歳年下ハーランドをラ・リーガに勧誘?「適応間違いなし」

ビジャレアルのノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートが、マンチェスター・シティの同代表FWアーリング・ハーランドについて語った。 今季ラ・リーガ14得点、公式戦17得点のセルロート。過去2年のレアル・ソシエダ時代を上回るペースでネットを揺らす195cmストライカーだ。 当然、この活躍からノルウェーを代表するセンターフォワードなのは確か。しかし、ノルウェー代表には当代屈指のゴールマシーン・ハーランドがおり、A代表通算53試合18得点セルロートは左右どちらかのウイングが“守備位置”となる。 このように、ハーランドがいることで、ノルウェー代表だと本職ではないポジションを任されるセルロート。それでもスペイン『Relevo』のインタビューでは、ハーランドとの良い関係性を語る。 「アーリングとはとても仲が良いよ。もう5年くらいノルウェー代表で一緒だしね。彼は天性のリーダー的な部分を持つんだ。どちらかと言えば、陰から人知れずチームを支えるタイプかな。全てを口に出して引っ張るのではなく、黙々と率先して行動することができる」 数年前には、当時20歳そこそこで台頭してきたハーランドに、ノルウェー代表で背番号「9」を譲ったセルロート。 「彼はあの時すでにフットボーラーとして“ブランド”が出来上がっていたからね。NIKEとの繋がりも考えればピッタリだろう(笑) 彼のほうから『9が欲しい』って来たから、僕は11にしたんだ」 その一方、ハーランドは昨季があまりに強烈だったためか、最近は得点ペースの鈍化が指摘される。この件についてセルロートは、同じFWとして少しばかり不快感を抱いている様子だ。 「彼が自らの個人賞をチームの戦績より優先させているとでも? 僕の知る彼はそうじゃないし、もしそうだとしても口には出さない」 また、将来のレアル・マドリー行きが噂され続けていることについては歓迎。スペインサッカーへの適応も問題ないだろうとした。 「イングランドもドイツもスペインもそんなに異なるサッカーじゃない。リーグの特色をつけたがる人々が私見を言っているに過ぎないんだ。アーリングも間違いなくスペインにフィットする。選手からチームへ、チームから選手へ、お互いに適応の努力をすれば、適応できないなんてあり得ない」 2024.04.19 16:20 Fri

ジェレミ・ピノがACL断裂の重傷…新生ビジャレアルに大きな痛手

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノが左ヒザの前十字じん帯(ACL)断裂の重傷を負った。 ビジャレアルは16日、ピノとノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートの2選手に関する最新のメディカルレポートを報告。 15日のトレーニング中に負傷したピノが左ヒザのACL断裂の重傷を負ったことを明かした。一方、直近のアトレティコ・マドリー戦で負傷したセルロートに関しては右ハムストリングの筋損傷と診断されたことを明かしている。 ピノは今シーズンここまで公式戦10試合に出場。開幕からコンディションの問題を抱えていたなか、思うような活躍を見せられずにいた。それでも、マルセリーノ・ガルシア・トラル新監督が就任した新生イエローサブマリンでは攻撃の中心を担うことが期待されていただけに、今シーズン絶望の可能性が高い今回の負傷はチームにとって大きな痛手だ。 2023.11.17 06:00 Fri

ソシエダ、退団したセルロートの後釜にライプツィヒからまたレンタル! ポルトガル代表FWアンドレ・シウバが買取OP付きのレンタル移籍で加入

レアル・ソシエダは2日、RBライプツィヒからポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間は1年間で、買い取りオプションもついているという。 アンドレ・シウバはボアヴィスタ、サルゲイロス、パドロエンセの下部組織で育ち、その後ポルトの下部組織に加入。2016年7月にファーストチームへと昇格した。 1年後の2017年7月にはミランへ完全移籍。その後、セビージャ、フランクフルトへのレンタル移籍を経験し、2020年9月にフランクフルトへ完全移籍。2021年7月からはライプツィヒに完全移籍してプレーしていた。 ライプツィヒでは公式戦95試合で26ゴール17アシストを記録。2022-23シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し4ゴール4アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で8試合に出場し3ゴール2アシストと振るわない成績に終わっていた。 なおポルトガル代表としては53s居合で19ゴールを記録している。 ソシエダは、ストライカーとして昨シーズンまでプレーしたノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートの獲得に動いたが、ビジャレアルへ完全移籍。シーズン16ゴールを決めていたエースの代役に、再びライプツィヒからレンタルすることとなった。 2023.08.02 18:17 Wed

ソシエダ、アンドレ・シウバのレンタルに接近か…流失セルロートのカバーを目指す

レアル・ソシエダがRBライプツィヒからポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(27)の獲得に接近しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏のソシエダは昨季のラ・リーガでチーム最多12ゴールのアレクサンダー・セルロートを買い取ろうとしたが、ビジャレアルに持っていかれ、プラン再考に。ダビド・シルバもケガで引退を決断したりと想定外の事態が重なるが、セルロートの代わりとしてアンドレ・シウバに白羽の矢を立てている模様だ。 2018-19シーズンをセビージャで過ごした過去を持つアンドレ・シウバは2021年夏にライプツィヒ入り。1年目こそ公式戦17得点8アシストだったが、昨季は9得点9アシストと数字を落とし、マルコ・ローゼ監督の今季構想から外れてしまっているとのことで、交渉も難しいものにならないと推測されるという。 なお、ソシエダがレンタルで獲得を目指すというアンドレ・シウバは昨季終盤に負った筋損傷から回復途中。ソシエダ加入なら、ウマル・サディクとカルロス・フェルナンデスのポジション争いに割って入ることになる。 2023.08.01 11:15 Tue

ソシエダに暗雲? セルロートの完全移籍はライバル出現で難航

レアル・ソシエダのノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(27)を巡って攻防があるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 セルロートはRBライプツィヒから2シーズン続けてレンタル移籍。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し12ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグ(EL)でも7試合で2ゴール1アシストを記録した。 チームもラ・リーガで4位で終わり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。チームを支えたストライカーを完全移籍で獲得したいソシエダはライプツィヒとの交渉をスタート。しかし、簡単に思われた計画は困難を極める可能性があるようだ。 ライプツィヒは今夏の移籍市場でセルロートの売却を目指しているが、ソシエダ以外にもライバルが登場。リヨンが獲得に目動いているという。 ソシエダとセルロートは既に話し合いをしており、移籍にゴーサインが出れば問題なくプレーすることとなる。すでにライプツィヒを退団したいこと、ソシエダに行きたいことを表明。あとはクラブ間の移籍金交渉となる。 ただ、今シーズンの活躍により市場価値が上昇。ライプツィヒにとっては良いことであり、ソシエダにとっては不利に働くことに。果たしてソシエダはセルロートを獲得するのか、他にターゲットを移すのか。注目される。 2023.06.30 19:50 Fri

「それはプライスレス」久保建英のCL出場確定、10年ぶりの快挙にソシエダ指揮官も歓喜「クレイジー」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、チャンピオンズリーグ(CL)出場決定を喜んだ。スペイン『アス』が伝えた。 28日、ラ・リーガ第37節が行われ、ソシエダは3位のアトレティコ・マドリーとアウェイで対戦した。 日本代表FW久保建英も出場したこの試合。試合は37分にアントワーヌ・グリーズマンに先制を許すと、73分にはナウエル・モリーナにも追加点を奪われる。 ソシエダは88分にアレクサンダー・セルロートのゴールで1点を返すも、2-1で敗戦。3位浮上の可能性を逸してしまった。 ただ、5位のビジャレアルがラージョ・バジェカーノに敗戦したため、4位が確定。10シーズンぶりにCLに出場することが決定した。 試合には敗れたものの、悲願のCL出場を決めたソシエダ。イマノル監督は、試合後に胴上げされるなど、選手たちも大いに湧いた。 試合後の記者会見ではCL出場権獲得に歓喜。どう成し遂げたのかが大事だとした。 「まず言いたいのは、選手、スタッフ、ファン、クラブへの感謝の言葉だ。ここに来て顔を見せているのは私だが、彼らの働きなしでは不可能だった。チームがやっていることはクレイジーだ」 「ヨーロッパに3年連続で出場することは既に素晴らしいことだとしたら、1試合を残してチャンピオンズリーグに出場するということは、彼らが何を成し遂げたかではなく、どのように成し遂げたかということだ。それはプライスレスだ」 「彼らに感謝し、誇りに思い、我々がすべきことは、このシーズンを楽しむことだ。数は多くはないが、まだ先がある。とても難しいが、天井はどんどん高くなる。我々にかけていないものは、野心、熱意、尊敬だ」 今シーズンはヨーロッパでの戦いもありながら、リーグ戦では常に上位に位置。最終的に4位以内でのフィニッシュも決まったが、成し遂げた選手たちを称えた。 「何度も繰り返してきたが、何が達成されたのかではなく、どのように達成されたのかだ。シーズンを通して、我々はヨーロッパとカップ戦で3位と4位の間でプレーしてきた。何よりもそのことが私にとって、誇らしく、穏やかで、幸せな気持ちにさせてくれている」 「想像してみてほしい。多くの自国選手がいる私の人生のクラブにおいて、ラ・レアルを愛する全ての人にとって、4シーズン連続でヨーロッパで戦い、そして今はチャンピオンズリーグにも出場することになった。これは本当の狂気であり、本当の喜びだ」 「今日はチャンピオンズリーグに出るチームとスタジアムを相手に勝てなかったが、近年はヨーロッパリーグの出場権を獲得し、今日はチャンピオンズリーグに出場することができた。決して悪いことではない」 ソシエダは2003年、2013年と10年に1度CLに出場。またしても10年ぶりの出場となったが、ここからは連続で出場を続けたいところだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】試合終了後に広がる歓喜の輪、久保の姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gApZvuUwA14";var video_start = 166;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#レアル・ソシエダ</a> <a href="https://t.co/FPToc0RwBH">https://t.co/FPToc0RwBH</a> <a href="https://t.co/4zfeTgo7gm">pic.twitter.com/4zfeTgo7gm</a></p>&mdash; WOWOWサッカー (@wowow_soccer) <a href="https://twitter.com/wowow_soccer/status/1662938240595398656?ref_src=twsrc%5Etfw">May 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.05.29 14:57 Mon

「ダイナマイトを持ち込んだ」短い時間も古巣・バルサ相手に躍動の久保建英に地元紙も評価「常に危険な存在」「注目を集めた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣撃破に一役買い評価されている。 20日、ラ・リーガ第35節でソシエダはバルセロナとアウェイで対戦した。 すでにリーグ優勝を決めているバルセロナ。ソシエダは、4位フィニッシュに向けて勝利したいところだったが、久保は0-1とリードした中で、58分から途中出場した。 すると72分、自陣でフレンキー・デ・ヨングに対してプレスをかけると、ボールを奪えないものの、その後にマルティン・スビメンディが連動してボール奪取。すると、パスを受けた久保が敵陣に持ち出し、オーバーラップした左のスビメンディにパス。スビメンディは素早くクロスを送り、最後はフリーのアレクサンダー・セルロートが冷静に決め切った。 古巣相手に途中出場ながら決勝ゴールを演出した久保にはスペイン『ElDesmarque』は6点(10点満点)の評価を与えた。 「チュリ・ウルディン(ソシエダの愛称)の攻撃にダイナマイトを持ち込み、彼の存在はフィールド上で注目を受けた」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は途中出場ということもあり採点はなかったが、評価した。 「いつものように決定的だった。2点目のゴールを生み出した」 「ウイングで常に危険な存在。もう1つのレベルを見せた。セットプレーからもセルロートにビッグチャンスを与えた」 見事な連動からゴールの起点となった久保。レアル・マドリー戦でもゴールを決めており、ラ・リーガの2強であり古巣である両チーム相手の勝利に貢献。チームは1-2で勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場にまた一歩前進した。 <span class="paragraph-title">【動画】決勝ゴール演出!古巣相手に高いパフォーマンスの久保建英</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="QFQBFkGbbyM";var video_start = 57;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.21 19:45 Sun

「マジでやばい」「久保の安定感」久保建英、古巣バルサ相手に決勝点を生み出す! ドリブルの進化も話題に「1人で3人引きつけている」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣撃破に一役買った。 20日、ラ・リーガ第35節でソシエダはバルセロナとアウェイで対戦した。 すでにリーグ優勝を決めているバルセロナ。ソシエダは、4位フィニッシュに向けて勝利したいところだ。 久保はこの試合に58分から途中出場。0-1で迎えた中、72分に仕事をする。 自陣でフレンキー・デ・ヨングに対してプレスをかけると、ボールを奪えないものの、その後にマルティン・スビメンディが連動してボール奪取。すると、パスを受けた久保が敵陣に持ち出し、オーバーラップした左のスビメンディにパス。スビメンディは素早くクロス送り、最後はフリーのアレクサンダー・セルロートが冷静に決め切った。 見事な連動からゴールの起点となった久保。レアル・マドリー戦でもゴールを決めており、ラ・リーガの2強であり古巣である両チーム相手の勝利に貢献していた。 ファンは「ちゃんと印象残すのすごい」、「2試合とも決勝ゴールに絡んでる」、「久保の安定感」、「ドリブルも進化している」、「本当にソシエダに行って良かった」、「マジでやばい」、「1人で3人引きつけている」、「めちゃくちゃ成長している」とバルセロナ相手の活躍に称賛のコメントが相次いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英のプレスから!ドリブルで持ち出し2点目を生み出す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZjfDLBDd8TI";var video_start = 339;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.21 12:50 Sun
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年7月25日 ライプツィヒ ビジャレアル 完全移籍
2023年6月30日 レアル・ソシエダ ライプツィヒ レンタル移籍終了
2022年8月29日 ライプツィヒ レアル・ソシエダ レンタル移籍
2022年6月30日 レアル・ソシエダ ライプツィヒ レンタル移籍終了
2021年8月25日 ライプツィヒ レアル・ソシエダ レンタル移籍
2020年9月22日 クリスタル・パレス ライプツィヒ 完全移籍
2020年9月21日 トラブゾンスポル クリスタル・パレス レンタル移籍終了
2019年8月4日 クリスタル・パレス トラブゾンスポル レンタル移籍
2019年6月30日 ヘント クリスタル・パレス レンタル移籍終了
2019年1月8日 クリスタル・パレス ヘント レンタル移籍
2018年1月31日 ミッティラン クリスタル・パレス 完全移籍
2017年7月1日 フローニンヘン ミッティラン 完全移籍
2016年1月1日 ローゼンボリ フローニンヘン 完全移籍
2015年12月31日 ボデ/グリムト ローゼンボリ レンタル移籍終了
2015年1月1日 ローゼンボリ ボデ/グリムト レンタル移籍
2013年7月1日 ローゼンボリ 完全移籍
今季の成績
ラ・リーガ 33 2520’ 23 3 0
UEFAヨーロッパリーグ グループF 4 277’ 2 2 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 2 135’ 1 0 0
合計 39 2932’ 26 5 0
出場試合
ラ・リーガ
第1節 2023年8月13日 vs レアル・ベティス 90′ 0
1 - 2
第2節 2023年8月18日 vs マジョルカ 90′ 0
0 - 1
第3節 2023年8月27日 vs バルセロナ 90′ 1
3 - 4
第4節 2023年9月1日 vs カディス 27′ 1
3 - 1
第5節 2023年9月17日 vs アルメリア 90′ 1
2 - 1
第6節 2023年9月24日 vs ラージョ・バジェカーノ 90′ 1
1 - 1
第7節 2023年9月27日 vs ジローナ 90′ 0
1 - 2
第8節 2023年9月30日 vs ヘタフェ 61′ 0
0 - 0
第9節 2023年10月8日 vs ラス・パルマス 90′ 0
1 - 2
第10節 2023年10月22日 vs アラベス 90′ 0 23′
1 - 1
第11節 2023年10月30日 vs グラナダ 45′ 1
2 - 3
第12節 2023年11月5日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 1
2 - 3
第13節 2023年11月12日 vs アトレティコ・マドリー 81′ 0
3 - 1
第14節 2023年11月26日 vs オサスナ メンバー外
3 - 1
第15節 2023年12月3日 vs セビージャ メンバー外
1 - 1
第16節 2023年12月9日 vs レアル・ソシエダ 17′ 0
0 - 3
第17節 2023年12月17日 vs レアル・マドリー 45′ 0
4 - 1
第18節 2023年12月20日 vs セルタ 90′ 0
3 - 2
第19節 2024年1月2日 vs バレンシア メンバー外
3 - 1
第20節 2024年1月13日 vs ラス・パルマス 34′ 0
3 - 0
第21節 2024年1月20日 vs マジョルカ 90′ 1 45′
1 - 1
第22節 2024年1月27日 vs バルセロナ 90′ 1
3 - 5
第23節 2024年2月4日 vs カディス 45′ 0
0 - 0
第24節 2024年2月10日 vs アラベス 90′ 0 71′
1 - 1
第25節 2024年2月16日 vs ヘタフェ メンバー外
1 - 1
第26節 2024年2月23日 vs レアル・ソシエダ 11′ 1
1 - 3
第27節 2024年3月3日 vs グラナダ 90′ 3
5 - 1
第28節 2024年3月10日 vs レアル・ベティス 90′ 1
2 - 3
第29節 2024年3月17日 vs バレンシア 90′ 0
1 - 0
第30節 2024年4月1日 vs アトレティコ・マドリー 90′ 1
1 - 2
第31節 2024年4月14日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 0
1 - 1
第32節 2024年4月21日 vs アルメリア 90′ 1
1 - 2
第33節 2024年4月28日 vs ラージョ・バジェカーノ 84′ 2
3 - 0
第34節 2024年5月5日 vs セルタ 90′ 0
3 - 2
第35節 2024年5月11日 vs セビージャ 90′ 2
3 - 2
第36節 2024年5月14日 vs ジローナ 90′ 0
0 - 1
第37節 2024年5月19日 vs レアル・マドリー 90′ 4
4 - 4
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第1節 2023年9月21日 vs パナシナイコス 30′ 0 74′
2 - 0
第2節 2023年10月5日 vs スタッド・レンヌ 85′ 1
1 - 0
第4節 2023年11月9日 vs マッカビ・ハイファ 90′ 1 29′
1 - 2
第5節 2023年11月30日 vs パナシナイコス メンバー外
3 - 2
第3節 2023年12月6日 vs マッカビ・ハイファ メンバー外
0 - 0
第6節 2023年12月14日 vs スタッド・レンヌ 72′ 0
2 - 3
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年3月7日 vs マルセイユ 45′ 0
4 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月14日 vs マルセイユ 90′ 1
3 - 1