チェルシーがクンデ獲得へ交渉順調! 個人間合意に加え、クラブ間でも交渉進む

2021.07.28 13:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがセビージャに所属するフランス代表DFジュール・クンデ(22)の獲得に向け、順調に交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のチェルシーは、欧州連覇と共にプレミアリーグのタイトル獲得に向けて今夏も積極的な補強に動く構えを見せている。

ここまではドルトムントFWアーリング・ハーランドやユベントスFWフェデリコ・キエーザ、ウェストハムMFデクラン・ライスといった中盤と前線の補強の可能性が取り沙汰されているが、一部で刷新の必要性がある最終ラインの補強にも着手している。

そういった中、ロマーノ氏が伝えるところによれば、チェルシーは予てより獲得に関心を示し、先日にはトッテナムとコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)+金銭の条件でクラブ間合意に至りながらも、選手本人が移籍を拒否したとされる22歳のフランス代表DF獲得に向けて交渉を進めているという。

現在、チェルシーとクンデは2026年までの5年契約の条件で合意に至っており、クラブ間ではフランス代表DFクル・ズマ(26)の譲渡+金銭という条件で交渉を進めているとのことだ。

敏腕スポーツ・ディレクターのモンチ氏の眼鏡にかなった元ボルドーDFは加入2年目となった昨シーズンも見事な成長曲線を描き、公式戦49試合に出場し4ゴールを記録した。

若かりし頃のセルヒオ・ラモスを彷彿とさせる攻撃的なセンターバックはパワー勝負、スピード勝負のいずれにおいても一線級のアタッカー相手に全く見劣らず、守備者としてはポジショニングや判断面を除いてワールドクラスの域に足を踏み入れている。さらに、攻撃面においても的確な繋ぎ、局面を変える持ち出しと著しい成長を見せている。

関連ニュース
thumb

チェルシー、デ・リフト獲得へヴェルナーorプリシッチを提供か

チェルシーがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に向け、選手を絡めたオペレーションで移籍金の値下げを図りたい意向のようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 2024年夏までの契約となっているデ・リフトの契約解除金は1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されている中、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーかアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチを差し出すことで移籍金の値下げを図りたいようだ。 しかし、ユベントスは現金を求めており、1億ユーロ以上のオファーがない限りデ・リフトの放出は認めない方針とのことだ。 今夏、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがクラブを離れた中、喉から手が出るほど欲しいセンターバックの人材だが、デ・リフト獲得を実現できるだろうか。 2022.06.25 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ケパは出場機会求める 「監督と話し合うけど、プレーしたい明確なメッセージを持っている」

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)が自身の去就に関して言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2018年8月にGK史上最高額となる7100万ポンドの移籍金でアスレティック・ビルバオから加入したケパ。加入1年目こそ守護神としてヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献したものの、翌シーズン以降は著しいパフォーマンス低下に批判が集中し、セネガル代表GKエドゥアール・メンディに定位置を明け渡した。 さらに、現在クラブはラツィオを退団したアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャの獲得を検討しており、ケパにはラツィオやニューカッスル、ニースといったクラブへの移籍も取り沙汰されている。 そういった中、『マルカ』のロングインタビューに応じた27歳は、自身の現状を語ると共に、今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のスペイン代表メンバー選出に向け、定期的にプレー機会を得たいと移籍希望を示唆している。 「(来シーズンの抱負は)ワクワクするし、野心的を持っているよ。とにかく、スタメンで楽しみたいし、なによりももっとプレーしたいと思っている。より多くの試合でピッチに立ちたいんだ」 「最終的に決めるのは監督だ。監督が自分を選ぶ理由をできるだけ多く与えなければならない。僕はトレーニングが好きで、すべてのセッションでベストを尽くし、自分自身をケアし、監督から求められたときに準備できるようにしているよ」 「(トーマス・トゥヘル監督との関係は?)彼との会話は簡単で、日頃から彼はプレーヤーと完全に親密な関係になっている。僕個人としては、彼が私に対して抱いている愛情や信頼に気づいているよ」 「もちろん、僕はもっとプレーしたいと思っている。彼が他のチームメイト(メンディ)を選んでいることは事実だし、それは僕が日々の生活の中で変えようとしていることでもある。僕はプレーしたいし、そのためにトレーニングや準備をしているんだ」 「(今夏のレンタル移籍の可能性は?)今はチェルシーのプレーヤーだけど、1、2年前から素晴らしいパフォーマンスをしてきたと思っているから、もっとプレーしたいというのは明らかだよ」 「僕はチェルシーに在籍し、ここで成功したいと思っている。ただ、自分の願いが叶わない場合、さまざまなことを検討するつもりだ。明確な目標はプレーすることだからね」 「もちろん、絶望しているわけではないよ。結局のところ、僕はとても大きなクラブにいる。監督と話し合って決めるけど、もっとプレーしたいという明確なメッセージは持っているよ」 「(W杯出場は大きな目標か?)それが今求めているものだよ。クラブのためにもっとプレーして、代表チームに戻りたい。個人的なレベルでのもう1つの目標はラ・ロハに戻ることだ」 「僕は17歳から26歳まで常に代表チームに属していて、試合を欠場することなく、代表ウィークでの休暇がどのようなものかを知らないことを忘れないでほしい。最近、僕はそういった休暇を取った。そして、僕はそれが好きではないんだ」 チェルシーでのポジション奪還に前向きな姿勢を見せるケパだが、メンディの壁は高く、現状ではやはり今夏の移籍が既定路線となりそうだ。 2022.06.24 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

カラスコにプレミアの強豪3クラブが関心!

アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニック・カラスコ(28)にプレミアリーグの強豪3クラブが関心を強めているようだ。スペイン『アス』が報じている。 シーズンを通してパフォーマンスに波はあるものの、本職の左ウイングに加えて、左右のウイングバックやサイドハーフで、ディエゴ・シメオネ率いるチームの崩しの起点を担うカラスコ。 そのベルギー代表に関しては、今夏の移籍市場でトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドというプレミアリーグのビッグクラブが獲得に動いているようだ。 クラブとの現行契約は2024年まで残っており、アルゼンチン人指揮官の信頼も厚いカラスコに関して、クラブは来シーズン以降も重要な戦力として考えているという。 ただ、6000万ユーロ(約85億5000万円)に設定されている契約解除金は前述のクラブにとって十分に支払い可能な金額だ。また、カラスコのサラリーはチーム平均の金額で、年俸1000万ユーロ(約14億2000万円)超えのGKヤン・オブラクやMFコケ、FWアントワーヌ・グリーズマンらとは大きく開きがある。そのため、選手サイドがより好条件でのプレーを希望した場合、同選手を失う可能性が十分に考えられるようだ。 とはいえ、現時点で前述のクラブは公式な動きは見せておらず、アトレティコとカラスコの間で条件を改善した新契約を結ぶ可能性も除外されていないという。 2022.06.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

CB難のチェルシー、デ・リフト獲得に動く

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に動くようだ。イタリア『スカイ』が報じた。 今季限りでドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが退団したチェルシー。トーマス・トゥヘル体制で主力を務めたセンターバックを一気に2人も失い、さらには主将のスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの去就も不透明な状況にあるなど、最終ラインの補強が急務となっている。 現状でセビージャのフランス代表DFジュール・クンデやインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルといった名前が候補に挙がる中、昨夏にも関連が伝えられたデ・リフトの獲得に本腰を入れる様相のようだ。 しかし、同選手は2024年夏までの契約で、契約解除金が1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されていることから、交渉は困難を極めることが予想される。ただ、先日に本人の口から契約について言及があり、その時点では延長か移籍か決めかねていると明かされていた。 また、別の観点から言えば、デ・リフトは代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏が4月末に急逝、チェルシーも長らくクラブ間交渉を主導してきたマリナ・グラノフスカイア氏が対陣したことが、少なからず影響するかもしれない。 2022.06.23 21:36 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏にリバプール退任の敏腕SD、フロント再編中のユナイテッドとチェルシーが招へい検討か

リバプールのスポーツ・ディレクター(SD)を今季限りで退任するマイケル・エドワーズ氏に対して、複数クラブが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2011年にアナリティクス部門の責任者としてリバプールに加入したエドワーズ氏は、その後テクニカル・パフォーマンス・ディレクター、テクニカル・ディレクターを経て、2016年からSDに就任。FWサディオ・マネ、FWモハメド・サラー、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカー、MFファビーニョら後に不動の主軸となる選手たちの獲得を主導しており、ユルゲン・クロップ監督のチームを陰から支え続けた。 リバプールとの契約は今夏までとなっていたことから、クラブ側は残留を希望したものの、エドワーズ氏本人が新たな挑戦を求めたことから退任が決定。すでにジュリアン・ウォード氏が内部昇格という形で、選手獲得などを進めている。 そんなエドワーズ氏の招へいに関心を示しているのが、リバプールのライバルでもあるマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーだ。 ユナイテッドは最高経営責任者(CEO)と副社長を務めてきたエド・ウッドワード氏が今冬に退任。スカウト部門の責任者も去るなど新体制を構築中だが、2021年11月に同クラブの指揮官に就任し、今夏からコンサルタントとして携わる予定だったラルフ・ラングニック監督が一転して退任。新CEOであるリチャード・アーノルド氏は、優れたディレクターの招へいを模索している。 同様に、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がクラブを売却したチェルシーもフロントの再編成が行われており、これまで数多くの選手補強に携わってきたディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏が退陣。新たにオーナーとなったトッド・ベーリー氏は優れたSDを据えたいと考えており、エドワーズ氏は複数いる候補の一人のようだ。 そのほか、エドワーズ氏にはアヤックスも関心を示しているとされており、リバプール復活に大きく寄与した敏腕SDの去就が注目されている。 2022.06.23 17:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly