日本代表のレジェンド、MF長谷部誠とGK川島永嗣が対決後に2ショット「まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか」

2021.07.25 13:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表を支えたレジェンドが共演した。

24日、プレシーズンマッチでドイツのフランクフルトとフランスのストラスブールが対戦。2-3でストラスブールが勝利した。

フランクフルトの本拠地ヴァルトシュタディオンで行われた一戦。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣はフル出場。フランクフルトは日本代表MF鎌田大地が先発出場し前半のみプレー。MF長谷部誠は後半45分間をプレーした。

試合は6分、カウンターからフランクフルトが先制。ボックス左からのフィリップ・コスティッチのクロスに鎌田が飛び込むもあわず。それでも、ファーサイドに走り込んだアルディン・フルスティッチがダイレクトで蹴り込み、フランクフルトが先制する。

しかし20分、GKからのフィードが相手に奪われると、そこからまずい対応が続き、最後はリュドヴィク・アジョルクが蹴り込んでストラスブールが追いつく。

追いつかれたフランクフルトだったが、22分にすぐさま反撃。またしても左サイドに展開すると、ボックス左からのコスティッチのグラウンダーのクロスにフルスティッチがダイレクトシュート。これが決まり、フランクフルトがリードする。

後半に入り互いにメンバー交代。すると52分、大きな展開からアジョルクがダイレクトで折り返すと、FWアドリアン・トマソンがシュート。長谷部が懸命に戻るがブロックが間に合わずに2-2の同点となる。

追いつかれたフランクフルトは終盤にもミス。82分、ハーフウェイライン付近でバックパスを試みると、これが絶妙なライン裏へのパスになってしまい、最後はハビブ・ディアロが落ち着いて蹴り込み、逆転。ストラスブールが2-3で勝利した。

試合後、川島が自身のインスタグラムを更新。長谷部との久々の対戦を喜び、2ショットを披露。そこに鎌田の姿がなくツッコミを入れていた。

「練習試合で長谷部おじいちゃんと対戦。

「よく考えたら、まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか(笑)」

「フットボールが見せてくれる素晴らしい景色でした。…大地はどこいった(笑)。」

両者はヨーロッパでの対戦経験はなく、ともに川崎フロンターレ、浦和レッズに在籍していた2007年11月11日まで遡るとみられる。

フランクフルト 2-3 ストラスブール
【フランクフルト】
アルディン・フルスティッチ(6分、22分)
【ストラスブール】
リュドヴィク・アジョルク(20分)
アドリアン・トマソン(52分)
ハビブ・ディアロ(82分)




関連ニュース
thumb

新体制で未勝利のフランクフルト、3試合ベンチの長谷部誠についてSD「彼はとても重要」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、MF長谷部誠の存在について語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 37歳になった長谷部は、フランクフルトで8シーズン目を迎え、今シーズンは副キャプテンを務める。 一時期はヒザの負傷で引退も叫ばれた中、安定したパフォーマンスを見せ続け、レギュラーとしてプレー。今シーズンもここまで3試合に出場している。 16日のヨーロッパリーグ(EL)第1節のフェネルバフチェ戦を含め、直近の公式戦3試合はベンチに座ったままと出場機会を得ていない長谷部だが、クレシェ氏はその存在感はプレーをせずとも大きいと語った。 「長谷部誠は、プレーしていなくとも、依然としてトッププレーヤーだ。特に若い選手にとって、彼のサポートやカリスマ性、そして豊富な経験があり、彼はとても重要だ」 フランクフルトでは公式戦240試合に出場し2ゴール5アシスト。ブンデスリーガでは通算342試合で7ゴール21アシストを記録。2008年1月にヴォルフスブルクに加入してからブンデスリーガで15シーズン目となり、今シーズンも最もブンデスリーガでプレーしている選手として君臨している。 アディ・ヒュッター監督、フレディ・ボビッチSDが去り、オリヴァー・グラスナー監督、クレシェSD体制となった今季はここまで未勝利。長谷部の力もそろそろ必要かもしれない。 2021.09.17 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「めっちゃ爽やか」デュセルドルフの田中碧が散髪してスッキリ!週末にはリーグ首位と対決

デュッセルドルフに所属するMF田中碧がドイツでの生活に適応しているようだ。 田中は6月に川崎フロンターレからデュッセルドルフへの移籍が発表。U-24日本代表の一員として東京オリンピックに参加した後、渡独した。 チームへの合流後、ブンデスリーガ2の2試合に出場した田中は、9月のインターナショナルウィークで日本代表に招集されずにクラブに残ると、12日に行われた第6節のエルツゲビルゲ・アウエ戦にもインサイドハーフとして先発出場。味方のオフサイドで惜しくも取り消しになったもののミドルシュートからゴールネットを揺らすなど、攻守に積極的に絡み、84分までプレー。合流してから1分け1敗だったチームの勝利に貢献した。 着々と存在感を増している田中だが、デュッセルドルフの日本語版公式ツイッターが最新のトレーニングの様子を公開。「特別ですよ?新しい髪型でホームゲームの準備に入ります」と田中が散髪した姿を投稿した。 この投稿にファンからは「髪切ってる!」「いいねえ」「精悍」「めっちゃ爽やか」「かっこよすぎる」といった声や、SNSを頻繁には更新しない田中の姿を見せてくれる公式ツイッターに「ありがとうございます」と感謝する声もあった。 デュッセルドルフは18日、第7節でリーグ首位のレーゲンスブルクと対戦。田中の4試合連続出場と初ゴールにも期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【写真】ドイツで散髪した田中碧のスッキリした髪型をチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">特別ですよ?<br>新しい髪型でホームゲームの準備に入ります<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フォルトゥナ</a> | | <a href="https://twitter.com/hashtag/F95SSV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#F95SSV</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> <a href="https://t.co/3zUQzJV8f1">pic.twitter.com/3zUQzJV8f1</a></p>&mdash; フォルトゥナ ・デュッセルドルフ (@F95_jp) <a href="https://twitter.com/F95_jp/status/1438152613837541379?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤のピンチを凌いだフランクフルトが強豪フェネルバフチェとドロー…古橋を欠くセルティックは逆転負け《EL》

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。 日本人選手の所属するフランクフルト、セルティック、PSV、ヘンク、アントワープ、ラピド・ウィーンでは、ヘンクのみが白星発進となった。 グループD第1節でフェネルバフチェをホームに迎えたフランクフルトは、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトの鎌田大地はフル出場、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトは立ち上がりの10分に失点する。ロッシのミドルシュートをGKトラップが弾くと、素早く反応したエジルにこぼれ球を押し込まれ、フェネルバフチェに先制を許した。 それでもフランクフルトは41分、ヤキッチのロングパスで左サイドを抜け出したコスティッチがボックス左深くまで侵入しクロスを供給。これをラマースが流し込み、試合を振り出しに戻した。 フランクフルトは60分にも、ドゥルムのロングスルーパスに反応した鎌田の折り返しからラマースがゴールネットを揺らしたが、これはパス抜け出した鎌田のオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 1-1のまま試合は最終盤に突入。するとフランクフルトは90分、ロッシのスルーパスでゴール前に抜け出したペルカスを飛び出したGKが倒してしまい痛恨のPKを献上。ペルカスのPKはGKトラップがファインセーブで弾くも、いち早く反応したメルギム・ベリシャにこぼれ球を押し込まれた。 土壇場で勝ち越しを許したかに思われたフランクフルトだったが、PKを蹴る前に先にエリア内にベリシャが侵入したとのVARによる判定でゴールは取り消された。結局、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、互いに勝ち点1ずつを分け合う結果となった。 一方、加入後7ゴールと絶好調のFW古橋亨梧をケガで欠くグループGのセルティックは、アウェイでベティスと対戦し3-4で敗戦した。15分にアイエティのゴールで先制したセルティックは、26分に獲得したPKをユラノビッチが決め、リードを広げた。 しかし、直後の32分にミランダのゴールで1点を返されると、その3分後にもフアンミにゴールネットを揺らされ、試合を振り出しに戻された。 嫌な雰囲気で後半を迎えたセルティックは、51分にボルハ・イグレシアスのゴールで勝ち越しを許すと、53分にはフアンミにこの試合2点目を決められた。 その後、87分にラルストンのゴールで1点を返したが、セルティックはそのまま3-4で逆転負けを喫した。 その他、三好康児の所属するアントワープはアウェイでオリンピアコスと対戦し1-2で敗戦。堂安律の所属するPSVはレアル・ソシエダを相手に2-2のドロー。また、日本人対決となった北川航也の所属するラピド・ウィーンと伊東純也の所属するヘンクの一戦は、0-1でヘンクが勝利している。 2021.09.17 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【ECL第1節まとめ】ウニオンMF原口が唯一の先発出場も黒星スタート…AZのDF菅原も途中出場

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージの第1節が行われた。 今シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティション。 注目の開幕節では日本人選手4名の内、ウニオン・ベルリンのMF原口元気が唯一のスタメン出場を飾った。 グループE初戦でスラビア・プラハと対戦したウニオンは、開始直後にボックス内に侵入した原口がダイビングヘッドを試みるなど、敵地でアグレッシブな入りを見せる。だが、徐々に押し込まれると、18分には相手のセットプレーの二次攻撃からボックス手前でクリアボールに反応したバーにゴール前の密集を抜けるダイレクトシュートを決められた。 何とか前半のうちに追いつきたいウニオンは原口が果敢にフィニッシュに絡むなど、反撃の姿勢を見せる。だが、前半終了間際にはイェッケルがこの試合2枚目のカードをもらい痛恨の退場となった。 1点ビハインドに加え、数的不利を背負ったウニオンだが、後半も粘りの戦いを見せて追加点を与えない。すると、70分には前線へのロングボールをうまく繋いで右サイドのスペースに飛び出したベッカーの折り返しをゴール前のベーレンスが冷静に流し込み、途中出場2選手の連携から同点ゴールを奪う。 だが、84分にはスタンチュのミドルシュートのこぼれ球をゴール前のクフタに流し込まれ、勝ち越しを許す。これで集中の糸が切れてしまったか、88分には相手のスローインからのシンプルな攻めに後手を踏み、シュランツにトドメの3点目を奪われた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、原口がフル出場でハードワークを見せたものの、ECL初陣は1-3の敗戦スタートとなった。 また、グループDに入ったAZのDF菅原由勢は、ラナース戦に63分から右サイドバックで途中出場した。2-1の1点リードで投入された菅原だったが、チームは直後にセットプレーからゴールを割られる。 以降は一進一退の攻防が続いた中、菅原は幾度か良い攻撃参加を見せてチャンスに絡んだものの、試合はこのまま2-2のスコアでタイムアップ。AZは敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まった。 また、MF田中亜土夢とFW中村敬斗による日本人対決に注目が集まったヘルシンキvsLASKリンツは、アウェイのLASKが0-2で勝利している。なお、田中は負傷でベンチ外、中村はベンチ入りも出場機会はなかった。 MF香川真司が所属するPAOKはリンカーンを相手に敵地で2-0の勝利を収めた。なお、香川は今グループステージは登録メンバー外となっている。 その他では優勝候補のローマがCSKAソフィア相手に5-1の快勝スタートを飾った一方、同じく優勝候補のトッテナムはスタッド・レンヌ相手に苦戦を強いられ、敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まった。 また、コペンハーゲンやヘント、パルチザン・ベオグラードといった欧州大会の常連も白星スタートを飾った。 ◆ECL第1節 結果一覧 【グループA】 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 4-1 アラシュケルト(アルメニア) ヘルシンキ(フィンランド) 0-2 LASKリンツ(オーストリア) ※田中亜土夢は負傷でベンチ外 ※中村敬斗はベンチ入りも出場せず 【グループB】 アノルトシス(キプロス) 0-2 パルチザン・ベオグラード(セルビア) フローラ(エストニア) 0-1 ヘント(ベルギー) 【グループC】 ローマ(イタリア) 5-1 CSKAソフィア(ブルガリア) ボデ/グリムト(ノルウェー) 3-1 ゾリャ(ウクライナ) 【グループD】 ラナース(デンマーク) 2-2 AZ(オランダ) ※菅原由勢は63分から途中出場 ヤブロネツ(チェコ) 1-0 クルージュ(ルーマニア) 【グループE】 マッカビ・ハイファ(イスラエル) 0-0 フェイエノールト(オランダ) スラビア・プラハ(チェコ) 3-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ※原口元気はフル出場 ※遠藤渓太は登録メンバー外 【グループF】 スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 1-3 コペンハーゲン(デンマーク) リンカーン(ジブラルタル) 0-2 PAOK(ギリシャ) ※香川真司は登録メンバー外 【グループG】 スタッド・レンヌ(フランス) 2-2 トッテナム(イングランド) ムラ(スロベニア) 0-2 フィテッセ(オランダ) 【グループH】 カイラト(カザフスタン) 0-0 オモニア(キプロス) カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 バーゼル(スイス) 2021.09.17 06:17 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東が決勝点をアシスト!後半AT弾でラピド・ウィーンを下したヘンクが白星発進《EL》

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節のラピド・ウィーンvsヘンクが16日に行われ、0-1でヘンクが勝利した。ラピド・ウィーンのFW北川航也はベンチ入りも出場せず、ヘンクのFW伊東純也はフル出場した。 ウクライナのゾリャを下してグループステージ進出を決めたラピド・ウィーンと、チャンピオンズリーグ(CL)予選で敗退したヘンクが激突したグループステージ初戦。ラピド・ウィーンの北川はベンチスタート、ヘンクの伊東は3トップの右で先発出場した。 一進一退の立ち上がりからとなった中、ヘンクは14分にチャンスを迎える。左サイドを突破したアルテアガのクロスをボックス中央で受けたオヌアチュがワントラップから左足で狙ったが、シュートはゴール右に外れた。 その後も互いに決定機がないまま時間が経過。そんな中、ヘンクは41分に伊東の縦パスをボックス右で受けたオヌアチュが縦に切り込みシュートを狙ったが、これも枠を捉えられない。 迎えた後半、先に決定機を作ったのはホームチームだった。62分、T・フォンタスのロングフィードに反応したカラがボックス右深くまで持ち上がりシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。 対するヘンクは、65分に伊東が積極的なミドルシュートでゴールを脅かすも、わずかに枠の上。それでも68分、左サイドからカットインしたトレゾールの横パスをペナルティアーク内のトールストヴェットがヒールで流すと、ボックス右に抜け出した伊東の折り返しからオヌアチュがゴールネットを揺らした。 ヘンクの先制かと思われたが、VARによる検証の結果、トールストヴェットのパスに抜け出した伊東がオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 0-0のまま試合は最終盤に突入。このままタイムアップかに思われたが、後半アディショナルにドラマが生まれる。92分、右サイド強引に突破した伊東がクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したオヌアチュが右足で流し込み、ゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。ヘンクが劇的勝利で白星スタートを切った。 2021.09.17 04:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly