ゴール後に人種差別発言のアルナウトビッチが1試合出場停止でオランダ戦欠場、333万円を自ら寄付

2021.06.16 21:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに対して1試合の出場停止処分を下した。オーストリアサッカー協会(OFB)が発表した。

現在は中国スーパーリーグの上海海港でプレーするアルナウトビッチは、オーストリア代表の一員としてユーロ2020に参加。初戦となった13日のグループC第1節の北マケドニア代表戦では、58分から出場すると、89分に駄目押しの3点目を記録。しかし、この際のゴールパフォーマンスが問題となっていた。

このゴールパフォーマンスでは、北マケドニアのDFエグゾン・ベイトゥライとMFエズジャン・アリオスキに対して行われたもの。侮辱的な発言を行ったとされ問題となっていた。

アルナウトビッチは自身のインスタグラムで謝罪しており、「人種差別主義者ではない」としていたが、UEFAはこの行動を問題視。1試合の出場停止となり、17日に予定されているグループ C第2節のオランダ代表戦を欠場することとなった。

アルナウトビッチはこの処分を受けて改めてOFBを通じてコメント。謝罪を行ったもののそれが認められなかったことを受け、自身の行動として人種の融合をサポートする団体に寄付すると発表した。

「僕は手続きが始まる前にも関わらず、自分の判断でゴールを祝った行動に非があると認め、公に謝罪しました」

「双方から残念な発言がありましたが、挑発があっても僕の行動を正当化するものではありません。試合直後に、話し合いと双方の謝罪がありました」

「僕は様々な国や文化の人々と一緒に育ち、多様性を非常に明確に示しています。僕を知っている人ならば、誰でもそれを理解してくれるでしょう。それを強調することは僕にとっては非常に重要です。僕はOFBとともに、社会のあらゆる分野における寛容と融合を支持します」

「僕自身の歴史を通して、融合することがとても重要であるという理由だけで、僕はこの事例をチャンスと考え、僕が後援者として活動しているプロジェクトに2万5000ユーロ(約333万円)を寄付し、自分の行動が多くの結束に良い結果をもたらせることを願います」

「そして何よりも、子供たちや若い人たちの良いお手本になりたいと思っています」

関連ニュース
thumb

昨季のUEFA最優秀ゴール賞の最終候補出揃う! ユーロからはシックの超ロング弾など3ゴール選出

欧州サッカー連盟(UEFA)が2020-21シーズンの最優秀ゴール賞(Goal of the Season)の最終候補を発表した。 今回の対象は2020-21シーズンのUEFA主催大会において決まったゴールで最終候補には10個のファインゴールが選出されている。 先日に終了したユーロ2020からはチェコ代表FWパトリック・シックがグループステージ初戦のスコットランド代表戦で決めたハーフウェイライン付近からの超ロングシュート。フランス代表MFポール・ポグバがラウンド16のスイス代表戦で決めたミドルシュート。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが準々決勝のベルギー代表戦で決めたミドルシュートの3つがノミネートされた。 続いてチャンピオンズリーグ(CL)からはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミが準々決勝2ndレグのチェルシー戦の試合終了間際に決めた豪快バイシクルシュートが唯一ノミネートされている。 ヨーロッパリーグ(EL)からはトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリがラウンド32のヴォルフスベルガー戦で決めたバイシクルシュート、レンジャーズのイングランド人FWケマル・ルーフェがグループステージのスタンダール・リエージュ戦で決めたロングシュート、ブラガのポルトガル代表FWパウリーニョがグループステージのレスター・シティ戦で決めた鮮やかなチームゴールの3つがノミネート。 その他ではU-21欧州選手権でU-21ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ、 フットサル・チャンピオンズリーグでバルセロナのブラジル代表FPフェルラン、女子チャンピオンズリーグでバイエルン・レディースのオーストリア女子代表MFサラ・ザドラジルが決めたゴールがノミネートされている。 なお、最優秀ゴール賞は今回の10つのノミネートゴールから『UEFA.com』の一般ファン投票によって選出される。『UEFA.com』の投票ページでは全ゴールをそれぞれ短い動画で確認できる。 <span class="paragraph-title">【動画】ノミネートゴールを確認し、是非投票を!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> ICYMI: Vote for your UEFA Goal of the Season and you could win some incredible prizes...</p>&mdash; UEFA (@UEFA) <a href="https://twitter.com/UEFA/status/1417404069082193939?ref_src=twsrc%5Etfw">July 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.21 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショー、肋骨骨折の状態でユーロ最後の3試合をプレーしていた模様…

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショーは、ユーロ2020の最後の3試合を肋骨骨折の状態でプレーしていたようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 ショーはイングランドが準優勝を果たした今大会で初戦を除く全6試合に出場。イタリア代表との決勝での先制ゴールを含め、1ゴール3アシストの活躍をみせ、スリーライオンズの躍進の一人となっていた。 しかし、『テレグラフ』が報じるところによれば、同選手はラウンド16のドイツ代表戦で肋骨を骨折し、以降の3試合を負傷を抱えた満身創痍の状態でプレーしていたという。 ただ、現時点でケガの程度は不明となっており、ウェストハムMFデクラン・ライスやチェルシーMFメイソン・マウントらと共にギリシャでバカンス中のショーは、ユナイテッドのプレシーズントレーニングに戻り次第、クラブのメディカルスタッフと共に今後の復帰計画を決めることになるようだ。 なお、ユナイテッドのイングランド代表に関してはFWマーカス・ラッシュフォードが昨シーズン後半戦から悩まされていた肩の負傷を完治させるため、今夏のタイミングで手術に踏み切る可能性が伝えられており、手術を行った場合は少なくとも2カ月程度の離脱が見込まれている。 2021.07.21 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

いよいよ開幕が近づく、新しいワクワク! イチオシは林大地

こんにちは。安永聡太郎です。 ユーロはイタリアの劇的な優勝で終わりました。個人的には大会が始まる前まであまり注目していませんでしたが、開幕戦で良い意味での驚きを戦術的に与えてくれたチームの優勝は非常に嬉しく思いました。 [1-4-3-3]をベースに、攻撃時は[1-3-2-4-1]に可変する。可変の理由は、インシーニェを左ハーフスペースに配置してグループで崩す左サイドと、スペースを与えて個人での単独突破を目指す右サイドの色合いをはっきりさせる意味があったと思います。 手詰まる時はウイングの利き足を変えてボックスへの進入手段を変更し、それでも効かない時はインシーニェのゼロトップを選択して中盤に厚みをもたらし進入回数を増やす。で、守ると決めたらカテナチオ! 準々決勝からベルギー、スペイン、イングランドを倒しての優勝は、イタリアファンでなくても納得の優勝ではないでしょうか! さて、そのユーロも終わり色々と問題も解決されないまま迎える印象のある、待ちに待ったオリンピックが開幕します!選手の皆さんには、サッカーだけに限らず心から声援を送りたいですね。 と言っても、やはり私の注目は当たり前ながらサッカーです。なぜなら、メダルを期待せずにはいられないメンバーが揃っているからです。 基本フォーメーションは守備時[1-4-4-2]、攻撃時[1-2-4-3-1]に、相手を観ながらシステムチェンジする。誰がどこでプレーするかで戦い方も変えられる、守ると決めたら歴代最強クラスのカテナチオ! 初戦は22日(木)に南アフリカ。アフリカを勝ち抜いた身体能力+チーム戦術を兼ね備えた厄介な相手だと思いますが、経験が豊富なオーバーエイジ枠の吉田、酒井、遠藤を中心に来年のワールドカップでの活躍も期待される久保、堂安、前田、三笘と、挙げるとキリがないワクワクメンバーならきっと大丈夫でしょう! 因みに個人的なイチオシは、メンバー枠が増えて追加登録組の林選手です! なぜなら、CBの背中を取る動きが秀逸ですし諦めずに何度もチャレンジできる。そして何よりゴールを奪うことを目的としていてその前の全ては手段にすぎないように見えるから!プラス大会を勝ち上がるのに必要な、ラッキーボーイ的なサクセスストーリーを感じさせる選手だと思いますからね!皆さんもそれぞれにイチオシがいると思いますが、蓋を開けるまでどうなるか分からないのがスポーツの面白さです! どうせ開催されるなら、5年後、10年後にあの時やって良かったと思える中心にサッカーがあると、サッカーを愛する人間としては最高ですよね! さて、皆さんもそれぞれに試合を観て楽しんであーだ、こーだと言いますよね。解説者の言い分に納得したり不満を覚えたりしながらだと思います! <div id="cws_ad">ここで、お知らせをさせて下さい!<br /><br />南アフリカ戦をGayaR(がやーる)と言うアプリで音声解説します。2019シーズンの横浜F・マリノスが優勝した時のアナリストを務めていた杉崎健さんと、モデルの田中沙英さんと共に、解説者の視点にアナリストの分析、データを盛り込みながらもサッカー素人の田中さんにも理解して貰える楽しみ方を提供する!そんな時間になればと思っていますので、是非興味を持たれた皆様には聴きに来て頂けると幸いです!<br /><br />一緒にオリンピックサッカーを心から楽しみましょう!<br /><br />GayaR(がやーる)のダウンロードはこちらから<br /><br /><a href="https://apps.apple.com/jp/app/gayar/id1451584371" target="_blank">iOSアプリはこちら</a><br /><br /><a href="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gayar.app" target="_blank">Androidアプリはこちら<a></div> <hr>【文・安永聡太郎】<br/><div id="cws_ad">山口県出身。清水商業高校(現・静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験。1995年のFIFAワールドユース(現U-20ワールドカップ)に出場し、1996年のアトランタ五輪のバックアップメンバーにも選ばれた。高校卒業後は横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に入団し、1年目から主力として優勝に貢献。その後はスペインのレリダ、清水エスパルス、横浜FM、ラシン・デ・フェロール(スペイン)、柏レイソルでプレーし2005年に現役を引退。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督を務め、現在は大学生の指導の他、サッカー解説者として活躍している。</div> 2021.07.20 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

伊代表指揮官マンチーニ、ユーロ制覇を振り返る「最初の冒険を最高の形で終えられた」

イタリア代表のロベルト・マンチーニが自身のSNSでユーロ2020を振り返った。 ユーロ2020を優勝で飾ったイタリア。下馬評こそ決して高くなかったが、堅固な守備を際立たせながら多彩な攻撃パターンも駆使して、53年ぶり2度目の欧州制覇を成し遂げた。 優勝の歓喜から1週間が経とうとしていた18日、マンチーニ監督は自身のツイッター(@robymancio)を更新。華々しい結果に終わった大会を振り返り、チームへの称賛と感謝の気持ちを綴った。 「ちょうど7日前の今頃はユーロ2020の最後の試合、イングランド代表との決勝戦という大きなチャレンジに臨もうとしていた。結果は皆さんのご存知の通りだが、誰もがその舞台裏を知っているわけではない」 「ご存知のように、このチームの強さは、才能だけではない。人間性や、明るさ、自信も兼ね備えていたところだ」 「素晴らしいチームだ。彼らはPK戦のような緊張感のある場面でも、笑顔で喜びを持ってプレーすることができる。我々は、1人の人間でありながら、偉大なプロフェッショナルになれるということを示した」 「最初の冒険を最高の形で終えられた。私はファンや、選手たち、スタッフ、友人といった全ての人に感謝の言葉を送りたい」 2021.07.19 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマがトロフィーのタトゥー! ユーロ制覇を呼び込んだPKストップの左腕に

ユーロ2020で53年ぶり2度目の優勝を果たしたイタリア代表。その立役者が、思い出を体に残した。 ユーロ2020決勝は、イタリア代表とイングランド代表の対戦に。53年ぶりの優勝を目指したイタリアと、初優勝を目指したイングランドがロンドンのウェンブリー・スタジアムで激突した。 試合は開始2分にイングランドが先制するも、後半にイタリアが追いつくという展開に。延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込んだ。 そのPK戦で気を吐いたのがイタリア代表の守護神、ジャンルイジ・ドンナルンマ。あまり騒がれないが、22歳と若手に部類される選手だが、2本のPKをストップ。イタリアにユーロのトロフィーをもたらせていた。 ユーロ終了後は、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が完了し、活躍の場をイタリアからフランスへと移す事が決まったドンナルンマ。イタリアにタイトルをもたらせたその左腕には、思い出を残していた。 ドンナルンマは、そのPKを止めた左腕に、ユーロのトロフィーのタトゥーを彫ることを決め、そのトロフィーは緑、白、赤のイタリアカラーのリボンで装飾されていた。 また、トロフィーの下にはユーロ決勝の日付が刻まれている。 タトゥーアーティストのステファノ・レイノソさんがインスタグラムにドンナルンマがタトゥーを彫る動画をアップ。この先もタイトルを獲得したらトロフィーを彫っていくのかにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ドンナルンマがイタリアをユーロ制覇に導いた左腕にトロフィーを刻む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CRcNzjcMZaJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SportsCenter ESPN(@scespn)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.18 22:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly