アトレティコがククレジャ獲得に動く? シメオネが多才さを高く評価

2021.06.03 00:24 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーがヘタフェのU-21スペイン代表MFマルク・ククレジャ(22)の獲得に動く見込みだ。スペイン『マルカ』が報じている。

今シーズンのラ・リーガで7シーズンぶり11度目の優勝を果たしたアトレティコは、シーズンを通して可変式の[3-5-2]をメインシステムとして採用。その中で運動量と多くの役割を求められる両ウイングバック(サイドバック)は要のポジションだ。

左サイドに関してはディフェンダータイプのDFレナン・ロージ、DFマリオ・エルモソ、アタッカータイプのMFヤニック・カラスコ、MFトマ・レマル、中盤タイプのMFサウール・ニゲスが併用されていた。

そういった中、ディエゴ・シメオネ監督は新たなオプションとして左サイドのスペシャリストの獲得を希望しているようだ。

バルセロナのカンテラ育ちのククレジャは、マシア仕込みのテクニックに加え、エイバル、ヘタフェというタフさが売りのチームで揉まれたことで、球際のバトルでも特長を出せる多才なサイドプレーヤーだ。また、サイドバック、サイドハーフ、ウイングバック、ウイングとすべてのポジションでプレー可能な点は、可変式の布陣を採用する新生ロヒブランコスにとってうってつけだ。

『マルカ』が伝えるところによれば、今シーズンのラ・リーガで37試合3ゴール2アシストの数字を残したククレジャに対して、アトレティコは1500万ユーロ(約20億円)程度のオファーを準備しているという。さらに、交渉の一部として若手選手の譲渡も考慮しているようだ。

なお、ヘタフェは2020年6月にククレジャを完全移籍で買い取った際に、契約解除金を2500万ユーロ(約33億4000万円)に設定。また、他クラブに売却する際にはバルセロナに移籍金の10%を支払う契約となっている。

関連ニュース
thumb

「我々はまだタオルを投げてはいない」 CL連敗で最下位もシメオネ監督諦めず

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での黒星にも前向きな姿勢を保った。『UEFA.com』が伝えている。 アトレティコは敵地で4日に行われたCLグループB第3節でクラブ・ブルージュと対戦した。前節のレバークーゼン戦を落とすと、この試合も2連勝と好スタートを切った相手に立ち上がりからボールを握られ、36分に失点。後半も流れを掴めず、2失点目を喫すると、75分に得たPKもFWアントワーヌ・グリーズマンが不意にし、0-2で敗れた。 CL連敗でグループステージ最下位に転落したが、シメオネ監督はまだ挽回が可能と述べ、残り3試合に全力を尽くすと意気込んだ。 「今日はしっかりとした試合だったと思う。前半は試合をコントロールして、チャンスもあった。しかし、我々の力不足もあり、そのチャンスを活かせなかったね。そして後半は、相手GKの働きが試合のキーになった」 「今夜の我々はとても強いクラブ・ブルージュを見た。しかし、チームはそれに対して準備できていて、前半は力強いプレーを見せていたと思う。ただ、精度を欠き、自信も失ってしまった。あのPKが決まっていたら、試合全体が変わっていたかもしれない。とはいえ、我々はまだタオルを投げてはいない。まだ3試合残っているのだ」 2022.10.05 12:22 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、旋風ブルージュに屈して3連勝許す《CL》

アトレティコ・マドリーは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節レバークーゼンに敗れて1勝1敗スタートとなったアトレティコは、直近のセビージャ戦に続いて4バックを継続。モラタとグリーズマンの2トップで臨んだ。 2連勝スタートのブルージュに対し、フラットな[4-4-2]で構え、ブルージュにポゼッションを譲る展開としたアトレティコ。 そんな中26分に先制のチャンス。ボックス右に抜け出したモラタがGKと一対一に。しかしミニョレに止められた。 絶好のチャンスを逸したアトレティコは36分、ブルージュに先制される。ソワーとのパス交換からシュグラにボックス左深くまでえぐられてクロスを入れられると、ゴール前に走り込んだソワーに押し込まれた。 1点ビハインドで迎えた後半、開始2分にアトレティコはピンチ。ゴール至近距離からシュグラにボレーシュートを打たれたが、GKオブラクがファインセーブで阻止した。 しかし63分、ブキャナンとのパス交換からジュグラにシュートを決められ、リードを広げられた。 2失点目を受けてクーニャを投入したアトレティコは75分にそのクーニャがPKを獲得。しかしキッカーのグリーズマンはシュートをバーに当ててしまい失敗してしまう。 このままアトレティコは0-2で敗戦。ブルージュの3連勝を許してしまった。 グループBもう一試合のポルトvsレバークーゼンは2-0でポルトが勝利。1勝2敗で3チームが並ぶ混戦模様となっている。 2022.10.05 06:25 Wed
twitterfacebook
thumb

サウール、偉大な記録を打ち立てた同僚コケへ感謝を綴る「君のようになりたくて」

アトレティコ・マドリーの歴代最多出場記録を更新したスペイン代表MFコケに、チームメイトから感動的なメッセージが届いている。 コケは1日に行われたラ・リーガ第7節のセビージャ戦に出場し、アトレティコ通算554試合に到達。半世紀近く前にアデラルド・ロドリゲス氏が樹立した553試合を上回り、クラブの歴代最多出場選手となった。 偉大な記録を打ち立てたコケに対し、チームメイトのMFサウール・ニゲスが自身のSNSに祝福のメッセージを投稿。出会いを振り返りつつ、感謝の言葉を綴っている。 「僕がアトレティコのアカデミーに入った時、すぐにある選手の話を耳にした。将来の成功が約束された少年がいるんだとね。誰もが話していたその少年こそ君(コケ)だった」 「僕はどんな時でも君のようになりたくて、君と同じプレーがしたいと思っていた。今でも僕の模範であり、生きた教科書さ」 「いつも君の近くにいたいと思う。常にチームメイトに寄り添い、自らの利益よりもチームを優先する。これは君の素晴らしさを物語っているね。プロフェッショナルとして、チームメイトとして、キャプテンとして、そしてアトレティコを代表する模範だよ」 「出会ってから世話になりっぱなしだね。全ての若い選手にアトレティコの価値を教えてくれてありがとう。そして今日、君は歴史を作った。だけど、まだまだこの物語は続く。偉大なるキャプテン!」 2022.10.02 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコの生きる伝説コケ、通算554試合出場でクラブ最多記録に到達!

アトレティコ・マドリーのスペイン代表コケが偉大な記録を達成した。 1日に行われたラ・リーガ第7節のセビージャ戦で先発出場したコケ。先制点となったマルコス・ジョレンテの16カ月ぶり(48試合ぶり)のゴールをアシストするなど、敵地で0-2での勝利に貢献した。 そして、この一戦でコケは、アトレティコ通算554試合出場に到達。1976年にアデラルド・ロドリゲス氏が樹立したクラブ最多の553試合を更新した。 ロヒブランコスの下部組織出身のコケこと、ホルヘ・レスレクシオン・メロディオは、2009年9月19日にプロデビュー。翌シーズンの後半戦からトップチームに定着し、2012-13シーズンには完全にレギュラーの座を掴んだ。 2019-20シーズンからは、それまでフアンフランやラウール・ガルシア、ガビ、チアゴ、ディエゴ・ゴディンらが身に着けたキャプテンマークを引き継ぎ、努力、犠牲、連帯、勇気、そして心を体現しながら、アトレティコの象徴と呼べるほどの存在に。 獲得したタイトルは、ラ・リーガ2回、コパ・デル・レイ1回、ヨーロッパリーグ2回、スペイン・スーパーカップ1回、ヨーロッパ・スーパーカップ1回の計8個。ちなみにアデラルド・ロドリゲス氏は3度のリーグ制覇など10個のトロフィーを獲得した。 10月6日には本拠地シビタス・メトロポリターノで特別式典が行われる模様。アトレティコは「もう554試合だ、コケ。まだまだ行くぞ! おめでとう、キャプテン。おめでとう、レジェンド」と祝福の言葉を送っている。 2022.10.02 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

不振セビージャに快勝のアトレティコ、公式戦連敗ストップ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが1日に行われ、0-2でアトレティコが快勝した。 代表ウィーク前の前節ビジャレアル戦を1-1で引き分けた15位セビージャ(勝ち点5)は、ドルベリを最前線に、2列目にイスコ、ラメラ、オリベル・トーレスを起用した。 一方、レアル・マドリーとのダービーに敗れた7位アトレティコ(勝ち点10)は、これまで採用していた3バックから4バックに変更。[4-5-1]を採用し、中盤アンカーにヴィツェル、左サイドにクーニャ、最前線にモラタを据えた。 自陣に引いてセビージャにボールを持たせる形を取ったアトレティコは19分に最初のチャンス。コケがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。モラタが受けてシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。 それでも29分にアトレティコが先制する。コケのパスを受けたM・ジョレンテがボックス右に侵入。DFに対応されながらもシュートを決めきった。 先制後もアトレティコが組織的な守備でセビージャに好機を許さず、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ラキティッチとヘスス・ナバスを投入して3バックに変更したセビージャが前がかる展開となったが、58分にアトレティコがリードを広げる。 GKオブラクのロングフィードを起点にクーニャがルーズボールを突つくと、これを拾ったモラタが独走。GKとの一対一をループシュートで流し込んだ。 2点を追う展開となったセビージャはエン=ネシリとパプ・ゴメスを投入。76分にはエン=ネシリのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオブラクのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはアトレティコが集中した守備でセビージャの反撃を許さず。シャットアウト勝利で公式戦連敗を止めている。 2022.10.02 03:27 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly