来季のセリエAに期待するラニエリ「モウリーニョ、アッレグリ、おそらくサッリが戻ってくる」

2021.06.01 13:23 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今季限りでサンプドリアを退団したクラウディオ・ラニエリ監督がイタリアサッカーへの期待と課題を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

イタリア勢は今シーズン、インテルがチャンピオンズリーグ(CL)グループステージで敗退すると、ユベントス、ラツィオ、アタランタもラウンド16で大会を去ることに。ヨーロッパリーグ(EL)ではローマがベスト4まで進出したとはいえ、欧州の舞台で存在感を発揮することはできなかった。

一方で、インテルのアントニオ・コンテ監督こそ退任したものの、ローマは来季からジョゼ・モウリーニョ監督が指揮をとることを発表。また、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントス復帰も発表されており、名将たちがイタリアに集結しつつある。

こうした状況を受け、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたラニエリ監督はイタリアサッカー復活の兆しがあるとコメント。また、現在はマンチェスター・シティで指揮をとるジョゼップ・グアルディオラ監督も、いずれイタリアにやってくるはずだと語った。

「我々はカムバックを果たすだろう。なぜなら、イタリアのチームが早々に(欧州カップ戦から)淘汰されたという事実でも覆い隠せないくらいの、成長の兆しが見えるからだ」

「モウリーニョ、アッレグリ、そしておそらくマウリツィオ・サッリが戻ってくる。来季のセリエAは我々の活動全体の認知度を確実に高めてくれるはずだ」

「コンテがインテルから去ったのは残念だった。しかし、私はグアルディオラも遅かれ早かれイタリアで監督をするだろうと確信しているよ」

イタリアサッカーへの期待を語る一方で、ラニエリ監督は課題についても指摘。全体的に、試合のペースを上げていく必要があると訴えている。

「我々が早急にやらなければならないことが1つある。ゲームのペースを上げなければならない。それができなければ、(欧州での)競争力を保つことは難しいだろう」

関連ニュース
thumb

吉田麻也がフル出場、サンプドリアが新加入FWカプートの初ゴールなどで今季初勝利《セリエA》

19日、セリエA第4節のエンポリvsサンプドリアが行われ、0-3でサンプドリアが勝利を収めた。 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はこの試合も4バックの右CBで先発出場し、フル出場を果たした。 昇格組のエンポリはここまで1勝2敗の勝ち点3で14位、対するサンプドリアは2分け1敗で勝ち点2の15位に位置。勝ち点1差で迎えた大事な一戦となった。 立ち上がりからペースをつかんだのはエンポリ。2分、クトローネがボックス内左で吉田を背負いながら反転パス。最後はマンクーゾがダイレクトでシュートもGKアウデーロがセーブする。 サンプドリアは4分、相手のミスからチャンス。ディフェンスラインの裏に蹴ったボールをイスマイリがクリアも、これがゴール方向へ。しかし、これは枠を越えていきことなきを得る。 12分には相手のハンドでボックス手前の良い位置でFKを獲得したサンプドリア。しかし、クアリアレッラのシュートは壁に阻まれてしまう。 攻め立てるサンプドリアは14分、カンドレーバがボックス内左でドリブルを仕掛け、DFをかわして右足シュート。しかし、これはGKがニアサイドを消してシュートを防ぐ。 31分、ドリブルで持ち出したカンドレーバがスルーパス。タイミングを見計らって飛び出したカプートがボックス内から左足シュート。これが決まり、サンプドリアが先制する。 先制を許したエンポリだが攻撃の手は緩めない。39分、ロングボールを送ると、こぼれ球を拾ったマンクーゾがボックス手前から鋭いシュート。これは枠を外れる。さらに40分には、ドリブルで持ち込んだマルキッツァがボックス手前からクロス。これをファーサイドでマンクーゾがダイレクトボレーも、シュートはわずかに右に外れる。 時間の経過とともに試合前から降っていた雨も激しさを増していき、ボールが転がらないピッチコンディションとなる。 そんな中、押し込まれていたサンプドリアだったが一瞬の隙を突く。42分、相手と入れ替わったカプートがドリブルで独走。そのままボックス内に入るとGKとの一対一でシュートも、GKがセーブする。その後にはクアリアレッラがボックス手前中央からミドルシュートも、これはワンタッチがあり枠を外れる。 サンプドリアの1点リードで迎えた後半も、立ち上がりからサンプドリアが押し込む。48分にはダムスゴーアがボックス内左からシュートを放つがGKがセーブ。これで得たCKからサインプレー。マイナスのグラウンダーのパスをダムスゴーアがミドルシュートで狙うが、GKヴィカーリオが再びセーブする。 50分には左CKからのクロスをコリーがヘディングで落とすと、カプートが反転してシュート。しかし、これはクロスバーを直撃してゴールとはならない。 それでも52分、右サイドを仕掛けたベレシュインスキがボックス右からマイナスのクロス。これをボックス内右で受けたカプートが相手をかわして左足シュート。これがGKの手を弾いて決まり、リードを2点に広げる。 エンポリは62分、クロトーネが後方からのパスに完全に抜け出すと、そのままボックス内へと持ち込み右足シュート。これがネットを揺らすが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。VARのチェックの末にノーゴールとなった。 互いに選手を入れ替えて臨む中、70分にはカンドレーバが美しいゴールを決める。左サイドへと展開したボールをしっかりとコントロールすると、ボックス内左で相手DFと対峙。一瞬の隙を見てコースを作ると、右足一閃。見事なシュートがゴール右へと突き刺さった。 エンポリはここから徐々に押し込み出すが、決定力を欠き最後までゴールを奪えず。サンプドリアは無失点で今季初勝利を収めた。 エンポリ 0-3 サンプドリア 【サンプドリア】 カプート(前31、後7) カンドレーバ(後25) 2021.09.19 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田麻也にクラブ会長が契約延長の打診「2年間の延長に値する」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、クラブから2年契約の打診を受けたことを明かした。イタリア『Il Secolo XIX』のインタビューで答えた。 吉田は名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした後、2020年1月にレンタル移籍でサンプドリアへと加入。クラウディオ・ラニエリ監督の下で評価を高めると、2020年8月には完全移籍でチームに加入した。 サプドリア加入以降、チームの守備の要となると、ここまで51試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。 その吉田は、今夏はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、そしてオーバーエイジとして東京オリンピックに参加。フル稼働したままチームに合流。ロベルト・ダヴェルサ監督が率いる新体制になった今シーズンも合流間も無く試合に出場していた。 9月の日本代表活動にも参加した吉田は、復帰後の初戦となったインテル戦では今シーズン初ゴールを記録。チームはまだ新体制でのセリエA初勝利を挙げていないが、徐々に戦えるようになっている。 その吉田に対して、サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長がインテル戦後に契約延長の打診を行ったと、吉田がインタビューで明かした。 「インテル戦のゴールの後に会長が言ったのは「さらに2年間の延長に値する」ということでした。彼がそういうなら、僕もそのつもりです」 クラブからの要請があればそれに応えるとした吉田。そのインタビューでは、東京オリンピックにも触れていた。 「自国でのオリンピックだったので、メダルを夢見ていましたが、ガッカリしたとは言えません」 「悪い結果ではなかったです。残念ながらファンはスタジアムにはいませんでしたが、テレビで僕たちを熱心に応援してくれました。日本のサッカー界の動きは、その恩恵を受けています」 また、その中でチームに即合流し、その後も代表活動に参加してからゴールを決めたことについても言及。プレーすることが大事だとした。 「夏の間はずっとプレーを続けており、オリンピックでは6試合に出場し、一度も休んでいないような状態でサンプドリアに戻りました」 「僕は1週間の休暇しか取れませんでしたが、それは本当の休暇というよりも回復のためのものでした」 「疲れたとは思いますが、足には正しいリズムが残っています。僕のような選手は、たくさんプレーして、体を鍛えることが大事です」 クラブからも信頼の厚い日本代表のキャプテン。サンプドリアを高みに導けるかに注目だ。 <span class="paragraph-title"> 【動画】2020-21シーズンの吉田麻也の輝かしいプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIR05UbUxyYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「100%僕のもの」今季チーム初ゴールの吉田麻也がインテル戦を振り返る「ポイントを獲得できて満足」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、今季初ゴールと勝ち点獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 12日、サンプドリアはセリエA第3節でインテルと対戦。吉田は先発フル出場を果たした。 今季未勝利、そして無得点のサンプドリアが、3連勝を目指すインテルを迎えた一戦。試合は18分にフェデリコ・ディマルコのゴールでインテルが先制する。 王者相手に苦しいスタートとなったサンプドリアだったが、33分にその時が訪れる。右CKを獲得したサンプドリアは、クロスがゴール前で混戦に。インテルのクリアが小さくなると、最後は吉田がボレーシュート。これが相手DFに当たってディフレクトし、そのままゴールに入った。 サンプドリアのシーズン初ゴールを決めた吉田。その後試合は、互いに1点ずつを奪い合い、2-2のドローに終わった。 吉田は日本代表帰りの試合で難しかったとコメント。しかし、試合に集中していたと語った。 「代表活動から戻った後は特に難しいです。僕は最初に日本へ行き、次にカタールにいました。疲れていると思うのが普通ですが、僕はいつも集中しています」 また、勝ち点1をインテルから奪えたことに満足感を示すと共に、オウンゴールとも言われた中、自身のゴールを主張した。 「ポイントを獲得できて満足しています。僕たちはもっと多くのことができたかもしれないですが、彼らはチャンピオンです。十分でしょう。これを続けなければなりません」 「あれは僕のゴールでしょう。100%僕のものです。あまり良い形ではないですが、僕たちにとって重要でした。今はエンポリ戦が控えており、道は拓けています」 <span class="paragraph-title">【動画】見事なムーブから吉田麻也のボレーが決まる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%BA%BB%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田麻也</a> が決め<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%BA%BB%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田麻也</a> が吠えた<br>\<br><br>王者相手の同点ゴールは、<br>チームの今季初得点<br><br>セリエA第3節<br>サンプドリア×インテル<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SerieADAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieADAZN</a> <a href="https://t.co/RRajUmU0en">pic.twitter.com/RRajUmU0en</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1437010572676108291?ref_src=twsrc%5Etfw">September 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.13 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプの今季初ゴールは吉田! 王者インテルに張り合い2-2ドロー《セリエA》

セリエA第3節、サンプドリアvsインテルが12日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ここまで1分け1敗のサンプドリアと、2連勝中のインテルが激突。開幕節のミラン戦から早くもミラノ勢を再びホームで迎え撃つことになったサンプドリアは、吉田が3試合連続の先発出場。その他、移籍市場最終日にサッスオーロからのレンタルが決まったカプートがスタメンに起用されている。 一方のインテルは、レンタルバックのディマルコがインテルではセリエA初先発。一方、前節のヴェローナ戦で2ゴールの鮮烈デビューを果たしたホアキン・コレアはベンチスタートとなっている。 試合を動かしたのはそのディマルコだった。18分、インテルはペナルティアーク内右寄りの位置でFKを獲得。これをディマルコが左足でゴール左上の完璧なコースに突き刺し、先制点を決めた。 その後は一進一退の内容が続いた中、サンプドリアは33分に右CKを獲得。ゴール前の混戦の中で高く上がったボールの落ち際を吉田が丁寧に左足を合わせると、シュートは相手DFの足に当たりながら股下を抜けて、ゴール左に吸い込まれた。さすがのGKハンダノビッチも目の前でコースが変わり一歩も動けず。吉田はサンプドリアでは今年1月のパルマ戦以来2ゴール目となった。 今季初ゴールで同点に追いついたサンプドリア。しかし、王者はいとも簡単に突き放す。44分、インテルは自陣でボールを奪い返し、右サイドのバレッラに展開。バレッラは相手2人に挟まれながらも強引に突破し、ボックス手前右からクロス。これをラウタロがボレーで合わせ、リードした状態で後半へ向かった。 追いかける展開で残りの45分を戦うことになったサンプドリアだが、ボレーにはボレーでやり返す。47分、ボックス右でパスを受けたベレシュインキが巧みなボールタッチで相手のチェックをはがし、左足でクロスを供給。これをボックス左で待ち受けていたアウジェッロが左足ボレーシュートを叩き込み、早々に振り出しに戻した。 点の奪い合いとなった一戦。その後もインテルは55分に敵陣中央の空いたスペースでパスを受けたチャルハノールが前進し、ボックス手前からシュート。目の前にDFはいなかったため、シュートコースはよりどりみどりだったが、狙い過ぎたか惜しくも左に外してしまった。 一方のサンプドリアも74分、GKのロングボールを繋いでボックス左からダムスゴーアがシュート。飛び出してきたGKハンダノビッチの脇を通ってゴールに迫ったが、寸前のところでダンブロージオにブロックされてしまう。 終盤にかけては両軍イエローカードが入り乱れる死闘の様相を呈したものの、最後まで決勝点は生まれず2-2のドロー決着。サンプドリアの今季初勝利はお預けに、インテルは連勝ストップとなった。 2021.09.12 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「最低限の結果は出せた」キャプテンの吉田麻也は代表選手としてのメンタリティを再確認「一瞬一瞬を大切に」

日本代表のDF吉田麻也(サンプドリア)が、中国代表戦を振り返った。 7日、日本はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦で中国代表と対戦した。 初戦のオマーン代表戦をホームで0-1と落としている日本。必勝で臨んだ一戦は、序盤から日本が主導権を握り攻め込む展開となる。 [5-3]のブロックを作りなかなか崩させない中国だったが、40分に右サイドを伊東純也が突破。そこからクロスを上げると、大迫勇也が合わせてゴール。この1点を守り切り、0-1で勝利を収め、最終予選初白星を飾った。 試合後、メディアのオンライン取材に応じた吉田は、中国戦の勝利を受けた心境を語った。 「もちろん満足できる結果ではなかったですが、今日勝ち点3取れて、次に繋げられたなと思います」 「今日みたいな精神的な準備で試合に臨まなければいけないですし、これがスタンダードにならないといけないと思います」 「試合の内容は手放しで喜べるものではないですが、これが最終予選だと思いますし、とにかく勝ち点3を取れたことが良かったと思います」 前半から主導権を握って押し込む中で、なかなかゴールが奪えず。後半もゴールが奪えないまま推移していた。 守りの意識については「追加点を狙いに行っていました。後半の最初の10分はプレスをもう一回かけて、相手を圧倒したいと思っていました。追加点を取って楽になりたかったですが、そうならなかったです」と、チームとしては追加点を目指していたと語った。 「流れが相手に向かいそうになって、相手もブラジル人の選手を投入して勢いを持ってきたと。後ろは我慢することが大事で、それがオマーン戦でできなかったことなので、ゼロに抑えたことは評価できると思います」 「もちろん1-0の結果に満足はしないですが、最低限の結果は出せたと思います」 今回のオマーン戦敗戦の理由でもあるコンディションについては「9月のシリーズは毎回難しくて、日本からヨーロッパに向かって、割と早いタイミングで日本に帰ってきて、ヨーロッパは涼しくなっている国が多い中で日本で戦うことや、プレシーズンで自分たちのチームでのサッカーを落とし込んだ後に代表に帰って、代表に合わせることなど、簡単ではないです」と、9月の代表活動はいつも難しいとコメント。「それにしても1試合目は精神的な準備が足りていなかったというのは、正直思います。そこは不足していたかなと思いますし、大きな反省材料であることは間違いないです」と語り、それでもオマーン戦へのメンタリティは悪かったと語った。 今回の中国戦に向けて、チームとして精神面で打った手については「1試合目が終わった後に誰もが不十分だったことは認識していたと思いますが、なぜこの最終予選が大切なのかをもう一度再確認しなければいけないですし、本来であれば、1試合目の前にするべきだったのかもしれません」と語り、オマーン戦の前に話し合うべきだったとコメント。「そこは僕自身もミスがあったと認めざるを得ないです」と、キャプテンとして反省した。 ただ「もう1回カタールに来て、そこを再確認しました」とし、「カタールの初日の練習から明らかに変わっていたと思います。毎回そういう気持ちでこの代表に全員が挑まなければいけないですし、僕自身もそうですが、代表でのキャリアは短く、一瞬一瞬を大切に過ごしてプレーしなければいけないと思います」と、今後も同じ気持ちで臨む必要があると語った。 10月にはサウジアラビア代表、オーストラリア代表とグループのライバルとの直接対決が控えている。 残りの期間でやるべきことについては「自チームで試合に出ることですね」とキッパリ。「日本、カタールを経て帰ってきたら疲れているとみられますし、移動だったりを言い訳にされて、ベンチに追いやられることはあると思います」と自身の経験から、苦しい立場になる可能性があるとコメント。「それでも練習から高いパフォーマンスを示して、チャンスを掴んで、1人1人が良いコンディションで10月を迎えるということが大事だと思います」と、しっかりとアピールを続けて、パフォーマンスを高くたモス必要があるとした。 また「今日もケガ人が何人か出て、ケガで離脱した選手もいるし、色々な選手が代わりに出ると思います」と語り、「今日もスタメンが何人か変わりましたが、そういう選手たちが結果を出すことが何よりも大事になると思います。激しい競争で選手は成長できますし、クラブでも代表でも同じかなと思います」と、今回出場機会がなかった選手も、出番が来ると考えて準備を万全にすべきだとした。 今回の中国戦はメンタル面での準備はしっかりできたが、戦術的な面ではまだ改善点があるという。 「特に前半ですが、典型的なアジアの戦いの試合の中で、相手がブロック敷いて、低い位置で守備固めをしてくると。それを崩すのは、このチームだけじゃなく、前回もそうですし、ザックジャパンの時もそうですが、簡単じゃないです」 「オリンピックのスペイン戦もそうですが、僕らがブロックを作って、彼らが崩す。非常に四苦八苦していました」 「どのチームにとってもそれを打破することは簡単ではないですが、取るべき選手がしっかり結果を残してくれたことは非常に心強いと思いましたし、試合を決定づける仕事ができる選手が前にいてくれたら非常に助かるなと、大迫選手を見ていて感じます」 「引き続きこういった試合で複数得点を奪えないと、イレギュラーで失点することもあるだろうし、後半は最後押し込まれる時間帯もあったので、1点目をとることも大事ですが、追加点を取って相手の勢いを止めなければいけないというのは課題だと思います」 ただ、積極性はオマーン戦よりもあったのは明白。吉田も「短いボールをサイドチェンジを織り交ぜながら、長いボールを入れつつ、色々なパターンの攻めを前半はトライしました」と語り、「僕自身も仮に通らなくても長いボールを裏に出すことによって、相手の守備組織を崩す。クリアボールが中途半端になって、それを拾えば、相手が崩れている状況で攻められるので、繋がらないロングボールと思われるかもしれないですが、相手を下げさせる意味では非常に大事です」と、有効打を打てていたと手応えを語った。 また「そうなれば楔がきいてきて、ワンタッチで入ると変化が起きると思っていました」としながらも、「ただ、なかなかそれがゴールに結びつかなかったのは残念ですが、攻め方は悪くないと思います。セットプレーでなかなか点を取れていないので、そのあたりの改善も必要になると思います」と、やはりゴールを効果的に奪えなかったことを悔やんだ。 コンディション面では10月のサウジアラビアとの対戦は、アウェイの地で行われるために、時差ボケや移動疲れは海外組にとって大きなプラス材料となる。 「サウジが暑いかどうか把握できていないですが、時差が1時間で移動の距離が短いのは大きいです」 「もう1つは9月のシリーズから10月のシリーズへの間隔が短いので、擦り合わせに時間がかからないことは大きいです」 「ただ、サウジも良い準備ができていると思いますが、次の10月のシリーズが前半戦のカギになると思います」 「サウジとオーストラリアがどちらも勝ち点6で、僕らが3なので、この2つを叩ければ勝ち点9で同率で首位に並べる可能性が出てくると。こんなにも早く取り戻せるチャンスが目の前にくるということで、モチベーション高くやらなければと思っています。ここの試合がカギになると思います」 2021.09.08 06:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly