ウェールズ代表がユーロに臨む26名を発表!TC不参加のダニエル・ジェームズら3名を招集《ユーロ2020》

2021.05.31 07:11 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズサッカー協会(FAW)は30日、ユーロ2020に向けたウェールズ代表メンバー26名を発表した。

恋人への暴行容疑により検察から起訴されているライアン・ギグス監督に代わり、同大会はアシスタントマネージャーのロバート・ページ氏は、24日に発表していたトレーニングキャンプ参加メンバー28名からトム・ロックヤー(ルートン・タウン)やラビ・マトンド(シャルケ)、マーク・ハリス(カーディフ)ら5名を選外とした。

そして、クラブでの試合が残っており、トレーニングキャンプに参加できなかったFWダニエル・ジェームズ(マンチェスター・ユナイテッド)やDFコナー・ロバーツ(スウォンジー)、DFベン・ガバンゴ(スウォンジー)の3名を新たに招集した。

ウェールズは、ユーロ2020でトルコ代表、イタリア代表、スイス代表とグループAで同居。6月12日にスイス、16日にトルコ、20日にイタリアと対戦する。 今回発表されたウェールズ代表メンバーは以下の通り。

◆ウェールズ代表メンバー26名
GK
ウェイン・ヘネシー(クリスタル・パレス/イングランド)
ダニー・ウォード(レスター・シティ/イングランド)
アダム・デイビス(ストーク・シティ/イングランド)

DF
ベン・ガバンゴ(スウォンジー/イングランド)
コナー・ロバーツ(スウォンジー/イングランド)
クリス・ガンター(チャールトン/イングランド)
クリス・メファム(ボーンマス/イングランド)
リース・ノリントン=デイビス(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド)
ジョー・ロドン(トッテナム/イングランド)
ベン・デイビス(トッテナム/イングランド)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール/イングランド)
ジェームズ・ローレンス(ザンクト・パウリ/ドイツ)

MF
ルビン・コルウィル(カーディフ)
ジョナサン・ウィリアムズ(カーディフ)
デイビッド・ブルックス(ボーンマス/イングランド)
ジョー・モレル(ルートン・タウン/イングランド)
ディラン・レビット(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ハリー・ウィルソン(リバプール/イングランド)
イーサン・アンパドゥ(チェルシー/イングランド)
マシュー・スミス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ジョー・アレン(ストーク・シティ/イングランド)
アーロン・ラムジー(ユベントス/イタリア)

FW
ガレス・ベイル(トッテナム/イングランド)
ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
タイラー・ロバーツ(リーズ・ユナイテッド/イングランド)
キーファー・ムーア(カーディフ)


関連ニュース
thumb

24歳MFがガンを克服、その日にチームはプレミア昇格の二重の喜び「サッカーを続けていくことがとても楽しみだ」

ボーンマスのウェールズ代表MFデイビッド・ブルックス(24)が、ガンの完治を発表した。 ブルックスは2021年10月にステージ2のホジキンリンパ腫と診断されていた。 悪性リンパ腫の1つで、痛みのない首やワキの下の腫れがあり、理由不明の発熱、体重減少、寝汗などの全身症状がみられるものだ。 ウェールズ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)予選に参加していたブルックスは、チームドクターにより発見されたとのこと。その後検査をし、リンパ腫と診断されていた。 診断されて以降、ピッチには立っていなかったブルックスだが、3日に自身のツイッターを更新。ガンを克服し、キャリアを続けていくことを楽しみにしているとした。 「最後の更新から数カ月が経過したけど、その間にありがたいことにガンの治療を終えることができた」 「先週、最終的な検査結果を確認し、専門医と面談した。治療が成功し、ガンがないことが証明されたこと嬉しく思う」 「その言葉は信じられないほど、素晴らしいものだった」 「これから体力が回復し、サッカーを続けていくことがとても楽しみだ」 「ボーンマスの選手たちはこれまで素晴らしいシーズンを送ってきており、今シーズンの最も重要な試合に向けて、ザ・バイタリティに戻ってチームを応援できることを楽しみにしている」 「これから数カ月、一生懸命に働き、そう遠くはない未来にピッチでみんなの前でプレーすることが待ち遠しい。本当にありがとう」 ブルックスは、マンチェスター・シティやシェフィールド・ユナイテッドの下部組織で育ち、2015年7月にシェフィールド・ユナイテッドのファーストチームに昇格。2018年7月にボーンマスへと完全移籍していた。 これまでボーンマスでは公式戦91試合に出場し18ゴール12アシストを記録。プレミアリーグでも39試合に出場し8ゴール5アシストを決めており、離脱するまでの今シーズンも公式戦9試合で3ゴールを記録していた。 ウェールズ代表としても21試合に出場し2ゴールを記録している。 なお、ブルックスの回復という朗報を受けたボーンマスは、3日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦で1-0と勝利。プレミアリーグ昇格という目標を達成し、クラブにとってもファンにとっても二重の喜びとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】ガンを克服し、昇格決めたチームメイトと再会したブルックス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a moment <a href="https://t.co/BmeDYPXlFF">pic.twitter.com/BmeDYPXlFF</a></p>&mdash; AFC Bournemouth (@afcbournemouth) <a href="https://twitter.com/afcbournemouth/status/1521625399020736512?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.04 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

延期のW杯欧州予選POのスコットランドvsウクライナは6月1日に開催! 決勝は同5日に

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフのスコットランド代表vsウクライナ代表が、6月1日に開催されることが決定した。国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)が14日に新たな日程を発表した。 2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。多くの犠牲者が出ている中、ウクライナの国内リーグは中断している。 ウクライナ代表はプレーオフに進出していたものの、現状ではプレーができず。当初は3月24日にスコットランドと対戦する予定だったが、FIFAへの延期要請が認められていた。 今回発表された新たな日程では当初の予想通り6月初旬に決定。6月1日にグラスゴーでスコットランド代表vsウクライナ代表の準決勝が行われ、その勝者は同5日にカーディフでウェールズ代表との決勝戦を戦うことになる。 なお、このプレーオフ勝者はカタールW杯本大会でイングランド代表、アメリカ代表、イラン代表同じグループBに入る。 2022.04.15 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表指揮官、W杯でウクライナとの対戦の可能性に「非常に感情的なものになる」、プレミアの日程問題にも言及

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 イングランドは抽選の結果、グループBに入り、アメリカ代表とイラン代表と同居。また、もう1チームはヨーロッパのプレーオフ勝利チームとなり、ウェールズ代表、スコットランド代表、ウクライナ代表のいずれかとなる。 FIFAランキングだけを見れば、最も楽な相手と組むこととなったイングランド。サウスゲイト監督は、ウクライナと対戦する可能性があることについ言及。また、そうでない場合もイギリス内での対戦となるため、違った意味合いがある組み合わせだとした。 「その試合は、誰であっても非常に感情的なものになるだろう。我々は皆、ウクライナに対する考えがどこにあるかを理解しており、彼らがプレーできるかどうかさえ確認する必要がある」 「もちろん、それがイギリスのチームの1つである場合は、最近のトーナメントでも経験した。彼らとは唯一無二の試合になる」 また、対戦経験がないイラン、そしてW杯では初めて対戦するアメリカにも言及した。 「我々はイラン、そしてアメリカと(W杯で)対戦したことがない。グレッグ・バーホルター(アメリカ代表監督)と最近会い、良いやり取りをしていた」 「これは、いくつかの関係がランキング以外にも潜在的にトリッキーであると考えられるグループの1つだ。常に危険だ」 また、今年は冬開催となり、シーズン真っ只中でのW杯を迎えることになる。プレミアリーグは11月13日まで開催され、イングランド代表は初戦のイラン代表戦は11月21日に開催される。 国際サッカー連盟(FIFA)のルールでは、最初の試合の5日前にはカタール入りする必要がある中、サウスゲイト監督はスケジュールについても言及した。 「早く移動することは理にかなっている。最初の2日間は多くのことができない。選手たちはまだ回復途中だ」 「そうでなければ、最初の2日間のトレーニングを失うことになる。ケガや体力面のチェックに時間をかける。それがカギとなるだろう」 「スタートが遅ければ1日か2日しか違わないだろうが。その上で本当に組織として完成させる必要があると理解している。そのため、最初の試合を欠場する選手が何人か出るかもしれない」 2022.04.02 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

レアルと契約切れるベイル、去就はW杯次第と代理人「まだ何も話し合っていない」

今シーズン限りでレアル・マドリーとの契約が切れるウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)だが、その去就はワールドカップ(W杯)次第になるようだ。 ウェールズ代表はカタールW杯の出場を目指し、欧州予選のプレーオフに臨んだ。1958年のスウェーデン大会以来、16大会ぶり2回目のW杯を目指した中、プレーオフ準決勝ではオーストリア代表相手に2-1で勝利し、決勝へと駒を進めた。 しかし、対戦相手となるスコットランド代表vsウクライナ代表の試合は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で延期に。6月まで行われず、ウェールズのW杯出場はお預けとなっている。 シーズン終了までW杯の行方が決まらないウェールズだが、エースであるベイルは去就問題が。今シーズンはマドリーで公式戦5試合に出場し1得点、プレータイム270分と3試合分しかプレーしていない中、ウェールズ代表としてはプレーオフ準決勝のオーストリア戦で2ゴールの活躍を見せるなど気をはいている。 そのベイルに関して、代理人であるジョナサン・バーネット氏がイギリス『BBC』で去就についてコメント。W杯の行方次第になるとした。 「まだ何も話し合っていない」 「ワールドカップでのウェールズの状況がわかったら、それについて話し合うだろう」 カタールW杯は11月に開幕。新シーズンをどこで過ごすかで、W杯に向けたコンディション作りに大きな影響が出ることとなる。 ベイルとマドリーの関係は良い状態ではなく、ここ数年は中国スーパーリーグの江蘇蘇寧への移籍に近づいた中で破談となったり、トッテナムへのレンタル移籍を経験するなどし、復帰してもほぼ構想外という状況。仮にウェールズが64年ぶりにW杯に出ることが決まった場合、ベイルはコンディションを整えることが難しくなると予想されている。 超高額な年俸を払えるクラブは少なく、移籍先を見つけるにはかなりの譲歩を本人がする必要がありそうだが、ベイル自身もW杯出場の行方が決まるまでは、クラブについて話す気はないとした。 「僕はそれについてまったく考えていない。僕たちがこの状況になることを知っていたので、唯一の焦点はW杯だった」 「将来について考えると、自分の中で疑心暗鬼になってしまうと思った。だから、それについて考えていない」 違いを見せるパフォーマンスはまだまだ出せるベイル。お荷物の印象が強くなっているが、果たしてどのクラブで来季プレーするのか。まずは歴史的なW杯出場を決めたいところだ。 2022.03.30 22:04 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFベン・デイビスがウェールズ代表を離脱

ウェールズサッカー協会(FAW)は27日、トッテナムDFベン・デイビスの同国代表離脱を発表した。理由については定かにされていない。 ウェールズはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州プレーオフに参戦。先の準決勝でオーストリア代表を2-1で破り、ロシアのウクライナ侵攻で6月に延期のスコットランド代表vsウクライナ代表の勝者と対戦する決勝に進出した。 そんなウェールズは29日にチェコ代表との国際親善試合を予定。だが、オーストリア戦で1アシストをマークしたベン・デイビスはチェコ戦を前に代表を離れることになった。 2022.03.28 09:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly