ナポリ退任のガットゥーゾがフィオレンティーナの新指揮官に就任!

2021.05.26 00:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは25日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏(43)を新指揮官に招へいしたことを発表した。23日にナポリの指揮官を退任したガットゥーゾ氏は、その発表からわずか2日後に予てより新天地候補として有力視されていたフィオレンティーナの新指揮官に就任することになった。

イタリア『スカイ・スポルト』によると、契約期間は2021年7月1日からの2年契約になるという。

なお、ジュゼッペ・イアキーニ氏、チェーザレ・プランデッリ氏の2人の監督の下でシーズンを戦ったフィオレンティーナは、今シーズンのセリエAを13位で終えていた。

これまでパレルモ、ミランの指揮官を歴任したガットゥーゾ氏は2019年12月にカルロ・アンチェロッティ前監督の解任を受けてナポリの指揮官に就任。

就任1年目の2019-20シーズンは、当時セリエAで7位だったチームを立て直すも、最終順位は上げられず7位フィニッシュ。だが、コッパ・イタリアではユベントスをPK戦の末に下し、6年ぶり6回目の優勝に導いていた。

2年目の今シーズンは、コッパ・イタリアは準決勝で、ヨーロッパリーグではラウンド32で敗退した中、リーグ戦では最後までトップ4争いに絡んでいたが、23日に行われた最終節でヴェローナと引き分けに終わったことで、土壇場でユベントスに抜かれて5位で終了。最低目標だったチャンピオンズリーグ出場権を逃す格好となっていた。

2019年にイタリア系アメリカ人のロッコ・コンミッソ氏に経営権が移譲されたヴィオラだが、直近2シーズンはいずれもボトムハーフに甘んじており、闘将ガットゥーゾの下で新シーズンはトップハーフ、ヨーロッパコンティション出場権獲得を目指すことになる。
関連ニュース
thumb

スパーズ、ヴラホビッチをストライカー補強のトップターゲットに設定!

トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)を今夏のストライカー補強のトップターゲットに定めているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 トッテナムではマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の慰留が今夏における最大のテーマとなっている。 その一方で、ベンフィカからレンタルしていたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りを見送ったことで、純粋なセンターフォワードが不足している。 プレシーズンマッチでは韓国代表FWソン・フンミン、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット、アイルランド代表FWトロイ・パロットが最前線で起用されているが、ケインの去就に関わらず補強が必要なポジションだ。 ここまではサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(29)が有力な獲得候補として挙がっているが、マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は前職のユベントス時代から関心を示していたヴィオラの若きエースをトップターゲットに定めているようだ。 セルビア屈指の名門パルチザン・ベオグラード育ちのヴラホビッチは、18歳となった2018年にフィオレンティーナへ5年契約で加入。加入2年目となった昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、昨シーズンのセリエAでは37試合21ゴールという見事な数字を残し、一躍国内外のビッグクラブの関心を集める存在となった。 利き足は異なるものの、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータを彷彿とさせる天性の点取り屋は、190cmの屈強な体躯とパワフル且つ繊細な左足、傑出した得点感覚を備える大器だ。 その逸材に関してフィオレンティーナは新シーズン開始前に新契約締結を目指しており、現在は7000万ユーロ(約91億3000万円)に設定する契約解除金に関する代理人へのコミッションの金額を話し合うなど、今夏の流出回避に向けた動きを見せている。 ただ、昨シーズンを13位で終えるなどクラブとして低迷が続くフィオレンティーナの現状を考えれば、今夏に新天地を求める可能性は十二分にある。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、ヴラホビッチを獲得するためには4000万ポンド(約61億3000万円)以上のオファーが必要だという。 パラティチ氏はヴラホビッチをケインの後釜ではなく、あくまでサポート役として考えており、ケインとヴラホビッチという強力コンビ実現に向けては財布の紐が堅いダニエル・レヴィ会長を説得できるかが重要となりそうだ。 2021.07.29 22:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィオラのエースFWヴラホビッチが躍動! PSMで驚異の7ゴール!

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチがセリエA開幕に向けて順調な調整を見せている。 昨シーズンのセリエAで37試合21ゴールの活躍を見せ、一躍ビッグクラブの熱視線を集めることになったヴラホビッチ。 その21歳の大型レフティはヴィンチェンツォ・イタリアーノ新体制で臨む新シーズンに向けた2戦目のテストマッチで早速大暴れを見せた。 セリエD(イタリア4部)のフォリーニョとの一戦に出場したヴラホビッチは、後半開始直後に豪快なヘディングでゴールを挙げると、そのわずか2分後にこぼれ球を押し込んで2点目を奪取。さらに、56分にもゴール前での見事なワンタッチシュートで瞬く間にハットトリックを達成した。 これで完全にノった天性のゴールスコアラーはPKと右足のおしゃれなチップキックで得点を重ねると、77分に得意の左足のシュートでダブルハットトリックを達成。80分には左足のミドルシュートでおまけの7点目まで奪い、チームの11-0の圧勝に貢献した。 今回の驚異の7ゴールに関しては対戦相手の力量が多分に影響したものの、ヴィオラの新エースとしてはできるだけ早く開幕を迎えたいと考えているかもしれない。 一方、クラブとしてはヴラホビッチの順調な調整ぶりは嬉しい限りだが、今夏のメルカートが開いている段階でのこの活躍は悩みの種とも言えそうだ。 <span class="paragraph-title">【画像】驚異の7ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">️ <a href="https://t.co/TrQ26fhxzw">pic.twitter.com/TrQ26fhxzw</a></p>&mdash; ACF Fiorentina English (@ACFFiorentinaEN) <a href="https://twitter.com/ACFFiorentinaEN/status/1419346354522972162?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.26 15:23 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユが本職不在の右SBに2選手を補強か?

マルセイユが右サイドバック2選手の補強に迫っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場で日本代表のDF酒井宏樹、DF長友佑都が退団したマルセイユではサイドバックのポジションが手薄となっている。とりわけ、酒井が長らく主力を務めた右サイドバックに関しては本職の選手が不在となっている。 そういった中、同ポジションの補強を最優先事項として進めていたクラブはようやく2選手の獲得に近づいているという。 一人目は今年1月にフィオレンティーナから半年間のレンタル移籍で加入し、公式戦22試合2ゴール4アシストの数字を残していたスペイン人DFポル・リロラ(23)。 マルセイユとフィオレンティーナはレンタル契約の際、1500万ユーロ(約19億5000万円)の買い取りオプションを契約に組み込んでいたが、マルセイユがオプション行使を見送ったことで、リロラは一度フィレンツェに戻ることになっていた。 しかし、マルセイユは1000万ユーロ(約13億円)の買い取り義務付きの1年間のレンタルという条件で改めて交渉を行い、合意に近づいている模様だ。 また、2人目はバレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)だ。 2018年にセルタからバレンシアに加入したヴァスはここまで右サイドバックを主戦場に公式戦131試合に出場し、8ゴール14アシストを記録。昨シーズンも主力として活躍したが、バレンシアとの契約は今シーズン限りとなっている。 マルセイユとヴァスはすでに個人間で合意に至っており、現在はクラブ間での交渉が進んでいるようだ。 エビアン時代に3年間リーグ・アンを経験しているヴァスは右サイドの全ポジションに加え、左サイドやセントラルMFでもプレー可能な万能型で、その優れたキック精度はプレースキックの局面でも違いを生むはずだ。 2021.07.26 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナMFエイセリック、トルコのカスムパシャに移籍

スュペル・リグのカスムパシャは23日、フランス人MFヴァランタン・エイセリック(29)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 モナコの下部組織出身である攻撃的MFのエイセリックは、ニース、サンテチェンヌを経て2017年にフィオレンティーナに加入。しかし、主力には定着できずナント、ヴェローナにレンタルに出されていた。 昨季はフィオレンティーナに復帰し、セリエAで16試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 2021.07.23 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

カジェホンとサッリ監督がラツィオで再会か

元スペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンとマウリツィオ・サッリ監督が再会する可能性があるようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 カジェホンは昨夏にナポリからフィオレンティーナに加入。公式戦349試合で82ゴール78アシストというナポリでの成績から主力としての活躍が期待されたが、シーズンが終わってみればセリエA出場は20試合にとどまり、そのうち先発出場は6試合のみだった。 チームは不調に陥り、二度の監督交代を敢行するなど落ち着かなシーズンだった中、カジェホンが不遇をかこったのも事実。システム上ウインガーが使いづらかったというのもあるが、本人にとっては期待外れの1年だった。 そうした中、34歳の獲得の噂があがっているのが、昨夏にも獲得に動いたラツィオだ。同クラブでは先月、シモーネ・インザーギ監督がインテルに引き抜かれ、後任としてサッリ監督が着任。カジェホンはナポリでそのサッリ監督の寵愛を受けた一人だった。 どのチームにおいても自身の信念を貫いたサッカーを展開するサッリ監督にとって、そのスタイルを知るカジェホンの存在は重要になってくるかもしれない。なお、ラツィオではすでに、ナポリからアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイをフリーで獲得している。ヒサイもまたサッリ監督の手解きを受けた一人だ。 2021.07.23 15:34 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly