ローマ注目の若手MFダルボエが養子縁組で姓を変更! 今後はペルッツィ姓に

2021.05.20 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマに所属するガンビア人MFエブリマ・ダルボエ(19)が代理人の家族との養子縁組の手続きが完了次第、ペルッツィの姓を名乗ることになった。イタリア『Calciomercato』が伝えている。今月2日に行われたセリエA第34節のサンプドリア戦でトップチームデビューを飾ったダルボエは、その4日後に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でヨーロッパデビュー。

すると、同試合では世界屈指のスカッドを相手に百戦錬磨のベテランさながらのパフォーマンスをみせ、試合後にはフランス代表MFポール・ポグバ、ポルトガル代表MFブルーノフェルナンデスからユニフォーム交換を求められるほどのインパクトを残した。

このユナイテッド戦で注目を集めた守備的MFは、以降のクロトーネ戦、インテル戦、ラツィオ戦に3試合連続で先発起用され、クロトーネ戦、ラツィオ戦ではファン選出のマン・オブ・ザ・マッチを獲得。ジョゼ・モウリーニョ新監督を迎える来シーズンに向け、多くのロマニスタの希望の星となっている。

そのダルボエに関してはその生い立ち、フットボーラーとしてのキャリアのスタートも注目を集めている。

ガンビアで生まれ育った同選手だが、同国では2016年12月に行われた大統領選挙に伴う政情不安から紛争に巻き込まれることを回避するため、数千人を超える多くの子供たちが国外への避難を強いられていた。

その難民の1人だったダルボエは、母国に両親を残した状態で半年間の厳しい難民生活を強いられた中、リビヤからのボートピープルとしてイタリアのシチリア島に到着。SPRARプロジェクト(難民および亡命希望者のための保護システム)によって、ラツィオ州リエーティのソーシャルワーカーの下で新たな生活を送ることに。

そして、イタリアの学校で教育を受ける傍ら地元のアマチュアクラブであるヤング・リエーティでプレーを始めると、すぐさま頭角を現して2017年8月に地元屈指の名門ローマの下部組織に加入。その後、イタリアの司法、国際サッカー連盟(FIFA)の介入によって正式な難民認定を取得し、2019年にはローマとのプロ契約を締結していた。

その成功の裏でダルボエの才能を見出し、代理人の一人として公私ともに支えてきたミリアム・ペルッツィさんは、この度自身の父親がダルボエを養子として迎え入れ、今後はエブリマ・ダルボエ・ペルッツィの姓名を名乗ることを明かした。

「ダルボエはとても礼儀正しく、素晴らしい若者です。今ではローマの誰もが彼のことを知っています」

「私の父はコーチなので、彼を養子にすることにしました。父はエブリマが私たちの家族の一員になれるよう、すぐに手続きをしてくれるでしょう。そして、彼はペルッツィになります。つまり、エブリマ・ダルボエ・ペルッツィという名前を名乗ることになります」

「それは彼がセリエAでプレーしている今ではなく、何年も前から決めていたことでした。 そのことを本当に嬉しく思いますし、彼にはその資格があり、私たちの家族に完全に溶け込んでいます」

「私個人に関しては女性スカウトとして、他の人の3倍は戦わなければなりませんでした」

「エブリマを初めて見たとき、彼が優れた戦術的スキルを持っていることを理解しました。彼は常に頭を回転させて、最適なパスのソリューションを探していました」

「彼はいつもアフリカの粘土地帯でプレーしていて、人生の中で色々なことを経験してきました。リビアからイタリアに渡った際、ローマでトライアルを受けたときにはイタリア語を一言も話せませんでした」

また、今後家族としてまた代理人として考えるダルボエの将来に関しては、現時点でローマとの良好な関係を強調しつつも、モウリーニョ新監督の下でチャンスが与えられない場合、イタリア国外に新天地を求める可能性を示唆している。

「私たちはローマと良好な関係にあり、彼の契約は2023年に切れます。もし彼が残るとしたら、それはモウリーニョの下でチャンスを与えられる必要があります。そうでなければ、彼はクラブを去ることになりますが、イタリアには残らないと思います」

「それを議論するのは時期尚早ですが、海外での経験は彼のキャラクター上良いことだと思いますし、イタリアでは若いプレーヤーにチャンスを与えるのが難しいことが多いからです」

今後、エブリマ・ダルボエ・ペルッツィの新たな姓名を名乗ることになる逸材の今後の飛躍に期待したいところだ。
関連ニュース
thumb

ジャカがローマ行きから一転、残留の可能性? アーセナルが好条件の契約延長オファー

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ移籍から一転、アーセナルと契約延長する可能性が出てきている。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やイギリス『The Athletic』が報じている。 ジャカは今夏の移籍市場においてローマの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がっており、セリエA初挑戦に前向きなスイス代表MFはすでに個人間での合意も伝えられていた。 その一方で、ローマが直近に掲示したと言われる総額1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーは、アーセナルサイドに拒絶されていた。 その後、アーセナルがアンデルレヒトからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を完全移籍で獲得したことから、ローマとのクラブ間交渉に何らかの動きが出ると思われていたが、ここまで交渉は停滞している。 そういった中でロマーノ氏が伝えるところによれば、アーセナルはジャカに対して2025年までの契約延長オファーを掲示したという。サラリーに関してはローマが掲示したものより高額で、クラブはジャカがローマ行きを蹴って残留を選ぶことに自信を持っているとのことだ。 ただ、ジャカ自身は未だにローマ行きを希望していると考えられており、ローマとしてはアーセナルが要求する移籍金を満たす再オファーが必要となる。 2021.07.31 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトとローマのPSMで乱闘騒ぎ! ペペがムヒタリアンに悪質プレー…

ポルトとローマのプレシーズンマッチで乱闘騒ぎが起こった。 現在、ポルトガル遠征中のローマは28日、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるポルトとのプレシーズンマッチに臨んだ。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に参加していた一部メンバーを除き、共に主力クラスを起用した真剣度が高い一戦では、プレシーズン連勝中のローマが試合を通して安定したパフォーマンスを披露。前半に迎えた幾度かのピンチはGKルイ・パトリシオの好守で凌ぎ、後半立ち上がりの56分にはMFニコロ・ザニオーロの右CKをDFジャンルカ・マンチーニが頭で合わせて先制に成功した。 一方、試合終盤にかけて攻勢を強めたポルトは89分にボックス内でのFWエヴァニウソンの身体を張ったマイナスの落としに反応したMFヴィティーニャが右足のシュートを左隅へ突き刺し、土壇場で1-1のドローに持ち込んだ。 “モウリーニョ・ダービー”とも冠せられた一戦は強度の高い好ゲームとなったが、フレンドリーマッチらしからぬ乱闘騒ぎも発生した。 その乱闘騒ぎを引き起こしたのが、フットボール界屈指の武闘派として知られるポルトのポルトガル代表DFペペ。 この試合の64分にハーフウェイライン付近でパスを受けたローマのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンに対して、ペペは後方で味方が対応にあたっていたにも関わらず、猛スプリントで身体をぶつける。その際に左腕を不必要に振り上げると、肘がムヒタリアンの顔面に直撃。 このラフプレーに激高したムヒタリアンは倒れ込んだ際に、足でペペを蹴り上げようとしたことで、両者は一気に臨戦態勢に。そのまま近くにいた味方、ベンチまで巻き込む小競り合いに発展した。 怒りが収まらないムヒタリアンをスタッフやチームメイトがすぐさまベンチサイドに引き離したことで、それ以上の混乱を招くことはなかったが、イエローカードを掲示されたムヒタリアンはそのままベンチに下げられることに。 一方、主審は小競り合いの原因となったペペに対してはお咎めなしという驚きの判断を見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ペペは38歳も武闘派は健在…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We finally have guys on the ground<a href="https://t.co/e8oCiqcyci">pic.twitter.com/e8oCiqcyci</a></p>&mdash; ASRomaComps (@roma_comps) <a href="https://twitter.com/roma_comps/status/1420484938638495748?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 19:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがウズベキスタンのエースFW獲得迫る! モウリーニョ好みの大型アタッカー

ローマがジェノアに所属するウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(26)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(35)の去就が不透明なローマでは、ゼニトに所属するイラン代表FWサルダール・アズムン(26)への関心が伝えられていたが、同選手はレバークーゼン行きが迫っている状況だ。 そういった事情もあり、現在クラブはウズベキスタン代表のエースストライカーの獲得により力を注いでいる。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、ローマはショムロドフ獲得に向けて総額1800万ユーロ(約23億4000万円)前後のオファーを準備しているという。 ただ、イタリア『Calciomercato.com』など幾つかの現地メディアの情報をまとめると、財政面に問題を抱えているローマは前述の移籍金をそのまま支払うのではなく、買い取り義務付きのレンタル移籍、あるいは所属選手の譲渡など異なる形で賄うことを検討しているようだ。 ウズベキスタン代表で49試合22ゴールを誇るショムロドフは190cmの大型のアタッカー。母国のブニョドコルでキャリアをスタートし、ロシアのロストフを経て昨夏ジェノアに完全移籍で加入した。 加入当初はセリエAへの適応に苦戦を強いられたが、ようやくイタリアの水になれたシーズン最終盤の6試合では5ゴールを挙げる爆発力をみせ、デビューシーズンで31試合8ゴールと上々の数字を残した。 前述のように190cmと恵まれた体格を持つものの、そのプレースタイルはターゲットマンタイプのジェコとは異なり、いわゆるモビリティタイプのアタッカーだ。爆発的なスプリント能力を武器に相手の背後やサイドに流れて局面を打開し、とりわけカウンターアタックの局面で力を発揮する。 また、豊富な運動量と献身性によって守備の局面でもチームを助けられるジョゼ・モウリーニョ監督好みのアタッカーは、ジェコやスペイン人FWボルハ・マジョラルとの共存も十分に可能で、左ウイングやセカンドトップでの起用も見込まれるところだ。 2021.07.29 16:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマが米『Zytara』と3年間のメイングローバルパートナー契約締結! スポンサー料総額は3600万ユーロ

ローマは27日、アメリカ『Zytara Labs』とのメイングローバルパートナー契約締結を発表した。 『DigitalBits Foundation』とのコラボレーションを含めた今回の契約は3年間となり、スポンサー料の総額は3600万ユーロ(約46億7000万円)となる。 『Zytara Labs』は、コンピューターのネットワークによって分散・検証することで、データをより安全に保存・追跡する新しいアーキテクチャである“ブロックチェーン”のリーディングカンパニーで、その技術は暗号資産や多くのビジネスで活用されている。 ローマは今回のパートナー契約締結を受け、男女のトップチームやユースチームを含むすべてのカテゴリーのユニフォームの胸部分に、同社が提供しているブロックチェーンプロトコル『DigitalBits』のロゴを付けることになる。 また、同社の技術を世界中のファンとの交流のために積極的に活用していくことになる。 <span class="paragraph-title">【動画】Zytaraとメイングローバルパートナー契約締結</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <br> <br>Join us as we step into the future of football <a href="https://t.co/g3MAiD1jCa">pic.twitter.com/g3MAiD1jCa</a></p>&mdash; AS Roma English (@ASRomaEN) <a href="https://twitter.com/ASRomaEN/status/1420006412156080134?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.28 14:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの完全復活近し! PSMで圧巻のクッキアイオ披露

ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが負傷からの完全復活を予感させるファインゴールを決めた。 2020年に右ヒザ、左ヒザの前十字じん帯を断裂する重傷を負い、約1年半戦列から離れることになったザニオーロは、自身初の大舞台であったユーロ2020の欠場も余儀なくされた。 それでも、幾つかの専門家の意見を取り入れて慎重にリハビリプランを遂行してきた22歳は、今月15日に行われたモンテカティーニとのプレシーズンマッチ初戦で待望の復帰を果たし、PKによるゴールで自ら復帰を祝っていた。 以降の2試合ではコンディションこそ上がってきたものの、相手のラフプレーにナーバスな反応を見せるなど、完全復活にはもうしばらく時間がかかるかに思われた。 しかし、25日に行われたハンガリーのデプレツェニとの試合では復活を印象付ける流れの中からのファインゴールを決めた。 2-1のリードで迎えた後半頭から主力組の一員としてピッチに立ったザニオーロは52分、最後尾のDFジャンルカ・マンチーニからの鋭いグラウンダーのクサビのパスをFWエディン・ジェコがレイオフし、MFヘンリク・ムヒタリアンが右サイドに展開したボールに反応。絶妙なファーストタッチでDFを振り切ってボックス内に侵入すると、良いタイミングで飛び出した相手GKに詰められるも、左足の見事なクッキアイオでゴール左隅に流し込んだ。 そして、ゴール前で折り返しを待っていたジェコも思わず拍手で賛辞を送り、駆け寄ったチームメイトたちも若きエースのファインゴールを称えた。 同試合のゴールシーン以外では細かいパスのズレや判断の遅れなどが見受けられたものの、このゴールを見ればザニオーロの完全復活は間違いなく近づいているはずだ。 なお、5-2で勝利したデプレツェニ戦ではFWボルハ・マジョラルやMFロレンツォ・ペッレグリーニの2つのファインゴールに加え、主砲ジェコもドッピエッタを記録するなど、攻撃陣が爆発。また、新守護神のGKルイ・パトリシオがデビューを飾っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】完全復活印象付ける見事なクッキアイオ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">ZANIOLO <a href="https://twitter.com/hashtag/RomaDVSC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RomaDVSC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/pkNQWGpRSg">pic.twitter.com/pkNQWGpRSg</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1419373314984890369?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.26 16:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly