ついに正式に交渉開始か、バイエルン退任が決まったフリック監督がドイツ代表の指揮官へ

2021.04.28 16:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今季限りでバイエルンの指揮官を退任するハンジ・フリック監督に対し、ドイツサッカー連盟(DFB)がドイツ代表監督としての交渉を開始したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

現在ドイツ代表を率いているヨアヒム・レーブ監督は、ユルゲン・クリンスマン前監督の後任として2006年7月にドイツ代表監督に就任。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を制するなど、ドイツの一時代を築いていた。しかし、2022年にカタール・ワールドカップを控える中、今年開催されるユーロ2020を最後に退任することを発表。DFBは後任探しに動いていた。

フリック監督はユーロ2020をもって退任するレーブ監督の後任の最有力候補として、かねてから目されていたものの、バイエルンとの契約が2023年6月30日まで残っており、難しいものとみられていた。しかし、フリック監督は早期にバイエルンの監督を退任することを明言。このフライング発表にはバイエルン側が苦言を呈していた。

しかし、27日に現在RBライプツィヒで指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン監督が来シーズンからバイエルンで指揮を執ることが正式に決定。これを受けて、バイエルンはフリック監督との契約を早期に解除することを発表し、DFBとしては障壁がなくなった状況となった。

『キッカー』によれば、DFBは「ハンジ・フリック監督がDFBから高い評価を受けていることは、広く知られている。そういった背景から、我々はフリック氏やバイエルンの責任者との話し合いを行なっていく考えである」と声明を発表したとのことだ。

DFBはレーブ監督の後継者を探す際に、既存の契約関係にある監督には交渉しないことを常に強調してきたが、フリック監督とバイエルンとの契約解除が正式に発表された今、早速アプローチを仕掛けるようだ。

フリック監督は2006年9月から2014年8月までドイツ代表のアシスタントコーチとしてヨアヒム・レーブ監督を支え、2014年のブラジルW杯以降、2017年1月まではDFBのスポーツ・ディレクターを務めていた。

また、2019年7月にニコ・コバチ監督の下でバイエルンのアシスタントコーチに就任すると、コバチ監督が解任された2019年11月にアシスタントコーチから暫定監督に昇格。瞬く間にチームを立て直して正式監督に就任し、昨季は7年ぶりの3冠へと導き評価が上昇。今季もブンデスリーガ優勝に王手をかけており、高く手腕が評価されている。

関連ニュース
thumb

ドイツ代表、クロステルマンが約2週間の離脱でグループステージ全休に

ライプツィヒのドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが太ももを負傷した。 ドイツ『キッカー』によればクロステルマンは16日の練習中に負傷。少なくとも2週間の離脱になり、ユーロ2020のグループステージはもとより、6月下旬に行われるラウンド16に進出してもプレーできない可能性が高い。 初戦のフランス代表戦では出場機会のなかったクロステルマン。黒星スタートとなったドイツのヨアヒム・レーブ監督の選択肢を狭める離脱となってしまった。 2021.06.18 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キックオフ前に空からピッチに侵入で負傷者が…UEFAが危険行為に声明「必要な措置を講じる」

15日に行われたユーロ2020グループF第1節、フランス代表vsドイツ代表の一戦であわや大惨事という事態に陥った。 キックオフ直前、両チームの選手がピッチに散っていく中、スタジアム上空から黄色いパラグライダーに乗った人物が、かなりのスピードに乗ってピッチへと着陸。スタジアムは騒然となった。 イギリス『ガーディアン』によると、この流れでキックオフが遅れただけでなく、数名が負傷。パラグライダーはカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片がピッチとスタンドに落下したとのことだ。 この乱入者のもとにはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが駆け寄り無事を確認していたが、医師の診察を受けた後に警備員に連れ去られた。 この人物は国際環境NGO『GREENPEACE』のメンバーで、パラシュートには「KICK OUT OIL!」という言葉と団体名が書かれていた。 『ガーディアン』は、今回の事態を受けたユーロを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)の声明を伝えている。 「今夜のミュンヘンでのフランスとドイツの試合が始まる少し前に、抗議者が空中からスタジアムに侵入し、ピッチに着陸しようとしました」 「この軽率な行為は、この試合に関わる多くの人々に非常に深刻な影響をもたらす可能性があり、数人を負傷させ、彼らは現在入院中です。法務当局は必要な措置を講じます」 「UEFAとそのパートナーは、ユーロ2020で持続可能な社会のために全力で取り組んでおり、二酸化炭素排出量を削減するために多くの施策を実施しています。幸いなことに、試合はこのような無謀で危険な行動の影響を受けませんでしたが、それでも数人が負傷しました」 また、『GREENPEACE』のドイツ語版ツイッターは、一連の行動を「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明。 負傷者が出たことに関しては、「本日の一連の事態について謝罪します。#Greenpeaceの行動において、技術的な不具合により緊急着陸を行い、1人が負傷したようです。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます」と謝罪している。 <span class="paragraph-title">【動画】かなりのスピードでパラグライダーが突っ込む…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kufwVIwtF8U" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.16 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

デシャン監督、試合前に不届き者侵入で被害被る

15日に行われたロ2020グループF第1節のドイツ代表戦で、フランス代表のディディエ・デシャン監督が傷を負う事態に見舞われていた。 今大会の最激戦区であるグループFの初戦となったこのカード。第1節としては全グループにおいて最好カードとして注目を浴びたが、そのキックオフ直前に事件が発生した。 舞台となったフースバル・アレーナ・ミュンヘンの上空から突如一人のパラグライダーがピッチへ着陸。黄色いパラシュートには「KICK OUT OIL!」というメッセージと、その男の所属組織を表す『GREENPEACE』の文字が書かれており、国際環境NGOである同団体は事件後、「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明した。 幸運にも大きな被害は無く、試合も無事に執り行われたのだが、着陸直前にパラシュートがカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片が落下。これを避けようとしたデシャン監督がベンチで軽傷を負っていたようだ。また、数名の負傷者も確認されており、入院中の者もいるとのこと。 試合後、デシャン監督は状況を振り返りながら、無事であることを報告している。 「(アシスタントコーチの)ガイ・ステファンと一緒に非難した時、ベンチでケガを負った。小さなコブができてしまったよ。だが問題ない。もっと深刻なケガになる恐れもあったが、幸運にもそうはならなかった」 なお、試合は1-0でフランスが勝利。初戦で見事に白星を手にしている。 2021.06.16 15:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバがリュディガーの噛みつき疑惑について語る「大したことじゃない」

フランス代表MFポール・ポグバが、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーから受けた噛みつき行為について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 両者は15日に行われたユーロ2020グループF第1節のフランスvsドイツに先発出場。フランスが攻め込む時間帯が続くと、ドイツDFマッツ・フンメルスが相手のクロスをクリアし切れずオウンゴール。その後はドイツがボールを握る展開となったものの、フランスが得意のカウンターで応戦しつつ、1-0で逃げ切り勝利を収めた。 しかし、同試合でマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せたポグバに対して、前半終了間際にリュディガーが噛みつくようなシーンが見受けられ、話題になっている。マンチェスター・ユナイテッドMFはカルロス・デル・セロ・グランデ主審にアピールをしたが、ファウルの判定にはならず試合は続行された。 だが、ポグバはリュディガーが罰されないよう望んでいるとコメント。すでに終わった一件だと、あまり騒ぎ立て過ぎないことを求めている。 「僕らは友達だ。大したことではないよ」 「みんな映像を見たと思うけど、これはもう終わったこと。あのような行為でイエローカードやレッドカードを求めて騒ぎ立てることはないよ」 「彼は僕を少しかじったようだけど、僕たちはお互いのことをよく知っている。かじられたと感じたからレフェリーに伝えたけど、彼はあのような決断を下した。もう終わったことだし、僕はただサッカーがしたいんだ」 「こんなことで出場停止になってほしくはないね。試合の最後にはお互いに抱き合った。それでこの件はおしまいだよ」 一方、リュディガーに対してややネガティブなコメントを残した識者もいる。 元マンチェスター・ユナイテッドのロイ・キーン氏は、「噛んだというより、かじったという感じだね。はっきりとした噛みつきではなかったが、愚かなことをしてしまった」と意見。 また、フランス代表としてワールドカップとユーロを制覇したパトリック・ヴィエラ氏は、「あのポグバの反応を見ると、(リュディガーは)噛みついたように見える。何がしたかったのか私にはよくわからない」とドイツ代表DFの行為に疑問を呈した。 過去にはアトレティコ・マドリー所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスが相手選手に噛みついたことでFIFA(国際サッカー連盟)から4カ月の試合出場・活動停止処分が下された例も存在する。果たしてリュディガーはペナルティを受けることになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ポグバに嚙みついた?問題のシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Did Rudiger really just BITE Pogba!? <a href="https://t.co/cSQP1Mc7K0">pic.twitter.com/cSQP1Mc7K0</a></p>&mdash; Roman Kemp (@romankemp) <a href="https://twitter.com/romankemp/status/1404888461069459463?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.16 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

OGの1点に泣いたドイツ、クロースは「不運なゴールで試合が決まってしまった」と嘆く

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、ユーロ2020での敗戦を悔やんだ。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えている。 クロースは15日に行われたユーロ2020グループF第1節のフランス代表戦に先発出場。中盤でフランス代表との激しいデュエルを重ね、攻撃でもFKのキッカーを務めるなどしたが、最後まで得点を奪うことはできず0-1で敗れた。 試合後のインタビューに応じたクロースは、敗北に値する試合ではなかったと強調。フランスの攻撃をほとんど封じていたとしつつ、勝ち点を得るためには決定力が足りなかったと嘆いた。 「僕たちはこの試合、やりたかったことの多くを実行できたと思う。良い試合ができたし、フランスに負けず劣らずゴールを決めるチャンスはあった。しかし、不運なゴールで試合が決まってしまったね」 「フランスには、個々にレベルが高い選手がいると試合前からわかっていた。それでも、僕らは多くのことをうまくコントロールしていたと思うよ。フランスのカウンターアタックは、ほとんど封じていた」 「僕たちに足りなかったのはゴールだ。今は前を見なければならない。3試合しかないグループステージの初戦で負けた場合、常にプレッシャーはかかるものだ」 初戦を落とし、グループステージ突破に向け苦しい状況となったドイツは、19日に現在グループ首位に立つポルトガル代表と対戦する。 2021.06.16 12:33 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly