ローマ前会長が敏腕SDのモンチ氏を痛烈批判「彼は自分自身を『モンチ』と呼んでいた」

2021.04.06 11:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマで2020年まで会長を務めたジェームズ・パロッタ氏が、かつてローマで共に仕事をしたモンチ氏(現セビージャ スポーツ・ディレクター)を批判している。『The Athletic』が伝えた。パロッタ氏は2012年、アメリカ資本となっていたローマの会長職に就任。ひっ迫していた財政状況を好転させると、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を達成するなど成果を残した。


一方で、フランチェスコ・トッティダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラが退団したほか、主力選手が定期的に引き抜かれたこともあり安定したチーム作りはできず、ファンからのパロッタ氏に対する不満は増大。2020年8月にアメリカの『フリードキン・グループ』がクラブを買収したことで、会長職を退いている。

『The Athletic』のインタビューでローマ時代を振り返ったパロッタ氏は、2017年からスポーツ・ディレクター(SD)とした招いたモンチ氏を批判。また、2018年夏にインテルから獲得したニコロ・ザニオーロの移籍についても、モンチ氏ではなく当時個人アドバイザーを務めていたフランコ・バルディーニ氏の功績だと強調した。

「モンチは我々の助けを得る気がないと、(就任から)1カ月後にははっきりした。彼は自分がモンチであることを証明する必要があると感じていたようであり、我々がデータから導き出した意見には何も耳を貸さなかったよ」

「彼はスタッフの考えを求めていなかった。何もない。ゼロだ。私のもう1つの間違いは、彼が自分自身を『モンチ』と呼んでいることに気づくべきだったということだ。それは自らマドンナを名乗るようなものであり、私にとって警告のサインだったはずだ」

「ザニオーロ獲得は100%バルディーニのおかげだ。彼がインテルに電話して『我々はナインゴランを売らない。そしてこちらのオーナーはザニオーロを欲しがっている』と伝えているのを聞いたモンチは、『ザニオーロって誰?』と言っていたからね」

また、パロッタ氏はインタビューの中で、かつてローマに所属し現在はリバプールでワールドクラスの活躍を見せるFWモハメド・サラーとGKアリソン・ベッカーに言及。2人を望んで放出したわけではないと語っている。

「サラーは失いたくない素晴らしい人物だったよ。私は彼を愛していて、売りたくなんてなかった。しかし、私には選択肢がなかったんだ。サラーは自身を証明する必要があったし、何があっても行くつもりだった。アリソンについても、我々がなぜ売りたいなんて思うんだい?」
関連ニュース
thumb

ローマが冨安負傷欠場のボローニャにウノゼロ辛勝でCL出場権争いに踏み止まる《セリエA》

セリエA第30節、ローマvsボローニャが11日に行われ、1-0でローマが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 ローマ(勝ち点51)は前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、3試合勝利がなく7位に後退。チャンピオンズリーグ出場権争いに踏み止まるためには勝利が必須の中、3日前に行われたヨーロッパリーグでは劣勢ながらアヤックス相手に敵地で先勝とし、ベスト4入りに近づいた。そのアヤックス戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやジェコ、GKパウ・ロペスらがベンチスタートとなり、レイノルズが初スタメンとなった。 対する11位ボローニャ(勝ち点34)は前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安は欠場となった。 マジョラル、ペドロ、カルレス・ペレスが前線に構える[3-4-3]で臨んだローマに対し、ボローニャが圧力をかける入りとすると、9分に決定機。スコフ・オルセンの右クロスからパラシオがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の左に外れた。 さらに20分、左CKからファーサイドのソリアーノがボレーで狙うも、GKミランテの好守に阻止される。直後にもCKの流れからダニーロが決定的なシュートを浴びせたボローニャが流れを引き寄せていく。 前半半ば以降も劣勢が続いていたローマだったが、ハーフタイム前の44分に先制する。ロングボールに抜け出したマジョラルが飛び出してきたGKスコルプスキをかわして無人のゴールに流し込んだ。 迎えた後半はローマがペースを握りながら時間が経過していく。55分にはディアワラがドリブルシュートでオンターゲットを記録。ボローニャの反撃を許さず試合を進める中、68分にはムヒタリアンとヴェレトゥを投入した。 74分にはブルーノ・ペレスが枠内シュートを放った中、終盤にかけても危なげなく試合を運んだローマがウノゼロで逃げ切り。CL出場権争いに踏み止まっている。 2021.04.12 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第30節プレビュー】CL出場権争い激化、ナポリは吉田サンプと、ローマは冨安ボローニャと対戦

代表ウィーク後に行われた前節、インテルがボローニャにウノゼロで勝利して9連勝とした一方、ミランがサンプドリアに辛くも引き分ける結果となった。そしてインテルのコロナクラスターによって延期となっていたサッスオーロ戦が水曜に行われ、インテルの勝利により両チームの勝ち点差は11に広がった。インテルの11年ぶりスクデットが確実となった中、チャンピオンズリーグ出場権争いが熾烈を極めている。迎える第30節では5位ナポリがDF吉田のサンプドリアと、7位ローマがDF冨安のボローニャとそれぞれ対戦する。 まずはサンプドリアvsナポリから。ナポリは前節、最下位クロトーネと打ち合いとなってしまった末、何とかDFディ・ロレンツォの決勝弾で競り勝った。しかし水曜に行われた ユベントス戦では相手の好パフォーマンスの前に敗戦。CL圏外の5位となった中、バウンスバックを目指す。 一方、サンプドリアは前節ミラン戦を1-1で引き分けた。代表帰りの吉田は終盤に出場し、1-1の引き分けでクローズすることに貢献しているが、ここ2試合スタメンを外れており、先発の可能性は低いか。 続いてローマvsボローニャ。ローマは前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、7位に後退している。まずい試合運びを見せてしまった中、CL出場権争いに踏み止まるための勝ち点3を得られるか。 対するボローニャは前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安が先発できる状態ならば対面のFWエル・シャーラウィの突破を止める仕事が期待される。 そして前節トリノ・ダービーでは終盤の反撃虚しく2-2で引き分けたユベントスだったが、延期分のナポリ戦ではこれまでの低調なパフォーマンスから一転して見違えるような好プレーを披露し勝利を手にした。ピルロ監督のクビが繋がった中、長期離脱から復帰したディバラにも早速ゴールが生まれ、3位浮上とした中、13位ジェノア(勝ち点32)とのホーム戦でCL圏内キープを目指す。 FWカイセドの終盤弾でスペツィアに競り勝ったラツィオはローマを抜いて6位に浮上。そのラツィオは8位ヴェローナ(勝ち点41)とのアウェイ戦に臨むが、退場したコレアとラッツァーリが出場停止となる中、連勝を4に伸ばせるか。 コロンビアン2トップのゴールでウディネーゼに逃げ切り勝利とした3位アタランタ(勝ち点58)は、監督交代のあった14位フィオレンティーナ(勝ち点30)とのアウェイ戦で3位死守を目指す。 低調なパフォーマンスでサンプドリアに何とか引き分ける結果となった2位ミラン(勝ち点60)は、19位パルマ(勝ち点20)とのアウェイ戦で勝利し、CL出場権獲得へ2位を死守したい。 そして10連勝とした首位インテル(勝ち点68)は日曜のランチタイムに18位カリアリ(勝ち点22)と対戦。11連勝とし、次節ナポリとのビッグマッチに臨めるか。 ◆セリエA第30節 ▽4/10(土) 《22:00》 スペツィアvsクロトーネ 《25:00》 パルマvsミラン 《27:45》 ウディネーゼvsトリノ ▽4/11(日) 《19:30》 インテルvsカリアリ 《22:00》 サンプドリアvsナポリ ヴェローナvsラツィオ ユベントスvsジェノア 《25:00》 ローマvsボローニャ 《27:45》 ベネヴェントvsサッスオーロ フィオレンティーナvsアタランタ 2021.04.10 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰迫るザニオーロに悲劇…ドクターストップで今季中復帰なし、ユーロ出場も断念「来年のW杯に向けて準備する」

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが、目標を切り替えたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ザニオーロは2020年1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、同7月に戦列に復帰。しかし、同9月には逆の左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、再び長期の離脱を強いられている。 その後、慎重かつ懸命にリハビリを進めた結果、2020年12月に行われた最新のメディカルチェックにおいて練習量の増加にゴーサインが出されたが、今年1月半ばに今度は新型コロナウイルスの陽性判定が出てしまい、2月初旬にようやくトリゴリアでのトレーニング復帰を再開していた。 順調にいけば4月にはピッチに戻る予定でリハビリに努めてきたザニオーロ。今夏行われるユーロ2020の出場も期待されていたが、よもやの悲痛な宣告が待っていた。 ザニオーロの手術を担当したフィンク教授がオーストリアのインスブルックでザニオーロを訪ねたが、復帰を延期させることを決定。その理由は、左脚の筋肉の張りが右足に比べて10%少ないとのこと。これはリスクを冒すことになるため、慎重に復帰させる方針になったようだ。 この決定についてザニオーロは「失望しているけど、来年のワールドカップに向けて準備することが目標だよ」とコメント。ユーロ2020への出場は諦め、来年末にあるカタール・ワールドカップを目指すとした。 一方で、父親であるイゴール・ザニオーロ氏は復帰できないとなった息子についてコメント。「ニコロは打ちのめされた。彼はヒザを負傷した時と同じ気分だっただろう。今、ゆっくりと気持ちは楽になり始めているが、彼は心の中にプレーしたいという抑えきれない欲求を持っている」とコメント。復帰できないとわかりショックを受けていたことを明かした。 これにより、ザニオーロはトレーニングには戻ることになるが、今シーズン中の試合に出場することは無くなったとみられる。 イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督もザニオーロについてコメント。「彼が我々と一緒にいない可能性は70%だと知っている。ニコロは落ち着かなければいけない」とコメント。「彼はこれからのキャリアがあり、リスクを冒すことができない。だから急いではいけない。彼の価値をよく知っているし、最後まで彼をフォローしたい。このようなことがサッカー界では起こる可能性があるんだ」と語り、今はケガをしっかりと治すことが重要であると諭していた。 2021.04.09 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

躍動のローマGKパウ・ロペス、PKストップ時の裏話明かす「よく中央に蹴ると知っていた」

ローマのスペイン代表GKパウ・ロペスがアヤックス戦でのPKストップを振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 パウ・ロペスは8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアヤックス戦に先発。好セーブを連発し、52分に相手MFドゥシャン・タディッチが中央に蹴ったPKを見事ストップした。なお、試合はローマが2-1とアウェイで勝利を飾っている。 パウ・ロペスは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで自身最大の見せ場となったPKストップについて「タディッチがよく中央に蹴るというのは知っていた。試合の準備をするとき、マルコ・サボラーニと一緒にPKを見ているからね。だから、僕は中央に留まった。今回はラッキーだったね」とコメント。GKコーチを務めるサボラーニ氏とともに分析を重ねていたことを明かした。 また、この試合のパフォーマンスについて「失点は避けられるものだったけど、よくやったと思うよ」と振り返ったパウ・ロペス。15日に行われる2ndレグに向けては「勝利には満足しているけど、まだ終わったわけではない。非常にタフな戦いになるだろうし、まだ先は長い」と語っている。 2021.04.09 12:42 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリア勢で唯一欧州カップ戦を戦うローマ、指揮官はチームへのリスペクト要求 「明確な嘘は好きではない」

ローマのパウロ・フォンセカ監督がヨーロッパリーグ(EL)での重要な勝利を喜びつつ、メディアにリスペクトを要求した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは8日に行われたEL準々決勝1stレグでアヤックスと敵地で対戦。序盤こそミスが目立ち先制点を奪われたが、GKパウ・ロペスの奮闘もあり、持ち直すと後半逆転に成功。その後はホームチームの猛攻に耐え、2-1のスコアで勝利した。 2つのアウェイゴールを得て、勝利を挙げたローマは来週にホームで開催される2ndレグを前に優位な立場に。試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督も大きな勝利を喜んだ。 「今は少し厳しい時期を迎えている我々にとって、重要な勝利だった。今日見ても分かるように、アヤックスは本当に良いチームだったね。しかし、選手たちは本当に素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた」 「激しい試合になったが、トレーニングで取り組んできたものを発揮できたと思う。我々が勝利を収めたことは、明らかにとても嬉しい。ただ、2ゴールを決められたことも素晴らしかったが、まだ勝ち抜けは決まっていない」 また、フォンセカ監督は順調なELと対照的に、セリエAでは現在3試合未勝利で7位に沈んでいることに言及。同時に、現在イタリア勢で唯一欧州カップ戦を戦っているチームを、メディアやファンはもっとリスペクトしてほしいと求めている。 「リーグ戦の低迷について言い訳したくはない。しかし、このチームがほとんどの期間、リーグ戦でトップ4に入っていたことは忘れて欲しくないね。そして大事な時期に、(ジョルダン・)ヴェレトゥや(ヘンリク・)ムヒタリアン、(クリス・)スモーリングなど、重要な選手を失ったことも事実だ。今、重要なのは現在と未来であり、選手がいれば最後まで戦える」 「私にはやるべき仕事があり、他人が書く記事をコントロールはできない。私が悪いことを書かれるのは受け入れるよ。しかし、選手たちが私と対立したこと、週明けのトレーニング前にミーティングを行ったことなどといった、明確な嘘は好きではない」 「イタリア人ではない私にとっては、欧州カップ戦でイタリアを代表して戦う唯一のチームに対して、なぜ人々がこれほどまで嘘をつくか理解できない。それは正しいことではない。今、イタリアの人たちはヨーロッパに残っている母国のクラブを助けるべきだと思う」 2021.04.09 12:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly