ローマ前会長が敏腕SDのモンチ氏を痛烈批判「彼は自分自身を『モンチ』と呼んでいた」

2021.04.06 11:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマで2020年まで会長を務めたジェームズ・パロッタ氏が、かつてローマで共に仕事をしたモンチ氏(現セビージャ スポーツ・ディレクター)を批判している。『The Athletic』が伝えた。

パロッタ氏は2012年、アメリカ資本となっていたローマの会長職に就任。ひっ迫していた財政状況を好転させると、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を達成するなど成果を残した。

一方で、フランチェスコ・トッティダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラが退団したほか、主力選手が定期的に引き抜かれたこともあり安定したチーム作りはできず、ファンからのパロッタ氏に対する不満は増大。2020年8月にアメリカの『フリードキン・グループ』がクラブを買収したことで、会長職を退いている。

『The Athletic』のインタビューでローマ時代を振り返ったパロッタ氏は、2017年からスポーツ・ディレクター(SD)とした招いたモンチ氏を批判。また、2018年夏にインテルから獲得したニコロ・ザニオーロの移籍についても、モンチ氏ではなく当時個人アドバイザーを務めていたフランコ・バルディーニ氏の功績だと強調した。

「モンチは我々の助けを得る気がないと、(就任から)1カ月後にははっきりした。彼は自分がモンチであることを証明する必要があると感じていたようであり、我々がデータから導き出した意見には何も耳を貸さなかったよ」

「彼はスタッフの考えを求めていなかった。何もない。ゼロだ。私のもう1つの間違いは、彼が自分自身を『モンチ』と呼んでいることに気づくべきだったということだ。それは自らマドンナを名乗るようなものであり、私にとって警告のサインだったはずだ」

「ザニオーロ獲得は100%バルディーニのおかげだ。彼がインテルに電話して『我々はナインゴランを売らない。そしてこちらのオーナーはザニオーロを欲しがっている』と伝えているのを聞いたモンチは、『ザニオーロって誰?』と言っていたからね」

また、パロッタ氏はインタビューの中で、かつてローマに所属し現在はリバプールでワールドクラスの活躍を見せるFWモハメド・サラーとGKアリソン・ベッカーに言及。2人を望んで放出したわけではないと語っている。

「サラーは失いたくない素晴らしい人物だったよ。私は彼を愛していて、売りたくなんてなかった。しかし、私には選択肢がなかったんだ。サラーは自身を証明する必要があったし、何があっても行くつもりだった。アリソンについても、我々がなぜ売りたいなんて思うんだい?」


関連ニュース
thumb

ベニテス解任のエバートンが関心も、モウリーニョ監督はローマでの仕事を継続か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンの指揮官就任に関心を示していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンは昨夏にラファエル・ベニテス監督が就任し新体制をスタートさせると、シーズン序盤は4勝2分け1敗で上位に位置するなど好成績を残した。しかし、徐々にチームのパフォーマンスが乱れると、順位は暫定15位まで低下。15日に行われたプレミアリーグ第22節で、最下位ノリッジ・シティに敗れたことでベニテス監督の解任が決定した。 暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏を据えつつ後任の選定を続けるエバートンは、オーナーであるファラド・モシリ氏の希望もあり昨夏ローマの指揮官に就任したモウリーニョ監督の招へいを検討しているようだ。 モウリーニョ監督はこれまでチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムとプレミアリーグの強豪クラブで指揮をとってきた実績があり、エバートンは残留争いから抜け出しチームを立て直す仕事にうってつけだと期待されている。しかし、『スカイ・スポーツ』によると現時点でモウリーニョ監督はローマに留まることを望んでおり、エバートンの指揮官就任には消極的なようだ。 同様に、ローマもクラブのプロジェクトに欠かせない人物としてモウリーニョ監督を留任させたい姿勢を見せており、仮にエバートンが動きを本格化させたとしても、招へいの実現は非常に困難となるだろう。 なお、エバートンはモウリーニョ監督のほか、元指揮官で現在はベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督や、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督、かつてポルトとフェネルバフチェで指揮をとったヴィトール・ペレイラ氏も後任候補としており、今後の動きが注目されている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

オルセン、シェフィールド・Uからアストン・ビラへレンタル先変更…2度目のプレミア挑戦へ

アストン・ビラは18日、ローマに所属するスウェーデン代表GKロビン・オルセン(32)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スウェーデン代表として37キャップを誇るオルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに移籍。加入初年度こそ公式戦35試合に出場したが、凡ミスを連発するなど不安定なパフォーマンで評価を落とすと守護神の座から転落。 現在では完全な構想外となっており、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへレンタル移籍を繰り返すと、今夏にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍。シェフィールドではリーグ戦11試合に出場してたが、11月6日のブラックバーン戦を最後にベンチ外となっていた。 シェフィールド・Uとの契約を解除し、アストン・ビラへの加入の決まったオルセンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ここに来るのを待ち望んでいた数日間だったので、今朝起きて、このクラブと契約すると知ったときは、本当に嬉しかった。ビラへの移籍を決めるのは簡単なことだった。初めて代理人からその話を聞いたとき、クラブを変えてビラと契約するためにできることは何でもしようと思ったんだ」 「駐車場に到着して、(ボディムーア・ヒースの)建物を見ると、ビッグクラブであることがわかる。ここには、自分を向上させるために必要なものがすべて揃っているんだ」 「エミリアーノ・マルティネスは本当に良いGKで、彼と一緒に仕事をすることで、僕もより良いGKになれると思う。彼とのセッションのレベルは高いだろうし、お互いを高め合えることを期待しているよ」 2022.01.19 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマで構想外のディアワラ、今季低迷するガラタサライが獲得に関心か

ガラタサライが、ローマに所属するギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)の獲得に関心を示しているようだ。トルコ人スポーツジャーナリストのギョクハン・ディンク氏が報じている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラは、ここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 ディンク氏によると、出場機会を求めて今冬の移籍に向けて動いているディアワラに対し、スュペル・リグで13位と低迷するガラタサライが獲得に興味を示しており、今冬の移籍市場で優先順位をつけているという。 なお、今冬にアーセナルとポルトからそれぞれイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(24)とポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を獲得しているローマは、年俸200万ユーロ(約2億6000万円)のディアワラの放出について前向きな姿勢を示しており、今後数週間以内に同選手がオファーを受け入れることを望んでいるという。 2022.01.19 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマでほぼ構想外のディアワラ、今冬のバレンシア移籍が濃厚か

ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)がバレンシア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラはここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 その後はやや立場を回復し、セリエAで3試合に出場したものの、11月に行われた第14節のトリノ戦を最後に先発なし。こうした状況を受け、クラブもディアワラ本人も今冬の移籍に向けて動いている。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ギニア代表MFに対しては2016年から関心を示し続けているバレンシアが獲得に近づいているようだ。当初は半年間のレンタル移籍のみのオファーだったが、移籍金を得たいローマは買い取りオプションの付随を望んでいるという。バレンシアがこの条件を受諾さえすれば、交渉の成立は近いようだ。 2022.01.18 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

「1-1で終わっていたかも…」4試合ぶり白星のローマ、モウリーニョ監督は安堵

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、カリアリ戦の勝利に安堵した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは16日、セリエA第22節でカリアリと対戦した。試合は33分にVARの介入によりPKを獲得すると、キッカーに名乗り出たのは今冬にポルトから加入し、この試合がデビュー戦となったMFセルジオ・オリベイラが難なく右隅に蹴り込んで先制に成功する。 そこからも再三の決定機を得るが、追加点を奪うことはできず。逆に84分には相手FWジョアン・ペドロに決定的なシュートチャンスを与えるも、ここはGKルイ・パトリシオが見事な反応で触り、ボールはクロスバーを叩いた。結局、このまま時計を進めたローマが1-0で勝ち切り、連敗をストップするとともに4試合ぶりとなる白星を手にした。 試合後、モウリーニョ監督は追加点を奪えるシーンが何回もあったと振り返りつつも、最少得点差での勝利に安堵した。 「明らかにこの勝利は重要なことだ。静かな試合だった。後半にすぐ得点して、2点、3点、4点と追加点を奪えたかもしれない。完全に試合をコントロールしていた。そして、1-1で終わっていた可能性もあった。ルイ・パトリシオがジョアン・ペドロのシュートをセーブし、ボールはクロスバーの上を通過した。素晴らしいセーブだったと思うが、試合の内容とは全くかけ離れたものだった」 「試合は我々が支配していた。支配していたというのは、ボールがあるときもないときも、という意味だ。今日は(ガストン・)ペレイロが加わり、2トップで非常に直接的にゴールに迫ってくる相手に対して、ボールがないときも良いプレーができた」 「支配し続け、大差で勝てたかもしれない試合だったが、逆に1-1で終わっていたかもしれない。だから、常にプレッシャーを感じていた。あれだけ良いプレーをすると、普通監督は心配しないだろうが、私は最後までプレッシャーを感じていた。なぜなら、試合をクローズしないと、ポイントを失う可能性もあるからだ。ルイ・パトリシオのセーブがなければ、我々にもそれが起こっていたかもしれない」 また、デビュー戦で決勝点を挙げたセルジオ・オリベイラについても言及。新戦力のプレースタイルを説明しつつ、さらなる活躍を期待した。 「実を言えば、セルジオ・オリベイラの活躍をもっと求めている。パフォーマンスという点では、彼は29歳の選手で経験があり、その時間帯に自分が何をしなければならないかを知っている選手だ」 「彼はイタリアでいうところのレジスタではなく、(アンドレア・)ピルロでも(ミラレム・)ピャニッチでもない。しかし、我々のチームが本当に必要としている選手だ」 2022.01.17 11:51 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly