「会いたいと思っていた」中田英寿とトッティが22年ぶりに再会!当時の思い出話に花が咲く「22 Years: 中田英寿 × トッティ」が 「DAZN」で配信

2023.11.10 16:01 Fri
©Asami Enomoto/Sports Graphic Number
©Asami Enomoto/Sports Graphic Number
かつてローマでスクデットを獲得した2人が22年ぶりに再会した。
PR
日本代表のエースとして君臨し、3度のワールドカップ(W杯)を経験した中田英寿氏。ペルージャに渡り、セリエAでのキャリアをスタートさせると、2020-21シーズンにはローマでセリエAを制しスクデットを獲得した。
“ローマの王子”としてクラブ一筋でプレーし、中田氏と同世代であり、トップ下というポジションを争ったフランチェスコ・トッティ氏が日本で中田氏と22年ぶりに再会。スポーツ・チャンネル「DAZN」では10日より「22 Years: 中田英寿 × トッティ」を配信する。

また、11月22日(水)発売号の 「Sports Graphic Number」(1085号)では、より詳細な記事として掲載することが決定している。

2人はかつての思い出話や、数々の秘話、現在の活動についてなど盛り沢山の内容となっている。
対談の様子は「DAZN」のYouTubeでも配信されており、中田氏が笑顔でトッティ氏を迎え、イタリア語で会話。「変わらないな」と声をかけられた中田氏は「日本人だから。ずっと変わらないよ」と返すなど笑顔で会話が弾んだ。

中田氏は流暢なイタリア語でトッティと会話。トッティ氏は「中田とはずっと良い関係だったし、選手である前に気遣いのできる礼儀正しい人間だ。サッカー界でそういうタイプはなかなかいない」とライバルでありながら、良い印象を持っていたと語り、「日本に行くなら会いたいと思っていた」と、再会を待ち望んでいたという。

「22 Years: 中田英寿 × トッティ」は、当時の映像なども盛り込まれた作品に。セリエAファンならば覚えているシーンも多くありそうだ。



PR
1 2
関連ニュース

ローマDFエンディカは大事に至らず! ウディネ戦で胸の痛み訴えて搬送もクラブが検査結果異常なしを報告

ウディネーゼ戦で胸の痛みを訴えて健康状態が懸念されたローマのコートジボワール代表DFエヴァン・エンディカだが、病院での検査の結果大事に至らなかったことが確認された。 エンディカは14日にスタディオ・フリウーリで行われたセリエA第32節のウディネーゼvsローマに先発出場。しかし、1-1のスコアで迎えた70分過ぎに突然ピッチに座り込むと、胸の痛みを周囲に訴えた。 これを受け、主審がすぐさま試合を中断させてメディカルスタッフと共に、AED(自動体外式除細動器)を携帯した救急隊をピッチに呼び寄せた。 ただ、エンディカは意識があり、AEDが使用されることなく、ひとまず担架に乗せられてドレッシングルームへと下がっていた。その際、中継映像では心配する周囲にサムアップする同選手の姿も映されていた。 その後、ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督は一度ドレッシングルームに下がってエンディカの状態を確認した後、審判団とウディネーゼのガブリエレ・チオフィ監督に状態を説明。そして、チームとしてプレー続行が不可能であることを訴えた結果、試合中止が決定した。 イタリア『スカイ・スポルト』によると、すぐさまスタジアム近くの病院に搬送されたエンディカは、心電図検査など幾つかの検査を受けたが、専門の医師によって心臓発作の兆候といった問題がないことが確認された。 また、クラブ公式X(旧ツイッター)では病院のベッドで腕に力こぶを作るエンディカの写真と共に「チームは病院にいるエンディカを見舞いに行きました。エヴァンは気分も良くなり、元気です。彼はさらなる経過観察のため病院に残る予定です。フォルツァ、エヴァン」と、大事に至らなかったことを明かした。 さらに、チームと共にエンディカの見舞いに行っていたデ・ロッシ監督は、病院の外に集まっていた報道陣に対して、「彼は元気だ、元気だよ」と同選手の無事を伝えている。 <span class="paragraph-title">【写真】エンディカが搬送先の病院で無事を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">La squadra ha fatto visita a Ndicka in ospedale.<br><br>Evan si sente meglio ed è di buon umore. Resterà in osservazione per accertamenti in ospedale.<br><br>Forza Evan! <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/M2PfNeqOoq">pic.twitter.com/M2PfNeqOoq</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1779601894576435335?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.04.15 05:50 Mon

ウディネーゼvsローマが試合途中で中止に…ローマDFエンディカが胸の痛みを訴えて緊急搬送

セリエA第32節のウディネーゼvsローマが、ローマのコートジボワール代表DFエヴァン・エンディカの健康上の問題を理由に試合途中に中止となった。 14日にスタディオ・フリウーリで行われた同試合は前半の23分にウディネーゼがMFロベルト・ペレイラのゴールで先制。そのままホームチームの1点リードで前半終了を迎えた。 後半はローマが優勢に進めると、64分にFWロメル・ルカクのゴールによって1-1のイーブンとなった。 しかし、70分過ぎにエンディカが突然ピッチに座り込むと、同選手は胸の痛みを周囲に訴えた。これを受け、主審がすぐさま試合を中断させてメディカルスタッフと共に、AED(自動体外式除細動器)を携帯した救急隊をピッチに呼び寄せた。 ただ、エンディカは意識があり、AEDが使用されることなくひとまず担架に乗せられてドレッシングルームへと下がっていた。その際、中継映像では心配する周囲にサムアップする同選手の姿も映されていた。 ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督は一度ドレッシングルームに下がってエンディカの状態を確認した後、審判団とウディネーゼのガブリエレ・チオフィ監督に同選手の状態を説明。そして、チームとしてプレー続行が不可能であることを訴えた結果、このタイミングでの試合中止が決定した。 なお、ローマはクラブ公式X(旧ツイッター)を通じて、エンディカに関する声明を発表している。 「エヴァン・エンディカ選手のピッチ上での緊急医療を受けて、ウディネーゼvsローマの試合は中止となりました」 「エンディカ選手は意識があり、さらなる検査のため病院に搬送されました」 「フォルツァ・エヴァン、私たちはあなたと共にあります!」 現時点で同試合の新たな日程は未定となっているが、通常のセリエAの規則通り、主審が中断の笛を吹いた時間から同じスコアでの再開となる見込みだ。 2024.04.15 03:22 Mon

同国対決1stマッチはローマに軍配! 下向かずのミラン監督「修正できる」

ミランのステファノ・ピオリ監督がリターンレグでの奮起を求めた。 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でローマ相手に同国対決のミラン。11日の1stレグではホームに迎え撃ったが、17分に浴びたジャンルカ・マンチーニの一発が重くのしかかり、0-1の先勝を許した。 CKから喫した失点の差を追って、18日の2ndレグで敵地に乗り込むミランだが、これで公式戦連勝も「7」でストップしたピオリ監督はイタリア『スカイ』で1stレグを振り返り、巻き返し可能と話す。 「我々は良い試合をした。素晴らしい試合ではなかったがね。前半はもっと勇敢さが必要だった。ドローでも良かったかもしれないが、まだ試合があるし、修正できると信じている」 「後半のチームは私好みだったが、もっとリスクをおかしていく必要があった。私は誇りとリターンレグで勝つという意思を期待している」 14日に敵地で行われるセリエA第32節のサッスオーロ戦を経ての2ndレグ。サッスオーロ戦で弾みをつけ、ローマとのリターンレグに挑みたいところだ。 2024.04.12 15:05 Fri

ELでミラン撃破! ローマのボスは“テオ&レオン対策”担った右サイド陣を称賛「融通が利く選手は有難いよ」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督がミラン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ローマは11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでミランとの同国対決に臨み、敵地で0-1と先勝。最少スコアでの勝利ということで、ベスト4進出へ文字通り一歩前進だ。 殊勲の1点を決めたのは、センターバックのDFジャンルカ・マンチーニ。度々セットプレーで強さを発揮する27歳は開始17分、FWパウロ・ディバラのCKに頭から飛び込んだ。 7日のローマ・ダービー、ラツィオ戦(1◯0)でも決勝点をやはりディバラのCKから決めていたマンチーニが勝利の立役者なのは間違いないが、デ・ロッシ監督はピッチ各所で奮闘した他の選手たちも称賛する。 ほぼフルタイムでプレーし、ポストプレーに奮闘、先制点に繋がるCKも獲得したFWロメル・ルカクについて、指揮官は「ストライカーだからと言ってゴールが全てじゃない」と断言する。 「私の就任以来、最高のパフォーマンスだったように思う。誰もがストライカーをゴールの有無で判断しがちだが、懸命に戦い、ボールを収めている。私が見たいもの全てを見せてくれた」 また、この日のデ・ロッシ監督は、ミランの強力な左サイド、テオ・エルナンデス&ラファエル・レオン対策に入念な準備をしており、それはヒトの配置からも明らか。“右側”で起用した選手らを称えないわけにはいかない。 「ミランの左サイドはハッキリ言って強い。ミランがゲームを支配する時、必ずそれを支えているのが左サイドだ。この事実に対し、我々は微調整をした。MFブライアン・クリスタンテがサポートに入り、ミランのラインデルスを常にケアした」 「様々なアイデアにオープンかつ、特定のポジションに固執しない選手は有難いよ。ステファン・エル・シャーラウィに『右サイドをやってほしい』と伝え、彼の反応はポジティブそのものだった。上手くやってくれる確信が試合前からあったよ」 対峙するレオンを無力化した右サイドバックのDFメーメト・ゼキ・チェリクについても「自信は違いを生み出す。自信をつけているかどうかは、練習でも試合でも、そのボディランゲージを見ればわかる。メンタルも技術も戦術理解も全て連鎖的につながっている」と、信頼を高めたようだ。 選手個々の奮闘をベースに、ミラン撃破に一定の満足感を示すデ・ロッシ監督。一方で今後に向けては、選手らへ厳しい言葉を投げかける。 「レッチェと引き分けたあと、『ダービー(ラツィオ戦)で今日より1センチでも消極的な態度を見せるのは許されない』と選手に言った。次のウディネーゼ戦(14日)で今日から少しでも後退するようなら、何人かの選手は何も学んでいなかったということだ」 ミランとのリターンマッチは、ウディネーゼ戦を挟んで18日。ローマは指揮官が語るように、ウディネーゼ戦で勝ち点もギアも落とさず、2ndレグを迎えたい。何といっても、まだ1点差だ。 2024.04.12 11:25 Fri

マンチーニ2戦連発のローマが敵地でウノゼロ勝利! ミランは公式戦連勝が「7」でストップ…【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、ミランvsローマが11日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが0-1で先勝した。 ラウンド16でスラビア・プラハを順当に破って8強入りを決めたミラン。直近のレッチェ戦を3-0で快勝し、目下公式戦7連勝中と絶好調のセリエA2位チームはベスト4進出を懸けた同国対決初戦に向けて先発3人を変更。サスペンションのトモリ代役にチャウ、アドリとチュクウェゼに代えてベナセル、ロフタス=チークを起用した。 一方、ブライトンを撃破して同じく準々決勝進出を決めたローマ。直近のセリエAでは宿敵ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレにウノゼロ勝利を収めセリエAでは5勝2分けの直近7戦無敗と好調を維持。今季リーグ戦で2戦2敗の難敵とのビッグマッチではそのラツィオ戦から先発2人を変更。ジョレンテとアンヘリーニョに代えてスモーリング、スピナッツォーラを起用した。 テオ・エルナンデス、レオンの強力な左サイドへの対応から守備力のあるエル・シャーラウィを右に配置する変則的な[4-2-3-1]で臨んだローマ。これに対して普段通りの入りを見せたミランは9分にラインデルスの枠を捉えたミドルシュートで早速チャンスを作り出した。 以降もミランペースで進んでいくが、カウンターの形から良い形を作っていたローマがやや幸運な形から先制に成功した。17分、ディバラからルカクへのスルーパスがオフサイド気味だったカウンターアタックで得た右CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、マークを外してゴール前に走り込んだマンチーニがゴール左隅にヘディングシュートを流し込んだ。 マンチーニの公式戦2試合連続ゴールによってアウェイチームが先手を奪った試合は、ここからホームチームが攻勢を強めていく。20分過ぎには続けて得たCKからジルー、ロフタス=チークのヘディングシュートでゴールに迫るが、いずれもルカクの見事なゴールカバーに阻まれた。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握って押し込むミラン、堅守速攻で応戦するローマという構図の下で一進一退の攻防が続く。 自陣で堅固なブロックを敷くアウェイチームに対してミランはサイドの揺さぶり、ミドルレンジのシュートでチャンスを窺う。その流れでラインデルスが地を這う鋭いシュートを右隅に飛ばすが、これはGKスヴィラールの好守に遭う。 1点リードのローマは回数は少ないものの、ディバラを起点に幾度か数的同数の形でカウンターアタックを仕掛けてスピナッツォーラ、エル・シャーラウィにチャンスが訪れたが、追加点を奪うまでには至らなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は開始直後にラインデルスがこの試合3本目のミドルシュートでゴールに迫るなど、ホームチームが押し込む入りとなった。 だが、時間の経過と共にボール保持率を高めつつ、ルカクの驚異的なキープ力を活かしたカウンターからローマが押し返していく。そして、ボックス内に侵入したペッレグリーニ、クリスタンテと際どいシュートで追加点に迫った。 以降もボールは握るもののゴールが遠いミランは、ベナセルに代えてアドリ、プリシックとレオンの両翼を下げてチュクウェゼ、オカフォーと中盤と前線にテコ入れを図ってゴールを目指す。 すると、アドリの際どいミドルシュートなどで攻撃が活性化されると、後半終盤には完全に相手を押し込むことに成功する。87分にはチュクウェゼのボックス右ゴールライン際での鮮やかな突破からゴール前のジルーに絶妙なラストパスが届くが、百戦錬磨のストライカーは押し込むだけでいいシュートをクロスバーに当ててしまい、絶好の同点機を逃した。 その後、ローマはルカクを下げてジョレンテを投入し、5バックの形で専守防衛での逃げ切り態勢に入ると、終盤の猛攻をチーム一丸となった守備で撥ね返し続けた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地でウノゼロ勝利を収めたローマが今季リーグ戦でシーズンダブルを喫した相手に会心の勝利を収めた。一方、公式戦連勝が「7」でストップしたミランは、来週にオリンピコで行われる2ndレグでの逆転突破を目指すことに。 2024.04.12 06:19 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly