「自分自身で分析した」目標達成のカギとなるか、戦術にも長けた大分の勤勉な助っ人DFエンリケ・トレヴィザン

2021.04.04 22:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、外国人の新規入国制限がかかっていた日本。Jリーグでも多くの選手や監督が入国できず、大きな誤算が生まれたチームが数多くある。しかし、その制限もついに緩和。3月末から各クラブの新外国人選手が順次入国。さらに、Jリーグが一括して管理するJリーグバブルを考案。入国後に14日間の隔離生活を行わせ、選手個々がトレーニングできる環境を提供。その後、感染が確認されなければクラブに合流することとなる。

そんな中、また1人入国を果たした外国人選手がいる。大分トリニータのブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンだ。

U-20ブラジル代表歴もあるエンリケは、フィゲイレンセやポンチ・プレッタでプレーしたのちにポルトガルへと渡り、エストリル・プライア、ファマリカンでプレー。エストリル・プライアから期限付き移籍で大分に加入した。

3月29日に日本へ入国を果たしたエンリケは、3日間の隔離期間を受けて陰性が確認。現在はJリーグバブルというリーグが一括で管理する隔離措置を受けている。Jリーグバブルは14日間にわたって隔離され、周りとは一切接触ができない完全隔離状態。その中で選手はトレーニングを行い、最終的に陰性が確認されればチームへ合流が可能となる。

ついに来日が叶ったエンリケは「様々な制限があった中で日本になかなか来れなかったですが、日本に入国できた事は嬉しく思います」とコメント。「隔離期間で大分には着いていませんが、うまく活用して、日本の文化を学んだり、食生活等の変化もあるので、徐々に適応できるようにこの期間を有効に活用したいです」と語り、Jリーグバブルの期間を利用し、日本に馴染みたいと語った。また「大分に着いた時に万全になるように、自主トレーニングもしっかり励みたいと思います」とし、コンディションを整えると意気込んだ。

移籍が発表されてから1カ月半の間、ポルトガルで過ごしていたエンリケだが「ポルトガルではロックダウンがあったので公共の練習場も使えず、2カ月間はピッチで満足いくトレーニングができなかったです」と語り、ポルトガルでも難しい時期を過ごしていたと語った。それでも、無駄にすることはせず「この期間でできることは何かを考え、自主トレーニングで仲の良いフィジカルコーチをつけてトレーニング、彼の奥さんが栄養学を勉強されていたので、食事に関しても徹底した2カ月を過ごしていました」と語り、「大分に合流したときのことを逆算して、個人練習、食事、睡眠というプロ選手のあり方を隔離期間で再度調整し、日本にやってこれたと思っています」としっかりとできる範囲での調整をしてきたようだ。

ここまでの話を聞いても分かる通り、24歳と日本ではまだ若手と呼ばれる年齢ながら、しっかりとプロとしての意識が高く、日本でのキャリアを成功させようと考えていることが見受けられる。

加えて、大分というクラブに自分がどう貢献できるかをしっかりと考え、勉強熱心な一面があり、非常に意識の高い勤勉な選手であることを印象付けた。

トリニータのイメージについても「日本に来られなかった期間でチームから練習や試合の映像を送ってもらって、自分自身で分析していました」と語り、「システムが昔自分がプレーしたことがある[3-4-3]であることだったり、守るだけのチームではなく、しっかり全員で攻撃をするところ、カウンターを完結させる攻撃スタイルにとても好感を持っています」とチームの特徴を捉え、「大分に到着してからはチームに合流できるので、自分自身がピッチに立っていてしっかりとチームに貢献する選手になりたいと思っています」と語り、すでにある程度のビジョンを持っていることを明かした。

関連ニュース
thumb

「ここで勝負したい」ルーキー時代の「27」で再出発、14年ぶり大分帰還のMF梅崎司の想い「常に自分の心の中にあるクラブ」

14年ぶりに大分の地に舞い戻った元日本代表MF梅崎司が、入団会見を行った。 大分の育成組織出身で、2005年にトップチームへ昇格した梅崎。2006年にはGK西川周作とともに日本代表に招集され、大分からA代表に選出された初の選手となった。 2007年には当時フランス2部のグルノーブルへレンタルで加入するも、半年で大分へ復帰。そして、2008年に浦和レッズへと完全移籍する。 浦和では10シーズンプレー。しかし、前十字じん帯損傷や半月板損傷などの大ケガを乗り越えてスタメンに定着すると、ウイングバックやシャドーとして結果を残し、2015年のステージ優勝に貢献した。 2018年には湘南ベルマーレに完全移籍で加わり、ルヴァンカップ優勝を経験。ピッチ内外で大きな役割を見せたが、ここ2年間はプレー機会が減少していた。 14年ぶりに大分の地へと戻った梅崎。合流して間もないが「雰囲気は良いのかなと思いました。久々のクラブハウスということで、凄く懐かしい気持ちにさせてもらいました」と、懐かしい気持ちになったという。 現在大分は19位と降格圏に位置。現在残留ラインの徳島ヴォルティスとは勝ち点差「4」となっている。厳しい立ち位置にある古巣への復帰を決めた理由は「自分のベルマーレでの状況、立ち位置があまり良いものではなかったのが1つですし、試合になかなか絡めていなかったというのもあります」とコメント。「自分の中でコンディションはどんどん良くなって、試合でプレーできると思い、カップ戦でもフィーリングは良かったです」と、調子が上がっている中でもプレー機会が少なかったことを理由の1つに挙げた。 そんな中、大分からのオファーがあったという。「こういった話をもらい、大分にはいつか戻りたいと漠然と思っていたので、このタイミングで復帰を決断しました」とコメント。良いタイミングで良い話が来たと語った。 とは言え、今回の移籍の決断は決して簡単ではなかったという。「割と決断するのは早かったと思います。けど、簡単ではなかったです。家族もいますし、ベルマーレも大好きなチームでしたし、こっちに慣れてきたというところもありました。ただ、ここで勝負したいという思いになりました」と、葛藤がありながらも、割とすぐに決断したと明かした。 自分もいつか望んでいた大分への復帰だが「実現するとは思っていなかった感じです」と、思わぬチャンスだったとも語り、「来たいと思って来れるものでもないですし、自分の年齢のことも理解しています」と、ベテランの域に入った中で古巣に復帰できたことを喜んだ。 オファーは他のクラブからもあったという梅崎。「この年齢になってもそういったオファーをいただけること自体が幸せなことですし、選べる立場であったのはなかなかないことでもあったので、両チームにすごく感謝しています」とコメント。「キャリアの終盤に入ってきていると思います。その中で、一番チャレンジしたい場所であるということが、自分の中で一番の要因だったので、何を見せられるかだと思いますし、選手としてもう一花咲かせたいと思っています」と、大分で再び輝くことを誓った。 今シーズンの大分については「多くの主力が移籍してしまったというのもあって、なかなか中心となる選手がハッキリしていないのかなと感じていましたし、戦術的に相手を引き込んだり、相手の裏をついていくことに長けているチームだと思っていたので、そこで相手のプレッシャーに負けたり、どういう心理状況でボールを回しているのかなど、そこさえ変われた良くなると見ていました」としっかりとチームを見ていた様子。その中での自身の役割についても語った。 「ポジション的にどこをやるかというのもありますが、メンタリティのところでより前向きでいなければ成り立たないサッカーだと思っているので、自分が入った時にメンタル的なところ、士気の部分は声をかけていきたいですし、攻撃の部分でスイッチとなる、前の推進力を出していくイメージではいます」 メンタル面での問題を感じているという梅崎。自身のやりたいポジションについては「2シャドーは一番やりたい」と語った。その中で、片野坂知宏監督からは「僕が持つスキルだったり、もっと前への推進力を出して欲しいし、スイッチ役になって欲しい」と言われたとのこと。「精神面でもチームにプラスに働くような行動ができる選手だと思っているので、期待しているし、お願いしたい」とも言われ、チームを支えるメンバーとして迎えられたようだ。 片野坂監督からはポジションについて「シャドーやワイドとどちらも考えている」とオファー時に聞いたという梅崎。浦和、湘南では様々なポジションでプレーしており、「FWもできるし、シャドーもできるし、ベルマーレでは3ボランチの一角もやっていますし、ワイドもやろうと思えばできると思います」とどのポジションでもプレーできると語った。 かつてはケガにも悩まされた梅崎。「今は問題ないです」とコメント。「今年は途中ギックリ腰はありましたが、ここ3、4カ月はプレーできていますし、どんどんコンディションも良くなって、ケガへの不安はなくなっています」と、フィジカルや体調面は問題ないとした。 またプレー面では「ゴールへどう向かっていくか、直結していくかという部分は変わっていないので、その引き出しやアイデアをうまくチームに還元したいですし、成長した姿を見せたいと思います」と語った梅崎。アンダー世代の代表でも共にプレーしたFW長沢駿や今夏柏レイソルから加入したFW呉屋大翔など、ターゲットになる選手がチームにはいる。 梅崎は前線のターゲットを生かすプレーは自身の特徴でもあると語ると共に、どうゴールを奪うのか、チーム戦術を理解してチャンスメイクもしていきたいと意気込んだ。 「後ろからビルドアップするのは大分のスタイルだと思いますが、(長沢)駿が入ったことによって、前線の高さは間違いなく強みになったと思いますし、繋ぐだけでなく、長いボールからのセカンドボールも1つ狙い目だと思います」 「そういう所の反応や仕掛けは自分の持ち味の1つだと思います。押し込んだ時にターゲットとなる選手がいるというのは、自分は自ら得点行くこともできますけど、チャンスメイクも長けていると思うので、勝負球をタイミング見て入れやすいなと感じています」 「そこ(セカンドボール)にはこだわっていきたいです。ただ、まずはゲームをどう作るか、どうアタッキングサードに入って行くのかは、クラブのスタイルとしても重要です」 「まずはどう戦術的に理解して、フィットして行くかは第一にやっていかなければいけないと思います。その先にどうゴールに直結するプレーを見せて行くのかがあると思います」 攻撃の選手としてチームが勝ち点を重ねるのに必要なゴールを意識する梅崎。さらに残留争いをする上で重要なのはやはりメンタルだと語った。 「メンタルは非常に重要だと思っていて、一個人としても大部分のウェイトを占めていると思いますし、チームとしてももっと重要だと思います」 「信念を持って、自分たちのサッカーを持って貫けるか、一致団結して困難に立ち向かっていけるかが重要です」 「選手全員、監督スタッフ含めて作っていくものだと思うので、いかに1人1人が声をあげて、助け合って、良い方向に行けるかどうかだと思う」 「そういった面でも恥ずかしがるのではなく、思い切って自分を出して、チームのために行動していくことが重要だというのは色々な経験で学んだことなので、しっかりやって達成できればと思います」 自身の力も使って残留を目指す梅崎。大分トリニータという存在は「常に自分の心の中にあるクラブでしたし、どういう状況は気にして見ていました」と語り、「僕が離れた1年目にナビスコをとったり、最高成績を出したり、素晴らしい年もあれば、翌年J2に落ちて、苦しい時期を経験してJ3に落ちて、そこから上がってくるのを見ていて、素晴らしいなと」と浮き沈みがあるチームを見守ってきたと語った。 また、その様子を見て「感動じゃないですけど、クラブ経営的にも厳しくなったのも僕はそこにいないのでなんともわからないですが、チームとして苦しんだのは想像つきますし、こうやってまたJ1の舞台にしっかり戻ってきて戦えているのは素晴らしいと思っていました」と、古巣を気にし続けていたと語った。 ルーキーの時に大分で着けた「27」を背負い「もう一度帰ってくるという意味合いもあります」と語った梅崎。J1にチームを残留させることができるのか。14年ぶりの大分での躍動に期待したい。 2021.07.20 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

14年ぶりの古巣復帰! J1残留へ巻き返しを図る大分、湘南からMF梅崎司を完全移籍で獲得 「ただいま、大分」

大分トリニータは17日、湘南ベルマーレのMF梅崎司(34)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は2005年のトップチーム昇格時と同じ「27」となる。 梅崎は大分の育成組織出身で、2005年にトップチームへ昇格。2006年にはGK西川周作とともに日本代表に招集され、大分からA代表に選出された初の選手となった。 2007年には当時フランス2部のグルノーブルへレンタルで加入するも、半年で大分へ復帰した。 2008年には浦和レッズへ完全移籍で加入。前十字靭帯損傷や半月板損傷などの大ケガを乗り越えてスタメンに定着すると、ウイングバックやシャドーとして結果を残し、2015年のステージ優勝に貢献した。 2018年には湘南ベルマーレに完全移籍で加わり、同年には湘南に初となるルヴァンカップのタイトルをもたらすなど、ピッチの内外で大きな役割を果たした。 今季は7日の天皇杯で直接FKを決めるなどしていたが、公式戦9試合の出場にとどまっていた。 およそ14年ぶりに古巣復帰となった梅崎。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆大分トリニータ 「湘南ベルマーレから完全移籍で加入しました梅崎司です」 「新型コロナウイルス感染症の影響もあり、クラブの経営状態が決して良い状況ではないにも関わらず、僕を必要としてくれたクラブに感謝していますし、育ててもらったクラブに14年ぶりに帰ってくることが出来、本当に本当に嬉しいです」 「ただいま、大分」 「でも、今回の移籍は単に古巣に帰って来ることができたという喜びだけではありません。今、チームが苦しい状況の中、もう一度片野坂監督が作り上げた魅力的なサッカーをチームメイトと共に見せていきたい、一体感あるプレー、躍動感あるプレーを見せて、何としてもJ1に残留するという使命感に駆られていますし、そういった大きな決意をもって移籍してきました」 「大分トリニータに関わる皆さんと一致団結して、この困難に立ち向かうために僕自身全力でチャレンジし、貢献することをお約束します」 「熱いサポートよろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「湘南ベルマーレを愛する皆さま、梅崎司は大分トリニータに完全移籍します」 「『共に進もう、共に叫ぼう』という後押しが僕にピッタリで、いつも力になっていましたし、皆さんと共にかなり実現できたと僕は思っています」 「ベルマーレで共に歓び、進み、叫んだ日々が僕の中での成長に繋げてくれたし、幸せでした。大きな財産です。本当にありがとうございました」 「もっともっと皆さんと大きな歓びを共有したかったのも本音ですし、ベルマーレからも素晴らしいオファーをいただきましたが、僕はまだまだ全力でプレーしたいし、挑戦したいし、成長したいし、ピッチで魅せたい」 「愛する湘南ベルマーレに関わる皆さんと離れることは悲しい決断ですが、湘南ベルマーレでプレーできたこと、ルヴァン杯の優勝をはじめ、皆さんと一緒に多くの歓び、感動を味わえたことに変わりはありません」 「またピッチでお会いできる日を楽しみにしていますし、その時に負けないよう、限りある現役生活を精一杯努力します。3年半、本当にありがとうございました」 2021.07.17 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

大分が町田のゴールを守り切り5試合ぶり勝利! 浦和は支配率70%も無得点【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、大分トリニータvs浦和レッズが10日に昭和電工ドーム大分で行われ、1-0で大分が勝利した。 直近のリーグ戦4試合で1分け3敗と苦しみ、19位に沈んでいる大分。だが、7日の天皇杯では格下の福井ユナイテッドFC相手にきっちり無失点で勝利を収めた上に、今節は三竿が出場停止明けでスタメン復帰と、明るい材料は揃いつつある。ホームで5試合ぶりの勝利を挙げて降格圏脱出の第一歩を踏み出したいところ。 一方の浦和は、リーグ戦3連勝をかけた前節のベガルタ仙台戦でゴールレスドロー。だが、7日の天皇杯ではユンカーが87分にゴールを決めてJ2のSC相模原に辛くも勝利を挙げた。来日1カ月目で月間MVPを獲得した新エースはリーグ戦で3試合連続無得点が続いているが、今日の試合でも勝利に導くゴールを決められるだろうか。 大分は開始2分でチャンスを迎える。岩波のパスをカットした小林がドリブルでペナルティエリアに侵入し、マイナスのクロスを送る。下田がフリーで合わせてシュートを打ったが、GK西川に左足で止められた。 試合が落ち着いて浦和がボールを握る展開になると、大分は[5-4-1]の陣形でハーフライン手前からプレスを開始。2列目の選手が果敢にプレッシングに飛び出しつつ他の選手が空いたスペースのカバーを行い、相手の前進を許さない。 積極的な守備を継続した大分は、12分にカウンターから先制に成功。敵陣でボールを奪いフリーの小林にボールが渡ると、そのままペナルティエリアの左からクロスを上げる。これをフリーの町田が落ち着いてヘディングで流し込み、リードを奪った。 続く14分には明本からのバックパスを長沢がインターセプトして、GK西川との1対1を迎える。決めればリードが2点に広がった場面だが、シュートはゴール左へと外れた。 大分はその後も浦和のボール保持に対してパスコースを消しつつ、カバーリングを俊敏に実行して守備ブロックの内側に縦パスをほとんど通させない。ボールを奪えば少ない手数と人数でゴールまで迫っていく。 前半、浦和はボールポゼッション率で約70%を記録するもシュートは1本のみ。一方の大分は得点も含めて9本のシュートを放ち、狙い通りの試合運びを見せてハーフタイムへ。 後半頭に浦和は柴戸を下げて杉本を投入。攻撃時にはユンカーと2トップのような位置関係で配置された。これに伴い、トップ下からボランチの位置に下がった小泉を中心に大分を押し込んでいく。 対して、強度の高い守備を続けた大分は明らかに運動量が下がっており、前半のように奪っても効果的なカウンターに繋げられなくなっていた。 その後も浦和がボールを持って敵陣に押し込んだ状態でゲームが進み、大分が耐えるという展開に。それでもサイドや2列目の前でボールを回され続けるも、危険な位置ではスペースを消してゴールを割らせない。 浦和は杉本や興梠をターゲットにクロス攻撃で大分ゴールに迫り続けたが、決定機を作れずタイムアップ。大分が5試合ぶりの白星を得た。 大分トリニータ 1-0 浦和レッズ 【大分】 町田也真人(前12) 2021.07.10 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:大分vs浦和】4戦無得点の大分は光明見いだせるか、浦和は暫定3位で中断に入れるか

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2021年7月10日(土) 19:00キックオフ 大分トリニータ(19位/13pt) vs 浦和レッズ(5位/35pt) [昭和電工ドーム大分] ◆4戦連続無得点から抜け出せるか【大分トリニータ】 前節はアウェイでの清水エスパルス戦。勝利が欲しい一戦だったが、1-0で敗れることとなった。 後半戦の初戦を黒星スタート。4戦未勝利となり、チームは降格圏真っ只中。苦しい状況は変わらない。 何と言っても苦しいのは4試合連続無得点となった攻撃陣だろう。チャンスもあまり作れず、決定的なシーンがまず少ない。さらに、失点が減らないだけにチームも勝ち点を積み上げられないという悪い状況が続いている。 出場停止者やケガ人が復帰する中、ミッドウィークの天皇杯では大幅なターンオーバーを敢行しながら2-0で勝利。チームとしては1つ明るい材料と言えるだろう。 今節が終われば2週間強の中断期間に入る。まずは、少しでも光明を見つけて中断期間に入れるか。結果を残しておきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:小出悠太、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:井上健太、小林裕紀、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、小林成豪 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 ◆勝てば暫定ながら3位浮上【浦和レッズ】 前節はアウェイでベガルタ仙台と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった浦和。相手守護神の好セーブもある中で、決め手を欠き、3連勝を逃した。 シーズン序盤は新たなスタイルに苦しむ中で、キャスパー・ユンカーが加入して以降は結果を残して北浦和。気がつけばトップ3が目の前に迫っている状況だ。 試合数に差がある状況とはいえ、今節勝利すれば暫定的に3位に浮上。目標に一旦は届く事となる。 チームの戦い方は成熟。8月になれば新戦力もチームに合流し、より一層パワーが増すことは間違いない。その前にも中断前のラストゲームでしっかりと勝利を収めたいところだ。 前節は下位を相手に取りこぼす結果となってしまったが、しっかりと勝ち点3を積み上げられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、汰木康也 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 東京五輪出場選手:酒井宏樹 2021.07.10 16:47 Sat
twitterfacebook
thumb

相模原が大分MF高山薫を期限付き移籍で獲得、背番号は「8」

SC相模原は9日、大分トリニータのMF高山薫(33)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「8」に決まった。 高山は川崎フロンターレの下部組織出身で、専修大学を経て湘南ベルマーレに加入。その後、柏レイソルへの移籍を経て、湘南に復帰し、2019年から大分でプレーした。 ここまでの3シーズンでJ1通算32試合に出場、YBCルヴァンカップでは7試合に出場。しかし、今シーズンはここまでJ1で1試合、ルヴァンカップで3試合の出場に終わっていた。 高山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、大分トリニータから加入することになりました高山薫です。 チームの目標を達成できるように、そしてチームの力になれるように全身全霊で頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「この度、SC相模原に期限付き移籍することになりました。大分トリニータには2年半お世話になりましたが、大分トリニータに関わる全てのみなさんのお陰で、大分という街、チームのことが本当に好きになりました」 「みなさんに頂いたたくさんの愛をピッチの上で返すことが出来なかったのが心残りです。次のチームに行っても感謝の気持ちを忘れずに一生懸命頑張ります。本当にありがとうございました」 2021.07.09 11:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly