レバークーゼンにさらなる痛手…シンクフラーフェンが左もも負傷で3週間の離脱

2021.03.04 23:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
負傷者続出のレバークーゼンにさらなる痛手だ。レバークーゼンは4日、オランダ人DFデイリー・シンクフラーフェンの負傷を発表した。

クラブの発表によれば、シンクフラーフェンは左大腿筋の筋損傷で約3週間の離脱になるとのことだ。

今シーズンのシンクフラーフェンは、ブンデスリーガで18試合を含む公式戦23試合に出場し3アシストを記録していた。

レバークーゼンでは、今月に入りオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷を負ったほか、U-21ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツが新型コロナウイルスに感染し離脱。

それ以外にもフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー、コロンビア代表DFサンチアゴ・アリアス、元ドイツ代表DFラース・ベンダー、オーストリア代表MFユリアン・バウムガルトリンガー、U-23ブラジル代表FWパウリーニョらが長期離脱中となっている。

現在、公式戦5試合勝利のないレバークーゼンは、6日にブンデスリーガ第24節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。

関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤が先発のシュツットガルト、10人のレバークーゼンに敗れ4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節のシュツットガルトvsレバークーゼンが19日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。シュツットガルトの遠藤航はフル出場、伊藤洋輝は60分までプレーした。 リーグ戦3試合勝利の無い12位シュツットガルトが、前節初黒星を喫した7位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤が[3-4-2-1]のボランチで5試合連続の先発出場。また、伊藤も3バックの一角でリーグ戦初先発を飾った。 シュツットガルトは開始早々の2分に失点する。中盤でのボール奪取からショートカウンターを許すと、ボックス左でボールキープしたシックの落としから左サイドを駆け上がったバッカーがダイレクトクロス。最後はゴール前で競り合ったアンドリッヒがヘディングシュートを流し込んだ。 先制したレバークーゼンは19分にも、右サイドを突破したヴィルツがボックス右まで持ち上がると、折り返しをゴール前に抜け出したシックが冷静に流し込み、追加点を奪った。 2失点を喫したシュツットガルトだったが30分、T・クリバリがアンドリッヒから左足直撃の危険なタックルを見舞われると、これがVARの末にイエローカードから一発退場となり数的優位となった。 するとシュツットガルトは38分、ボックス右横で獲得したFKからマーモウシュがクロスを入れるとマヴロパノスがヘディングシュート。これはGKフラデツキーの好セーブに弾かれたが、こぼれ球をマンガラが押し込んだ。 1-2で迎えた後半は数的優位のシュツットガルトが主導権を握る。51分には左サイドを抜け出したソサのクロスからニアに走り込んだT・クリバリがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKに弾かれた。 対するレバークーゼンは60分、ヴィルツのスルーパスで抜け出したディアビがボックス右まで持ち上がりシュートを放ったが、伊藤の寄せもありシュートは枠の右に外れた。シュツットガルトは直後に伊藤をお役御免とし、シュテンツェルをピッチに送り出した。 その後も膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはレバークーゼン。70分、中盤でパスカットしたヴィルツがドリブルで独走。そのままボックス内まで侵入するとGKとの一対一を冷静に決めきった。 終盤にかけてはシュツットガルトが猛攻を仕掛けるが、5バックで構えるレバークーゼンの牙城を最後まで崩すことができず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。 10人のレバークーゼンに敗れたシュツットガルトは、これでリーグ戦4試合勝利なしとなった。 2021.09.20 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、MFパラシオスが1カ月の離脱

レバークーゼンのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスが1カ月ほど戦列を離れるようだ。レバークーゼンを率いるジェラルド・セオアネ監督が明かしている。 パラシオスは16日に行われたヨーロッパリーグのフェレンツヴァーロシュ戦に先発。前半37分にゴールを挙げ、後半5分に代わっていたが、セオアネ監督によれば試合序盤に足首のじん帯を痛めていたとのことだ。 セントラルMFの1stチョイスとなっているパラシオスは、今季のブンデスリーガで3試合に出場していた。 レバークーゼンは今後19日にブンデスリーガでシュツットガルト戦、25日にマインツ戦、30日にヨーロッパリーグでセルティック戦を控えている。 2021.09.18 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

計7発、ドルトムントがレバークーゼンとの壮絶な打ち合いを制す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第4節、レバークーゼンvsドルトムントが11日に行われ、3-4でドルトムントが勝利した。 代表ウィーク前の前節、レバークーゼンはアウグスブルクに4-1と快勝し、2勝1分けスタート。そのレバークーゼンは[4-2-3-1]で臨み、最前線にシック、2列目に右からディアビ、ヴィルツ、パウリーニョと配置した。 対するドルトムントはホッフェンハイムとの打ち合いを何とか制し、2勝1敗スタート。中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨み、2トップにハーランドとロイス、トップ下にブラントを配置した。 オープンな展開で立ち上がった中、レバークーゼンが先手を取った。9分、ショートカウンターに転じた流れからパウリーニョのパスを受けたヴィルツがボックス中央に進入、トゥキックでシュートを蹴り込んだ。 失点したドルトムントは11分に同点のチャンスが訪れるも、ボックス中央に進入したブラントのチップキックシュートはGKフラデツキーのセーブに阻まれた。 その後はドルトムントが押し込む流れが続くと、37分に追いつく。ムニエの右クロスからハーランドのヘディングシュートが決まった。 さらに2分後、ベリンガムがヘディングシュートでネットを揺らして逆転かと思われたドルトムントだったがVARが入り、ゴール前にダフードのファウルがあったとしてノーゴールに覆った。 すると追加タイム2分、カウンターに転じた流れからヴィルツのラストパスを受けたシックがボックス左に進入してシュートを決めきり、レバークーゼンが2-1と勝ち越して前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりからドルトムントが攻勢に出ると、開始4分に追いつく。ハーランドのダイレクトパスをブラントが見事なコントロールで収めてボックス右に侵入、シュートを叩き込んだ。 それでも55分、レバークーゼンはCKのルーズボールを拾ったディアビがボックス手前右から右足でゴール右へシュートを蹴り込んで、三度勝ち越しに成功する。 しかし、打ち合いはまだまだ終わらない。71分、ボックス手前右で得たFKをラファエウ・ゲレイロがゴール右上へ直接叩き込んで3-3に。 さらに2分後、ボックス左に進入したロイスがコスヌに顔を叩かれると、VARの末にPKとなった。このPKをハーランドが決めてドルトムントが逆転に成功した。 そして80分のピンチをGKコベルが好守で凌いだドルトムントが4-3で勝利。レバークーゼンとの壮絶な打ち合いを制している。 2021.09.12 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンのフィンランド代表FWポヒャンパロがリゼスポルへとレンタル移籍

トルコのリゼスポルは5日、レバークーゼンのフィンランド代表FWヨエル・ポヒャンパロ(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ポヒャンパロは、ヘルシンキでキャリアをスタート。2013年9月にレバークーゼンへとレンタル移籍すると、2014年7月に完全移籍で加入する。 その後、デュッセルドルフやハンブルガーSVへとレンタル移籍。2020-21シーズンはウニオン・ベルリンへとレンタル移籍していた。 これまでレバークーゼンでは公式戦26試合に出場し8ゴールに留まっていたポヒャンパロ。レンタル先では出場機会を得ており、これまでブンデスリーガで41試合に出場し13ゴール、ブンデスリーガ2部では91試合に出場し27ゴール2アシストを記録していた。 2020-21シーズンはウニオン・ベルリンでブンデスリーガ20試合に出場し6ゴールを記録。今シーズンはレバークーゼンでここまで途中出場で3試合に出場していた。 フィンランド代表としては45試合に出場し10ゴールを記録しているポヒャンパロ。代表活動終了後にチームへ合流する。 2021.09.06 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

圧巻レバークーゼンがセオアネ新体制リーグ初勝利! ボルシアMGは守護神ミス&PK失敗に4人の負傷者…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第2節、レバークーゼンvsボルシアMGが21日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが4-0で圧勝した。 それぞれウニオン・ベルリン、バイエルン相手に1-1のドロースタートを飾った昨季6位のレバークーゼンと8位のボルシアMGによる、今季リーグ戦初勝利を懸けた強豪対決。 拮抗した展開が予想されたが、試合はホームのレバークーゼンが主導権を握る。開始3分、ボックス付近まで攻撃参加を見せたバッカーがミドルシュートを放つと、GKゾンマーが不用意に見送ったボールが右ポストの内側を叩き、その跳ね返りがゾンマーの左足に当たると、そのままゴールネットに吸い込まれた。 守護神の痛恨ミスでバタつくアウェイチームに対して、畳みかける攻めを見せるレバークーゼンは、先制からわずか5分後に追加点を奪取。8分、最終ラインからの長いボールが繋がって右サイドのディアビが馬力のある仕掛けで内へ切り込んでペナルティアーク付近のシックに繋ぐ。ここで左に持ち出したシックの左足のシュートはややコースが甘かったものの、GKゾンマーの手を弾いてゴール左隅に決まった。 頼れるゾンマーのらしくない2つのプレーで一気に厳しくなったボルシアMGは、15分にボックス手前のホフマンが左ポストを掠めるシュートで最初の決定機を創出。だが、その直前から足を痛めていたテュラムがプレー続行不可能となり、20分にヴォルフのスクランブル投入を余儀なくされた。 悪循環に陥るアウェイチームを尻目にディアビ、パウリーニョの両ウイングの推進力を生かした高速アタックが面白いように機能するレバークーゼンは、幾度も何度となく決定機を創出。だが、気持ちを切り替えたGKゾンマーの好守などに阻まれ、3点目を奪うには至らず。 すると、前半終了間際の41分にはボックス右で仕掛けたライナーがDFバッカーのファウルを誘いPKを獲得。1点差に詰め寄って試合を折り返す絶好のチャンスを得たが、キッカーのシュティンドルが右を狙って蹴ったシュートはGKフラデツキーに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗に。さらに、バッカーからハードチャージを受けたライナーもプレー続行不可能となり、再び負傷で2枚目の交代カードを切ることになった。 攻守の歯車がカチッと嵌って2点リードで試合を折り返したレバークーゼンは、後半も先にゴールをこじ開ける。パウリーニョとバッカーの連携で左サイドを破ると、ボックス左でバッカーが浮き球のクロスを供給。ボックス右でフリーのディアビがワントラップから左足を振ると、DFベンセバイニにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 反撃に打って出る前に出ばなを挫かれたボルシアMGの受難は続く。60分過ぎにはギンターが負傷。すでに2度の交代を行っているチームに残された交代機会はあと1度のため、ヒュッター監督はギンターに代えてネッツ、さらにプレアを下げてヘアマンを最後の交代カードとして投入した。 一方、後半もイケイケな展開が続くレバークーゼンはシックがドッペルパックに迫るシーンを作るなど、4点目、5点目と奪いそうな勢いを見せる。さらに、試合終盤にかけては新戦力のアンドリッヒをデビューさせるなど、今後の戦いを見据えた戦い方にシフトした。 そして、試合終了間際の87分にはヴィルツ、アミリの途中出場コンビの連携からアミリがトドメの4点目まで奪い、この日のゴールショーを締めくくった。 そして、ボルシアMGをホームで文字通り粉砕したレバークーゼンがセオアネ新体制初勝利となる今季初白星を手にした。一方、守護神の拙守、主将のPK失敗に加え、後半ラストプレーではベンセバイニまで負傷し、4人の負傷者を出す散々な内容となったボルシアMGはヒュッター新体制で初黒星を喫することになった。 2021.08.22 03:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly