レバークーゼンにさらなる痛手…シンクフラーフェンが左もも負傷で3週間の離脱

2021.03.04 23:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
負傷者続出のレバークーゼンにさらなる痛手だ。レバークーゼンは4日、オランダ人DFデイリー・シンクフラーフェンの負傷を発表した。

クラブの発表によれば、シンクフラーフェンは左大腿筋の筋損傷で約3週間の離脱になるとのことだ。

今シーズンのシンクフラーフェンは、ブンデスリーガで18試合を含む公式戦23試合に出場し3アシストを記録していた。

レバークーゼンでは、今月に入りオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷を負ったほか、U-21ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツが新型コロナウイルスに感染し離脱。

それ以外にもフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー、コロンビア代表DFサンチアゴ・アリアス、元ドイツ代表DFラース・ベンダー、オーストリア代表MFユリアン・バウムガルトリンガー、U-23ブラジル代表FWパウリーニョらが長期離脱中となっている。

現在、公式戦5試合勝利のないレバークーゼンは、6日にブンデスリーガ第24節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。

関連ニュース
thumb

レバークーゼンのイラン代表FWアズムンがふくらはぎ筋断裂で全治6〜8週間、W杯も危うし

レバークーゼンは6日、イラン代表FWサルダール・アズムンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、アズムンは4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第3節のポルト戦で、ウォーミングアップ中に負傷したとのことだ。 検査の結果、右ふくらはぎの筋繊維を断裂したとのことだ。なお、離脱期間は6〜8週間とのこと。長引けば、カタール・ワールドカップ(W杯)にも影響が出てくることとなる。 アズムンは2022年1月にゼニトからレバークーゼンに完全移籍。ここまで公式戦22試合で1ゴール3アシストと苦戦。今シーズンはブンデスリーガでは開幕から全8試合に出場。CLでは2試合に終盤出場していた。 2022.10.07 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ監督が初のトップカテゴリでの指揮に意気込み「勝者のメンタリティを取り戻す手助けを」

レバークーゼンの新指揮官に就任したシャビ・アロンソ監督が、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、レバークーゼンはジェラルド・セオアネ監督を解任。シャビ・アロンソ監督の招へいを発表した。 現役時代はレアル・ソシエダやエイバル、リバプール、レアル・マドリー、バイエルンでプレー。2度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇やブンデスリーガで3度、ラ・リーガで1度など、数多くのタイトルを獲得した。 また、スペイン代表としても活躍し、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)の優勝や、2008年、2012年のユーロ連覇など、代表でも輝かしい実績を残していた。 引退後、マドリーのU-14で監督に就任。その後、ソシエダBの監督に就任しチームをセグンダ・ディビシオンに昇格させていた。 トップカテゴリーでは初の監督就任となるシャビ・アロンソ監督は、発表から一夜明けて就任会見に臨み、意気込みを語った。 「私は常にブンデスリーガを追いかけてきたし、毎年強力になっている。土曜日に向け、ますますやる気が出てきた。仕事の時間だ」 初のファーストチーム指揮となるが、これまでジョゼップ・グアルディオラ監督やラファエル・ベニテス監督、カルロ・アンチェロッティ監督、ジョゼ・モウリーニョ監督、マヌエル・ペジェグリーニ監督など、世界でも名だたる指揮官たちの指導を受けていた。 監督就任にあたって「私が彼らから学んだ最も重要なことは、選手は監督に従いついてきて、信頼しなければならないということだ」と、多くのことを学んだとコメント。自身が目指すサッカーについても言及した。 「我々はモダンフットボールをプレーしたい。つまり、ボールの有無に関わらず、集中し、受け身ではなく積極的に、強いメンタリティを持つ必要がある」 「チームは我々がどのようにプレーしたいかを知らなければならない。支配的で、激しく、統制が取れているものにしたい」 「キックオフから試合終了のホイッスルまで、勝者のメンタリティを取り戻さなければいけない」 「我々は目標を志向して働かなければいけない。5月ではなく、次の試合を見ている。選手に明確な指示とアイデアを提供するように努める」 「彼らが新たなエネルギーをもたらし、素晴らしい勝者のメンタリティを取り戻す手助けをしたいと思う」 レバークーゼンは8試合を戦い、1勝2分け5敗の17位と降格圏に位置。今季はCLに出場していながらの低迷となっている中で、どこまで巻き返せるのか。初陣は8日に控えるブンデスリーガ第9節のシャルケ戦となる。 2022.10.06 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが監督交代! セオアネ監督解任でシャビ・アロンソ氏を新監督に招へい!

レバークーゼンは5日、ジェラルド・セオアネ監督(43)の解任及び、シャビ・アロンソ氏(40)の新監督招へいを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 昨季レバークーゼンをブンデスリーガ3位に導いたセオアネ監督だが、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて1勝2分け5敗。降格圏の17位に沈んでいた。 当初はセオアネ監督への信頼を強調していたクラブだが、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節のポルト戦で0-2と完敗を喫したことが解任の引き金となった。 後任監督に選ばれたシャビ・アロンソ氏は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レバークーゼンは、ドイツにいた頃から素晴らしいクラブだと知っていました。ここには常に素晴らしい選手がいましたし、現在のチームにも多くのクオリティがあると思っている」 「クラブとの話し合いの中で、厳しい状況にもかかわらず、彼らは高い目標を目指し続けていることがすぐにわかったんだ。この仕事はとてもエキサイティングで、この要求に応えられると確信しているよ」 2017年7月の現役引退したシャビ・アロンソ氏は、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。 2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、昨シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、昨シーズンは下位に低迷し、現在19位のチームは最終節を残して3部降格が決定。そして、同シーズン限りでチームを離れていた。 2022.10.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがシャビ・アロンソ氏招へいを検討? セオアネ2年目は降格圏の17位に低迷…

レバークーゼンがシャビ・アロンソ氏(40)の新監督招へいを検討しているようだ。『ESPN』が報じている。 2021-22シーズンのレバークーゼンはブンデスリーガで3位フィニッシュ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場している。しかし、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて、1勝2分け5敗。降格圏の17位に位置している。 チームが低迷する中、マネージング・ディレクター(MD)を務めるフェルナンド・カルロ氏は昨シーズンから指揮を執るジェラルド・セオアネ監督への信頼を強調。その一方で、ドイツ『Sport1』はクラブがチェルシーの指揮官を解任されフリーとなっているトーマス・トゥヘル氏(49)の招へいに向けてオファーを掲示したものの、断られたことを報じていた。 そういった中、『ESPN』は関係者筋からの情報としてレバークーゼンがシャビ・アロンソ氏の招へいを真剣に検討していると報道。さらに、仮に適切なオファーが届いた場合、元バイエルンMFは就任に前向きだとも主張している。 シャビ・アロンソ氏は2017年7月の現役引退後、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、昨シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、昨シーズンは下位に低迷し、現在19位のチームは最終節を残して3部降格が決定。そして、同シーズン限りでチームを離れていた。 2022.10.05 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、ドイツからのオファーを拒否…CL出場も降格圏低迷のレバークーゼンが称賛

チェルシーの指揮官を解任されフリーとなっているトーマス・トゥヘル氏(49)だが、ドイツからのオファーを断ったようだ。ドイツ『Sport1』が伝えた。 2021-22シーズンのレバークーゼンはブンデスリーガで3位でフィニッシュ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場している。 しかし、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて、1勝2分け5敗。降格圏の17位に位置している。 チームが低迷する中、マネージング・ディレクター(MD)を務めるフェルナンド・カルロ氏は昨シーズンから指揮を執るジェラルド・セオアネ監督(43)を信頼していると語った。 「我々は1週間半か2週間前、彼を信頼しており、彼と一緒に好転させていきたいと言った。しかし、我々はナイーブではない」 「そして、我々が準備不足ではないことを安心してください。それが私が言える全てだ」 「短期的に結果が必要だ。レバークーゼンには、達成したい目標もある。そして、今シーズンもそれはあった。カップ戦では1回戦で敗退してしまい、とても悔しい思いをした。チャンピオンズリーグの出場権はまだ先だ」 「私は昨夜監督に電話し、我々は常に連絡を取り合っている。彼はサッカーの初心者ではない。監督は、結果を出さなければならないことも知っている」 カルロMDはセオアネ監督への信頼を口にする一方で、トーマス・トゥヘル氏について質問を受け、良い監督であると認めた。 「トーマス・トゥヘル監督は素晴らしいコーチだ。それについて私が言えることはそれだけだ」 「ルディ・フェラー(スポーツ・ディレクター)は、何年も前にトーマス・トゥヘルと連絡を取り合っていたと言った」 トゥヘル氏とレバークーゼンには繋がりがあるとのこと。ただ、トゥヘル氏はレバークーゼンのオファーを断ったとされている。しばらくフリーの状態は続くようだ。 2022.10.04 12:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly