再建目指す浦和レッズ、主力ボランチの穴を埋めるユース出身の大卒ルーキーMF伊藤敦樹が持つ武器

2021.02.15 20:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
リカルド・ロドリゲス監督を新たに迎え、新たに生まれ変わろうとしている浦和レッズ。戦い方も変わり、選手の顔ぶれも変わった中で、改革のカギを握るであろう男がいる。それは、新加入のMF伊藤敦樹だ。浦和のユースで育った伊藤は、今冬にシント=トロイデンへとレンタル移籍したDF橋岡大樹やDF荻原拓也(京都サンガF.C.へ期限付き移籍)の1つ先輩にあたる。


ジュニアユースから浦和に入った伊藤は、昨シーズンまで指揮を執った大槻毅監督によってユースへ引き上げられたが、思うような結果を残せずにトップ昇格を果たせず。流通経済大学へ進学。4年越しに浦和のユニフォームに袖を通すこととなった。

|成長して帰還した浦和育ちのボランチ
©CWS Brains, LTD.

大学時代はセンターバックやサイドバック、そしてボランチと守備的なポジションをこなすユーティリティさを兼ね備えていたが、入団会見時には「ボランチで勝負したい」と力強く語っていた。

ここ数年結果が振るわない浦和は、今オフに中盤の主力選手たちがチームを去った。2014年に大宮アルディージャから加入したMF青木拓矢はFC東京へ、MF長澤和輝は名古屋グランパスへと移籍。さらにMFエヴェルトンはレンタル期間が終了し、ポルトへと戻った後ポルティモネンセへと移籍していた。

毎年20試合以上コンスタントに出場し、ボランチのポジションでチームを支えた青木、ボランチや右サイド、シャドーでもプレーした長澤、そしてボランチで2シーズンプレーしたエヴェルトンとここ数年の主力選手が一気に退団。そのボランチには、湘南ベルマーレからMF金子大毅、FC琉球からMF小泉佳穂を獲得した中、伊藤がポジション争いに名乗りを挙げた。

|進化した守備強度、ベテランとのコンビ
©CWS Brains, LTD.

ユース時代もボランチでプレーしていた伊藤は、前述の通り大学ではセンターバックなど他のポジションでもプレー。プレーの幅を広げたことに加え、守備の強度などが高まっていった。

その大きな理由は、大学4年時にコーチとしてやってきた浦和OBの曺貴裁氏の存在が大きい。入団会見でも「昨年1年間、曺さんがコーチとして来てくれて、日ごろの練習からプロと同じ目線で指導してくれました。守備の強度や切り替えは曺さんが来てくれたことで大学4年生にして成長することができたと思います」とコメントしていた。

センターバックでプレーしたことにより、守備力が上がり、最後の1年で大きく伸びた伊藤。さらに、高い戦術理解度が、リカルド・ロドリゲス監督の目を惹くこととなった。

リカルド・ロドリゲス監督は[4-4-2]をベースとしたシステムを構築。伊藤は、沖縄キャンプ中のトレーニングマッチでは、キャプテンに就任したベテランMF阿部勇樹とともにダブルボランチの一角で出場していた。

そして13日に行われたSC相模原とのトレーニングマッチでも、阿部とボランチでコンビを組むと、一定の距離感を保ってプレー。また、両サイドバックが高い位置を取り[2-4-4]のような状態になると、サイドバックの裏のケアや、2CBのDF岩波拓也、DF槙野智章のサポートに入るなど、しっかりとしたプレーを見せた。

一定のパフォーマンスを見せていたように見えたが、伊藤本人は「前半に関しては相手はなかなか前から来なくて、自分のところでテンポを変えるパスとか、スイッチを入れることがもう少しできたらと思います」と攻撃面での課題を口にした。それでも、阿部とのコンビについては「2CBと阿部さんと僕のところで、どっちかが降りたら真ん中を、ボランチのどちらかが2トップの真ん中を取るのは練習からやっている形でした」と語り、「練習してきた形で相手の1列目を突破できている部分はあったので、良かったかなと思います」と一定の手応えを掴んだようだ。

|高い戦術理解度はリカルド体制の武器に
©CWS Brains, LTD.

その伊藤は、押し込む展開の中で初ゴールを記録。埼玉スタジアム2002でのシーズン初ゴールを見事に決めて見せた。

右CKから阿部がフリックしたボールを武藤雄樹がファーで折り返すと、最後に押し込んだ伊藤。「率直にうれしいですね」とゴールを振り返ったが、トレーニングマッチとはいえ憧れの浦和レッズのユニフォームを着て、シーズン最初のホームでのゴールを決めたことは期待せざるを得ない結果と言えるだろう。

その伊藤の最大の武器となるのが、高い戦術理解度。そして、リカルド・ロドリゲス監督の下で生まれ変わろうとする浦和にとって、最も重要なポイントを備えている。

ここ数年で定着しつつある“ポジショナル・プレー”を標榜するリカルド監督。徳島ヴォルティスでも4年にわたって積み上げた結果、チームをJ2優勝へと導き、J1の舞台に引き上げることとなった。

浦和も5つのレーンに分けたサッカーを展開。大外にサイドハーフの選手が立ち、1つ内側をサイドバックが使う形を相模原戦でも積極に見せていた。

右サイドバックに入った宇賀神友弥は大外を使いたがった一方で、左サイドバックの山中亮輔は1つ内側を使うなど、選手が流動的にポジションを変えている様子が見られ、そこに対応する点で伊藤は遅れを見せていなかった。

自身でも「練習から5レーンを意識してやっていて、攻めているときも後ろの2CB、サイドバック、ボランチを含めてリスクマネジメントをやっている」とコメント。「日頃の練習の成果は多少出たのかなと思います」とトレーニングで積み上げたことを出せたとした。

また、戦術理解度についても「自分で言うのもなんですが、サッカーを知っている方だと思う」と語り、「戦術理解のところや頭を使うところは自分の特徴でもある」とコメント。「キャンプから通して、リカルド監督が言っていることを理解できて、試合や練習でその表現ができていると思います」と、監督が意図していることをしっかりと理解できていると自信を見せた。

ボランチを務めていた主力が抜け、弱体化も叫ばれた浦和だが、伊藤の存在は生まれ変わろうとしている浦和にとっては重要なピースになるだろう。

その伊藤は「始動してから開幕スタメンを目指してきたので、コンディションを落とさず、開幕スタメンを取れるように頑張っていきたいです」と強く語った。4年ぶりに戻ってきた男が、チームの軸になれるのか。浦和が生まれ変わった姿を見せるカギとなりそうだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

浦和加入の田中達也に第一子となる女児誕生 「より一層責任感を持ってサッカーに」

浦和レッズは25日、MF田中達也(28)の第一子誕生をクラブ公式ツイッターを通じて報告した。 9日に女の子を授かった田中はクラブを介して「コロナ禍で立ち会いもできない中、がんばって出産してくれた妻と、元気に産まれてきてくれた娘、そしてサポートしてくれた病院のスタッフの方々には感謝しかありません。家族も増え、これからはより一層責任感を持ってサッカーに打ち込んでいきたいと思います」と決意を新たにした。 浦和のレジェンドであるFW田中達也(現・アルビレックス新潟)と同姓同名の選手として話題を呼び、背番号も同選手と同じ「11」を背負う田中は今季、大分トリニータから完全移籍加入。ドリブラーとしてはもちろん、大分時代に磨きをかけた得点力の面でも活躍が期待される。 2021.02.25 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「サプライズがある」浦和DF槙野智章が新チームに手応え、FC東京との開幕戦は「セットプレーでガツンと点を取る」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 今シーズンからリカルド・ロドリゲス監督が就任した浦和レッズ。DF槙野智章は今シーズンについて「今季の浦和レッズは監督が新しく代わり、3年計画の2年目の年です」とコメント。「チーム内の選手層も3分の1が入れ替わりました。皆さんの浦和レッズのイメージがポジティブなものに変わることが楽しみです。昨シーズンとは違う姿を見せられると思います」と語り、今までの浦和からの進化を約束した。 ここまでの調整については「プレシーズンを含めて、キャンプで4試合、帰ってきて2試合やりました。試合を重ねるにつれて監督が求めるサッカーや完成度は高まっていると思います」と、トレーニングマッチでもリカルド監督の求めるサッカーができつつあると手応えを語った。 一方で「開幕戦に向けて全部出せるとは思わないですし、メンバーも固定でやっていないです」と語り、「見ている方にもサプライズがあると思う」と、開幕戦に向けて何かを仕込んでいることを匂わせた。 その開幕戦は、ホームの埼玉スタジアム2002でFC東京を迎えて行われる。開幕戦の相手であるFC東京については「FC東京相手にはこれまで良い印象があったんですが、昨年は2戦2敗でネガティブな結果があったと思います」とコメント。昨シーズンは勝てていない相手だが「自分たちがやるサッカーがうまくハマれば、ゴールをこじ開けたり勝ち点3が見えてくると思います」と語り、新たな戦い方で勝利を目指したいとした。 この日は、FC東京のMF安部柊斗とともに会見に臨んだ槙野。安部の印象は「個人的に思うことは、浦和相手に嫌なプレーをして、味方にいるとものすごく助かるなと思います」と評価。さらに「安部選手のやるサッカーはFC東京のサッカーにフィットしているという印象があります。チーム戦術にフィットしていて、昨シーズンよりもグレードアップしている印象がある」とベタ褒めした。 しかし「若くて元気があって、走れて戦える選手が安部選手だと思うので、僕たちはそこを消さないといけないと思います」とコメント。安部が警戒したセットプレーについては「セットプレーでガツンと点を取れたらと思います」と開幕戦ゴールも宣言した。 2021.02.24 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「非常に難しい相手」と浦和を語った長谷川健太監督、FC東京が目指すのは「アグレッシブなサッカー」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンはリーグ戦のほか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、過密日程を過ごしてきたFC東京。一方で、YBCルヴァンカップを制覇し、長谷川健太監督は就任後初タイトルを獲得した。 今シーズンは就任4年目を迎え、国内大会にのみ集中できるシーズン。開幕戦の相手はリカルド・ロドリゲス監督を迎え、再建を図る浦和レッズだ。 長谷川監督は浦和との開幕戦について「非常に難しい相手との開幕戦のカードになったなと思っています。新監督を迎えて浦和も非常に今シーズンに懸ける思いというのは強いと思います。何よりも浦和のホームということで、プラスアルファの力が、浦和にはプラスになると思います」とコメントした。 アウェイでの一戦となるが「その中で我々は埼玉スタジアムに乗り込んでというところで、自分たちはアグレッシブなサッカーをどこまでしっかりと表現できるかどうか。オープニングゲームなので非常に難しい試合になると思いますが、しっかりと戦って勝ち点3、勝利を目指してみんなで力を合わせて戦っていきたいと思っています」と語り、チーム力を発揮してアウェイゲームでの開幕戦勝利を誓った。 今シーズンは20チームで行われる明治安田J1だが、開幕戦の意義については「開幕戦は終わってしまえば38分の1ですが、やる前というのは非常に特別な試合だと思っています」とコメント。「対戦カードが決まって、1カ月余り、開幕のカード、対戦相手に照準を合わせてどのチームもキャンプ等々、準備期間を過ごす。シーズンを通しての準備もありますが、これだけ長く準備をする試合は開幕カードのみだと思ってます。非常に重要、されど38分の1の試合だと思っています」と語り、勝利するために準備をしてきたと語った。 昨シーズンは“多摩川クラシコ”のライバルでもある川崎フロンターレが圧倒的な強さを見せてリーグ優勝を果たし、今シーズンは全てのチームがそこに挑むこととなる。 川崎Fへの対策については「川崎フロンターレは非常に強いです。口では簡単に説明することはできません」と語るにとどめ、「対戦する時の川崎の状況、自チームの状況もある。そういったものを鑑みて、どう戦うかを決めていきたい」と対戦時に考えるとコメント。「ただ、超えなければ優勝はないと思っています」と、優勝を目指す上では倒さなければいけない相手だとした。 2021.02.23 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京との開幕戦は「最高のショーを」浦和を率いるリカルド・ロドリゲス監督が勝利を手に「自分たちが目指すところに向かう」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンは徳島ヴォルティスで指揮を執り、明治安田J2で優勝を果たしたリカルド・ロドリゲス監督。浦和レッズを率いて初めてJ1を戦うこととなる。 ホームでFC東京都の開幕戦を迎えることとなるリカルド・ロドリゲス監督は「開幕戦は大きな期待がある試合だと思っている。自分にとっても新しいチームと素晴らしいスタジアムで開幕を迎えられることができて嬉しい」とコメント。ホームでの開幕戦開催を喜んだ。 一方で、「ファン・サポーターの方にとっては凄く大事な試合で、コロナの影響で制限があり全ての方は来られないが、来てくれた方には最高のショーを見せることができればと思う。その中で良いプレーをして、コレクティブなサッカーをして勝点3を目指していきたいと思う」と語り、勝利を目指していくことを誓った。 昨シーズンはリーグ戦で連敗を喫したFC東京が相手となる。リカルド・ロドリゲス監督にとっては初めての相手となるが、開幕戦の意義については「ファン・サポーターの方々にとっては期待が大きな試合なので、そういった意味では大きな試合になると思う」とコメント。しかし、長いシーズンの中の1試合でもあると語った。 「ただ、長い38試合ある中の1つの試合ということで勝ち点3を考えたい。やはり勝つことが第一で、勝てるに越したことはないが、その中でも成長はある。38試合の中1試合、勝ち点3と考える」 「その中でも大きなパフォーマンス、良い試合をすること、しっかりと戦うこと、勝ち点3を取る、それによって得られる自信もあると思う。そういった自信を手にしながら、最初はうまく完璧にはできないと思うが、徐々に改善していければと思う。勝ち点3を取りながら自分たちが目指すところに向かっていきたい」 その浦和は、チームとして掲げる3カ年計画の2年目となる。昨シーズンは圧倒的な強さでリーグを制した川崎フロンターレ対策については「川崎Fは去年は信じられないパフォーマンスだったと思う。彼らの試合を握りながらあのパフォーマンスを出すのは素晴らしい」と評価。「我々だけでなく、全てのチームが彼らを倒すために力をつくす必要はある」と、全てのチームが警戒する相手だと語った。 2021.02.23 15:07 Tue
twitterfacebook
thumb

中国の山東泰山が浦和FWレオナルドの正式加入を発表、隔離後に合流へ

中国スーパーリーグの山東泰山は22日、浦和レッズのブラジル人FWレオナルド(23)の移籍完了を発表した。 浦和も22日に移籍で合意したと発表していたが、山東泰山は移籍の手続きが完了し、チームに正式に加入したとしている。 なお、レオナルドは中国に到着し、新型コロナウイルスの感染防止対策として検疫期間に入るとのこと。その期間が終了後、チームに合流するとのことだ。 山東泰山はこれまで山東魯能として活動。今シーズンからチーム名を変更していた。 昨シーズンまでは元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが在籍していたが、昨年限りで退団しパルマへと移籍。現在は元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが在籍していることでも知られている。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を持っていたものの、クラブの財政問題により出場資格を剥奪されていた。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。 2021.02.23 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly