シティOBが語るR・ディアスの凄み 「あらゆる面で堅実だが、何より特筆すべきは…」

2021.02.06 19:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのポルトガル代表DFルベン・ディアスに対して、称賛の声が挙がっている。イギリス『BT Sport』が報じた。昨夏にベンフィカから加入したR・ディアスは早々にジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を掴み、最終ラインの絶対軸に。活躍ぶりはグアルディオラ監督もR・ディアスの加入効果を認め、「外せない選手」だと手放しで褒めちぎるほどだ。


攻撃力だけでなく、最少失点の「13」を記録する堅守も際立たせ、プレミアリーグ制覇にまい進する今のシティで圧倒的な存在感を解き放つR・ディアス。クラブOBであり、元イングランド代表DFのジョレオン・レスコット氏も賛辞を送った。

「彼には壮大なインパクトがある。最も大きいのは彼の信頼感と一貫性。ヘディングやタックルを含めて、あらゆる面でしっかりしているが、何より特筆すべきは継続性だ。ベンフィカでの過去2シーズンで50試合に出て、シティでも27試合でプレーしている。常にフィットして、起用可能な選手がいるのは大きいよ」

また、現役時代にシティのDFリーダーとして数々の栄光に寄与した元ベルギー代表DFのヴァンサン・コンパニ氏と自身のコンビを引き合いに出すと、R・ディアスとイングランド代表DFジョン・ストーンズのペアに称賛を続けている。

「ヴィニーもパートナーが必要だった。自分が得意なことをやらせてくれる相方をね。私はそれを察して、今のストーンズも(ディアスとともに)そういう考えがあったと思う。(ニコラス・)オタメンディとは競い合っているようだった。今のストーンズは補完し合おうとしている」
関連ニュース
thumb

CL準決勝の試合日程が決定! マドリーvsチェルシーが初戦

チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝の試合日程が確定した。 13日、14日にかけて行われたCL準々決勝の2ndレグ。この結果、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、レアル・マドリー、マンチェスター・シティの4クラブの勝ち上がりが決定した。 すでに組み合わせ抽選は行われており、レアル・マドリーvsチェルシー、PSGvsマンチェスター・シティのカードは決定していたが、日程とキックオフ時間も確定した。 準決勝で最初に試合が行われるのはレアル・マドリーvsチェルシー。4月27日にマドリーのホームであるアルフレッド・ディ・ステファノで28時にキックオフを迎える。翌28日にはPSGvsマンチェスター・シティの一戦がPSGのホームであるパルク・デ・プランスで行われ、同じく28時にキックオフとなる。 2ndレグは5月4日にマンチェスター・シティvsPSGがシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、5日にチェルシーvsレアル・マドリーがスタンフォード・ブリッジで行われる。なお、こちらもキックオフはともに28時となる。 決勝はトルコのイスタンブールで開催。果たして、決勝に駒を進めるのはどのクラブなのか注目だ。 ◆チャンピオンズリーグ準決勝 【1stレグ】 ▽4月27日(火) 《28:00》 レアル・マドリー vs チェルシー ▽4月28日(水) 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ 【2ndレグ】 ▽5月4日(火) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs パリ・サンジェルマン ▽5月5日(水) 《28:00》 チェルシー vs レアル・マドリー 2021.04.15 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

PK成功でCLベスト4へ導いたマフレズ「PKの練習はかなり取り組んでいた」準決勝PSG戦は「特別」

マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を振り返った。UEFAがコメントを伝えている。 14日にCL準々決勝のドルトムント戦2ndレグに臨んだシティ。ホームでの1stレグを2-1で制し、突破に向けて優位に立っていたが、15分に失点し、一転して不利な状況に置かれてしまう。 だが、後半へ折り返した55分に相手のハンドでPKを獲得。これをマフレズが決めて再び優位性を取り戻すと、75分にはMFフィル・フォーデンが決定的な2点目を奪い決着。合計スコア4-2で準決勝進出を決めた。 突破へ導くPKを成功させたマフレズは試合後、勝利を喜ぶとともに、そのPKを回想。シティは比較的PK成功率の低さが以前から指摘されていたが、重要な場面で決めきった同選手は、その難しさを語った。 「序盤はあまり良くなかったけど、その後は非常に上手くゲームをコントロールし、より多くのゴールを決めて勝つことができた。PKは常にプレッシャーとの戦いだけど、チャンピオンズリーグの準々決勝では、その重圧はもっと大きい」 「経験を積めば積むほど、最後のPKで犯したミスが見えてくる。僕はキャリアの中で何度か失敗してきたけど、PKの練習はかなり取り組んでいるんだ。片側に強く蹴ったらGKは止めることができなかった。このゴールは僕たちにとって非常に重要なものだった」 「PKは誰かが蹴らなければならず、今日はそれが僕だったというだけさ」 そして、準決勝の相手は王者バイエルンを下したパリ・サンジェルマンとなったが、パリ育ちのマフレズにとっては特別な思いがあるようだ。 「僕はパリで生まれて育ったからとても特別なことだよ。彼らと対戦できることを嬉しく思うよ」 2021.04.15 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの面々が悔しさあらわ…CL初ゴールのベリンガムは「家族に見ていて欲しかった」

チャンピオンズリーグ(CL)敗退を受けて、ドルトムントの選手たちが悔しさを口にしている。 14日、CL準々決勝ドルトムントvsマンチェスター・シティの2ndレグが行われた。アウェイでの1stレグを2-1で落としていたドルトムントは、15分にMFジュード・ベルンガムのゴールで先制に成功。この時点でアウェイゴールを奪っているドルトムントが優位な状況となる。 だが、試合を折り返した55分にMFエムレ・ジャンが自陣のゴール前でハンドを犯してしまいPK献上。これを決められて、一転不利な状況に。さらに、75分にはMFフィル・フォーデンに鋭いミドルシュートを決められ万事休す。結局、合計スコア2-4でドルトムントの敗退が決まった。 試合後、メディアの取材に応じたドルトムントの選手たちが悔しさをあらわに。その各コメントをUEFAが伝えている。 ◆エムレ・ジャン 「全体的にはまずまずのプレーだったけど、最終的にはそれではどうにもならなかった。でも、自分たちを誇りに思うことはできる。世界最高のチームを相手についていくことができたんだからね。進出できるチャンスがあっただけに、ここで敗退するのはやっぱり辛いよ」 ◆マルコ・ロイス 「僕らは落ち着いていて、PKまでとても上手くいっていた。シティはセンセーショナルなポゼッションサッカーを展開し、相手にひたすら走らせる試合をするんだ。なかなかボールを奪うのに苦労したよ。今日のシティはより優れていて、よりスマートにプレーしていた。うらやむことなく、それを認めなければならない」 ◆ジュード・ベリンガム 「マンチェスター・シティは間違いなく優れたチームだった。おめでとう、彼らは素晴らしかった。でも、自分たちのパフォーマンスや、この試合に捧げたものを誇りに思うよ」 「チャンピオンズリーグでの初ゴールを決められたことは素晴らしい気分だよ。チームメイトと一緒にお祝いするつもりだけど、母や父、兄弟にも来て欲しかった。個人的には素晴らしい瞬間だけど、勝利こそが重要で、今夜はそれができなかった」 2021.04.15 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

シティで初のCLベスト4進出のグアルディオラ監督「準々決勝で3度敗退したことを忘れてはいけない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ドルトムント戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントとアウェイで対戦。1stレグを2-1で勝利していたシティは、2ndレグでの逆転を目指すドルトムントに押し込まれると15分2失点。2戦合計2-2とされアウェイゴールさで逆転される。 しかし、その後はシティが反撃に出ると、55分にはリヤド・マフレズがPKを決めて1-1とし、2戦合計で2-3とすると、75分にはフィル・フォーデンがゴール。2戦合計2-4でシティがベスト4進出を決めた。 シティは2015-16シーズン以来のベスト4進出となり、グアルディオラ監督就任後としては初のベスト4進出となる。 試合を振り返ったグアルディオラ監督は、ベスト4進出を喜ぶとともに、1試合で全てを判断されるのは違うとコメント。さらに勝ち上がりたいと意欲を見せた。 「クラブにとって、とても重要なことだ。我々は否定することができない。この大会は精神的にタフだ。10カ月仕事をしてきて、1試合で判断される」 「たった1つのゴールで敗退となり、そのシーズンは失敗だったと判断される。それは公平ではない。彼らが5年間で何をしてきたかを1つの大会で判断することはできない」 「とはいえ、心理的には全ての選手、私自身、バックルームのスタッフ、会長やCEOにとって、準決勝に進出することは必要なことだ」 「もちろん、我々はそれ以上を望んでいる。昨シーズンの決勝でバイエルンと対戦したファイナリストであるPSGと対戦する。彼らがどれだけタフかは知っている。彼らは今、世界最高のチームであるバイエルンを敗っている」 「何が起こるか、どのように着地するかは見ていくが、クラブ、特に選手にとって、全員にとって良い瞬間だ」 「我々が一緒にいる5年間で、CL準々決勝で3度敗退したことを忘れてはいけない。選手たちは、バックルームのスタッフやクラブで働く全ての人と同じように苦しんでいる」 「彼らは大きな競争相手であり、次のステップに進みたいと思っている。今日はその通りになった」 2021.04.15 11:02 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 1-2(AGG:2-4) マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日に行われ、1-2でシティが勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-4としたシティが準決勝進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 35 ヒッツ 5.5 2失点も好守を見せていた。フォーデンのシュートは相手を褒めるべき DF 2 モレイ 5.5 フォーデンの突破を制限。奮闘していた 16 アカンジ 6.0 冷静なプレーで守備を締める。惜しいヘディングシュートがあった 15 フンメルス 6.0 守備を統率。アカンジ同様に惜しいヘディングシュートが決まっていれば… 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 マフレズをしっかりと監視 MF 22 ベリンガム 6.5 1stレグに続き躍動。高いキープ力、前線への絡みと質の高いプレーを連発。先制ゴールを奪った 23 ジャン 5.0 ゴールの起点となるフィードを供給も、やや厳しかったが痛恨のPK献上 8 ダフード 6.0 タイミング良くゴール前に絡んで攻撃にアクセントを付けた FW 36 クナウフ 5.5 1stレグに続く先発抜擢。守備面での規律を保った (→レイナ 5.0) 流れを変えるようなプレーはなかった 9 ハーランド 5.5 ゴールの起点になるも、シュートは1本に抑えられる 11 ロイス 5.5 プレースキック以外に見せ場は作れなかった 監督 テルジッチ 6.0 1stレグに続き質の高いパフォーマンスを見せたが、惜敗 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 失点は仕方なくそれ以外に難しいシュートはなかった DF 2 ウォーカー 5.5 堅実な守備で勝利に貢献 5 ストーンズ 5.5 失点場面ではハーランドに起点を作られてしまったが、それ以外は無難だった 3 ルベン・ジアス 6.0 さすがの安定感で自身のエリアをやられることはなかった 11 ジンチェンコ 5.5 攻守にそつのないプレーぶり MF 20 ベルナルド・シウバ 6.0 高い位置を取ってデ・ブライネをサポート。守備面も相変わらず献身的 16 ロドリ 6.0 ポゼッション時の安定感はさすが 8 ギュンドアン 5.0 ベリンガムとのマッチアップで劣勢に。イライラを募らせる FW 26 マフレズ 6.0 全体的には凡庸もPKで貴重な勝ち越し弾 17 デ・ブライネ 6.5 最前線でのプレー。ドルトムントの脅威となるプレーをコンスタントに続けた 47 フォーデン 7.0 攻守に力強くプレー。質の高いパフォーマンスを続け、2点に絡む 監督 グアルディオラ 6.0 前半はヤキモキしたが、フォーデンの活躍に助けられる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フォーデン(マンチェスター・シティ) ベリンガムと共にイングランドの次代を担う逸材が輝きを放った。パンチ力あるシュートでシティを準決勝に導く。 ドルトムント 1-2 マンチェスター・シティ 【ドルトムント】 ベリンガム(前15) 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(後10)【PK】 フォーデン(後30) ※2戦合計スコア2-4でシティがベスト4進出 2021.04.15 05:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly