安西や権田の助言も…ポルティモネンセ加入のGK中村航輔が入団会見で意気込みを語る

2021.01.13 06:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルからポルティモネンセに完全移籍したGK中村航輔(25)が、入団会見に臨んだ。

中村は柏レイソルの下部組織出身で、2015年に武者修行に出たアビスパ福岡で好パフォーマンスを披露。その後柏に復帰すると正守護神となり、日本代表にも選出されていた。

2020シーズンはケガの影響もあり出場機会は限られていたが、この度ポルティモネンセへと完全移籍することが決まった。

入団会見に臨んだ中村は移籍を決めた理由について問われると、「ポルティモネンセが早くから私のことを獲得したいとオファーをいただいて、その情熱と、ポルティモネンセというクラブは日本でも有名なクラブですので、そこで決めました」とコメントし、チームからの情熱を感じたことを挙げた。

ポルティモネンセには日本代表DF安西幸輝が所属。また、シーズン途中まで日本代表GK権田修一(清水エスパルス)が在籍したほか、過去には日本代表MF中島翔哉(ポルト)や元日本代表FW金崎夢生(サガン鳥栖)、2020シーズンはベガルタ仙台でプレーしたFW西村拓真(CSKAモスクワ)もプレーした経験がある。

チームメイトやチームを知る日本人がいる中でアドバイスをもらったかという質問には「安西にも連絡して、とても良いクラブだと言っていました。権田選手にも連絡して、たくさんのサポート、今後も何か聞きたいことがあれば聞いて欲しいと言ってくれました」とコメント。2人が後押しした影響もあるようだ。

また、2020シーズンまで浦和レッズでプレーしていたDFマウリシオ、MFエヴェルトン、FWファブリシオとJリーグを知る選手も多い状況。チームに合流してから感じたことについては、「素晴らしい監督とスタッフ、チームメイトが居る中で、良いクラブに来たなという印象を持っています」と、ポルティモネンセの良さをすでに感じていると明かした。

中村はここからポジションを争うこととなり、自身としては日本代表への復帰なども目標となってくる。ポルティモネンセに加入した上での目標について問われると「サムエルとリカルド(・フェレイラ)は本当にファンタスティックなプレーヤーで、それも事前に聞いていたし、練習でもサポートしてくれますし、本当に素晴らしい選手です。GKとして団結してチームの勝利に向かっていきたいです」とGKチームの一員としてチームの力になりたいと語った。

ポルティモネンセは現在プリメイラ・リーガで13試合を終えて勝ち点11で最下位。しかし、残留圏との勝ち点差は1とまだまだ巻き返せる状況だ。


関連ニュース
thumb

中島翔哉が日本人選手2人の前でアシスト!守田英正はポスト直撃のシュートもゴールならず

21日、プリメイラ・リーガ第23節のサンタ・クララvsポルティモネンセが行われた。サンタ・クララの日本代表MF守田英正はフル出場、FW田川亨介は88分から途中出場。一方ポルティモネンセのMF中島翔哉は先発し、88分までプレーした。 リーグ10位のサンタ・クララが9位のポルティモネンセをホームに迎えた一戦は、右サイドで先発した中島が惜しい場面を作るものの、43分にサンタ・クララが先制。カウンターからゴールを奪った。 迎えた後半には両チームにチャンスが続出。守田のポスト直撃のシュートもあるが、どちらもゴールには届かない。 すると80分、中島がボックス左手前でボールを持つと、ボックス内の味方を確認してから右足でクロス。完全に相手の裏を取ったDFファド・モウフィが頭で合わせ、同点のゴールとなった。 その後は両チームともに勝ち越しゴールを狙ったものの、ゴールは生まれず。試合はそのまま1-1の引き分けで終了となった。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉の完璧クロス!守田英正のポスト直撃シュートも</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2p37dYkB91Q";var video_start = 178;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.02.22 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「針の穴を通すゴール」中島翔哉の狙いすました一撃をファン称賛「本当に上手い」

ポルティモネンセのMF中島翔哉が2022年初ゴールを決めた。 ポルティモネンセは13日、タッサ・デ・ポルトガル(リーグカップ)準々決勝で2部のマフラと対戦。中島も先発で出場した。 しかし、ポルティモネンセは序盤から苦戦。4分にいきなり先制を許すと、15分にはPKを沈められ、早々に2点のビハインドを背負う。 反撃したいポルティモネンセは27分、中島が味方の浮き球のスルーパスに抜け出し、ゴールネットを揺らすもこれはオフサイド。それでも、続く31分のチャンスは中島が仕留める。 相手陣内のボックス右でFKを獲得したポルティモネンセだが、キッカーのMFカルリーニョスはペナルティーアーク内の中島に意表を突く横パス。中島が狙いすまして右足を振り抜くと、対応の遅れた相手ディフェンスの間を抜け、ゴールネットに吸い込まれた。 わずかなシュートコースを縫うように捉えたシュートは、日本のファンも絶賛。「ミートするの本当に上手い」、「針の穴を通すめっちゃ技ありゴール!!」、「美しいゴールだった!」といった言葉を送っている。 中島の一撃で反撃に転じたいポルティモネンセだったが、直後の36分に3失点目。試合は2-4で敗れた。中島は75分までプレーしている。 <span class="paragraph-title">【動画】針の穴を通す中島翔哉の芸術ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OYPaQxaTOJA";var video_start = 116;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.14 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南がポルティモネンセから期限付き移籍中のFWウェリントン・ジュニオールの移籍期間満了を発表…J1で3試合の出場に終わる

湘南ベルマーレは8日、ブラジル人FWウェリントン・ジュニオール(28)の期限付き移籍期間満了を発表した。 2013年にゴイアスECでプロキャリアをスタートさせたウェリントン・ジュニオールは、ジョインヴィレやパイサンドゥ、CRB、ミラソルなどブラジルの複数クラブを渡り歩き、2019年にポルトガルへと渡りデポルティボ・アヴェス、そして2020年からポルティモネンセでプレーした。 期限付き移籍で湘南に加入したしたウェリントン・ジュニオールは、明治安田生命J1リーグで3試合の出場に終わり、YBCルヴァンカップでも1試合、天皇杯でも3試合と出番に恵まれなかった。 ウェリントン・ジュニオールはクラブを通じてコメントしている。 「自分が望んでいた日本でプレーする機会を与えていただいた湘南ベルマーレに感謝しています。クラブ関係者、コーチングスタッフ、サポートスタッフ、チームメイトの皆さんのおかげで素晴らしい日々を過ごすことができました」 「サポーターの皆さん、自分が思っていたように貢献できなかったことは本当に残念ですが、シーズンを通していつも応援していただいて本当にありがとうございました」 2022.01.08 12:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセがGK権田修一の清水完全移籍で2億6000万円を手に

ポルティモネンセからの完全移籍加入が発表された清水エスパルスの日本代表GK権田修一(32)だが、その移籍金が判明したようだ。ポルトガル『レコルド』が報じた。 権田は今シーズン開幕前にポルティモネンセからレンタル移籍で清水に加入。チームは明治安田生命J1リーグの終盤まで残留争いを余儀なくされたが、権田自身は全38試合先発出場と最後の砦として相手に立ちはだかり、チームを残留に導いていた。 日本代表の守護神でもある権田は、23日に完全移籍で清水に加わることが発表。ワールドカップイヤーもJリーグで戦うことを決めた。 そんななか、『レコルド』が権田の移籍を報道。ポルティモネンセは権田の完全移籍により、200万ユーロ(約2億6000万円)を受け取ったとのことだ。 なお、レンタル期間ですでに100万ユーロ(約1億3000万円)を受け取っていたとしている。 2021.12.24 21:58 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一、W杯イヤーも清水で! 完全移籍移行が決定

清水エスパルスは23日、日本代表GK権田修一(32)の完全移籍移行を発表した。 今や日本代表の正守護神に君臨する権田は今季、ポルティモネンセから清水にレンタル加入。チームは明治安田生命J1リーグの終盤まで残留争いを余儀なくされたが、権田自身は全試合先発と最後の砦として相手に立ちはだかった。 ワールドカップ(W杯)イヤーとなる来季も清水の守護神であり続ける権田はクラブを通じて、決意を新たにした。 「覚悟を持ってエスパルスでプレーすることを決断しました。エスパルス30周年の2022年が強いエスパルスのスタートの年になる為に日々全力を尽くします」 2021.12.23 14:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly