久保建英、ぶっつけ本番で2得点に絡むヘタフェデビュー! 指揮官も「本当によくやってくれた」と賛辞

2021.01.12 10:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が日本代表MF久保建英に賛辞を送っている。スペイン『マルカ』が報じている。8日にヘタフェ入りが決定したばかりの久保だが、11日に敵地で行われたラ・リーガ第18節のエルチェ戦でさっそく遠征メンバー入り。スペインを襲う記録的な積雪の影響でとレーニングもせずの一戦だったが、ベンチ入りすると、64分からピッチに立った。

その久保は1-1の69分に放った左足シュートが味方の勝ち越しゴールに繋がり、続く84分にも相手のPKを誘発させるクロスを披露。ぶっつけ本番だったが、2ゴールに絡む形で上々のデビューを果たした。ボルダラス監督もその活躍ぶりに満足しているようだ。

4試合ぶりの勝利を手にしたボルダラス監督は試合後、「非常に満足している。グループとしての素晴らしい勝利だ」と誇ると、久保についての感想を問われ、称賛した。

「彼とは何日も前から話をして、連絡を取り合ってもいた。マドリードに到着したのは金曜日だったが、複雑な状況もあって、家で孤立しなければならなかったんだ。彼とは我々についてだったり、ピッチのどこで助けてほしいかを話した」

「今日もホテルで彼に対して、ピッチに入った際の役割を説明したが、本当に良くやってくれたよ。2つのアクションで1-2の勝ち越しを呼び込み、アンヘル(・ロドリゲス)のPK奪取に導いたのだ。このチームを助けるためにやって来てくれた」

◆久保建英が早速ゴールに絡む!
コメント
関連ニュース
thumb

ヘタフェのバルサ出身MF、昨季のベストイレブンに久保建英とアレーニャを選んでいた!

ビジャレアルへのレンタルを解消し、8日にヘタフェへレンタルで加入した日本代表MF久保建英。新天地では、11日に途中出場でデビューしていきなりゴールにつながるプレーを見せ、一気にファンのハートを鷲掴みにすると、20日のウエスカ戦では移籍後初先発を飾り、チームも2連勝と良い風が吹いている。 ヘタフェでは、久保と同様に1月からレンタルで加入したスペインMFカルレス・アレーニャとU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャという、バルセロナの下部組織であるラ・マシア出身の選手も在籍しており、18日の会見でも久保は「バルサのカンテラが持つ特徴は互いによく理解できる助けになっているよ」とその効果を明かしていた。 同じチームでプレーするのは今回が初めてとなるククレジャと久保だが、ククレジャは昨シーズンの時点で久保の才能を認めていたようだ。 新型コロナウイルスの感染拡大により、各国のリーグ戦が軒並み延期となっていた2020年3月、ククレジャは当時SNS上で流行していた「#TeamHomeChallenge」に挑戦。このチャレンジは日常生活にあるものに例えて自身のベストイレブンを発表するというもので、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなど多くの選手が参加していた。 そして、ククレジャのベストイレブンには、当時マジョルカで活躍を見せていた久保も2トップの右の位置に入っているのだ。ちなみに、久保のことはバケツに例えている。 久保以外のメンバーでは、大親友だと言いつつアレーニャを薪に例えて選出したほか、昨シーズンのレアル・ソシエダで見事な活躍を見せたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールも名を連ねている。 久保のヘタフェデビュー戦となった11日のエルチェ戦から、かなり久保のことを信頼したようにパスを出しあいプレーしていたククレジャだが、その裏には昨シーズンから久保のパフォーマンスを認めていたということも影響してそうだ。 ◆ククレジャが選んだベストイレブン(2020年3月のもの) GK:マルコ・ドミトロビッチ(エイバル) 右CB:ウーゴ・マージョ(セルタ) 中央CB:ファクンド・ロンカーリア(オサスナ) 左CB:ロベルト・ロサレス(レガネス) 右サイド:カルレス・アレーニャ(レアル・ベティス/現ヘタフェ) 右ボランチ:パパコウイ・ディオプ(エイバル) 左ボランチ:ジェフリー・コンドグビア(バレンシア/現アトレティコ・マドリー) 左サイド:コケ(アトレティコ・マドリー) トップ下:マルティン・ウーデゴール(レアル・ソシエダ/現レアル・マドリー) 右FW:久保建英(マジョルカ//現ヘタフェ) 左FW:ロベルト・ソルダード(グラナダ) 監督:ヘルマン・ブルゴス(アトレティコ・マドリーのアシスタント・マネージャー/現在はフリー) アシスタントコーチ:ハビエル・ガルシア・ピミエンタ(バルセロナB監督) <div id="cws_ad" >◆ククレジャの「#TeamHomeChallenge」</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "9q0V_sUhSr4";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.01.21 17:33 Thu
twitterfacebook
thumb

「助けに来てくれたことを嬉しく思う」ウエスカ戦決勝点のヘタフェMFが久保建英ら新戦力に感謝!

ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバッリが、日本代表MF久保建英ら新戦力を称賛した。スペイン『Movistar+』が伝えた。 ヘタフェは20日、ラ・リーガ第19節でウエスカと対戦。久保も先発出場した試合は、ゴールに迫るシーンもありながら決め切れずにいたが、70分にアランバッリがゴールを決め、1-0で勝利。順位も10位まで浮上した。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 決勝点を挙げたアランバッリは勝利を喜ぶとともに、久保とスペイン人MFカルレス・アレーニャの新加入組2人に感謝している。 「勝ち点3を得られたことが嬉しい。ウエスカは最下位だが、いい試合といいプレーをするからね」 「彼ら2人は常に前向きに何か貢献しようとしてくれているように感じるし、彼らが僕たちを助けに来ることを選んだことを嬉しく思うよ」 2021.01.21 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼のデュエルは最大の見物」スペイン紙は前週に続き久保建英を称賛「ヘタフェを変えた」

20日に行われたラ・リーガ第19節のウエスカ戦で、移籍後初先発を果たした日本代表MF久保建英だが、現地紙からの評価は上々だ。 [4-2-3-1]の2列目の右に入った久保は、80分までプレー。ゴールにはならなかったものの、2本のFKやヘディングシュートなど、右サイドから見せ場を作った。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> そんな久保に対し、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、「先発デビューとなった久保と(カルレス・)アレーニャはアスロネス(濃青、ヘタフェの愛称)を変えた」と評しながら2点の評価。これは決勝点を挙げたMFマウロ・アランバッリの3点に続き、チームでも上位だった。 また、スペイン『アス』の採点(3点満点)でも久保は2点。こちらもアランバッリの3点に続き、上々の評価だった。また個人の寸評では「注目に値する。フィジカル面で限界がやってきた時に交代となった。前半でのスペクタクルなテクニック。(ハビ・)ガランと彼のデュエルは最大の見物だった」とその技術を絶賛。 久保加入後2連勝となったヘタフェは、25日に第20節でアスレティック・ビルバオとアウェーで対戦する。 2021.01.21 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

「マドリーに戻ってきて」久保建英の活躍にヘタフェ、レアルサポーターから称賛の声「真の宝石」

ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英は20日にホームのコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われたラ・リーガ第19節のウエスカ戦に移籍後初先発を果たし、80分までプレーした。 [4-2-3-1]の2列目の右に入った久保は、2度のFKで相手ゴールを脅かし、ヘディングシュートで惜しい場面を作るなど、持ち前の技術を存分に発揮。積極的なプレーでチームの1-0勝利に貢献した。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 試合後、久保は自身のインスタグラムを更新。スペイン語で「ホームでの大きな勝利で勝ち点3!!!!」と勝利の喜びを露わにした。 久保の投稿には、ヘタフェのサポーターから「ナイスゲーム」「素晴らしい」「真の宝石」といった好意的な声が寄せられた。 さらに、久保の保有元であるレアル・マドリーがコパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するアルコヤーノに1-2で敗れたこともあり、マドリーサポーターから「マドリーに戻ってきて」「レアル・マドリーへようこそ」といった復帰を懇願するコメントも多くついている。 <div id="cws_ad">◆久保建英が勝利報告!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKSLEXxsfA8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.21 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々の哲学を完全に理解」ヘタフェ監督が先発の久保建英を守備面でも評価「守備面で犠牲になっていた」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、日本代表MF久保建英を評価した。スペイン『アス』が伝えた。 ヘタフェは20日、ラ・リーガ第19節でウエスカと対戦。残留を争う上では負けられない試合となった。 前節のエルチェ戦に加入後いきなり途中出場を果たした久保は、ウエスカ戦では先発出場。ゴールに迫るシーンもありながら決め切れずにいたが、チームは70分にMFマウロ・アランバッリがゴールを決め、1-0で勝利。久保加入後は連勝となり順位も10位まで浮上した。 ボルダラス監督は、加入後初先発となった久保について評価。1試合目で見えたポイントを伝え、改善されたと語り、守備面での貢献を評価した。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 「私は彼と話をした。とても熱意を持ってやってきて、私は彼に試合と能力を伸ばすべきだと伝えた」 「ボックス付近ではあまりプレーしていなかったので、この試合は中央に行くように伝えた」 「彼は(右サイドバックの)ダミアン(・スアレス)をサポートするために守備面で犠牲になっていたが、素晴らしく上手くチームに溶け込んでいると思う」 また、この試合では久保はFKのキッカーを務めていた。その点についてもボルダラス監督はコメントした。 「彼はとても上手くプレーする選手で、この1週間話していた。カルレス(・アレーニャ)とマウロ(・アランバッリ)がいる。自己紹介では、彼が協力してくれるとコメントしていた」 「全ての運に恵まれたわけではないし、欠点もあるが、彼はそれをよく理解している」 これで2連勝となり、降格圏から大きく離れることに成功したヘタフェ。今冬に獲得した久保とMFカルレス・アレーニャが加入した効果がすでに出ている。 両選手ともにシーズン前に獲得を望んでいたボルダラス監督だが、両選手が来てくれることを待っていたと明かし、すでにチームの大きな力になっていると評価した。 「その可能性はあまり考えていなかった。ただ、その可能性が出てきたことに満足しているし、その瞬間が訪れるのを毎日考えていたというのが真実だ」 「彼らは我々の哲学を完全に理解している。わずかな時間でも、彼らは我々を助けてくれている。私もクラブもチームメイトも…数日前にも話したが、評判は上々であり、イメージを持ってきてくれているし、可能性を秘めている」 「ヘタフェが良い結果と勝利を手にするための手助けをしたいと考えてくれている」 2021.01.21 10:05 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly