ボルドー、コシエルニー&カルが右大腿部の損傷で離脱へ

2020.12.08 23:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルドーは8日、元フランス代表DFローラン・コシエルニーとナイジェリア代表FWサミュエル・カルの負傷を発表した。

クラブの発表によると、精密検査を受けたコシエルニーとカルは共に右大腿部にグレード2の損傷が見つかったとのこと。今後はメディカルスタッフと共に回復に努めるとのことだ。

2019年夏にアーセナルからボルドーへ移籍したコシエルニーは、加入初年度から公式戦28試合に出場するなど主力として活躍。2年目となった今シーズンはキャプテンに就任し、これまでリーグ・アン10試合に出場していた。

一方、2018年の夏にヘントからボルドーに加入したカルは、今シーズンこれまでリーグ・アン7試合に出場し2ゴールをマークしていた。

関連ニュース
thumb

ボルドー、レンヌ退団のセネガル代表FWニアンを獲得

ボルドーは24日、レンヌを退団してフリーとなったセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの2年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっているとのことだ。 ニアンは同日、レンヌを退団。フリーでのボルドー加入となった。かつてミランに在籍したニアンは、レンヌでは公式戦92試合に出場して30ゴール9アシストと活躍。2019-20シーズンにはリーグ・アンで3位となり、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場に導いていた。 ただ、今季はブルーノ・ジェネジオ新督の構想外となり、出場機会がない状況だった。なお、ニアンは26日に早速レンヌとの古巣対決を戦う日程となっている。 2021.09.25 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、冨安移籍のボローニャに6発圧勝《セリエA》

インテルは18日、セリエA第4節でボローニャをホームに迎え、6-1で圧勝した。 前節サンプドリアに引き分けて2勝1分けスタートとなったインテルは、チャンピオンズリーグ初戦ではレアル・マドリー相手に優勢に試合を運んだものの、終盤の失点で敗戦に終わってしまった。そのレアル・マドリー戦のスタメンから4選手を変更。チャルハノールやジェコ、ペリシッチがベンチスタートとなった。 ラウタロ・マルティネスとホアキン・コレアの2トップで臨んだインテルは開始6分に先制する。右サイドからのダンフリースのクロスをラウタロがボレーで決めた。 その後も主導権を握るインテルはコレアが負傷するアクシデントがあったものの、ジェコが投入された直後の30分に加点する。右CKからシュクリニアルのヘディングシュートが決まった。 さらに4分後、ボックス右からダンフリースの上げたクロスのルーズボールをバレッラが蹴り込んで3-0。前半で試合の大勢を決めた。 迎えた後半もインテルがゴールに迫る。開始5分にラウタロのボレーシュートがバーに直撃すれば、52分にはブロゾビッチがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして54分に4点目。ディマルコの左クロスがファーサイドに流れ、ベシーノが決めきった。 止まらないインテルは63分、ブロゾビッチのパスを受けたボックス中央のジェコが決めて5-0。5分後にもジェコのゴールが決まったインテルが6発圧勝でレアル・マドリー戦の敗戦を払拭している。 2021.09.19 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがアドリ&メシアスを獲得! 前者は完全移籍も前所属ボルドーにレンタル

ミランは8月31日、ボルドーのフランス人MFヤシン・アドリ(21)、クロトーネのブラジル人MFジュニオール・メシアス(30)の2選手の獲得を発表した。 パリ・サンジェルマンのアカデミー育ちでフランスのアンダーカテゴリーの代表で常に主力を担ってきたアドリは、2019年2月からボルドーでプレー。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、攻撃的MFやセントラルMFを主戦場にリーグ戦35試合2ゴール5アシストの数字を残していた。 186cmの恵まれたサイズに加え、足元のテクニックとパスセンス、創造性を兼ね備えた万能型のMFは、ドリブルとラストパスでチャンスを創出し、長いレンジから枠を捉える強烈なミドルシュートで自らゴールもこじ開けられる、インテルに旅立ったトルコ代表MFハカンチャルハノールの後継者としては打ってつけのプロフィールを持つ。 フランス『レキップ』によると、ミランはアドリ獲得に向けて総額1000万ユーロ(約12億9000万円)の移籍金を支払うことになるという。 なお、ミランと2026年までの5年契約にサインしたアドリだが、今シーズン終了まではレンタルという形でボルドーに残留する。 一方、ブラジル出身のメシアスはカザーレ・カルチョ、キエーリ・カルチョ、ゴッツァーノとイタリアの下部カテゴリーを渡り歩いた苦労人。2019年に加入した当時セリエBのクロトーネでセリエA昇格に貢献すると、昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で躍動。チームが1年での降格を強いられた中、個人としてはセリエAで36試合に出場し、9ゴール4アシストを記録した。 セカンドトップや攻撃的MFを主戦場とするベテランMFは、買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となり、背番号は「30」に決定している。 2021.09.01 05:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ボルドーからクロアチア代表MFバシッチを獲得

ラツィオは25日、ボルドーからクロアチア代表MFトマ・バシッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』は同選手の移籍金がボーナスを含め800万ユーロ(約10億4000万円)程度になったと伝えている。 ハイデュク・スプリトの下部組織出身のバシッチは189cmのセントラルMF。正確な左足のキックと球際の強さを武器とするボックス・トゥ・ボックス型の万能型は、3シーズン在籍したボルドーで公式戦82試合に出場し9ゴール5アシストの数字を残していた。また、昨年11月にはクロアチアのフル代表デビューを飾っている。 ラツィオでは同じインサイドハーフに190cmを超えるセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが在籍しており、大型MF2人によるダイナミックな攻撃参加は対戦相手の脅威となりそうだ。 2021.08.26 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルドーから移籍噂のファン・ウィジョ、マルセイユと交渉か

ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(28)に対して、マルセイユ移籍の可能性が浮上した。 かつてガンバ大阪の主砲としてサポーターの心を掴み、2019年夏のボルドー移籍で欧州挑戦を果たしたファン・ウィジョ。移籍初年度からリーグ・アン24試合の出場で6得点2アシストとまずまずの結果を収めると、移籍2年目の昨季にさらなる飛躍を遂げ、得点源として36試合出場で12得点3アシストの活躍を披露した。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、先日に元アルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(31)を買い取りオプション付きの1年レンタルでエルチェに放出したマルセイユは新たなストライカーを探すなかで、昨季のボルドー内における最多得点者の獲得を目指してボルドーとの交渉を開始したという。 そのマルセイユはチェルシーからヘンク行きが取り沙汰されるイングランド人FWアイク・ウグボ(22)のハイジャックを狙いつつ、ファン・ウィジョもRBライプツィヒのノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(25)やカリアリのアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(26)と並ぶ候補として注視してきた模様だ。 ボルドーは暫定ながら2部降格措置の対象になるなど、苦しい財政事情が明るみに。先の東京オリンピックでも若き韓国代表のオーバーエイジとして全4試合に先発して4得点のインパクトを残したファン・ウィジョも売却候補のひとりに目され、先日にヴォルフスブルクやサウサンプトンの関心も取り沙汰されていた。 2021.08.20 18:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly