ワトフォード、ボルドーからナイジェリア代表FWカルを獲得! 今冬4人目の補強

2022.01.28 08:00 Fri
Getty Images
ワトフォードは27日、ボルドーからナイジェリア代表FWサミュエル・カル(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで背番号は28を着用する。
PR
母国ナイジェリアからヨーロッパに渡ったカルは、2015年12月にスロバキアのトレンチンでプロデビューすると、ヘントでのプレーを経て、2018年の夏にボルドーに加入。
センターFWに加え、両ウィングでもプレー可能なカルは、在籍3年半で公式戦86試合に出場し10ゴール8アシストを記録。今季はリーグ・アン11試合に出場し1ゴール1アシストをマークしていた。

ワトフォードへの移籍が決まったカルは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「この話を聞いたときは、感謝の気持ちでいっぱいだった。プレミアリーグでプレーすることは僕の夢の一つだし、これが僕の望みだ。僕はここでベストを尽くすつもりだよ」
現在、残留圏内ギリギリの17位に位置するワトフォードは、今冬の移籍市場ですでにコートジボワール代表DFハサン・カマラ、ブラジル人DFサミル、DRコンゴ代表MFエド・カイエンベをそれぞれニース、ウディネーゼ、オイペンから獲得しており、カルは今冬4人目の新戦力となった。

PR
関連ニュース

ルーヴェンで奮闘中のMF明本考浩が浦和からの完全移籍決定!「覚悟をもって闘い続けます」

浦和レッズは18日、ジュピラー・プロ・リーグのOHルーヴェンへ期限付き移籍しているMF明本考浩(26)が7月1日から完全移籍へ移行すると発表した。 2020年に国士舘大学から栃木SCへ加入し、プロキャリアをスタートした明本。翌年浦和へ完全移籍すると、その万能性や豊富な運動量を活かし、3シーズンで公式戦135試合に出場した。 今年1月にはベルギーでの欧州初挑戦が決定。ここまでジュピラー・プロ・リーグやプレーオフ2で公式戦14試合に出場しており、3月30日に行われたプレーオフ2第1節のメヘレン戦では初アシストを記録した。 なお、期限付き移籍決定時にはルーヴェン側が買取オプション付きのレンタルであることを発表。オプションを行使した際には3年契約となることが明かされていた。 明本は浦和を通じてコメントしている。 「OHルーヴェンへ完全移籍することになりました。どんな状況でも力をくれた浦和レッズに関わる全てのみなさま、本当にありがとうございました」 「ACLを優勝したときの熱狂、天皇杯を優勝したときの感動、体験したことがないほど胸が熱くなり、こみ上げるものがありました。3年間浦和レッズの選手として闘えたことは僕の誇りです」 「活躍という形で恩返しできるよう、今よりもっともっと大きな舞台で走り、覚悟をもって闘い続けます。ありがとう、浦和レッズ」 2024.05.18 10:03 Sat

ジャン=ルイ・ガセ監督が監督行引退を表明!「監督業はもう終わりだ」

マルセイユのジャン=ルイ・ガセ監督(70)が監督業からの引退することを発表した。 これまでモンペリエやサンテチェンヌ、ボルドーなど国内クラブで指揮を執ってきた老将のガセ監督は、2022年5月からコートジボワール代表の監督を歴任。今年1月に成績不振で解任されると、翌月にジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督の後任としてマルセイユの指揮官に就任。 就任後は公式戦21試合で8勝3分け10敗とチームを建て直すには至らなかったが、ヨーロッパリーグ(EL)ではチームをベスト4まで導いていた。 19日に行われるリーグ・アン最終節のル・アーブル戦に向けた会見に臨んだガセ監督は、そのなかで今季限りで監督業を引退することを明かした。 「これが私のキャリア最後の試合になるだろう。私はこれからもサッカー界に残ることができると思っているが、監督業はもう終わりだ。ガーデニングを楽しむことはできない。OMの監督を務めたことは名誉なことだ。最高の形で終わりたい。オレンジ・ヴェロドロームでは鳥肌が立った。最後の試合に勝って、気持ちよく終わりたいね」 2024.05.18 08:00 Sat

アラベス、1部残留に導いたルイス・ガルシア監督と2026年まで契約延長

アラベスは17日、ルイス・ガルシア・プラサ監督(51)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 ルイス・ガルシア監督は2021-22シーズンにセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へ降格したアラベスの監督に就任。レギュラーシーズンを4位で終えると、昇格プレーオフでエイバルとレバンテを撃破し、チームを1年で1部復帰に導いた。 昇格組として臨んだ今シーズンは、リーグ前半戦こそ4勝5分け10敗と苦しんだが、後半戦ではここまで17試合で7勝4分け6敗と建て直しに成功すると、ここまで11位と健闘。余裕を持って残留を決めていた。 2024.05.18 07:30 Sat

アーセナル在籍8年のエルネニーが今季限りでの退団を発表「とても寂しい」

アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(31)が、今季限りで退団することを発表した。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入。中盤のバックアッパーとしても重要な役割を担っていた中、徐々に出番を失い、2019年9月にはベシクタシュにレンタル移籍したが、翌年に復帰するとここまで在籍8年間で公式戦161試合に出場し、6ゴール10アシストを記録していた。 ミケル・アルテタ監督の下では、手薄となったボランチを支える活躍を見せたが、昨年1月に右ヒザの手術を受け、長期離脱を強いられて以降はほとんどプレーできておらず、今季もここまで公式戦6試合の出場でプレー時間は95分間にとどまっていた。 退団を決断したエルネニーは、自身の公式SNSでメッセージ動画を投稿。そのなかで今季限りでの退団することを明かし、ファンへ以下のように感謝を語った。 「グナーズの皆さんへ。僕は今日、君たちにメッセージを送り、皆さんの愛、サポート、優しさに対して別れを告げるためにここに来た。君達と離れるのはとても寂しいよ。どれだけ愛しているか、どれだけ大切な存在か、そして僕を支えてくれたことを決して忘れないと伝えたい。日曜日にエミレーツ・スタジアムで、直接会ってお別れを言うよ。また会おう、グナーズ」 2024.05.18 07:00 Sat

アスレティック、40年ぶりのコパ・デル・レイ優勝に導いたバルベルデ監督と2025年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは17日、エルネスト・バルベルデ監督(60)との契約更新を発表した。新たな在任期間は2025年6月30日までとなる。 2022年の夏にアスレティックの会長戦を制したジョン・ウリアルテ氏の公約が実る形で、3度目となるアスレティックの指揮官に就任したバルベルデ監督。 昨シーズンはラ・リーガを8位で終え、欧州カップ戦の出場権を逃したが、今季はここまでラ・リーガで5位に位置。チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を決めているレアル・マドリーの結果次第では2014-15シーズン以来のCL出場権を獲得することとなる。 また、コパ・デル・レイでは3年ぶりに臨んだ決勝戦でマジョルカをPK戦の末に下し、40年ぶり24度目の優勝にチームを導いた。 新たに1年間の契約延長にサインしたバルベルデ監督は「このクラブをもう少し大きくするために、もう一頑張りしてみよう。私に託されたすべての信頼に応えることは、大きな責任だ」とコメントしている。 2024.05.18 06:30 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly