アンジェがクラブ史上最高額でU-21フランス代表GK獲得!

2020.06.10 17:24 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンジェは9日、ボルドーからU-21フランス代表GKポール・ベルナルドーニ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は7月1日からの4年となる。トロワでプロデビューを飾ったベルナルドーニは2016年1月にボルドーに加入。しかし、トップチーム定着とはならず、2018年からリーグ・アンのニームに2年間の武者修行に出ていた。

フランスの世代別代表で活躍してきた若き守護神は、ニームの守護神として印象的なパフォーマンスを披露。そして、新守護神を探すアンジェが完全移籍で獲得することになった。

なお、フランス『Ouest-France』が伝えるところによれば、ベルナルドーニの移籍金はクラブ史上最高額となる700万~800万ユーロ(約8億5000万~9億7000万円)となったという。
コメント
関連ニュース
thumb

アンジェ、サウサンプトンからブファルを獲得!5年ぶりの復帰

フランスのリーグ・アンに所属するアンジェが5日、サウサンプトンからモロッコ代表FWソフィアン・ブファル(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までとなる。 ブファルはアンジェのユース出身であり、プロキャリアも同クラブでスタートさせた。その後、2015年1月にリールへ移籍。高い技術と巧みなドリブルを武器に、冬の加入ながら14試合で3ゴール6アシストを記録。翌シーズンはリーグ戦29試合に出場し、11ゴール4アシストという好成績をマークした。 かつてリールに所属したFWエデン・アザールと比較される選手となったブファルは、2016年にサウサンプトン移籍を果たすと、プレミアリーグにおいてもそのドリブルは多くのファンを魅了し、2017-18シーズンにはベストゴール賞も受賞した。 しかし、成績自体は振るわず、サウサンプトンに所属した3シーズンで挙げたゴールはわずか5に留まった。2018-19シーズンはセルタにレンタルされ、昨シーズンはサウサンプトンに復帰もリーグ戦でのスタメンが8試合に留まるなど、徐々にチームでの立場を失っていった。 ブファルにとってアンジェは、5シーズンぶりに復帰に。プロキャリアをスタートさせたクラブで、復活を果たせるか注目だ。 2020.10.06 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フライブルク、クラブ史上最高額でフランス人MFパチスト・サンタマリアを獲得

フライブルクは17日、フランス人MFパチスト・サンタマリア(25)をアンジェから獲得したことを発表した。契約は4年、背番号は「8」に決定している。 パチスト・サンタマリアは、かつてフランス代表のFWオリヴィエ・ジルーやDFローラン・コシエルニーを擁したトゥールの下部組織出身。2016年夏にアンジェに移籍し、守備的MFの主力として在籍4年で公式戦149試合に出場した。 昨季のブンデスリーガで8位と好成績を収めたフライブルクは、今夏の移籍市場でアラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得。その他、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)をレンタルしている。 一方で、リーグ戦で7ゴールを記録したドイツ人FWルカ・ワルドシュミットや、ドイツ代表DFロビン・コッホ、さらには守護神のドイツ人GKアレクサンダー・シュウォローを流出している。 なお、サンタマリアに関しては、フランス『レキップ』などによると移籍金は1500万ユーロ(約18億6200万円)でクラブ史上最高額となったようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">So glad to finally be here <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Can’t wait to start⁣<br>⁣<br>So glücklich endlich hier zu sein <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Kann es kaum erwarten zu spielen⁣<br>⁣<a href="https://twitter.com/hashtag/SCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCF</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Bundesliga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bundesliga</a> <a href="https://t.co/pf9LDaxCsW">pic.twitter.com/pf9LDaxCsW</a></p>&mdash; Baptiste Santamaria (@BaptSantamaria) <a href="https://twitter.com/BaptSantamaria/status/1306617003902414851?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.18 13:36 Fri
twitterfacebook
thumb

通報は実は2度目だった…隣人女性宅を覗き自慰行為で逮捕のアルジェリア代表FWが謝罪

わいせつ物陳列罪で逮捕されたアンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)が謝罪した。イギリス『サン』が伝えた。 エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。 そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。すでに釈放されているが、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。 今月4日にアンジェとの契約を2023年6月まで延長することが発表されてから数時間後の行動について、エル・メラリは自身のSNSで謝罪をした。 「この数日は精神的にも肉体的にも非常にハードだった。批判と判断への対応は難しい。情報を受け取った人が、このような行動を容認できないことは理解している」 「僕の家族、友人、愛するクラブであるアンジェのサポーター、そしてアルジェリアの仲間に謝罪したいと思う」 「起きたすべてのことが僕に影響を与え、それは僕が守らなければならない価値観と原則をより強く意識させるようになった」 「この難しい時期に僕と向き合ってくれたすべての人々に感謝している」 なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であることが報告されている。 2020.05.08 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アルジェリア代表FWが隣人に自慰行為を見せつけるわいせつ行為で逮捕…

アンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)がわいせつ物陳列罪で逮捕されたようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 『Le Parisien』が伝えるところによれば、エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。 そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。ただ、すぐに自身の容疑を認めたため、すでに釈放されたようだ。また、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。 なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であるという。一方、同選手の弁護人は被害女性がエル・メラリの当該行為を見ていないという主張を述べている。 2018年にアンジェに加入したエル・メラリは、今シーズンの公式戦11試合で5ゴールを記録。また、アルジェリア代表ではここまで2キャップを刻んでいる。今月4日には2023年6月までの契約延長が発表されたばかりだった。 2020.05.06 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アンジェとの首位攻防戦で4発大勝のPSGが首位を堅守!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、リーグ・アン第9節でアンジェと対戦し4-0で勝利した。 ここまで6勝2敗で首位に立つPSGが、本拠地パルク・デ・プランスに2位のアンジェを迎えた首位攻防戦。 試合は立ち上がりからPSGが主導権を握ると13分、エレーラからのパスをバイタルエリア右で受けたサラビアがそのままボックス内まで侵入。カットインから左足を振りぬき、ゴール右隅にシュートを流し込んだ。 先制したPSGは、37分にもネイマールのパスをボックス右深くまで駆け上がったサラビアが折り返すと、最後はイカルディが流し込み、前半で追加点を奪った。 後半に入っても主導権を握るPSGは59分、ベルナトの左クロスをボックス右で受けたサラビアがワントラップからボレーシュート。これはカバーに入った相手DFにクリアされたが、こぼれ球を再びサラビアがダイレクトシュートで狙うとゴール前のグイエがコースを変えて流し込んだ。 その後、PSGはイカルディ、サラビア、ベルナトを下げてチュポ=モティング、ディアロ、ディ・マリアを投入。すると90分、グイエのパスを左サイドで受けたチュポ=モティングが素早く相手DFの裏へ送ると、抜け出したネイマールが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。これで4-0としたPSGが勝利。 アンジェとの首位攻防戦で大勝したPSGが、首位をキープに成功した。 2019.10.06 02:30 Sun
twitterfacebook