熱きノースロンドン・ダービー、最強のベストイレブンは!?【アーセナル編】

2020.12.06 22:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
6日、今シーズン最初の”ノースロンドン・ダービー”が行われる。トッテナム・ホットスパースタジアムで行われるプレミアリーグ第11節は、結果が出ずに14位に沈むアーセナルが首位のトッテナムの本拠地に乗り込むという構図だ。

過去にはアーセナルをトッテナムが上回ることができない時代が長らく続き、ノースロンドンの覇権は完全にアーセナルが握っていたものの、徐々にトッテナムが成績でも追いつき、近年では完全にトッテナムが上回る構図に変わった。

◆2019-20 ノースロンドン・ダービー

そこで、今回は歴代の“ノースロンドン・ダービー”におけるベストイレブンを選出。トッテナム、アーセナルに分けた歴代のベストイレブン(プレミアリーグ開幕後の1992年以降の選手が対象)と寸評を併せて激闘の歴史を振り返る。

通算成績では77勝51分け59敗とアーセナルが大きく勝ち越している一方で、直近10試合の戦績は2勝5分け3敗と負け越しており、ここ4年のプレミアリーグではトッテナムよりも下位でフィニッシュするなど、立場が変わってきている。

その分、1999年11月から2008年1月まではダービーでトッテナムに勝利を許さないなど、クラブの黄金期にはライバルを圧倒。当時の主力らが名を連ねてた。

◆アーセナルベストイレブン

GK
イェンス・レーマン(ドイツ/2003-2008,2011)
ダービー成績:8試合出場

通算8試合のノースロンドン・ダービーに出場し4勝4分けの無敗。チャンピオンズリーグ853分無失点の記録も持つ守護神。

DF
バカリ・サニャ(フランス/2007-2014)
ダービー成績:13試合出場1ゴール3アシスト

アーセン・ヴェンゲル監督からの信頼も厚かったサニャ。2011年10月のダービーではトッテナムDFブノワ・アスー=エコト氏のチャージを受け右足の腓骨を骨折している。

トニー・アダムス(イングランド/1983-2002)
ダービー成績:14試合出場1ゴール

元コートジポワール代表DFのコロ・トゥーレ氏の存在も捨てきれなかったが、「ミスター・アーセナル」とまで呼ばれたアダムス氏を選出。ダービー通算14試合で1ゴールを記録。FAカップでも3試合に出場しいずれも準決勝で対戦。1992-93シーズンでは決勝ゴールを記録していた。

ソル・キャンベル(イングランド/2001-2006,2010)
ダービー成績:8試合出場

2001年にトッテナムからフリーでアーセナルへと加入。スパーズサポーターからの大きな反感を買い。2003-04シーズンにアーセナルが当時のトッテナムの本拠地ホワイト・ハート・レーンで優勝を決めた時には、優勝セレモニーには参加しなかった。

アシュリー・コール(イングランド/1999-2006)
ダービー成績:8試合出場

当時は世界最高の左サイドバックとの呼び声も高かったコール氏。アーセナルとチェルシーの左サイドバックとして長年トッテナムを苦しめ、両チーム通算で対スパーズ戦12勝11分け2敗。アーセナルでは6勝3分け無敗。

MF
セオ・ウォルコット(イングランド/2006-2018)
ダービー成績:13試合出場4ゴール4アシスト

2000年代後半からアーセナルの右サイドを担った快速アタッカー。2014年1月のダービーでは、負傷してストレッチャーで運ばれる際に、スタンドに向かって当時のスコア「2-0(でアーセナルの勝ち)」のジェスチャーを行い、トッテナムサポーターの怒りを買った。

パトリック・ヴィエラ(フランス/1996-2005)
ダービー成績:16試合出場4ゴール4アシスト

2003-04シーズン無敗優勝立役者の一人。アーセナル時代にはカップ戦を含みトッテナムと17回対戦し5ゴール4アシストをマーク。ピレス氏同様に、トッテナムはキャリアを通して最もゴールを決めた相手だ。

トマシュ・ロシツキ(チェコ/2006-2016)
ダービー成績:11試合出場2ゴール

チェコが生んだ天才司令塔。ケガによる欠場も多かったものの、自身が先発出場したトッテナム戦ではわずか1敗。通算でも3ゴール1アシストとゴールにつながる結果を残している。

ロベール・ピレス(フランス/2000-2006)
ダービー成績:11試合出場8ゴール1アシスト

MFながらプレミアリーグにおけるノースロンドン・ダービー史上3位の通算8ゴールをマーク。トッテナムはピレスがキャリアを通して最もゴールを決めた相手だ。

FW
ティエリ・アンリ(フランス/1999-2007,2012)
ダービー成績:10試合5ゴール1アシスト

言わずもがなアーセナルの大エース。アンリ氏がアーセナルに在籍したのが1999年から2007年。アーセナルがトッテナム相手に全く負けなかったのが1999年11月から2008年1月なのは偶然ではないはずだ。

ロビン・ファン・ペルシ(オランダ/2004-2012)
ダービー成績:14試合5ゴール4アシスト

元イングランド代表FWイアン・ライト氏との二択だったが、ファン・ペルシ氏を選出。5ゴール4アシストと多くのゴールに絡んだ活躍を評価しての選出となった。

関連ニュース
thumb

「スパーズはアーセナルを追い越した」、アーセナルOBが率直な感想

かつてアーセナルに10年以上在籍した元スイス代表DFのヨハン・ジュルー氏(34)が、古巣とかつての宿敵トッテナムとの力関係に関して率直な感想を語った。 今年6月に現役引退を発表したジュルー氏は、2003年にアーセナルのユースに加入し、2004年から2014年まで在籍。アーセン・ヴェンゲル監督の下で、最終ラインのバックアッパーとして公式戦144試合に出場していた。 そのガナーズOBは、トッテナムが16日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でスタッド・レンヌとの対戦を控える中、フランス『Ouest-France』でかつての宿敵について言及。 ここ10年間を通じて、「トッテナムはアーセナルを追い越した」と、両クラブの力関係に変化が起きたことを認めている。 「彼らの素晴らしいところ、例えばトッテナムのファンは複雑な時期にも常にクラブの近くにいたということだ。今、彼らは新たなスタジアムを持ち、興味深い結果を残しており、それが彼らの誇りとなっている」 「彼らはまだタイトルを逃しているが、ここ数年で大きく進歩した。プレミアリーグでは、アーセナルを追い越したほどだ。10年前のトッテナムとは明らかに違う」 なお、今シーズンのプレミアリーグではトッテナムがここまで3勝1敗、アーセナルが1勝3敗と、ジュルー氏の主張通りの力関係となっている。 そして、両チームは今月26日に行われるプレミアリーグ第6節で今季最初のダービーを控えている。 2021.09.17 00:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ギャップ萌え、月間最優秀ゴール受賞の岩渕真奈がなにもないところでズッコケる「我々の心を掴んで離さない」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が思わぬところで足を取られた。 FA女子スーパーリーグ(WSL)の開幕戦では昨季チャンピオンのチェルシー女子を撃破し、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でもグループステージ進出を決めたアーセナル女子。今季はここまで公式戦全勝と絶好調だ。12日のWSL第2節ではレディング女子と対戦した。 岩渕はレディング戦で61分から途中出場したが、4-0と大量リードで迎えた67分にハプニングが発生した。 CKを得て、スタンドの隅に転がっていったボールに小走りで寄っていくと、拾い上げようとかがんだところで突然スリップ。両手を広げてピッチに倒れる恥ずかしい姿をさらしてしまった。 実況からクレバーな選手だと紹介された直後に、何もないところで転倒。その瞬間を押さえた動画が公開されると、サポーターからは暖かな眼差しが。「可愛いがすぎる」、「OK,これは見逃せない」、「我々の心を掴んで離さないな」などのコメントが殺到した。 幸いケガなどはなく、やや照れながらチームメイトにボールを渡してタッチする岩渕。アーセナルの8月度月間ベストゴールを叩き出した実力とのギャップに、ファンは改めて心を奪われたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを拾おうとしてズッコケる岩渕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You okay there, <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@Buchi_Mana</a>? <a href="https://t.co/kNzXtbLcAJ">pic.twitter.com/kNzXtbLcAJ</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437763475200266241?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが8月度月間最優秀ゴールを発表、なでしこ岩渕真奈のゴラッソが圧倒的多数で選出される

13日、アーセナルは8月度の月間最優秀ゴールを発表した。 見事に1位に輝いたのは、なでしこジャパンFW岩渕真奈のゴラッソ。8月21日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド1決勝のPSV(オランダ)戦で決めたセンセーショナルな一撃だ。 1-0でリードして迎えた39分、岩渕はショートコーナーを左サイドで受けると、意表を突いて右足を一閃。角度のない位置からファーのトップコーナーへと強烈な一発を沈めた。 チームメイトからも絶賛されていたこのゴラッソは、投票でも64%を獲得して文句なしの受賞。インターネット上にも国内外のファンからも祝福の声が多数寄せられた。 なお、2位には11%で8月25日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)2回戦のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦でガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがハットトリックを達成した62分のゴールが選出された。 3位は10%で、岩渕のゴールと同じくPSV戦での先制点となったオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマのゴールが選ばれてる。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルの8月度月間最優秀ゴールトップ3</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It’s time to reveal your Goal of the Month for August… <br><br><br><br> <br><br>Some absolute belters right here! </p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437408580932718601?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

鮮烈デビューの冨安健洋がプレミアでのプレーを語る「若い頃からの大きな夢」、岩渕真奈とは「良い関係」

アーセナルで鮮烈なデビューを見せた、日本代表DF冨安健洋が、チームのファーストインタビューに応じた。 移籍最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。日本代表での活動に参加した後、チーム合流した。 11日に行われたプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦では、1日半のトレーニングでありながら先発デビュー。懐疑的な見方もあった中、攻守にわたって積極的なプレーを見せると、ファンの心を鷲掴み。62分でピッチを去る際には、大きな拍手が送られていた。 見事なデビューを果たした冨安は、インタビューでは移籍についてコメント。プレミアリーグでプレーすることが大きな夢だったと明かした。 「アーセナルは世界最大のクラブの1つです。ここに居られて興奮しています。プレミアリーグでプレーすることは若い頃からの大きな夢でした。ここに来られて嬉しいです」 「アーセナルの選手としてプレーできるとは想像もしていませんでした。とても興奮しています」 デビュー戦は右サイドバックでプレーした冨安。ボローニャ時代にはセンターバックや左サイドバック、そして以前はボランチでもプレーしたことがある。 ユーティリティ性が売りの冨安は、ミケル・アルテタ監督も高く評価。どこでもプレーすると語った。 「僕は両足でプレーできますし、ディフェンダーとしてあらゆるポジションでプレーできます。知的な選手だとも思っているなので、常に次の状況を読むことができると思います」 「僕にとっては、試合に出ることが一番大事なので、監督からストライカーをやれと言われたら、ストライカーをやります。僕にとっては、どのポジションでプレーするかは重要ではありません」 今季のプレミアリーグではリバプールに日本代表MF南野拓実が所属。なかなか出番はない状況。これまでも多くの日本人がプレーしたが、大きな結果を残した選手は少ない。 日本人がプレミアリーグでプレーする件については「今の所、日本人選手は僕を含めて2人、リバプールでプレーする南野選手がいます。プレミアリーグは、フィジカルが強いので、日本人選手がプレーするのは難しいと思います」とコメント。「でも、僕はプレミアリーグでプレーする準備ができていると思っています」と、自信をうかがわせた。 また、アーセナルには今季からなでしこジャパンのFW岩渕真奈が加入。女子チームでプレーしている。 岩淵との関係については「彼女にはすでにメッセージを送りました。「応援してます」と言ってくれましたし、僕も彼女を応援しています。良い関係です」と語り、同じクラブに所属する日本人として良い関係を築いていると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督が冨安健洋について語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmSTF6UWxBTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.15 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのウィルシャー、アルテタからの練習参加歓迎発言にリアクション!

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがアーセナルを率いるミケル・アルテタ監督の発言に反応した。 若くして天才とうたわれ、アーセナルでプロキャリアを歩み出したもののの、故障癖が災いして才能を燻らせたウィルシャー。2018年夏のウェストハム移籍を機にアーセナルを離れ、今年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)の古巣ボーンマスと半年の短期契約を結び、再起を図ったが、昨季終了後に退団した。 そうしたなか、アルテタ監督が先日、現役時代にアーセナルで共闘したウィルシャーに言及。宙ぶらりんの状態が続く元戦友に対して、練習参加の助け舟を出す用意があることを明らかにした。そして、ウィルシャーはこのたび、イギリス『スカイ・スポーツ』でアルテタ監督からの救いの手に感謝し、協議に前向きな姿勢を示した。 「彼と一緒にプレーしたり、ドレッシングルームを共有したりするのは本当に楽しかった。ドアを常に開いていると言ってくれたのを聞いて、嬉しかったよ」 「それは助けでしかないね。優秀な選手たちが周りにいたり、ワールドクラスな選手たちと練習ができたりする環境に身を置くのは僕の興味をそそるひとつだ」 「ここ2、3日のうちにクラブの誰かと話をすることになると思う」 2021.09.14 20:09 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly