今季2度目の先発となったチェルシーFWジルー、史上最年長でCLハットトリック達成!

2020.12.03 11:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チャンピオンズリーグ(CL)での最年長ハットトリック記録を樹立した。チェルシーは2日、CLグループE第5節でセビージャと対戦。この試合で今季2度目の先発出場を果たしたジルーは、8分に先制ゴールを奪うと、54分に2点目を記録。74分にハットトリックを達成すると、83分にはPKを決めて、自身1試合4ゴールを記録し、チームのグループステージ首位通過に大きく貢献した。

◆ジルーが決めたチェルシーでのトップ5ゴール

ジルーは34歳63日でのハットトリック達成となったが、これはCLの歴史上で最年長での達成となった。
ヨーロッパの大会での最年少ハットトリックは、1965年9月にレアル・マドリーのフェレンツ・プスカシュが記録した38歳173日となっている。

同日にキャリア通算750ゴールを達成しているユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの方が1年半ほど早く生まれているが、ハットトリックではジルーが上回ることとなった。

なお、今シーズンのチャンピオンズリーグでは5人目のハットトリック達成者となった。

◆2020-21シーズン CLハットトリック達成者

2020年10月28日 vsRBライプツィヒ
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

2020年11月3日 vsシャフタール・ドネツク
アラサン・プレア(ボルシアMG)

2020年11月3日 vsアタランタ
ジオゴ・ジョタ(リバプール)

2020年12月2日 vsRBライプツィヒ
イルファン・ジャン・カフヴェジ(イスタンブール・バシャクシェヒル)

2020年12月2日 vsセビージャ
オリヴィエ・ジルー(チェルシー)

関連ニュース
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、今冬の補強完遂後も勝てず…ポッター「攻撃的なチームとしてもっとやりたい」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3日のプレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え撃ったチェルシー。今冬に巨額を叩いて獲得したMFエンソ・フェルナンデスにFWミハイロ・ムドリクのほか、移籍が書類不備でとん挫したMFハキム・ツィエクをスタートから送り出したが、0-0のドローに終わった。 これで新年に入ってから、公式戦7試合でわずか1勝(3分け3敗)。リーグ戦では2試合連続の無得点ドローと調子を掴めず、さらに上位との差が広がりそうだが、ポッター監督はポジティブな面も強調しつつ、改善すべき点を口にした。 「試合のスタートからポジティブで良い感覚だったが、クリエイトするための攻撃的なプレーが足りなかった。そこを突き詰めていく必要がある。フルアムはよく守り、よく組織されてもいたよ。そのなかで、我々はケガから復帰したばかりの選手や、新しい選手で繋がりや理解に欠けた。ただ、ポジティブな面もあった。頑張りや、スピリットはあったが、攻撃的なチームとしてもっとやりたいことがある」 今冬のデッドラインデイにベンフィカからイギリス史上最高額の移籍金1億2100万ユーロ(約171億2000万円)で加入して、さっそくデビューのエンソ・フェルナンデスについても触れ、プレーぶりから多くの可能性を感じたようだ。 「素晴らしいプレーをしてくれたと思う。彼のクオリティが見られ、チームにもたらすものもわかったはず。まだ我々と長くいるわけじゃないから、簡単じゃなかっただろうが、ワクワクしたよ」 また、加入後初先発だったが、ハーフタイムに交代したムドリクについては「今週、ずっと風邪をひいていたんだ。60分が限界だと思っていたが、ハーフタイムに足が重く感じたようだ。まだ調整段階だ」と話している。 2023.02.04 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エンソ・フェルナンデスがデビューのチェルシー、フルアムとのウェストロンドン・ダービーはゴールレスドロー《プレミアリーグ》

チェルシーは3日、プレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節リバプール戦をゴールレスドローで終えた10位チェルシー(勝ち点29)は、エンソ・フェルナンデスが先発デビュー。[4-3-3]で臨んだ。 7位フルアム(勝ち点31)とのウェストロンドン・ダービー。ハヴァーツ、ムドリク、ツィエクの3トップ、中盤アンカーにエンソ・フェルナンデスを据える形でスタートしたチェルシー。 そのチェルシーがボールを握る展開で立ち上がったが、自陣に引くフルアムを崩しきれない状況が続いた。 すると25分、アンドレアス・ペレイラにミドルシュートでGKケパを強襲されると、ここからフルアムの攻守の切り替えの鋭さの前にペースを持っていかれてしまう。 前半終了間際の追加タイム2分、ようやくチェルシーに先制のビッグチャンス。ツィエクの浮き球スルーパスに抜け出したハヴァーツがボックス内へ。飛び出したGKを見てループシュートを狙ったがバーに嫌われ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ムドリクに代えてマドゥエケを投入したチェルシーだったが、やはり攻めあぐねる状況が続く。 そこで60分、ツィエクに代えて負傷明けのスターリングを投入。しかし、流れを変えられずにいると71分にはミトロビッチにロングシュートでゴールを脅かされてしまう。 その後、エンソ・フェルナンデスやギャラガーのミドルシュートでゴールに迫ったチェルシーは79分にビッグチャンス。途中出場のフォファナが浮き球パスに抜け出し、飛び出してきたGKレノをかわしてシュート。だが、懸命にゴール前へ戻ったリームの好ブロックに阻まれてしまった。 結局、試合終了間際のスターリングのループシュートはGKレノにキャッチされたチェルシーはゴールを割れずに2戦連続0-0に終わった。 2023.02.04 06:54 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがCLノックアウトラウンド登録メンバー発表、オーバメヤンが選外

チェルシーは3日、チャンピオンズリーグ・ノックアウトラウンドの登録メンバーを発表した。 決勝トーナメント1回戦に進出しているチェルシーは15日にドルトムントとの1stレグを控える。グレアム・ポッター体制下で出番の少ないFWピエール=エメリク・オーバメヤンが選外となった。 その他、1月に獲得したDFブノワ・バディアシルも新戦力の登録制限により選外となっている。 一方でMFエンソ・フェルナンデス、FWジョアン・フェリックス、FWミハイロ・ムドリクの3選手が登録された。 また、パリ・サンジェルマンへの移籍が直前で破談となったMFハキム・ツィエクだが、前述のように新戦力の登録選手が3名までという規定により、メンバー登録されている。 2023.02.04 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly