メッシが“神の手ゴール”未遂!?過去にはトリックPKでレジェンドにエールも!

2020.11.30 15:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第11節、バルセロナvsオサスナの一戦が29日にカンプ・ノウで行われた。

25日に急逝したディエゴ・マラドーナ氏を悼む厳かなムードでスタートした一戦の中、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが見せた。


◆メッシとスアレスが見せたクライフ氏オマージュのトリックPK


29分、フィリペ・コウチーニョのシュートのこぼれ球に詰めたマルティン・ブラースヴァイトが泥臭く身体に当てた浮き球のボールがネットへ向かうと、これに反応したメッシが母国の英雄にして恩師マラドーナ氏の代名詞である“神の手ゴール”のオマージュのような形でプレーに関与を試みる。結局、ボールに触れることはなく、そのままブラースヴァイトのゴールとなったが、1プレーでマラドーナ氏を思い起こさせた。

さらに、73分にメッシがドリブル突破から左足の強烈なシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺すと、ゴール直後にユニフォームを脱ぎ、事前に着用していた自身とマラドーナ氏の古巣であるニューウェルズ・オールドボーイズの背番号10のユニフォーム姿で天国へ旅立った英雄へゴールを捧げた。

メッシと言えば、2016年2月のセルタ戦で、当時肺がんを患い闘病中だったヨハン・クライフ氏へのエールとしてトリックPKを決めたこともあり、今回の“神の手ゴール”未遂も狙っていたのかもしれない。

メッシは試合後に自身のインスタグラム(leomessi)を更新。自身とマラドーナ氏がニューウェルズのユニフォームを身に纏っている写真は並べながら、「ごきげんよう、ディエゴ」と改めて追悼の言葉を残している。



関連ニュース
thumb

アルバのゴラッソに18歳の大器イライクスが初弾! オサスナに競り勝ったバルサがマドリード2強にプレッシャー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第26節、オサスナvsバルセロナが6日にエル・サダールで行われ、アウェイのバルセロナが0-2で勝利した。   翌日にダービーを戦うマドリードの2強の潰し合いを期待しつつ連勝を狙う2位のバルセロナ(勝ち点53)は、12位のオサスナ(勝ち点28)と対戦。   先週末に行われた前節、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグでは難敵セビージャ相手に連勝。とりわけ、直近のコパでは初戦を0-2で落としていた中、1-0で迎えた後半ラストプレーのゴールで延長戦に持ち込むと、延長戦で勝ち越して大逆転での決勝進出を決めた。   その奇跡のレモンターダの勢いに乗るチームは来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を控える中、コパから先発2人を変更。負傷のピケに代えてユムティティ、メッシの相棒をデンベレからグリーズマンに入れ替えた。   試合の入りはコンディションで勝るホームチームが決定機を作り出す。まずは2分、カジェリがGKテア・シュテーゲンの前目のポジションを見てハーフウェイライン付近からロングシュートを枠に飛ばす。だが、これはゴール前に戻ったテア・シュテーゲンにキャッチされる。さらに、14分にはカウンターからキケ・バルハがボックス手前で左足のミドルシュートを枠に飛ばすが、これもバルセロナ守護神の見事なワンハンドセーブにはじき出された。   相手の出足鋭い守備に苦戦するバルセロナはなかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く中、19分には裏へ抜け出したメッシがボックス外に飛び出したGKと交錯。ここで主審は決定機阻止でGKロベルトにレッドカードを掲示したが、VARのレビューの結果、メッシのオフサイドと判定が覆る。   前半半ばを過ぎてもなかなか攻撃のリズムを掴めないバルセロナだったが、圧巻の個人技からゴールをこじ開ける。30分、相手陣内中央でボールを持ったメッシからジョルディ・アルバへの斜めのスルーパスが通る。そして、ボックス左に持ち込んだアルバは一度中を確認してクロスを匂わせるも、ニア上を狙って左足を一閃。これが見事に決まり、アルバのゴラッソで先手を奪った。   その後、34分にボックス左へ抜け出したルベン・ガルシアの決定機をGKテア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだバルセロナが1点リードで試合を折り返した。   迎えた後半、クーマン監督は前半に1枚カードをもらっていたユムティティを下げてデンベレを投入。後ろの枚数を削って2点目を狙いに行く攻撃的な采配を敢行。すると、立ち上がりの48分にはメッシが鋭いミドルシュートでゴールに迫るなど、後半も主導権を握る。   以降もボールを保持して押し気味に試合を運ぶバルセロナだが、最後のところで粘るオサスナの守備に苦戦。なかなか追加点を奪い切れない。逆に、オサスナの鋭いカウンターに晒されて際どいクロスからカジェリやブディミルに決定機を許す。   何とか押し切りたいバルセロナは67分、ブスケッツとグリーズマンを下げてイライクス、ブラースヴァイトをピッチに送り込むと、この采配が2点目をもたらす。83分、ボックス手前で仕掛けたペドリから中央でDFを背負ったメッシが丁寧に落としたボールがイライクスに渡る。ここでイライクスは冷静に左足に持ち替えてシュートコースを作り出し、強烈なシュートを放つ。これがGKの手を弾いてゴール左隅に決まった。   そして、18歳の大器イライクスのプリメーラ初ゴールでオサスナを突き放したバルセロナは、アルバとペドリを下げてジュニオル・フィルポ、リキ・プッチの同時投入で試合をクローズにかかる。その後、相手の反撃をきっちり無失点で凌ぎ切り、敵地で2-0の勝利。   苦しみながらもアルバのゴラッソとイライクスの初ゴールで公式戦4連勝を達成したバルセロナが、翌日にダービーを戦うマドリードの2強にプレッシャーをかけるとともに、来週のPSG戦に弾みを付けた。 2021.03.07 07:11 Sun
twitterfacebook
thumb

当選したらアグエロ獲得? 会長選控えるバルセロナ、候補者の元会長ラポルタ氏が明かす

7日に会長選を控えているバルセロナ。前会長の不祥事など、にわかに騒がしくなってきている中、選挙の結果次第である選手の移籍が動き出すかもしれない。 かつてバルセロナで会長を務めていたジョアン・ラポルタ氏も今回の会長選に立候補。仮に当選した場合はマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)を獲得する可能性があるようだ。 イギリス『デイリー・メール』の報道によると、今夏の補強候補としてラポルタ氏はアグエロの獲得を口にしている状況。そのアグエロは、今シーズン限りでマンチェスター・シティとの契約が満了を迎え、現時点では契約延長の話が出ていない状況だ。 そのため、このままいけばフリートランスファーで獲得でき、財政的に余裕のないバルセロナとしては願っても無い補強となる。 さらに、アグエロはアルゼンチン代表でFWリオネル・メッシとも知った中であり、友人でもあるため、バルセロナでの共演も見ることができる可能性がある。 そのメッシは、昨夏にバルセロナからの退団を希望したが結局は残留。アグエロがやってくるとなれば、チームに残る可能性もあるとみられている。 ラポルタ氏は、自身以外が会長になればメッシがチームを去る事になるとも語っており、会長に就任する気満々だが、アグエロ獲得となれば、より一層バルセロナの攻撃陣が強化されることは間違いないだろう。 2021.03.05 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「こんなの見たことない」メッシが無邪気に飛び跳ねる!感情爆発のスターにファンも反応

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが感情を爆発させたシーンに注目が集まっている。 バルセロナは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでセビージャと対戦。アウェイでの1stレグを2-0で落としているバルセロナは、逆転突破のためには3点が必要な状況だった。 前半に1点を返したものの、その後はセビージャの守備を崩しきれず、このまま試合終了と思われた後半アディショナルタイム4分にアントワーヌ・グリーズマンのクロスをジェラール・ピケが豪快ヘッド。これが決まり、土壇場で2戦合計で同点に追いつき延長戦へ突入する。 そして延長前半に途中出場のマルティン・ブラースヴァイトのヘッドで逆転し、2戦合計3-2の大逆転勝利を収め決勝へ駒を進めていた。 セビージャ戦にフル出場していたメッシだったが、ピケが同点ゴールを決めた際には感情が爆発。右手を高く掲げながら3度ジャンプし、体全体で喜びを表現した後、ピケのもとへ駆け寄っていた。 人前で感情を爆発させるようなことは多くないメッシの珍しいシーンは、バルセロナの公式ツイッターに取り上げられると、「こんなの見たことない」「嬉しそう」「かわいい」とギャップある姿に驚く声が多く寄せられていた。 驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナは、決勝でアスレティック・ビルバオと対戦する。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leo <a href="https://twitter.com/hashtag/Messi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Messi</a>&#39;s reaction to the game-tying goal. <a href="https://t.co/2PGEan47Yf">pic.twitter.com/2PGEan47Yf</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1367551372292407299?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシとセビージャSDが衝突? 事の発端はモンチの発言か

3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝のバルセロナvsセビージャの試合終了直後に、両陣営の一部が一触即発の事態を起こしていたようだ。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナが1stレグの敗戦を2ndレグでひっくり返し、劇的な決勝進出を果たした一戦。アウェイでの一戦目を0-2で落としていたバルセロナは、ホームで行われた二戦目の後半アディショナルタイムに同点に追いつくと、その勢いのまま延長戦で追加点を挙げて、大逆転勝利を収めていた。 問題があったとされるのはこの試合直後のこと。先にロッカールームに引き上げていたセビージャ陣営のペペ・カストロ会長とモンチSD(スポーツ・ディレクター)と、その後に戻ってきたバルセロナ陣営のFWリオネル・メッシと数名の選手およびコーチのペペ・コスタ氏が衝突。 発端は先月27日にセビージャの本拠地サンチェス・ピスファンで行われたラ・リーガ第25節の同一カードでの出来事で、主審の判定に執拗に抗議するバルセロナのロナルド・クーマン監督に対し、モンチ氏がスタンドから「泣き虫」と侮辱していたことがきっかけとされている。 この発言に関してメッシら選手たちが説明を求めると、モンチSDは「お前らはいつも同じような勝ち方をする」と口撃。これに対し、メッシらは「今日は暖かくして帰れよ」と応戦したという。 リーグ戦ではDFジエゴ・カルロスにイエローカードが出されたシーンや、メッシがDFジュール・クンデを後ろから倒した際に、2枚目のイエローカードが提示されたなかったことに不満を感じていたモンチSDは、コパ・デル・レイでもDFクレマン・ラングレの手にボールが当たったにもかかわらず、セビージャにPKが与えられなかったこともあり、咄嗟に憎まれ口を叩いてしまったのかもしれない。 なお、両陣営はそれ以上に発展することはなかったようだ。 2021.03.05 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

殊勲の同点弾も…バルサDFピケが右ヒザのじん帯損傷で離脱

バルセロナは4日、元スペイン代表DFジェラール・ピケの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ピケは4日にメディカルチームの検査を受けたとのこと。診断の結果、右ヒザの内側と外側の側副じん帯を損傷しているとのことだ。 なお、離脱期間に関しては明らかにされておらず、10日に控えているチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦の出場についても明らかになっていない。 ピケは3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのセビージャ戦に先発出場。後半アディショナルタイムに値千金の同点ゴールを決めていた。しかし、その後にヒザを負傷し退場していた。 今シーズンのピケは長らくヒザのケガで欠場しており、ここまでの公式戦で15試合の出場に留まっており、2月に復帰したばかりだった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.03.04 21:42 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly