短時間も決定機迎えた久保建英は「センセーショナル」、レアルを追い込んだチームをエメリ監督が評価「勝つチャンスだってあった」

2020.11.22 11:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督がレアル・マドリー戦をコメント。久保建英のパフォーマンスにも言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。ビジャレアルは21日、ラ・リーガ第10節でマドリーと対戦。開始2分でマリアーノ・ディアスにゴールを許す嫌な入りとなる。

そのまま試合は推移するものの、76分にジェラール・モレノがPKを決めて同点に。久保は89分に出場すると、後半アディショナルタイム1分に見せ場を作る。

ジェラール・モレノを起点としたロングカウンターからボックス左でパスを受けた久保はGKクルトワと対峙した中、右足に持ち替えてシュートを狙うが、ここは必死の戻りを見せたDFナチョのブロックに阻まれてしまった。

試合後、保有元のマドリーとの対戦を受けて久保のパフォーマンスを評価。最後の決定機を作ったシーンを称賛した。

「久保は今年はビジャレアルの選手であり、私は我々の利益のために使っている」

「マドリーではなく、ビジャレアルでのことに注目している」

「彼の貢献は素晴らしく、センセーショナルだった。試合に勝つチャンスだってあったんだ」

また、最後に勝つチャンスがあったことについて試合全体を振り返り、立ち上がりに出鼻をくじかれたものの、その後はちゃんと戦えたと振り返った。

「個々の観点、選手がもたらすものを見てしまうと、客観的ではなくなってしまう。より客観的になるために我々が最初にすることは、データ、枠内シュート、ポゼッション、そしてゴールを見ることだ」

「マリアーノのゴールは我々全員を混乱させた。スタートのプランを打ち砕かれ、20分間驚いたままだった」

「ただ、次第に我々も改善し、相手のゴールに向かって前進した。コントロールが足りない状況を乗り越えた」

「前半はいくつかのヘディングでチャンスを作られたが、それ以外はほとんどなかった。後半は4つの決定機があったが、カルバハルからは1回しかなかった」
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英が1月のビジャレアル退団を検討と現地報道、ラ・リーガではわずか先発1試合

ビジャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、1月にも退団を検討しているとスペイン『El Periodico Mediterraneo』が報じた。 昨シーズンはレアル・マドリーに加入後、マジョルカへとレンタル移籍を果たした久保。ラ・リーガでは35試合に出場し4ゴール5アシストを記録。新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間以降はチームを牽引していたが、残念ながらセグンダ・ディビシオン(2部)へと降格してしまった。 その久保は今シーズンはビジャレアルへとレンタル移籍。ここまでラ・リーガで10試合に出場、ヨーロッパリーグでは3試合に出場し1ゴール3アシストを記録しているが、リーグ戦ではわずか1試合の先発に留まっている状況だ。 ウナイ・エメリ監督は久保の能力を高く評価する一方で、「成長するプロセスがある」とし、ラ・リーガでの先発起用には慎重な姿勢を崩さない。 一方で、その能力の高さ故に先発起用しないことで多くの批判が集まっているのも事実。マドリーへの復帰話が何度も浮上している事態となっている。 そんな中、『El Periodico Mediterraneo』は1月に市場が開いた際に久保が別のクラブへと移籍すると報道。さらに、久保がビジャレアルを退団することを検討していると報じている。 前述の通りエメリ監督は久保にポジティブな印象を持っている一方で、まだまだフィジカル面で足りていないと考えている様子。エメリ監督が目指す戦術的な戦いに必要なフィジカルがなく、才能は認めているものの、先発起用を渋っている状況とのことだ。 ラ・リーガでは先発起用されない一方で、ヨーロッパリーグでは3試合連続で先発起用し数字も残している状況。21日のラ・リーガ第10節のレアル・マドリー戦では89分というタイミングで投入されながら、決定機を作りあわや決勝ゴールという見せ場も作った。あまりにもプレータイムが少ないことは気になるが、エメリ監督が先発起用したくなる結果を残し続ければ、いずれその日も来ると思うが果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2020.11.24 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルとマドリーの上位対決は白熱ドロー! 終盤投入の久保に見せ場も劇的決勝点とはならず…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第10節、ビジャレアルvsレアル・マドリーが21日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ビジャレアルMF久保建英は89分から途中出場した。   直近5戦負けなしで2位に位置するビジャレアルは、前節タフなヘタフェを相手にパコ・アルカセルと、ジェラール・モレノの2トップがきっちり仕事を果たして3-1の快勝。今季初の3連勝を狙うインターナショナルマッチウィーク初戦では負傷でメンバー外のアルカセルに代わってバッカを起用した以外、同じメンバーを継続。保有元との対戦となる久保は3試合連続ベンチスタートとなった。   一方、開幕から安定感を欠く4位のマドリーは、先日のインテル戦で今季チャンピオンズリーグ(CL)での初白星を手にしたが、前節のバレンシア戦では低迷する相手にまさかの1-4の惨敗に。さらに、セルヒオ・ラモスとベンゼマという攻守の要を負傷で、ヨビッチを新型コロナウイルス感染で欠くことになり、マリアーノが最前線で今季初先発を飾ることに。それでも、ヴァランが間に合い、それぞれ負傷とコロナウイルスから回復したカルバハル、アザールがスタメンに戻った。   注目の上位対決は意外な形からいきなり動く。開始2分、クロースのロングフィードに右サイド高い位置で反応したカルバハルが一度DFに引っ掛けられるも、こぼれ球を拾って正確なクロスをゴール前に供給。これをマリアーノが見事なダイビングヘッドで合わせた。この直後、ビジャレアル陣営はルーカス・バスケスの戻りオフサイド気味の動きに副審が一度旗をあげたことを理由にゴール取り消しを要求も、主審はゴールを認めた。   伏兵マリアーノの今季初ゴールでリードを手にしたマドリーは引き続き前から相手のビルドアップをけん制し、一気に主導権を掴みにかかる。   しかし、ビジャレアルもパレホ、トリゲロスを起点に質の高いビルドアップをみせ、要所で相手のプレスをいなして相手陣内深い位置までボールを運んでいく。とりわけ、両サイドバックの攻撃参加によって攻撃に厚みが生まれる。20分には右サイドのジェラール・モレノから左足インスウィングの絶妙なクロスが入るも、フリーのパレホのヘディングシュートはクロスバーの上を越えた。   前半半ばから終盤にかけては互いにインターナショナルマッチウィーク明けとは思えないインテンシティの高い攻防が繰り広げられる。互いに中央でのコンビネーションやサイドへの大きな展開を軸にアタッキングサードまでボールを運ぶものの、相手の集中した守備を前に仕掛けの部分でうまくいかず、なかなかフィニッシュの数が増えてこないまま、ハーフタイムに突入した。   迎えた後半も前半を引き継ぐ拮抗した展開が続く。後半に入ってより主導権を掴んだビジャレアルは57分、ボックス手前のトリゲロスからボックス内に走り込むジェラール・モレノに絶妙なスルーパスが通る。だが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは枠の左に外れ、後半最初のビッグチャンスをモノにできない。   選手交代で流れを変えたいエメリ監督は61分、ペドラサ、バッカ、トリゲロスを下げてエストゥピニャン、チュクウェゼ、ジェレミ・ピノを一気に投入。この交代でチュクウェゼとピノの両ウイング、ジェラール・モレノの1トップという形に並びが変化する。   対するマドリーは疲れの見えたアザール、ウーデゴールを下げて同じポジションにヴィニシウス、イスコを送り込んだ。   この交代で流れを掴んだのはビジャレアル。70分にエストゥピニャンの攻撃参加からペナルティアーク付近でパレホが放ったシュートは枠を捉え切れなかったが、74分にはボックス内へ抜け出したチュクウェゼがGKクルトワに倒されてPKを獲得。これをジェラール・モレノが冷静に左隅へ決めて76分の同点ゴールとした。   その後は前半から飛ばしていたマドリーの運動量が落ち始めたことで、ホームのビジャレアルが押し込む展開となる。だが、連敗は許されない昨季王者も最後のところで粘りを見せる。   89分には保有元との対戦となる久保がモイ・ゴメスとの交代でピッチに送り出される。すると、91分には久保に大きな見せ場が訪れる。ジェラール・モレノを起点としたロングカウンターからボックス左でパスを受けた久保はGKクルトワと対峙した中、右足に持ち替えてシュートを狙うが、ここは必死の戻りを見せたDFナチョのブロックに阻まれた。   さらに、93分には久保が相手陣内右サイドで縦へ仕掛けてFKを獲得。ラストプレーとなったこのFKでキッカーのパレホから正確なボールがゴール前に向かうが、ここはDFヴァランのクリアに阻まれて試合はタイムアップ。   白熱の上位対決は1-1のドローで決着となり、ビジャレアルは無敗記録を「6」に更新。一方、マドリーは2戦未勝利と足踏みが続く。 2020.11.22 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英の起用は? レアル戦前にエメリ監督が改めて評価「彼と彼のパフォーマンスに満足」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、週末のレアル・マドリー戦、そして日本代表MF久保建英について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビジャレアルは、今シーズンのラ・リーガで現在2位に位置。ここまで5勝3分け1敗と好調を維持している。 21日にはラ・リーガ第10節で現在4位のマドリーと対戦。上位対決となるだけに、大きな注目を集める一戦となる。 その中でも、マドリーからレンタル移籍で加入している久保に注目が集まる中、エメリ監督はまだ成長過程にあるとコメント。しかし、クラブも久保も互いに恩恵を受ける関係であると主張した。 「久保にはプロセスがある。一方はビジャレアルの道、もう一方は久保の道だ」 「我々は皆、ビジャレアルには久保を育成することでの恩恵を得てもらいたいと思い、久保がビジャレアルから恩恵を得ることも望んでいる」 「彼は我々と一緒にヨーロッパでデビューし、常にチームへのコミットメントと関与を示している。日々、私は彼と彼のパフォーマンスに満足している」 対戦相手のマドリーだが、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランス代表DFラファエル・ヴァランが代表活動でケガをしたとのこと。また、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが右足脛骨を骨折、ベルギー代表MFエデン・アザールとブラジル代表MFカゼミロが新型コロナウイルスに感染するなど、チームが崩壊寸前だ。 エメリ監督は難しいシーズンになることは仕方ないことだとしながらも、順位を上げるために最高のチームを送り出してくるだろうとコメントした。 「全てのチームが、スタートはいつもと違うプレシーズンであり、同じく苦しんでいるCOVID-19により複雑な状況だ。我々のようにヨーロッパでプレーするチームに対し、特に提供を与える別の要因もある。それは、ローテーションと試合でのマネジメントだ」 「マドリーにはケガの問題も追加されてしまった。だからこそ、努力をマネジメントしなければいけない試合もあったし、パフォーマンスが上がらない試合もあった」 「我々に対して、彼らが脆弱になることはない。順位を上げるには勝つ必要があり、4日後にはインテル戦も控えている。とても重要なゲームだろう。我々に対して、そしてインテルに対して、可能な限り最高のレアル・マドリーになると思う」 「ローテーションやケガ、COVID-19による強制的なローテーションは想像することは不可能だが、最高のレアル・マドリーとしてくるだろう。スターティングメンバーが100%の確率で90分間プレーすることになれば、勝つことはとても難しくなる」 2020.11.20 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英の同僚が帰国前にまさかのパスポート紛失、SNSのパワーで無事発見

エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンが、ソーシャルメディアの力を思い知ることとなった。 ビジャレアルに所属するエストゥピニャンはエクアドル代表としてカタール・ワールドカップ南米予選に出場。コロンビア代表戦ではゴールも決め、チームの6-1の大勝に貢献していた。 コロンビア戦を終えてスペインへ戻る予定のエストゥピニャンだったが、ここでまさかの問題が。なんとパスポートを紛失してしまったようだ。 21日にはラ・リーガ第10節でレアル・マドリーとの一戦が控えており、試合出場も見込まれるエストゥピニャン。パスポート紛失で帰れないなどという残念な結末だけは避けたいところだった。 そのエストゥピニャンは、「カラプンゴ(キト市内)で紛失した3つの黒いバッグとパスポートを見つけるため、電話をかけたいと思う。見つけてもらえたら幸いです」とツイートしていた。 このメッセージはエクアドル国内など5000リツイートされたほか、インスタグラムでも呼びかけることに。また、自身のメールアドレスも記載し、発見した人に連絡を求めていた。 その結果、エクアドルサッカー連盟の力も借り、水曜日の午後に無事に発見。エストゥピニャンは「あなたの助けのおかげで、僕は最も重要なスーツケースとパスポートを取り戻すことができた。神のご加護がありますように」とツイートし、写真と共に報告した。 エストゥピニャンは今夏ワトフォードからビジャレアルに完全移籍。ここまでラ・リーガで6試合に出場していた。 <div id="cws_ad">◆無事にパスポートと荷物を発見<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Gracias a su ayuda conseguí recuperar la maleta más importante y el pasaporte. <br><br>Que DIOS les bendiga. <a href="https://t.co/OB5HUICiAi">pic.twitter.com/OB5HUICiAi</a></p>&mdash; Pervis Estupiñan (@PervisEstupinan) <a href="https://twitter.com/PervisEstupinan/status/1329113123400404992?ref_src=twsrc%5Etfw">November 18, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.19 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝PKを生み出した久保建英のパス「ラストパスがゴールになればOK」

日本代表のMF久保建英(ビジャレアル)が、パナマ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 13日、日本代表は国際親善試合でパナマ代表と対戦。後半に久保のスルーパスを受けた南野拓実がボックス内で倒されPKを獲得。これを南野がしっかりと決めて、1-0で日本が勝利した。 <div id="cws_ad">◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qkaldp2hdx4h1chk2hiblftdc" async></script></div> この試合、2シャドーの左で先発出場した久保は、同じシャドーに入った三好康児とポジションを入れ替えながらプレー。3バックを採用したチームについては「3バックで特徴としては最終ラインからビルドアップし、なおかつウイングバックもボールを運べるシステム」とコメント。「長友選手に高い位置を取らせるという意識は、ビルドアップの時はありました」とし、ウイングバックを使う攻撃を意識していたと振り返った。 苦しい前半を過ごした日本だったが、南野、三好とともに前線の3人のコンビネーションで崩す場面もあったが、「特にハーフタイムは話をしました」と後半に向けて修正をしたとコメント。「人数がかけられないのは左はありましたが、右は良かったので、南野選手とも話しました」と、しっかりと改善できたとした。また、「2人とも似たタイプだと思うのでやりやすかったです」と語り、良いコンビネーションが出せたと手応えを語った。 この試合の唯一のゴールとなったPKのシーンでは、遠藤航からのパスを受けた久保がスルーパスを出し、南野が倒されてPKとなった。このシーンについては、「相手もしっかりプレスに来ていましたが、判断の緩みがあって、遠藤選手から自分が受けたい位置に良いパスが来て、南野選手が動いているのが見えたので、そこに出したという感じです」とし、思い描いていたプレーができたと語った。 前日の取材では「爪痕を残したい」と語っていた久保。今日のPKに繋がったパスについては「今日みたいなラストパスを3本出して3点になればOKです。あのようなパスを出せれば味方も理解してくれると思う」とし、満足いくパスだったとコメント。「それがゴールだったりに繋がるので、自分もそういうパスが欲しいということをアピールしていければと思います」とし、アシストでもチームのゴールに繋がるプレーで自分を表現したいと語った。 一方でゴールはまだ決められていない久保。「やり続けることが大事です」と語り、「今日の試合も何回か惜しいところはありました」とゴールチャンスがあったとし、「今日は起点という形なので、飛び込んだり、今日のようなプレーを続けたいと思います」と、貪欲にゴールに向かうことを意識しているようだ。 この試合の勝利については試合後に「勝ち点3」と表現した久保。「他のヨーロッパの国はネーションズリーグをやっていて、勝ち点3を争っている。自分たちは同じ時期に親善試合をしているけど、勝ち点3といっても良いと思う」とコメント。真剣度は同じであるとし、「楽しみつつ、相手をリスペクトしながらチャレンジしたい」と親善試合はチャレンジを行う場でもあるとコメント。「試合は練習でやったことをチャレンジする場だと思う。できることをチャレンジしていける場所だと思う」と、しっかりと積み上げたものを試していきたいと語った。 2020.11.14 02:27 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly