EL・グループ首位も、ジェラードは10人相手のドローを悔やむ「重要な時間帯にスイッチを切った」

2020.11.06 15:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ヨーロッパリーグ(EL)で強豪相手からの勝利を逃したことを悔やんでいる。クラブ公式サイトが伝えた。スコティッシュ・プレミアシップでは首位を快走し、ELでも2連勝中と絶好調のレンジャーズは5日、ELグループD第3節においてポルトガルの強豪ベンフィカと対戦。勝ち点で並ぶ両者の試合となった。

開始早々に失点を許したものの、19分にベンフィカのDFニコラス・オタメンディが退場すると、そこから数的有利を活かし3点を奪ったレンジャーズ。しかし、その後は10人の相手に反撃を受けると、終了間際に同点ゴールを決められ、2-2のスコアでドローとなった。

結果的に勝ち点差は生まれず、アウェイゴール差で現状はレンジャーズが首位に立っているが、試合後のジェラード監督は順位については触れず、数的優位に立ちながらリードを守れなかったことをひたすら悔やんだ。

「試合に勝利し、勝ち点3を奪うための大きなチャンスを逃してしまった。序盤は貧弱なスタートを切り、悪い失点の仕方をしたが、レッドカードが明らかな助けとなり、そこからは良いサッカーをして3-1にすることができた」

「ドローの結果に終わってしまったのは本当に残念だ。ゲームマネジメントに問題があったね。3-1になってから、うまくコントロールできなかったと思う」

「我々はピッチ上で良いポジションをとって試合をコントロールし、秩序を保てばよかっただけなのだ。コントロールを失ってしまった自分たちに責任がある。2つの悪いゴールを決められたし、こちらは2、3回のビッグチャンスを逃した。3-1の時点で、我々は試合を終わらせるのに十分なプレーができていなかったよ」

ジェラード監督は、相手に退場者が出た後のチームのプレーについては称賛しつつ、3得点を挙げた後で満足してしまったことが、今回の結果を招いたと語った。

「相手にレッドカードが出た後で見せた我々のサッカーのいくつかは、目を見張るものがあったと思う。自由で素晴らしい流れだったし、少なくとも3点は取るに値するものだった」

「重要なのは、ピッチ上での秩序だ。選手たちはより良いポジションをとり、正しい判断をしなければならない。そして、ベンフィカに敬意を払いつつも、よりアグレッシブになるべきだったんだ」

「我々は試合の重要な時間帯にスイッチを切ってしまった。そして、その代償を払う結果になってしまったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

EL決勝T進出を決めたレンジャーズ、ジェラードは「選手たちを誇りに思う」と歓喜

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ヨーロッパリーグ(EL)で逆転勝利を収めたチームを絶賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 3日に行われたELグループD第5節において、レンジャーズはベルギーのスタンダール・リエージュと対戦。勝てば1試合を残した状態で決勝トーナメント進出が決まる、重要な一戦となった。 しかし、試合は6分に先制を許すと、39分に追いついた直後2失点目を喫する苦しい展開に。しかし、前半のアディショナルタイムに得たPKで同点としたレンジャーズは、63分にMFスコット・アルフィールドが3点目を決め逆転。そのまま3-2のスコアで勝利した。 この逆転勝利により、レンジャーズは1試合を残した状態で決勝トーナメント進出が決定。レンジャーズが4チーム制になってからの欧州カップ戦において、第5節でグループステージ突破を決めるのは初となる。 試合後のインタビューに応じたジェラード監督は、選手たちが成し遂げたことを大いに誇った。 「これは大きな成果だ。選手たちを本当に誇りに思うよ。彼らは今夜の試合に多くのものを注ぎ、それはグループステージのこれまでの試合でも同様だった」 「余裕のある試合ができたと思う。本当に厳しいグループだったが、突破に値するね。もちろん、まだ1試合残っているから、そこで自分たちをしっかり見つめ直して、なるべく力強く締めくくりたい」 「選手たちには本当におめでとうと言いたい。サポーターやクラブにとっても重要な出来事なのは明らかだし、本当に嬉しいよ。今夜の選手たちは、90分勝利に値する動きをしていたと思う。特に後半のプレーは素晴らしかった」 「前半は攻撃が不十分で受動的だった。我々は戦術を調整する必要があったね。いつものようにポゼッションを高め、積極的になる必要があったが、後半はそれができた。選手たちはシーズンの初めから、キャラクターをしっかり示してくれているよ」 2020.12.04 16:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンフィカとの2戦連続ドローを誇るジェラード「CLクラスのチームと戦えている」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督がヨーロッパリーグ(EL)でのドローに一定の満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 レンジャーズは26日に行われたELグループD第4節でベンフィカと対戦。勝てば決勝トーナメント進出が決まるレンジャーズは69分までに2点リードの状況だったが、78分にオウンゴールで失点すると、3分後にも追加点を許して、2-2のドローに終わった。 ジェラード監督は試合後、勝ちきれなかったことに悔しさを滲ませたものの、試合全体を見ればドローは公平な結果だと話している。 「この結果は妥当なものだと思う。2点差とするまでは非常によくやっていたが、ゲームを完全にコントロールできてはいなかったね」 「我々は2つの素晴らしいゴールを決めた。特にケマル(・ルーフェ)が決めた2点目はシーズンでもベストの1つだと思う。しかし、我々に疲労が出てきた試合終盤に、ベンフィカにペースを握られた。試合の終盤に向けて集中し努力する必要があったが、できなかったことで代償を払った」 また、ジェラード監督はポルトガルの強豪クラブであり、チャンピオンズリーグ(CL)常連でもあるベンフィカと2戦続けて互角に戦えたことに対して、チームを誇った。 「感情が落ち着き、来週のスタンダール・リエージュ戦に向けて準備を進める中で、ベンフィカとの2試合で引き分けたことの大きさに気がつくだろう。これは選手たちの真剣な努力で成し遂げたことだし、彼らがこの2試合で与えてくれたものを誇りに思う」 「勝てなかったことには少しがっかりしたり、悔しい思いをしたりするけど、誰と対戦しているか忘れてはいけないね。我々は、ELにいるべきではないCLクラスのチームと対戦しているんだ」 「これは、我々が大きな進歩を遂げ、前進中であると示している。ベンフィカは今夏世界で4番目に資金を費やしたチームだったと思うが、我々はこうしたチームに立ち向かい、競争し、試合に勝つためのチャンスを掴んでいるんだ」 「選手たちをこれ以上に誇りに思うことはできない。無敗は続いているし、今は国内のリーグにフォーカスして、姿勢とメンタリティを保ちながら週末に向けて準備していきたいね」 2020.11.27 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラードが“悲劇のスリップ”に改めて言及「時に失敗はより良くなるための助けになる」

2019-20シーズンに30年ぶりのリーグ制覇を果たしたリバプール。クラブ史上初のプレミアリーグ優勝であったが、2013-14シーズンにもあと一歩のところまで迫っていた。 当時ブレンダン・ロジャーズ監督に率いられていたリバプールは、プレミアリーグ第36節を迎えた時点で首位に立っており、残り3試合を2勝1分けで乗り切れば悲願のプレミアリーグ初制覇が決まる状況だった。 しかし、迎えたチェルシーとのホームでの一戦、前半アディショナルタイムにクラブのアイコンでもあるMFスティーブン・ジェラードが最終ラインでのパス回し中にまさかのスリップ。 そのボールをチェルシーのFWデンバ・バがかっさらうと、GKシモン・ミニョレとの1対1を制し、チェルシーが先制。まさかの形での失点に、完全に歯車が狂ってしまったリバプールはその後、後半アディショナルタイムにもカウンターから追加点を許し、2-0で敗れた。なお、この敗戦からペースが狂ったリバプールは、優勝を逃している。 主将の悲劇的なスリップは、優勝できなかったリバプールを揶揄するシーンとして語り継がれ、ジェラード氏自身も「後悔を抱えながら生きるしかない」と明かしていた。 現在はレンジャーズで監督を務めるジェラード氏だが、イギリス『ミラー』によれば、改めて『ハイ・パフォーマンス・ポッドキャスト』の中でこの件について言及。この時の教訓が指導者人生の糧になっていると明かした。 「それは本当に残忍で、残酷で、私の人生の中で最低なものだった。2014年のチェルシーとのエピソードは今も私の中にある。それが私に特別な決意を与えたかどうかは分からない」 「私の経験では、時に失敗はより良くなるための助けになることがある。私は今でもどこかでより高みを目指している。私は高みを目指すために努力し続けたい」 「時には悪い時や失望がきっかけとなり、驚くべき何かへの引き金になることがある。私は今、レンジャーズを代表している。それがどういうことかと言えば、私は少しでも高い位置やアドレナリンがみなぎる高みを見ている。そこに向かい、達成したいんだ」 悲劇のスリップを乗り越え、指導者としての高みを目指しているジェラード氏。スコティッシュ・プレミアシップではレンジャーズのライバルであるセルティックが目下9連覇中なだけに、連覇阻止が今シーズンの目標だ。 <div id="cws_ad">◆痛恨のスリップ ジェラードの全力疾走も追いつかず<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">SIX years ago today... that Steven Gerrard slip. <a href="https://t.co/J2dtU3kLrL">pic.twitter.com/J2dtU3kLrL</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1254696548946108416?ref_src=twsrc%5Etfw">April 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></script></div> 2020.10.27 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

114年ぶりの快挙!ジェラード監督率いるレンジャーズが開幕6試合連続クリーンシート達成

スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズが、114年ぶりの偉業を達成した。 8月からスタートしているスコティッシュ・プレミアシップ。29日に第6節が行われ、レンジャーズはハミルトン・アカデミカルと対戦。0-2で勝利を収め、首位をキープした。 開幕から5勝1分けとしたレンジャーズだが、この間偉業を達成。開幕から6試合が経過し未だ無失点を継続するレンジャーズは、1906年のセルティックの記録に並んだとのこと。114年ぶりの快挙達成となった。 2019-20シーズンはシーズン途中で打ち切りとなったスコティッシュ・プレミアシップ。ジェラード監督の下、チーム再建を進めているが、今シーズンはこのままの勢いでセルティックの連覇を止め、リーグ制覇を成し遂げられるだろうか。 2020.08.30 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レンジャーズを下したレバークーゼン、準々決勝はインテルと激突!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、レバークーゼンvsレンジャーズの2ndレグがバイ・アレーナで行われ、1-0で勝利したレバークーゼンが合計スコア4-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。当カードは、レンジャーズのホームに乗り込んだレバークーゼンが1-3で勝利した1stレグでストップ。それからおよそ5カ月ぶりの再開となった。 この間にレバークーゼンはブンデスリーガで5位となり来季のEL出場権を獲得。レンジャーズはスコティッシュ・プレミアシップが打ち切りとなり暫定順位の2位でフィニッシュ。そして早くも2020-21シーズンが開幕しており、第1節ではアバディーンに0-1で勝利している。 静かな立ち上がりとなった2ndレグ。ホームのレバークーゼンが主導権を握る中、初めてチャンスを迎えたのは16分のことだった。右サイドのクロスから、ボックス右のハフェルツがクロスバー直撃の強烈な左足のシュートを見舞う。23分にはパラシオスのスルーパスで飛び出したハフェルツが再びゴールに迫るが、ボックス左からのシュートは右に逸れた。 43分にもチャンスシーンを作ったレバークーゼンは後半開始早々の51分、アランギスのロングパスに反応したディアビがスピードを落とさない丁寧な胸トラップでボックスへ侵入。そのままゴールを陥れた。 これで合計スコアを4-1としたレバークーゼン。ベスト8進出が濃厚となった中、71分の相手のFKの場面では、ゴールドソンのヘディングシュートをタプソバがライン上でクリアするファインプレーで失点を回避。 その後は隙を与えない試合運びでクローズしたレバークーゼンが勝利を収め、インテルの待つベスト8進出を決めた。ここからは中立地ドイツでの一発勝負となる。 2020.08.07 04:01 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly