負傷者に悩む大宮、MF大山啓輔、MFイッペイ・シノヅカ、FW髙田颯也も離脱…公表されているだけで10人目

2020.11.03 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大宮アルディージャは3日、MF大山啓輔、MFイッペイ・シノヅカ、FW髙田颯也の負傷を発表した。大山とイッペイ・シノヅカは10月18日(日)に行われた明治安田生命J2リーグ第27節のファジアーノ岡山で負傷。大山は右ヒザ外側側副じん帯損傷で全治4~6週間、イッペイ・シノヅカは右肩関節唇損傷と診断され、全治4~6週間とのことだ。

また、髙田は10月10日(土)に行われた明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SC戦で負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月の重傷となった。なお、髙田は2日(月)にさいたま市内の病院にて手術を行ったとのことだ。

大山は今シーズンの明治安田J2で16試合に出場し1得点、イッペイ・シノヅカは23試合で3得点、ルーキーの髙田も14試合に出場していた。

大宮はFW藤沼拓夢が左ヒザ前十字じん帯損傷、MF石川俊輝が左足腓骨骨折で長期離脱中。その他、公表されているだけでもFW吉永昇偉、DF河面旺成、MF酒井宣福、MF嶋田慎太郎、FW戸島章、DF河本裕之、DF渡部大輔が負傷中。離脱していたDF山越康平、MF近藤貴司が最近復帰したばかりだった。
関連ニュース
thumb

霜田新体制でJ3降格圏脱出目指す大宮、シーズン途中でキャプテンを交代! 三門雄大が就任

大宮アルディージャは11日、キャプテンにMF三門雄大(34)が就任したことを発表した。 今シーズンの大宮は岩瀬健監督を迎えてJ1昇格を目指した中、チームはシーズン序盤からつまづき、2勝5分け8敗でJ3降格圏と低迷。岩瀬監督を解任し、佐々木則夫監督が暫定指揮を執るも、2連敗と結果が出ていなかった。 そんな中、霜田正浩監督の就任が発表。13日の明治安田生命J1リーグ第18節の栃木SC戦から指揮を執る。 その栃木戦を前にキャプテンの交代を発表。今シーズンはDF渡部大輔(32)がキャプテンに就任していたが、シーズン途中での交代となった。 なお、副キャプテンのDF馬渡和彰(29)、MF石川俊輝(29)はそのまま副キャプテンを務める。 2021.06.11 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

J3降格危機の大宮が霜田正浩氏を新監督に招へい「全ての試合でチャレンジャーとして向き合う」

大宮アルディージャは7日、新監督に霜田正浩氏(54)が就任することを発表した。 なお、霜田新監督は13日の明治安田生命J2リーグ第18節の栃木SC戦から指揮を執る。 霜田監督は、JFL時代の徳島ヴォルティス(大塚製薬徳島ヴォルティス)のコーチとして指導者のキャリアをスタート。京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)ではユースやジュニアユースの監督を務めたほか、強化部長補佐も務め、FC東京でも強化部長補佐やヘッドコーチを務めた。 その後、関東リーグ時代のY.S.C.C.横浜で監督を務め、ジェフユナイテッド市原・千葉ではトップチームのコーチとヘッドコーチを歴任。2009年に日本サッカー協会(JFA)に入ると、技術委員長や日本代表のナショナルチームダイレクター、アンダー世代の監督などを務めた。 2017年にはシント=トロイデンでコーチを務めると、2018年1月にはレノファ山口FCの監督に就任。2021年1月からはベトナムのサイゴンFCのアドバイザーを務めると、2月に監督に就任したが、3月には解任されていた。 霜田氏は、J2通算126試合で指揮し38勝27分け61敗の成績。2018年はJ2で8位となっていたが、主力選手の引き抜きなどもあり2019年は15位、2020年は22位となっていた。 大宮は今シーズンから岩瀬健監督が就任。J1昇格を目指した戦いの中、チームは結果を残せずに降格圏に沈む状態に。さらに、なかなか改善が見られないことから解任されると、なでしこジャパンでW杯を制し、トータルアドバイザーを務めていた佐々木則夫氏が暫定的に指揮を執っていた。しかし、佐々木氏が指揮した2試合も連敗と厳しい状態が続いている。 霜田監督はクラブを通じてコメントしている。 ◆霜田正浩監督 「大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ。このたび、監督に就任しました霜田正浩です。苦しいシーズンを送っている選手たちの躍動感を取り戻し、このクラブが培ってきた誇りを胸に、残り試合を大宮のために全力で闘うつもりです。ここからのリスタートですが、どの相手に対しても、全ての試合でチャレンジャーとして向き合い、日々のトレーニングから魂を込めた準備をしていきます」 「一つのボールを奪い合う執念、味方のために走ること、諦めずにボールを追うこと、チーム全員で同じ絵を描くこと。そして何より勝つことにこだわります。チームを取り巻く人たちが一丸になるためには、まず僕らがピッチから皆さんに伝えるものがなければいけない。それを皆さんに感じていただけるように、選手を信じて闘いますので、ぜひ応援をよろしくお願い申し上げます」 また、佐野秀彦社長もコメント。期待を寄せた。 ◆佐野秀彦 代表取締役社長 「現在のチーム状況を打開するために、選手個々の特長を引き出し、『勝負強さ』『目標に向かっていく力』『コミュニケーション力』など、強い気持ちで戦う意識をうえつける力に優れた霜田監督が就任します。霜田監督の豊富な経験と情熱によりチームに『戦う気持ち』を呼び起こし、まずは降格圏から抜け出すことを直近の目標として取り組みます」 「常に危機感を持って、残り25節をクラブに関わる皆さんと一丸となって戦い、全ての試合で最後の最後まで勝利を目指して戦ってまいりますので、引き続きの温かいご支援、そして熱い応援をよろしくお願い申し上げます」 2021.06.07 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

「責任が重くなる」監督解任、苦境に立つ大宮の10番・黒川淳史は貪欲にゴールを求める「得点ランキングの上位に行ける力はある」

大宮アルディージャの10番を背負うMF黒川淳史が、監督交代やこれまでのシーズンについて語った。 J1昇格を目指す大宮は、2021シーズンに向けてクラブOBである岩瀬健監督を招へい。開幕戦では勝利を収めたものの、その後は低迷の一途を辿る。 各ポジションにケガ人が相次いで出るなどのエクスキューズもあった中、2度の3連敗を喫するなどし、現在は10戦未勝利で降格圏に位置。23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節では残留を争う最下位のギラヴァンツ北九州に3-1で完敗。この結果を受けて岩瀬監督が25日に解任された。 暫定指揮官としてクラブのトータルアドバイザーであり、大宮アルディージャVENTUSの総監督でもある佐々木則夫氏が暫定監督に就任した中、29日にはジェフユナイテッド千葉との一戦を迎える。 岩瀬監督の下ではレギュラーとしてプレーしていた黒川。しかし、結果が残せずに監督がチームを去ることとなったが、率直な感想については「ここから自分たちの責任が重くなると感じました」とコメント。後任監督については選手の良さを出せる人をという話もあるが、「色々な監督がいる中で、自分自身も徐々に自分の良さが出てきていたので、どの監督であろうが、自分自身が特徴を出さなければいけないです」とコメント。自分がもっと良さを出す必要があると語った。 その黒川は右サイドでのプレーが多い中、最近の試合では中央でプレーし、直近のギラヴァンツ北九州戦では2トップの一角を務めていた。今シーズンはここまで明治安田J2で全15試合に出場しているが、得点はゼロと寂しい状況。自身はもっと得点を奪える選手だと反省した。 「得点ランキングの上位に行ける力はあると思っているので、周りとの連携もそうですが、もっともっと取りたいと思います」 「よりゴール前でのプレー回数を増やすこと。ゴール前での部分が自分の特徴なので、どんどんゴール前に入っていきたいと思います」 その中で迎えるジェフユナイテッド千葉戦はホームゲームとなる。試合に向けては「ひとつチームの流れが変わる中で、ホームでできることはポジティブですし、勝つために良い準備をして、結果が勝つのか負けるのかはその時にしかわからないですが、どういう準備をするかが大事だと思います」と語り、勝利するための準備をしていくと語った。 しかし、ここまでは2勝5分け8敗で降格圏に位置。その点については「自分の力がないことを感じますし、自分の力をもっと積極的に出さなければいけないですし、もっとリーダーシップを取らないといけないと思っています」と、反省するポイントがあるとコメント。「監督が交代になりましたけど、僕自身が自分の中でまだまだ足りていないことがたくさんあるので、どんどん突き詰めていければ自ずと良い流れになっていけると思います」と語り、自身のプレーを見直して、しっかりと結果を残していく必要があると語った。 佐々木監督の印象については「練習のアップの時に全員で一緒にやるゲームを入れたりしていて、少しずつ一体感というのが新たに作られていっている感じがします」と語り、チームとしての雰囲気も悪くない様子。監督からは「責任を持ってやっていくことと、順位を1つずつ上げていくことと、選手が責任を持ってプレーすること」が話されたと明かした。 一方で、選手たちの評価はフラットになり、ポジション争いが再び始まることになる。黒川は「どんな監督であろうと、自分の特徴を出すことに専念して、自分がどういう準備ができるのか。どういうプレーができるのかを常に心がけていければ、チームが勝つためにどういう役割を果たせるかが大事になってくるので、まずは自分にフォーカスしたいです」と語り、佐々木監督でも、その後の新監督の下でも、まずは自分のパフォーマンスを上げることが必要だと語った。 クラブは岩瀬監督解任時の声明でシーズン折り返し地点での一桁順位を掲げた。その点については「まず一桁順位というのは、近い目標なので、選手としては目指しやすいかなと思います」と語り、「現実的で可能だとも思います」とコメント。そのためにも重要な千葉戦に関しては「自分が点を取れば勝てます」と強い意気込みを語った。 2021.05.27 21:53 Thu
twitterfacebook
thumb

「俺に任せろ」窮地の大宮を救えるか、佐々木則夫監督が選手に求める意識の変化「前への意識は強くなる」

大宮アルディージャは27日、暫定的に指揮官に就任した佐々木則夫監督(63)の就任会見を行った。 J1昇格を目指す大宮は、2021シーズンに向けてクラブOBである岩瀬健監督を招へい。開幕戦では勝利を収めたものの、その後は低迷。 ケガ人が相次いで出るなどのエクスキューズもあった中、2度の3連敗を喫するなどし、現在は10戦未勝利で降格圏に位置している。 23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節では残留を争う最下位のギラヴァンツ北九州に3-1で完敗。この結果を受けて岩瀬監督が25日に解任。クラブのトータルアドバイザーであり、大宮アルディージャVENTUSの総監督でもある佐々木氏が暫定監督に就任した。 チームは29日に予定されている第18節のジェフユナイテッド千葉戦に向けて準備を行う中、佐々木監督は要請を受けた理由について「岩瀬監督をサポートしなければいけない私自身も、様々な試合、内情も理解していたつもりなので、岩瀬監督、選手が頑張っている中でなかなか結果が出ないことは裏も表もわかっているつもりです」とコメント。「その状況の中で流れを変えなけばいけない。まだまだJ1(昇格)を捨てきれない.。順位を1つでも上げなければいけない状況の中では、私自身がサポートをしっかりできなかった分、自分自身がやらなければいけないという使命を感じていましたので、要請があった時は責任を持ってやりますということで受けました」と語り、チームの状況を理解していたからこそ、立て直しにかかろうという意識だと語った。 佐々木監督が見ていた問題点については「岩瀬監督には、数年後の大宮アルディージャも想定した中で、様々なトライをしていただいたと思います。各チームもそういった中で、勝ち点を取って上位へというところでやっていると思いますが、現状、理想と現実が状況が変わってきていたので、勝ち点を1つでも、引き分けよりも1試合で勝ち点3を取れるという現実的なサッカーをやる必要があると考えています」と、未来よりも目の前の試合が重要だとコメント。「そこを選手に伝え、何試合になるかわかりませんが、私が監督の時は現実的な勝ち点を積み上げることをしっかりとアプローチしていきたいと思います」と語り、勝ち点をしっかりと積み上げていくことの必要性を語った。 これまでの試合の印象については「試合の経過的には、1点差や逆転負け、些細なプレーが失点に繋がっている状況だった」と分析。「失点するときは、終盤とか、点を取った後にすぐ取られるとか、気の緩みという部分から脱出できないことが、現状に至っている」とメンタル面の問題を指摘した。「確率ではないですが、現実的にここで後ろに下げる、横パスというよりも、前への意識とか。前に意識を持たせるために、周りでコーチングをそつなくやっていくとか、細かい習慣を身につけることが重要だと感じて、口すっぱくそこを求めてやっています」と、メンタリティを変えにいく指導をしていると明かした。 また、これまでなでしこジャパンを長らく率いた経験については「これまでなでしこを率いた時に、少ない試合やトーナメントなど、常に一戦一戦負けることができない環境の中で、相手がドイツ、アメリカといった身体能力が高い、スピードがある、パワーがあるという状況下で、なんとか自分たちを分析しながら、どうやったら勝てるかをやってきました」と勝たなければいけない試合を多く経験してきたことを語り、「選手たちには俺に任せれば、自信を持ってこの数試合で勝ち点取れる戦い方をさせるからということを言ってやっています。なんとか、有言実行にしたいと思います」とし、選手たちはプレーに専念し、勝てるためのマネジメントをしていくと意気込みを語った。 今シーズンの大宮は、得点直後に失点をしたり、失点後に続けて失点をするなどする場面が散見。チームの流れが試合中に大きく落ちる傾向が見られていた。 その点については「守る時間が長いにもかかわらず、そういった姿勢になってしまうのは、勝ちたいというあまりに引けl腰になってしまうと思うので、そういったマインドを変えたり、前への意識を持たせたり」とここでもメンタリティを変えにいくとコメント。また交代策についても言及し、「メンバーを交代する時は、ディフェンスに置くのではなく、前目にスピードやパワー、テクニックのある選手を使うとか、そういった状況を選手にメッセージを伝える選手交代も必要だと考えている」とし、チーム全体としての意識を前に向かせるために動くとした。 また「ここまでの経過の反省を含めてでもありますが、徹底することはこの4日間でできるかはわかりませんが、とにかく以前よりは前への意識が強くなっていると思います」と語り、大きなポイントとして前向きな意識を持っていきたいと方向性を示した。 選手起用については「日々、メンバーを変えながら3日目をやりました」とトレーニングを指導し始めてから様々な組み合わせを試しているとした佐々木監督。「その中で、対ジェフと前向きな部分と、そういった中でどの組み合わせが良いかは明日決めていきたいと思っています」とし、チームコンセプトと相手を考えての選考にしたいとした。 久々の現場復帰となったが「現場の指導も本当に久々にした中で、現場はいいなという感じです」とコメント。「指導して少し変化する。改善できないことがアドバイスで変化する。お互いにできたこと、できなかったこと、感じたことを共有しながら現場でやるのはやはり良いねという感じです」と語った。 実際に指導したチームの印象は「選手たちは真面目な選手が多く、真面目すぎるという感じもあるので、そういったところをどうアプローチしていくかという感じです」とコメント。「3日間で感じたところです。素直な部分では、指示に対して順応性が高いという部分もあるので、変えられるなという感じはあります」と、チームの変化にも自信を窺わせた。 新体制で臨む千葉戦は、ホームゲームとなり、すでにチケットは完売。チームの変化を期待して、多くの大宮サポーターが注目する試合となる。 千葉戦については「ホームゲームで勝ち点3、勝利を届けることができていないので、とにかく私自身は引き分けはいらないと。絶対に勝つんだということを選手にしっかりと伝えて、ピッチに送り込みたいと思いますし、こんな厳しい状況下の中では29日はチケットが完売しているという状況でもあるので、そういったことを選手自身も感じていると思います。とにかく、皆さんのために走って、走って、走りまくって勝つしかないと思います」と語り、応援してくれるサポーターのためにも勝利を届けたいと語った。 また、厳しい中でも応援してくれるサポーターについては「こういう状況であっても辛抱強く応援していただけるサポーターの皆さんには感謝するしかありません。その中で、私自身が監督になって、私の使命は皆さんに勝ち点3を届けるために選手を大きくサポートするしかないと思います。(チケットが)完売していると聞いて、皆さんの熱い想いをひしひしと感じて、選手たちには頑張らせますし、私自身も誠心誠意選手たちをサポートしたいと思います。ご声援よろしくお願いいた足ます」と語り、感謝を述べるとともに、勝利を届けると約束した。 2021.05.27 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

J3降格危機の大宮、改善見られず岩瀬健監督を解任…暫定監督になでしこでW杯制覇の佐々木則夫氏

大宮アルディージャは25日、岩瀬健監督(45)の解任を発表した。また、暫定的にトータルアドバイザーを務め、大宮アルディージャVENTUSの総監督でもある佐々木則夫氏(63)が指揮を執る。 岩瀬監督は、現役時代は浦和レッズ、大宮と埼玉の2クラブに所属。大宮ではJ2で60試合に出場し7得点を記録していた。 引退後は、浦和や柏レイソルの下部組織で指導者を務めると、2018年11月から加藤望監督の解任を受けて柏で監督に就任。2020シーズンから大分トリニータでヘッドコーチを務めると、今シーズンから大宮の監督に就任していた。 柏時代に暫定で指揮して以来、自身初のシーズンを通しての監督となると、開幕戦で勝利を挙げるもその後3連敗。一度立て直したかに見えたが、再び3連敗を喫するなど、現在は10試合未勝利と低迷している。 23日には、明治安田J2第15節で最下位のギラヴァンツ北九州と対戦し、3-1で惨敗。再び降格圏の20位に落ちていた。 今シーズンはJ1昇格を目指した中でスタートしたが、一向に改善が見られず、そのまま解任となった。 岩瀬監督はクラブを通じてコメントしている。 ◆岩瀬健監督 「大宮アルディージャのファン、サポーターの皆さまをはじめ、パートナー企業や行政の皆さま、いつも熱くサポートしていただきありがとうございます。今季はJ1昇格を目標にしながら勝ち続けていくチーム作りを行いましたが、皆さまの期待に沿うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております」 「試合の勝利を目指して、選手、スタッフ、クラブスタッフが一丸となって真摯に取り組んでいたことは、かけがえない時間となりました。クラブに関わる皆さまに心から感謝しております。大好きなこのクラブを志半ばで離れるのはとても残念ですが、大宮アルディージャがさらに発展することを心から願っております。本当にありがとうございました」 また、これまでユースの監督やコーチとつとめ、スカウトや強化本部長などを務めた西脇徹也 フットボール本部長も解任されることとなった。 ◆西脇徹也氏 「強化責任者として、ファン・サポーターの方からの声援と期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています。また、どんな時も、選手・クラブを支えてくださった、ファン・サポーター、パートナーの皆さまには大変感謝しております」 「新しい体制のもと、勝利を勝ち取ることを心から応援すると同時に、大宮アルディージャが発展していくことを強く願っております。ありがとうございました」 暫定指揮官となる佐々木氏は、大宮の初代監督で、男子チームを率いるのは1998年以来23年ぶりのこととなる。 その後は、なでしこジャパンで2011年のドイツ女子ワールドカップを制するなど、女子サッカーで指導を続けていた。 2021.05.25 20:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly