アーセナル相手に決勝点のヴァーディ “ビッグ6キラー”ぶりがデータで明らかに

2020.10.27 15:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがまたしても“ビッグ6キラー”の活躍を見せた。

ヴァーディは、25日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦し、途中出場から決勝ゴールをマークした。

◆ヴァーディのダイビングヘッド


データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ヴァーディはプレミアリーグを舞台にした対アーセナル戦12試合11ゴールとなり、対アーセナル戦で12ゴールを記録する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに次ぐ歴代2位の数字だという。

さらに、イギリス『サン』によれば、ヴァーディはアーセナルだけでなく、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムという“ビッグ6”相手にも最もゴールを奪っていることが分かった。

ヴァーディはこれまでの“ビッグ6”との対戦で、通算35試合に出場し22ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.63」となり、プレミアリーグに在籍するストライカーの中でどちらも現役最多となっている。

ヴァーディに続いてゴール数が多いのはリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは31試合14ゴールで、1試合当たりのゴール数は「0.45」といかにヴァーディが抜きんでているかが分かる。

ヴァーディほどの試合数はないものの、サウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングスは18試合11ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.61」となっており、ヴァーディに次ぐ“ビッグ6キラー”はイングスのようだ。

◆プレミアリーグストライカーたちの対ビッグ6戦のスタッツ
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ):35試合22ゴール
ダニー・イングス(サウサンプトン):18試合11ゴール
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ):23試合11ゴール
ハリー・ケイン(トッテナム):26試合12ゴール
モハメド・サラー(リバプール):31試合14ゴール


関連ニュース
thumb

4試合で3勝目、ジェラード監督がレスター戦後半のパフォーマンスを称賛「本当に完璧に近い」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アストン・ビラは5日、プレミアリーグ第15節でレスターと対戦。2-1で勝利を収めた。 11月11日に就任したジェラード監督が率いて4試合目となったアストン・ビラ。マンチェスター・シティに前節敗れたものの、その前のブライトン&ホーヴ・アルビオン、クリスタル・パレスには連勝しており、この勝利で4試合で3勝目を挙げた。 チームを浮上させているジェラード監督は、リバプール時代に指導を受けたブレンダン・ロジャーズ監督率いるチームとの再戦となったが、前後半で違う試合になったと語った。 「本当に嬉しい。ミッドウィークと同じように、2つのハーフで構成された試合であり、ハーフタイムに選手たちには少しずつ要求する必要があった」 「前半は少し受け身だったと感じた。セカンドボールを十分に拾えず、ボールを回し続け、トランジションでいくつか問題があった」 「後半に向けて、いくつかの状況に対応しなければならなかった。でも、選手たちは本当に素晴らしいプレーを見せてくれた。最終的には勝利に値した」 前半は1-1で終えたが、後半早々にエズリ・コンサのゴールで逆転し、その後はしっかりと守って勝利したアストン・ビラ。ジェラード監督は特に後半のパフォーマンスを評価した。 「後半のパフォーマンスは、本当に完璧に近いものだった。このまま逃げ切ることもできたが、2-1の時点でもっと得点できるチャンスが3、4回あった」 2021.12.06 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

解任以降初のキングパワー帰還…ラニエリ、感慨にふける「おとぎ話の一部になれて本当に誇り高い」

28日に行われるプレミアリーグ第13節のレスター・シティvsワトフォード。ワトフォードを率いるクラウディオ・ラニエリ監督にとって、初めて古巣の本拠地に帰還することになる。 言わずもがなラニエリ監督とレスターは2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したスペシャルコンビ。群雄割拠の同リーグにおいて、当時のチームが優勝する可能性は1/5000と言われ、今では“ミラクル・レスター”と、誰もが敬意を込めて呼んでいる。 しかし、2016-17シーズンの低迷により、2017年2月にラニエリ監督は解任の憂き目に。その後、ナントやローマ、サンプドリアの監督を歴任し、解任後では初めてキングパワー・スタジアムに帰還することになった。 レスターでのリーグ優勝は、今でもラニエリ監督の目頭を熱くさせるようだ。試合前の会見では「私はシャイな人間でね。自分の感情を見せたくないのだ」と話し、涙を堪えながら古巣への思いを語った。 「私はいつも彼らの一部であることを感じている。レスターのおとぎ話と、あのクラブの歴史の一部に慣れたことは本当に誇り高いことだ。ファンも最初から寄り添ってくれて素晴らしいシーズンだったよ」 「プレミアリーグ優勝は一生の心の中に残り続けるが、私は新しい物語を書くためにワトフォード に来たのだ」 2021.11.27 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

EL勝利で首位浮上のレスター、ロジャーズ監督も歓喜 「自分たちのサッカーを取り戻せた」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは25日に行われたヨーロッパリーグ(EL) グループC第5節でレギア・ワルシャワと対戦した。プレミアリーグ3試合未勝利に終わるなど、不調に陥るチームだったが、この日は前半にFWパトソン・ダカとMFジェームズ・マディソンのゴールで2点を先取。その後に1点を返されたものの、すぐさまMFウィルフレッド・エンディディのゴールで突き放すと、後半は相手の攻撃を抑え、3-1のスコアで勝利した。 この結果、レスターはナポリをかわしてグループ首位に浮上。最終節に勝利すれば、決勝トーナメント進出が確定する状況となっている。 試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督はチームにとって公式戦5試合ぶりの勝利となったことに歓喜。試合でのパフォーマンスについても、満足感を示した。 「我々は自分たちのサッカーを取り戻せた。それがここ数日を経ての重要なメッセージだったね。我々のサッカーとはピッチの高い位置からのプレッシングと攻撃的なカウンタープレッシングだ。そうすることで、我々のゲームのすべてがより速くなる」 「チームのポジショニングは素晴らしく、良いゴールを決めることもできた。相手のPKについては少し厳しく残念に思うが、全体的には良い集中力を発揮できたね。試合に勝てたことは良い気分だ」 また、ロジャーズ監督は選手を称えつつ、チームに声援を送ったホームスタジアムのファンにも感謝を表明。勝利を手にできたのは、ファンの力があってこそだと語っている。 「この数日間、選手は回復の必要があったにもかかわらず、本当によく働いたと思う。彼らは大いなる称賛に値するだろう。今夜は自分たちらしいプレーができた。それはここでの最後の試合(0-3で敗れたチェルシー戦)の後で見たかったものだ」 「観客の皆にも感謝している。これこそがこのスタジアムの特徴だね。観客がチームを支え、チームがそれに応えることで、あのようなパフォーマンスができるのだ。ファンもまた、大きな称賛に値するよ。グループ内には質の高いチームが揃っているから、我々にはまだやるべきことがたくさんある」 2021.11.26 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第5節まとめ】レバークーゼン、ウェストハム、モナコの首位通過が決定!大混戦のグループCは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が25日に行われた。 すでにラウンド16進出を決めているリヨンに加え、今節で首位通過を決めたのはレバークーゼン、ウェストハム、モナコの3チーム。また、決勝トーナメントプレーオフ進出圏内の2位以内を決めたのは、ガラタサライ、ラツィオ、ベティス、オリンピアコスら4チーム。 優勝候補のひとつであるレスター・シティは、ホームでレギア・ワルシャワと対戦し3-1で勝利。試合は11分にダカ、21分にマディソンがゴールネットを揺らしレスターが2点を先攻。26分にPKのこぼれ球からムラデノビッチに1点を返されたが、33分にエンディディが3点目挙げて完勝。レスターが首位に立ったグループCでは、全チームに突破の可能性が残されている。 堂安律が先発したPSVはシュトゥルム・グラーツに2-0で勝利。また、ライバルのモナコがレアル・ソシエダに勝利した為、グループBはモナコが首位通過。PSVは2位通過を懸けて最終節にソシエダと激突する。 そのほか、グループEではマルセイユに4-2で勝利したガラタサライと、ロコモティフ・モスクワを下したラツィオの2位以内が確定。グループHでは、GS無敗のウェストハムがアウェイで北川航也所属のラピド・ウィーンを2-0で下し、首位通過を決めている。 ■ELグループステージ第5節結果 ◆グループA レンジャーズ 2-0 スパルタ・プラハ ブレンビー 1-3 リヨン ◆グループB PSV 2-0 シュトゥルム・グラーツ モナコ 2-1 レアル・ソシエダ ◆グループC スパルタク・モスクワ 2-1 ナポリ レスター・シティ 3-1 レギア・ワルシャワ ◆グループD オリンピアコス 1-0 フェネルバフチェ フランクフルト 2-2 アントワープ ◆グループE ガラタサライ 4-2 マルセイユ ロコモティフ・モスクワ 0-3 ラツィオ ◆グループF ミッティラン 3-2 ブラガ ツルヴェナ・ズヴェズダ 1-0 ルドゴレツ ◆グループG レバークーゼン 3-2 セルティック ベティス 2-0 フェレンツヴァーロシュ ◆グループH ディナモ・ザグレブ 1-1 ヘンク ラピド・ウィーン 0-2 ウェストハム 2021.11.26 07:35 Fri
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスの新鋭MFにプレミア複数クラブが関心か

オリンピアコスに活躍するギニア代表MFアギブ・カマラ(20)にプレミアリーグの複数クラブが関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ギニア出身のカマラは2019年にリールへ加入。2021年2月に行われたクープ・ドゥ・フランスのディジョン戦でトップチームデビューを飾った。 しかし、今夏の移籍市場でギリシャ屈指の名門オリンピアコスに完全移籍を果たすと、ここまで公式戦17試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残している。 トップ下を主戦場とする170cmのMFは、プレースタイルは異なるものの、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテを彷彿とさせる軽やかな身のこなしやアジリティが大きな特長。さらに、高い足元の技術を生かした創造性溢れるプレーで、崩し、フィニッシュの局面で力を発揮するアタッカーだ。 イングランドメディアによると、その逸材MFに関してはリバプールやレスター・シティ、ニューカッスルといったプレミアリーグの複数クラブがこぞって関心を示しているという。 また、移籍金は2500万ユーロ(約32億3000万円)程度に設定されているようだ。 2021.11.25 00:16 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly