アーセナル相手に決勝点のヴァーディ “ビッグ6キラー”ぶりがデータで明らかに

2020.10.27 15:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがまたしても“ビッグ6キラー”の活躍を見せた。ヴァーディは、25日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦し、途中出場から決勝ゴールをマークした。

◆ヴァーディのダイビングヘッド

データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ヴァーディはプレミアリーグを舞台にした対アーセナル戦12試合11ゴールとなり、対アーセナル戦で12ゴールを記録する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに次ぐ歴代2位の数字だという。

さらに、イギリス『サン』によれば、ヴァーディはアーセナルだけでなく、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムという“ビッグ6”相手にも最もゴールを奪っていることが分かった。

ヴァーディはこれまでの“ビッグ6”との対戦で、通算35試合に出場し22ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.63」となり、プレミアリーグに在籍するストライカーの中でどちらも現役最多となっている。

ヴァーディに続いてゴール数が多いのはリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは31試合14ゴールで、1試合当たりのゴール数は「0.45」といかにヴァーディが抜きんでているかが分かる。

ヴァーディほどの試合数はないものの、サウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングスは18試合11ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.61」となっており、ヴァーディに次ぐ“ビッグ6キラー”はイングスのようだ。

◆プレミアリーグストライカーたちの対ビッグ6戦のスタッツ
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ):35試合22ゴール
ダニー・イングス(サウサンプトン):18試合11ゴール
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ):23試合11ゴール
ハリー・ケイン(トッテナム):26試合12ゴール
モハメド・サラー(リバプール):31試合14ゴール

関連ニュース
thumb

レスターのPL優勝メンバー、オルブライトンが英2部WBAにレンタル 「新たな挑戦が必要だと感じた」

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のWBAは1日、レスター・シティからイングランド人MFマーク・オルブライトン(33)の獲得を発表した。契約は今季いっぱいのレンタルとなる。 アストン・ビラ、ウィガン、そして、2014年5月からプレーするレスターでキャリアを紡ぐオルブライトン。奇跡として語り継がれる2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝や、2020-21シーズンのFAカップ制覇に貢献したほか、出場数も通算295試合を数える。 2021年夏に契約を2024年まで延長して、昨季も公式戦31試合でプレーとベテランの域に入っても存在感を示したが、今季はここまで11試合の出場のみ。先発も4回だけと世代交代が進むチームで序列を下げるなか、この冬のタイミングでWBAでの新たな挑戦を決断した。 オルブライトンはクラブを通じて「レスターでの時間は楽しかったし、ファンタスティックなクラブだけど、レギュラーとしてプレーできない時期もあった。うまく対処できなかったから、新鮮で新たな挑戦が必要だと感じたんだ」と移籍の経緯とともに、意気込んだ。 「ここで自分がまだやれるのをみんなに示したい。僕にとって、それはエキサイティングだ。土曜日の午後に僕のプレーが見たがる子供がいるんだけど、最近はそれができていなかった。彼らのためにもできるだけプレーしたい。それと、アルビオンのファンが友達にいるから、このニュースが流れたら、喜んでくれるだろうね」 2023.02.01 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター、英2部ストークの豪州代表CBサウターと5年半契約! PL初出場目指す

レスター・シティは1月31日、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティからオーストラリア代表DFハリー・サウター(24)の獲得を発表した。契約は5年半となる。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したサウターは身長198cmのサイズを誇るセンターバック。これまでスコットランドとイングランドでキャリアを紡ぎ、2016年夏からストークに所属している。 ストーク移籍からちょくちょくとレンタルを挟むが、通算70試合に出場。今季のチャンピオンシップではケガの影響で7試合の出場のみだったが、レスターでプレミアリーグ初出場を目指す運びとなった。 「こうした素晴らしいクラブに加われるのを嬉しく思う。プレミアリーグでの挑戦は断りがたいチャンスだ。ここにはワールドクラスの施設と素晴らしい選手でいっぱいのスカッドがある。スタートを切るのが楽しみだ」などとコメントした。 なお、移籍金額はイギリス『ガーディアン』によると、1500万ポンド(約23億9000万円)だという。 2023.02.01 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスがアジョセ・ペレスを獲得! ロレンは2部ラス・パルマスへ

レアル・ベティスは31日、レスター・シティからスペイン人FWアジョセ・ペレス(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アジョセ・ペレスは、テネリフェのカンテラ出身で、2014年7月にニューカッスルへと移籍。その後、2019年夏にレスターへ完全移籍で加入した。フォクシーズではセカンドトップや左右のウイングを主戦場に公式戦114試合に出場し、15ゴール12アシストを記録。今シーズンここまでは公式戦13試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 ニューカッスルとレスターでプレミアリーグ通算223試合45ゴールの実績を誇る元U-21スペイン代表FWだが、近年は前線の便利屋という扱いが続いていた。 一方、ベティスは同日、スペイン人FWロレン・モロン(29)が、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 2019-20シーズンにはラ・リーガで2桁ゴールを挙げる活躍を見せたロレンだが、昨シーズンはエスパニョールにレンタルへ出されると、今季は先日のスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦でゴールを記録したが、公式戦4試合の出場で先発は一度もなかった。 2023.02.01 04:41 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター、アメリカのシラキュース大学からガーナ人FW獲得

レスター・シティは31日、アメリカのシラキュース大学に在籍するガーナ人FWナタン・オポク(21)の加入を発表した。なお、オポクは今シーズン終了までベルギーのOHルーヴェンにレンタル移籍する。 ガーナの世代別代表経験もあるストライカーのオポクは、アメリカのシラキュース大学に進学。昨年12月にはNCAAディビジョン1男子サッカー選手権で同大学を優勝に導いた。 2023.02.01 00:33 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表の198cmDFサウター、レスター移籍へ! 移籍金は約24億円か

レスター・シティは、ストーク・シティのオーストラリア代表DFハリー・サウター(24)獲得が目前となったようだ。イギリス『90min』が伝えている。 サウターは身長198cmの巨漢センターバック。オーストラリア代表には欠かせぬ守備の要で、DFながらも国際Aマッチ14試合で6得点を挙げているほか、カタール・ワールドカップ(W杯)では全4試合にフル出場した。 クラブキャリアではスコットランドでプロデビューし、2016年夏からストークに在籍。何度も武者修行を繰り返した末に主力の座を掴み、チャンピオンシップ(イングランド2部)通算61試合に出場している。 レスター移籍が成立なら自身初のプレミアリーグとなるが、移籍市場閉幕が刻一刻と迫るなか、レスターがストークに移籍金1500万ポンド(約24億1000万円)を提示して合意まで漕ぎ着けたという。 なお、レスターはトルコ代表DFチャグラル・ソユンジュ(26)がアトレティコ・マドリーに移籍するとされ、サウターには穴埋めの期待がかかっている。 2023.01.31 21:34 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly