エジルはアーセナルで完全に構想外か、EL登録メンバーから外れる可能性

2020.10.08 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンもヨーロッパリーグ(EL)に参戦するアーセナルは、8日にELに登録するメンバーを発表する予定となっている。しかし、そこには元ドイツ代表MFメスト・エジルの名前がない可能性があるようだ。

エジルは、2013年9月にレアル・マドリーからアーセナルへと加入。アーセン・ヴェンゲル監督の下では、当時のシーズン最多アシスト記録を残すなど、チームの攻撃を牽引する活躍を見せていた。


しかし、徐々にパフォーマンスを落とすと、ウナイ・エメリ監督の下では輝きを失い、出場機会も減少。昨シーズン開幕前には強盗に襲われるなど難しい時期を過ごしている。

ミケル・アルテタ監督就任後は、新たなスタイルでプレーする中でパフォーマンスを上げつつあったが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間後は一度もプレーせず。今シーズンもここまで一度もメンバー入りしていない状況となっている。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、そのエジルは木曜日に発表される予定のEL登録メンバーからも外れる可能性が高いとのこと。週給35万ポンド(約685万円)とチーム最高額のサラリーをもらっている選手でありながら、登録外となれば完全に構想外であることとなる。

先日、アルテタ監督は試合に絡んでいないエジルについて言及しており、今のチームに入ることは「とても難しい」と語っていた。

「チームは進化している。彼らが到達しているレベルを見ることができるはずだ」

「これが現在我々のいるところ。より進化し、より良いプレーをし、より良く競争したいと思っている」

「我々はそれを維持し続けなければならない。ここでの彼らのパフォーマンスにはとても満足している。彼らがコーチングスタッフがチームを選ぶのを難しくしている」

「プレミアリーグに参加していない選手にとっては難しいこと。現在は26、7名のメンバーがチームにいて、全員に出場機会を与えることはできない」

「可能な限り公平に仕事をしなければいけない。私の考えは、より良い状態の選手を選ぶということだ」

チーム全体のパフォーマンスレベルが上がっており、より競争が激しくなっているアーセナル。ホームグロウン制度の関係もあり、ELの登録メンバー25名からは2名が外れる必要があるが、その1名がエジルになる可能性が高いようだ。なお、もう1名は同じく今季は試合に絡んでいないギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスとみられている。

関連ニュース
thumb

開始90秒での失点を嘆くアルテタ「シティに勝つなら全てを完璧にしないと」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がチームのパフォーマンスを悔やんでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは21日に行われたプレミアリーグ第25節で首位マンチェスター・シティと対戦。前節4試合ぶりの白星を掴み、上位浮上のきっかけとしたいところだったが、この日は開始90秒で失点を喫すると、そのまま逃げ切られ、0-1で敗れた。 他チームの結果次第で再びボトム10に後退する恐れもあるアルテタ監督は試合後、立ち上がり方に問題があったと落胆。あまりにも早すぎる失点を嘆いた。 「本当に悔しい。我々は強く説得力のある状態でスタートする必要があった。しかし、実際にはその逆になってしまったと思う。シティにボックスの周辺で時間を与えてしまい、(ラヒーム・)スターリングがボックスの真ん中でヘディングシュートを放った。シティに勝ちたいなら、あんなプレーをしてはいけない」 「その後、我々は可能な限り最善の方法での対応を試みたと思う。本当に良い瞬間が何度かあり、素晴らしいチャンスも何度か作れた。しかし、ゴールを決めるためのクオリティが足りていなかったね。この相手に対しては、すべてが完璧でなければならない」 「キャラクターと勇気を示して、シティ相手に今日のようなプレーをするのは簡単ではない。私はシティのここ数カ月の試合を何度も見てきた。それは誇りに思うべきことだが、この試合では何も得られず明らかにがっかりしている」 また、アルテタ監督はこの試合で負傷明けのDFキーラン・ティアニーやDFパブロ・マリが、フルタイム出場を果たしたことに言及。厳しい日程で疲労が溜まっているチームにとって、大きな出来事だと語っている。 「選手皆を必要としており、2人の復帰は非常に重要だ。今のところ、我々には疲労回復に苦労している選手がいる。彼らは多くの試合でプレーしてきており、最後には両チームとも疲労が見られた。選手たちは努力していて、非常に懸命に働いているので、彼らに多くを要求することはできない」 2021.02.22 11:18 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 0-1 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、アーセナルvsマンチェスター・シティが21日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210222_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 レノ 5.5 失点はノーチャンス。ギュンドアンの決定機を阻むなど冷静なゴールキーピングに加え、ビルドアップの局面でもそつなく繋いだ DF 2 ベジェリン 5.0 守備では堅実な対応を見せていたが、ボールを持った局面では相手の圧力に晒されて効果的なプレーを見せられず 16 ホールディング 6.0 失点場面ではスターリングに背後を取られたが、負傷交代するまで攻守両面において安定したパフォーマンスを見せた (→ダビド・ルイス -) 22 パブロ・マリ 6.0 守備では粘り強く対応しつつ攻撃では時間を経るごとに安定した球出しを見せた 3 ティアニー 5.5 失点場面ではあっさりとクロスを上げさせてしまったが、以降は果敢な攻め上がりでサカと共に攻撃の起点となった。全体の出来としては上々 MF 19 ペペ 5.5 守備ではルベン・ジアスとジンチェンコをケアしたが、後手を踏む場面が散見。攻撃では逆サイドが起点となったことで、なかなか見せ場を作れず (→スミス・ロウ 5.0) アグレッシブに試合に入ったが、可もなく不可もない出来に 25 エルネニー 5.5 攻守両面で最終ラインに近い立ち位置を取って、堅実なプレーを見せた。ポジション奪取に向けてはプラスアルファが求められるところ (→セバージョス -) 11 ウーデゴール 5.0 攻守両面でフェルナンジーニョとマッチアップも経験の差を見せつけられる難しい試合に。ただ、守備は献身的にこなした (→ラカゼット 5.0) ゴールを期待されての投入もフィニッシュに絡めず 34 ジャカ 5.5 相手の疲労の影響もあったが、うまくボールを引き出して効果的な縦パスを幾度も通してビルドアップの起点に 7 サカ 6.0 守備ではカンセロを消しつつ、攻撃ではフェルナンジーニョの脇のスペースにうまく顔を出してティアニーの攻撃参加を促すなど、スマートなプレーで攻撃をけん引 FW 14 オーバメヤン 4.5 守備ではチームの約束事をきっちり守ったが、攻撃面ではなかなか良い形でボールを受けられずシュート0に終わる 監督 アルテタ 5.0 メンバーを入れ替えた中で守備とビルドアップでは奮闘も、攻撃面では可能性の低いクロス以外に攻め手がなかった ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210222_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.0 難しい枠内シュートは皆無。背後をケアしながら局面を変えるミドルパスを幾度か通した DF 27 カンセロ 6.0 試合を通してサカに付かれていつもほどビルドアップへの関与は少なかったが、惜しいシュートを放つなど神出鬼没のプレーで見せ場は作った 5 ストーンズ 7.0 鉄壁の対人守備でオーバメヤンを封殺。クロス対応や遅らせ方の判断など守備面ではほぼ完ぺきな出来。積極的な持ち上がりで局面を変える場面も多かった 3 ルベン・ジアス 7.0 先制点の起点となるなど、比較的プレッシャーの少ない中で攻撃の出発点として機能。守備でもいつも通りの安定感 11 ジンチェンコ 6.5 前半は積極的にフィニッシュの局面に顔を出すなど、ペペを抑えつつ攻撃面でプラスアルファをもたらした MF 17 デ・ブライネ 5.5 後半序盤にようやくらしいプレーを見せたが、攻守両面でブランクを感じさせるプレー内容に (→ジェズス 6.0) 守備の強度を上げつつカンセロの決定機や、精度は欠いたもののシュートチャンスに絡んだ 25 フェルナンジーニョ 7.0 抜群の危機察知能力を生かして中盤の危険なエリアをうまくケア。ボールを奪い切る強さも見せた 8 ギュンドアン 6.0 デ・ブライネ同様にややコンディションの影響を感じさせたが、攻守に及第点以上のパフォーマンスは見せた FW 26 マフレズ 6.0 決勝点をアシスト。ただ、守備で後手を踏んだことで以降は攻撃面での輝きも限定的に 20 ベルナルド・シウバ 6.0 最前線起用でピッチのいたるところに顔を出して気の利いたプレーを見せた。ただ、ほぼフル稼働の影響か全体的にキレを欠いた部分も見受けられた 7 スターリング 6.5 値千金の決勝点を記録。以降も幾度か鋭い仕掛けを見せて守備でもチームを助けた 監督 グアルディオラ 6.5  決してゲームプラン通りにいった試合ではなかったが、ピッチ上の選手たちが全く慌てることなく勝ち切った。日ごろからの戦術の落とし込みの賜物と言える一戦だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ) ほぼ完ぺきな仕事を見せたセンターバックコンビの活躍も見事だったが、好調のロドリに代わって強豪対決に抜擢された中、改めて存在感を示したキャプテンをMOMに選出。試合を通して予想以上に相手にボールを握られるも、抜群の危機察知能力でほとんど穴を作らず、相手の決定機を未然に防いだ。 アーセナル 0-1 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前2) 2021.02.22 04:00 Mon
twitterfacebook
thumb

開始約1分半のスターリング弾が決勝点! シティがアーセナル退けて公式戦18連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、アーセナルvsマンチェスター・シティが21日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。   現在、4位のチェルシーと8ポイント差の10位に甘んじているアーセナル(勝ち点34)。前節のリーズ戦ではオーバメヤンのプレミアリーグ初のハットトリックの活躍もあって4-2の快勝。4戦ぶりの白星を手にし、再浮上を狙う。ただ、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではベンフィカを相手にアウェイゴール1つ奪っての1-1のドローに留まった。   これにより、来週の2ndレグにより力を注ぐ必要がある中、この試合では直近2試合で継続してきたスタメンに5枚の変更を施した。センターバックをホールディング、パブロ・マリに変更し、負傷明けのティアニーが先発に復帰。また、中盤ではセバージョスとスミス・ロウに代わってエルネニー、ペペを起用した。   一方、ミッドウィークに行われたエバートン戦を3-1で快勝したシティ(勝ち点56)は、消化試合数でその他の上位チームと並んだ中で2位以下に10ポイント以上を付けて首位を快走。来週ミッドウィークにボルシアMGとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦を控える中、この試合では負傷明けのデ・ブライネとギュンドアンがいずれもスタメンに復帰したほか、ロドリに代わってフェルナンジーニョがアンカーで起用された。   互いの配置を確認して相手の出方を窺う暇もなく試合はキックオフから約90秒で動く。最後尾のルベン・ジアスからのロングフィードを右サイドで受けたマフレズがボックス右付近でボールを晒しながら対面のDFティアニーをけん制し、絶妙な左足の浮き球のクロスを上げると、DFホールディングの背後を完璧に取ったスターリングがヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。   敵地でいきなり先手を奪ったシティは最前線にベルナルド・シウバを配した布陣も、普段通り流動的にポジションチェンジを繰り返しながら一気にボールの主導権を掌握。基本的に人を捕まえに来るホームチームの守備に対して、比較的浮くことが多いルベン・ジアスとストーンズのセンターバックコンビが積極的な持ち上がりや局面を変える縦パスを打ち込んで相手のプレッシャーラインを難なく越えていく。   ただ、久々のスタメンということもあり、イメージと実際のプレーにやや乖離が見られるデ・ブライネと周囲の連携がしっくりこない場面も見受けられ、得点以降は決定機まであと一歩という状況が続く。   一方、相手の質の高いパスワークを前になかなか良い形でボールを奪えないアーセナルは、自陣の深い位置でボールを奪う場面が多く、攻撃時の立ち位置が良いシティの素早い守備への切り替えに苦しめられて即時奪回を許す場面が目立った。   その後もシティがボールを握る展開が続くが、アーセナルも時間の経過と共に自陣に引いた際の守備が安定。また、マイボール時も徐々に相手のプレッシャーに順応し、ティアニーとサカが並ぶ左サイドを起点に相手陣内深い位置までボールを運ぶ場面が増えていく。   前半終盤にかけてはアーセナルがボールの主導権を奪い返して押し込む状況が続くが、抜群の危機察知能力を武器に中央で睨みを利かせるフェルナンジーニョの存在もあり、攻撃のほとんどがサイドからのクロスという形に。そのため、ティアニーやサカが際どいボールを上げ続けたが、ことごとく相手の屈強なセンターバックコンビに撥ね返される。44分にはボックス右でルーズボールに反応したペペにシュートチャンスも、このシュートは枠の右に外れた。   立ち上がりを除いてほぼイーブンな展開で進んだ試合はシティの1点リードで折り返す。後半の入りは前半にやや精彩を欠いたデ・ブライネが幾度からしいプレーで決定機に関与するが、デ・ブライネの意表を突くループシュートや56分にボックス手前でギュンドアンが放ったミドルシュートはGKレノの好守などもあり、2点目には繋がらない。   一方、アーセナルは前半同様に守備、ビルドアップの局面では安定したプレーを見せるが、肝心のアタッキングサードでは相手の守備を上回るものを見せられず、決定機はおろか枠内にシュートを飛ばすこともできない。   膠着状態が続く中、先に動きを見せたのはアウェイチーム。63分、まだまだ本調子ではないデ・ブライネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。前線の基準点づくりと共に守備の強度を高める。   対するアーセナルは73分、ウーデゴールとペペを下げてラカゼットとスミス・ロウを同時投入。この交代で最前線にラカゼット、2列目に右からサカ、スミス・ロウ、オーバメヤンと人と配置を変えて同点ゴールを目指す。   互いに選手を入れ替えたことで試合終盤にかけては徐々にオープンな展開となる。その中で80分にはシティに後半最大の決定機。自陣右サイドで力強い持ち上がりを見せたフェルナンジーニョからカンセロ、ジェズスとパスが通ると、ジェズスがそのままボックス内に持ち込んで細かいフェイントから左に上がってきたカンセロにマイナスのパス。カンセロはダイレクトで打たずに左へ短く持ち出して右足アウトにかけた技ありのシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れた。   なお、一連の流れでカンセロと交錯した際に頭部に打撃を受けたホールディングは脳震盪の疑いがあり、新ルールを採用してダビド・ルイスが交代でピッチに送り込まれる。さらに、アーセナルは86分に“4枚目”の交代カードとしてセバージョスをエルネニーに代えて投入した。   その後、後半最終盤にもうひと盛り上がりが期待されたものの、試合巧者のアウェイチームはホームチームに最後まで決定機を作らせることなくこのまま試合をクローズ。   90分を通して思い通りの試合とはならなかったものの、要所を締める強者の戦いぶりでアーセナルを退けリーグ13連勝、公式戦18連勝と連勝街道を継続してCLボルシアMG戦に臨むことになった。 2021.02.22 03:28 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ首位快走もペップは油断せず「10日間で状況は一変する」

首位を快走するマンチェスター・シティだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督に油断はないようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 21日にプレミアリーグ第25節でアーセナルとのビッグマッチを控えるシティ。現在首位のシティは公式戦17連勝と破竹の勢いを見せており、リーグ戦ここ3試合はリバプール、トッテナム、エバートン相手にいずれも快勝を収めた。 この結果、2位のマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は「10」に広がり、2年ぶりのリーグ制覇が早くも現実味を帯びてきた。しかしグアルディオラ監督は時期尚早だと一蹴。リバプール戦を引き合いにして、たった数日で全てが一変する可能性があることを強調した。 「もしプレミアリーグタイトルを獲得したいのならば、我々はこの調子を続けていかなければならない。レスターやユナイテッドとは何ポイント差だ? 10ポイントだ。残りのポイントは? 42もあるのだ」 「説明しよう。10日前、我々はアンフィールドで試合をした。その時は7ポイント差だった。負ければ4ポイント差だったが、10日後には16ポイント差になっていた」 「ということは、たった10日ですべてが変わる可能性があるということだ。4点差になっていた可能性もあれば、このように16ポイント差になる可能性もあったのだ」 「最善なのは、次の試合に集中することであり、人の言うことにあまり耳を傾けないことだ」 「もちろん、ここまでやってきたことに誇りを持っているが、まだ2月だ。春は来ていない。そしてタイトルレースが決するのは夏になってからだ」 「まだ我々には多くの試合が残っており、タフな時間も楽しい時間も色々と経験するだろう」 2021.02.21 19:29 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ戦に臨むアルテタ監督が古巣を称賛「ヨーロッパ最高のチーム」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、マンチェスター・シティとの大一番に向けて挑戦的な試合になると語っている。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えた。 21日にプレミアリーグ第25節で首位シティをホームに迎えるアーセナル。前節のリーズ・ユナイテッド戦で4試合ぶりの勝利を収めたが、現時点で10位と低迷している。 かたやシティは公式戦17連勝と破竹の勢いで、17日に延期されていたエバートン戦で勝利を収めたことで2位のマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差を10に増幅。アーセナルは22ポイント差と大きく水をあけられている。 古巣戦となるアルテタ監督は、シティが困難を乗り越え一貫性のあるチームになったことを称賛。今回のシティ戦は非常に大きな挑戦であるとし、胸を借りるつもりで挑むと話している。 「現状で彼らはヨーロッパ最高のチームだと思う。パフォーマンスにプレースタイル、一貫性のある結果、それら全てが彼らをベストチームたらしめている。そのため日曜日は、我々にとって大きくかつ非常に挑戦的な試合になるだろう」 「彼らの強みは困難な状況を克服したこと。ビッグチームは自分たちの能力に疑いを持つと、それを乗り越えなければならない時がある。彼らは本当に説得力のある方法で対処した。全てがまとまり、最高のレベルでプレーしている。一貫性があり、苦労もなく試合に勝つことができているはずだ」 「他のチームと同じように弱点はあるだろうが、現時点でそれを見つけるのは困難だ。まず第一に、彼らは守備が本当に本当に素晴らしいのだ」 アルテタ監督はまた、1月の月間最優秀選手に選ばれたMFイルカイ・ギュンドアンにも言及。自身がシティでコーチを務めていた頃にも、ゴールの才能は垣間見えていたようだ。 「彼は今、チームで最も大きな役割を担う選手だと思う。ボックスへ入り込む能力に長けており、ゴールを決めるまでのタイミングやクオリティも素晴らしい」 「今より深い位置でプレーしていた頃から、その力はあった。見事な選手だよ。本当に並外れたシーズンを過ごしている」、 2021.02.21 18:48 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly