バイエルンが移籍最終日に加入ラッシュ!マルセイユからDFサールを完全移籍で獲得!

2020.10.06 03:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは5日、マルセイユからフランス人DFブナ・サール(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までで、背番号は20を着用する。

2015年の夏にメスからマルセイユ加入したサールは、右サイドバックを主戦場に、右サイドの攻撃的なポジションもこなすサイドプレーヤー。マルセイユでは公式戦180試合近く出場する主力で、昨季は日本代表DF酒井宏樹と右サイドバックでポジションを分け合いつつ、1列前の右ウイングでもプレーし、リーグ・アン27試合1ゴール3アシストの数字を残していた。

バイエルンへの加入が決まったサールは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「バイエルンのような偉大なクラブに加入できてとても嬉しい。ビッグクラブへの移籍は僕の夢だった。クラブの成功の歴史がさらに続くように全力を尽くすよ」

バイエルンは、夏の移籍市場最終日となった同日にパリ・サンジェルマンを退団したFWカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(31)やユベントスからブラジル代表MFドグラス・コスタ(30)の獲得を発表していた。

関連ニュース
thumb

ニューベルがバイエルン脱出へ「あそこに戻っても意味がない」

モナコにレンタル中のドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(25)にバイエルンに戻るつもりはないようだ。 2020年夏にシャルケからバイエルンに移籍したニューベル。守護神マヌエル・ノイアーの後輩ということもあり、大きな期待がかけられたが、そのノイアーの分厚い壁に阻まれ、ほとんど出番を回ってこない状況だ。 そこで昨夏からモナコにレンタル。すると昨季は正GKとして公式戦49試合に出場。レンタル2年目の今季も全試合に出場しており、試合に出られる喜びを噛み締めている様子だ。 そんな中、『Get French Football News』のインタビューに応じた25歳は、バイエルンに戻る意向が現状ではないことを確認。モナコを含めて選択肢は豊富にあると、移籍を示唆した。 「マヌエルがまだそこにいて、契約が2024年まで残っている限り、僕にとって戻るのは意味のないことだ。25歳の僕にとっては2番手や他の役割は論外なんだ」 「トップレベルでプレーするための選択肢はたくさんある。全てがオープンだ。もちろんモナコもその一つだよ」 2022.09.29 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

低調サディオ・マネをバイエルンSDが擁護「時間が解決してくれる」

ゴールから遠ざかるバイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネを、クラブ幹部が擁護した。イギリス『ミラー』が伝えている。 マネは今季からバイエルンに加入。リバプール時代は通算269試合で120得点49アシストを記録し、数多のタイトルをクラブにもたらしてきたが、バイエルンではプレミアリーグ時代の輝きを放てておらず、チームも勝ち切れない試合が続く。 8月31日のDFPポカール1回戦以降、1カ月近くネットを揺らせていないマネ。バイエルンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏はドイツ『ビルト』のインタビューで、マネには時間が必要と力説している。 「サディオにはもう少し時間が必要だ。ブンデスリーガに慣れる必要があるが、時間が解決してくれることだろう。別の国、都市に来て、異なる文化の中で生活することがいかに難しいか、私自身も経験しているからね」 「今はこの道のりの途中にいる。すぐに全てが彼にとって身近な存在となるだろうね。ピッチ上でも体現してくれるはずさ。何といっても彼は世界最高のプレーヤーの1人だ。我々は彼とともに多くの喜びを得るだろう」 また、マネは現在、ユリアン・ナーゲルスマン監督の下で慣れないセンターフォワードとしてプレー。同監督も先日、マネを「異なるポジションに適応する過程にある新加入選手」と説明していた。 一部ではバイエルンが早くもマネの代役確保に動いているとの報道もあったが、決して安くない移籍金を払って獲得しているだけに、辛抱強く適応を待ちたいというのが本音のようだ。 2022.09.29 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが鳥栖MF福井太智の獲得を正式発表! 契約は25年6月まで、来年1月加入

バイエルンは28日、サガン鳥栖からU-19日本代表MF福井太智(18)の獲得を正式発表した。契約は2025年6月まで。加入は2023年1月1日からで、セカンドチームでプレーするようだ。 福井は鳥栖のアカデミー出身で、昨年3月のルヴァンカップに2種登録選手としてクラブ最年少記録となる16歳7カ月で出場し、トップチームデビュー。今年3月には17歳でプロ契約を締び、今季はルヴァンカップの3試合に出場している。 今年6月にモーリスレベロトーナメントのU-19日本代表メンバーにも入り、将来を有望視される福井を巡っては最近のドイツメディアでバイエルンⅡのトライアル参加が報じられており、それが実現した格好だ。 男子の日本人プレーヤーでは元日本代表FW宇佐美貴史以来のバイエルン入りとなり、将来的にトップチームでのプレーも期待される福井は鳥栖の公式サイトを通じて、移籍を決断するまでの葛藤や決め手とともに今季いっぱいの全力を誓った。 「FCバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。Jリーグで実績のない僕がセカンドとはいえいきなりドイツ王者に移籍して結果を出せるのか、慣れない環境で一人で闘っていけるのか、Jリーグでもっと試合に出れるように力をつけてからでも良いのではないか、本当に最後の最後まで悩みました」 「プロにさせてもらったサガン鳥栖でタイトル獲得に貢献しますと宣言したばかりなのにこのような決断を下したのは、U-19日本代表で世界を体感し『このままではだめだ、世界から置いていかれる』と強く感じたことが全てでした。決してサガン鳥栖やJリーグでは成長しないということではなくサガン鳥栖しか知らない僕が子どものころからの夢であるW杯で優勝するために現状に甘んじることなくさらに成長するための決断です」 「まだまだ未熟者の僕ですが小学生の頃から10年間ここまで育ててくれたサガン鳥栖にはとても感謝しています。新たな環境で成長し恩返しできるよう努力します。そして今よりさらに成長した姿をサガン鳥栖や日本のファン・サポーターの皆様に見てもらい日本をW杯で優勝させ、いずれはサガン鳥栖で自分が中心となりタイトル獲得に貢献します」 「チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。強い覚悟を持って移籍します。シーズンも残りわずかですが、サガン鳥栖でのプレーを悔いのないものにしますのでこれまで以上の応援をよろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の逸材がドイツ王者との契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Servus, Taichi! <br><br>Der <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> hat Taichi <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukui?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Fukui</a> verpflichtet. Der 18-Jährige vom japanischen Erstligisten Sagan Tosu wechselt zum 01. Januar 2023 nach München und hat einen Vertrag bis Juni 2025 unterschrieben. <br><br>Alle Infos <a href="https://t.co/FdLPfxhnDX">https://t.co/FdLPfxhnDX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/7QlxwYppre">pic.twitter.com/7QlxwYppre</a></p>&mdash; FC Bayern Campus (@fcbayerncampus) <a href="https://twitter.com/fcbayerncampus/status/1575032589844623361?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロサーノを来夏売却か? バイエルンやユナイテッドが関心

ナポリのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(27)に、多くのクラブが関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 PSV時代に名声を高め、2019年夏に推定4500万ユーロの移籍金でナポリに加入したロサーノ。当時も多くのビッグクラブが獲得に動いた右ウインガーは、初年度から主力の一人としてプレーし、2年目には公式戦43試合15ゴール5アシストの成績を残した。 昨季もルチアーノ・スパレッティ監督のもとで概ね主軸としてチームに貢献したが、今季にかけてもやや存在感が薄まってきていることも事実。今季はまだ1アシストのみで、ついに直近のミラン戦では起用されなかった。 契約が残り2年ということもあり、来夏の退団が予想されているロサーノ。『マルカ』によれば、バイエルンやライプツィヒ、マンチェスター・ユナイテッドなど国外のビッグクラブから関心を持たれているという。 また、伝えられるところでは、ナポリは27歳の売却額を3000万ユーロと評価。メキシコ代表での活躍も加味すればリーズナブルな設定金額と考えられるが、果たしてその去就は…。 2022.09.27 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ストライカー不在のバイエルン、ケインを引き続き注視

バイエルンがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)を引き続き注視しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアでは7月にも来夏のバイエルンのトップターゲットとして、今季終了後にトッテナムとの契約が切れるケインの動向を追っていると報じていた。 バイエルンでは今季、FWロベルト・レヴァンドフスキのバルセロナ移籍によって決定力不足が課題に。シーズン開幕当初はリバプールから加入のFWサディオ・マネが穴を埋められるかに思われたが、レヴァンドフスキ不在の影響が徐々に出始め、ブンデスリーガではここ4試合3分け1敗と勝利から見放されている。 2022.09.26 23:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly