【CL準決勝プレビュー】名門同士によるロンドン行き懸けた第1戦! マドリーが目下6戦無敗と戦績圧倒もバイエルンが意地見せるか

2024.04.30 18:00 Tue
ロンドン行き懸けた第1戦
Getty Images
ロンドン行き懸けた第1戦
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、バイエルンvsレアル・マドリーが、日本時間30日28:00にフースバル・アレーナ・ミュンヘンでキックオフされる。現状の状態、直近の相性を鑑みればマドリー優勢も、ロンドン行きを懸けた激戦必至のセミファイナル初戦だ。
PR
バイエルンは準々決勝でアーセナルと対戦。シーソーゲームとなった敵地での初戦を2-2のドローで終えると、ホーム開催の第2戦をキミッヒの圧巻のヘディングゴールで1-0と競り勝って2戦合計3-2での準決勝進出を決めた。
国内の戦いではDFBポカール早期敗退に加え、アーセナルとの2ndレグを前にレバークーゼンの優勝が決定し、ブンデスリーガ12連覇の夢が潰えた。すでに来季のCL出場権は確保しているが、自力での2位確定へ残り3試合で勝ち点4が必要な状況。アーセナル戦後はウニオン・ベルリンに5-1、フランクフルトにケインのドッペルパックで2-1の勝利を収め、公式戦4連勝で今回の一戦を迎えることになった。

対するマドリーは準々決勝でマンチェスター・シティと対戦。ゴラッソの応酬となったホームでの初戦は3-3のドロー、アウェイでの第2戦も1-1のドローで終えた結果、延長戦を経て臨んだPK戦をGKルニンの見事な2本のPKストップによって4-3と勝ち切って準決勝進出を決めた。

2シーズンぶりの覇権奪還を期すラ・リーガではシティ戦直後に行われた2位のバルセロナとのエル・クラシコをベリンガムの後半アディショナルタイムの劇的な決勝ゴールで3-2と逆転で制し、優勝をほぼ確実に。さらに、直近のレアル・ソシエダ戦は主力を完全に温存した中、リーグ初先発ギュレルのゴールを守り切ってウノセロ勝利。公式戦18試合無敗(13勝5分け)と抜群の安定感を維持して敵地へ乗り込む形となった。
なお、いずれもヨーロッパ屈指の名門である両者はこれまで通算26度対戦しており、バイエルンの12勝3分け11敗と非常に拮抗している。直近の対戦は2017-18シーズンの準決勝でアウェイの1stレグを2-1、ホームの2ndレグを2-2のドローで終えたマドリーが決勝進出を決めている。また、マドリーはその前回対戦含め今カードで目下6戦無敗(5勝1分け)だ。

◆バイエルン◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ノイアー
DF:キミッヒ、デ・リフト、ダイアー、マズラウィ
MF:ゴレツカ、ライマー
MF:サネ、ムシアラ、ラファエル・ゲレイロ
FW:ケイン

負傷者:DFブイ、ブナ・サール、FWコマン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては右サイドバックの控え2人とコマンが欠場となる。また、デ・リフトが前日練習で不在となっており、出場が懸念されるところだ。一方で、ムシアラ、サネ、ライマー、ニャブリの4選手がトレーニングに復帰し、試合に絡める見込みだ。

スタメンは状態懸念の選手たちが起用可能なことを前提に、前述の11名を予想。仮に、先発が難しい場合はキム・ミンジェ、パブロビッチ、ミュラーといった選手が代役を担うことになる。

◆レアル・マドリー◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ルニン
DF:ルーカス・バスケス、チュアメニ、リュディガー、メンディ
MF:カマヴィンガ、クロース
MF:バルベルデ、ベリンガム、ロドリゴ
FW:ヴィニシウス

負傷者:DFアラバ
出場停止者:DFカルバハル(1/1)

カルバハルが累積警告で出場停止に。負傷者に関してはGKクルトワの復帰でアラバのみが不在となる。

スタメンは前述の11名を予想。リュディガーの相棒は引き続きチュアメニが務める見込みで、それ以外のポジションでも変更はない模様だ。

★注目選手
◆バイエルン:FWセルジュ・ニャブリ
Getty Images

トゥヘルの予言的中なるか。通常であれば、エースストライカーのケインやムシアラ、絶好調のサネ、ヴィニシウスとマッチアップするキミッヒに注目が集まるところだ。しかし、前日会見でトゥヘル監督が「どうしてそれがわかるかはわからないが、それは起こるはずだ」と異例のゴールを予言したニャブリを注目選手に推したい。

今シーズンは熾烈なポジション争いに加え、度重なるケガの影響で公式戦17試合の出場にとどまっているが、ブンデスリーガで3ゴール、CLではマンチェスター・ユナイテッドとの重要なグループステージ開幕戦、アーセナルとの準々決勝1stレグと重要な一戦でゴールを記録。その決定力と勝負強さには以前から定評がある。

ゴールを決めたアーセナルとの準々決勝1stレグでハムストリングを痛めた影響で、今回の一戦では途中出場が濃厚だが、左右のウイングのいずれかのプレーでルーカス・バスケス、メンディを相手に質的優位性をもたらし、指揮官の予言通りにゴールを決められるか。

◆レアル・マドリー:MFトニ・クロース
Getty Images

古巣対戦で中盤制圧を狙う。こちらも元ドルトムントのベリンガムやヴィニシウスら注目選手に事欠かないが、古巣とのラスト対戦の可能性もあるドイツ代表MFを注目選手に推したい。

中盤に多士済々のタレントを揃え、比較的ターンオーバーを積極的に活用するアンチェロッティ監督だが、34歳のベテランMFに関しては過密日程や格下との対戦での6試合を除き、ほぼすべての試合で先発あるいは途中出場で起用。そして、百戦錬磨の司令塔は傑出した戦術眼、テクニックを生かしたゲームメイクによって、若手中心の前線と中盤を巧みに操っている。

ここまで3勝1分けの4戦無敗を誇る古巣との一戦では盟友ミュラーやゴレツカ、ムシアラといったマンシャフトの後輩を相手に中盤の攻防を優位に導き、敵地での勝利に貢献したいところだ。

PR
関連ニュース

バーンリーは黙ってない! バイエルン行きで口頭合意とされるコンパニ監督、引き抜きなら34億円を要求

バーンリーは黙ってバイエルンの新監督候補として急浮上したヴァンサン・コンパニ監督(38)だが、バーンリーは簡単に手放す気はないようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 コンパニ監督は、2022年7月にバーンリーの監督に就任。チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦った中、チームは見事に優勝しプレミアリーグに昇格した。 しかし、昇格組特有の苦しみを味わい、内容に結果が伴わないシーズン序盤を過ごすと、その後も勝利は遠く、5勝9分け24敗で19位となり、1年で降格が決定していた。 すると、シーズン終了後に新監督を探しているバイエルンが関心を寄せることに。トーマス・トゥヘル監督の後任にコンパニ監督を指名。来シーズンは2部に落ちるチームではなく、ドイツの強豪へのステップアップにコンパニ監督も乗り気で、口頭合意を済ましたとされている。 ただ、面白くないのはバーンリー。苦しい戦いをしながらも、コンパニ監督を解任することなく、チームビルディングを任せようとしていた中で、ドイツのビッグクラブから手を出されたから黙っていない。 『スカイ・スポーツ』によれば、バーンリーはコンパニ監督の違約金として2000万ユーロ(約34億円)をバイエルンに要求しているとのこと。ただ、そんな金額をバイエルンは払うことはなく、クラブ間の交渉が続いているという。 バーンリーとの契約は2028年まであり、あと4年もある状況。バイエルンがクラブ間合意に至れば、2027年までの契約が用意されているというが、バーンリーがどこまで粘っていけるのか注目だ。 2024.05.24 23:45 Fri

リリース条項存在のダニ・オルモ、リバプールやバイエルンも注目か

RBライプツィヒのスペイン代表FWダニ・オルモ(26)に関心が集まっている。ドイツ『ビルト』が報じた。 バルセロナの下部組織出身で、クロアチアのディナモ・ザグレブに移ってからプロキャリアをスタートさせたオルモ。2020年1月からはライプツィヒでプレーするスペイン代表アタッカーだが、約6000万ユーロ(約101億9000万円)の契約解除条項が存在することから今夏の去就が注目されている。 『ビルト』によると、その解除条項の有効期限は7月初旬までであと約5週間とのこと。期限を過ぎた場合、ライプツィヒは6000万ユーロをはるかに超えるオファーを受けた場合のみ交渉へ向かうという。 オルモに対しては、かねてから名前の挙がっていたバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドに加え、リバプールも獲得を検討。アルネ・スロット新監督にとってお気に入りの選手のようだ。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンも獲得候補リストにこの26歳を追加。本人は現在、バルセロナでガールフレンドと共に休暇を過ごしているとのことだが、どのような未来が待ち受けているのだろうか。 2024.05.24 14:38 Fri

バイエルンがジョン・ストーンズを調査か シティで序列が安定しない29歳

バイエルンがマンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(29)を調査か。 28日で30歳を迎えるストーンズ。シティでプレミアリーグ優勝6回、FAカップ優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝1回を誇り、A代表通算71キャップ、2度のワールドカップ(W杯)を戦ったセンターバックだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下では、最終ラインならどこでもこなし、ボランチも苦にしない適応力、そしてボールを扱う技術が光る。これらを踏まえて重要な存在なのは間違いないが、いかんせん序列は高くない。 契約は2026年6月まで。イギリス『フットボール・インサイダー』によると、バイエルンがかねてよりストーンズをリストアップし、バーンリーから元シティのヴァンサン・コンパニ監督招聘が近づいたことで、移籍の実現性が高まった形だという。 バイエルンには同胞のハリー・ケイン、エリック・ダイアーが所属…4月以降、リーグ戦での先発出場がわずか1試合、起用も2試合にとどまったストーンズだが、果たして。 今後も続くであろうイングランド代表としてのキャリアを考慮し、シティでの立場を懸念しているというストーンズだ。 2024.05.23 19:05 Thu

バイエルン新監督はコンパニ氏か…口頭合意でクラブ間交渉に

バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督(38)に急浮上したバイエルン行きの話だが、実現に近づきつつあるようだ。 来季に向け、トーマス・トゥヘル監督の後任を探るものの、候補者に振られ続けるバイエルン。そうしているうちに今夏が刻々と迫るなか、新たに浮上するのが2022年夏からバーンリーを率いるコンパニ氏だ。 つい最近に初期交渉が報じられ、行く末で注目されるなか、ドイツ『スカイ』の続報によると、ますます具体化し、バイエルンとコンパニ氏の間で口頭合意。コンパニ氏はバイエルンでの挑戦に意欲的だという。 そのなか、バイエルンはまだ合意に至っていないものの、バーンリーとの交渉も開始。バイエルンが招へいとなれば、コンパニ氏の契約が2028年夏まで残るとあって、補償金が支払われる見込みだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏もバイエルンのコンパニ氏招へいが近づいているとし、クラブ間で補償金を巡って連絡を取り合っていると主張している。 昨季のバーンリーをチャンピオンシップ優勝に導き、今季のプレミアリーグにチャレンジしたものの、1年での降格に終わったコンパニ氏。現役時代にハンブルガーSVでプレーしたため、ブンデスリーガでの経験を持つ指揮官ではあるが、いかに。 2024.05.23 11:40 Thu

チェルシーを電撃退団したポチェッティーノ監督、ユナイテッドがテン・ハグの後任として招へいに動き出す可能性

チェルシーの指揮官を電撃的に退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)だが、すでに2つのクラブから狙われているという。 今シーズンからチェルシーで指揮を執っていたポチェッティーノ監督。イングランド代表MFコール・パーマーの目覚ましい活躍などがあった一方で、チームとしては不安定さを露呈。プレミアリーグを6位でフィニッシュし、なんとか来シーズンのカンファレンス・リーグ(ECL)の出場権は獲得したが、満足いくシーズンではなかった。 すると21日、チェルシーとの双方合意の下で退任が決定。1年でチームを去ることになったが、今シーズン限りで多くの監督が退任することもあり、すでに後任候補に狙われているという。 イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ポチェッティーノ監督を狙っているのは、マンチェスター・ユナイテッドとバイエルンだという。 バイエルンはトーマス・トゥヘル監督の退任が決定しており、後任監督探しが難航中。一方のユナイテッドは、エリク・テン・ハグ監督の去就が不透明だが、新オーナーによる改革があるとみられ、FAカップ決勝の結果次第では解任される可能性もあるとされている。 ポチェッティーノ監督がチェルシーを去る理由は、自身の権限。チームの編成に対しての影響力を求めたポチェッティーノ監督だったが、オーナーとの意見が合わずにチームを去ることを決断した。 シーズン終盤にはチェルシーを回復させ、プレミアリーグのラスト15試合では9勝5分け1敗。5連勝でシーズンを終えただけに、その手腕に目をつけるのは当然と言えるだろう。 ユナイテッドの新オーナーとなるINEOSはポチェッティーノ監督の手腕を崇拝しており、シーズン終了後にすぐ交代に踏み切られる可能性も。果たしてどのような結果になるか、また1人市場に浮いた監督が出たことは、多くのクラブに影響を与えそうだ。 2024.05.22 12:15 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly