ラウタロが2ゴールで健在!インテルが今季初の実戦を5-0の大勝で飾る

2020.09.17 22:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
インテルは15日、スイスのルガーノと親善試合を実施。アントニオ・コンテ監督体制の2年目がスタートした。

試合はインテルのトレーニングセンターで開催。今シーズンの初戦となったインテルは主力選手たちが先発出場した。GKにはサミル・ハンダノビッチが入り、ミラン・シュクリニアルアンドレア・ラノッキアアレッサンドロ・バストーニの3バック、今夏加入したアクラフ・ハキミダウベルト・エンリケが両ウイングバックに入り、ニコロ・バレッラとロベルト・ガリアルディーニがボランチでコンビを組んだ。トップ下にはステファノ・センシが起用され、2トップはアレクシス・サンチェスとラウタロ・マルティネスという布陣でスタートした。

◆インテルのシーズン初戦!ラウタロの2ゴール

試合は、開始早々の4分にダウベルトのゴールでインテルが先制すると、35分にはハキミが右サイドから低いセンタリングを送り、相手選手のオウンゴールを誘って追加点を奪った。

その直後の36分には、カウンターのチャンスからサンチェスのお膳立てをラウタロが右足ダイレクトで沈めると、前半終了間際の43分には再びカウンターのチャンスで、サンチェスからのパスをラウタロが沈め、4-0とした。

前半で大量リードを奪ったインテルは、後半開始のタイミングで11人全員を交代。今夏ローマから加入したアレクサンダル・コラロフもデビューとなった。

後半はややトーンダウンした試合だったが、ロメル・ルカクのPKでの得点もあり、5-0でタイムアップを迎えている。

11年ぶりのスクデット奪還を狙うインテルは、第1節のベネヴェント戦が延期となったため、26日に第2節のフィオレンティーナ戦で開幕を迎える。

インテル 5-0 ルガーノ
1-0 4分:ダウベルト・エンリケ(インテル)
2-0 35分:オウンゴール(ルガーノ)
3-0 36分:ラウタロ・マルティネス(インテル)
4-0 43分:ラウタロ・マルティネス(インテル)
5-0 47分:ロメル・ルカク(インテル)

インテル
GK:ハンダノビッチ(46→ラドゥ)
DF:シュクリニアル(46→ダンブロージオ)、ラノッキア(46→ナインゴラン)、バストーニ(46→コラロフ)
MF:ハキミ(46→ヤング)、バレッラ(28→アグメ46→サルセド)、ガリアルディーニ(46→デ・フライ)、ダウベルト(46→ブロゾヴィッチ)
MF:センシ(46→エリクセン)
FW:サンチェス (46→ルカク)、ラウタロ・マルティネス(46→ペリシッチ)

コメント
関連ニュース
thumb

インテル監督、決定機逸でシャフタールとドローも前向き「正しい軌道に乗っている」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、シャフタール戦のパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でシャフタールと対戦。今年8月に行われたヨーロッパリーグ(EL)での対戦に続いてインテルが攻勢をかけたものの、FWロメル・ルカクらがチャンスを決めきれず。0-0のゴールレスドローに終わった。 初戦のボルシアMG戦(2-2)に続いて2試合連続ドローとなったコンテ監督は、チャンスを決めきれないことを悔やんだものの、チームのパフォーマンスをポジティブに捉えていると語った。 「チームは正しいインテンシティと正しい姿勢でプレーしていたから感覚的にはポジティブだ。我々は素晴らしいチームとして試合をしたが、アンラッキーだった。前後半で非常に優れたパフォーマンスをしてシャフタールに大きな問題を引き起こさせていた」 「とても技術に優れて、素早いチームであり、とても上手かった。勝利に値したから残念に思うが、こういったパフォーマンスは我々が正しい軌道に乗っていると認識させてくれる。対戦相手のことを考えず、あらゆる相手にもこうした試合をしたい」 2020.10.28 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元イタリア代表DFカンナバーロの意外性あふれる30mミドル弾

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月28日にご紹介するのは、は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏が、インテル時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆DF最後のバロンドーラー・カンナバーロ、インテル時代の衝撃30mミドル弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKOTU5eVhleiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 身長175cmとセンターバックとしては小柄なカンナバーロ氏が、全身を使っての強烈なロングシュート。相手ディフェンスも完全に油断しており、気持ちの良いスーパーゴールでした。 ◆DF最後のバロンドーラー カンナバーロ氏と言えば、レアル・マドリー時代の2006年にDFとして史上3人目となるバロンドールを受賞。これが現在までDFが同賞を受賞した最後のケースとなっています。 類稀な身体能力を生かしたアクロバティックなクリアや深い読みで鉄壁を誇ったカンナバーロ氏は、自身のゴールとはあまり縁のない選手でした。クラブキャリア通算でも公式戦676試合に出場して18ゴールという数字のカンナバーロ氏ですが、インテル時代の2003年11月22日に行われたセリエA第10節のレッジーナ戦では、攻撃陣顔負けの弾丸ロングシュートを決めています。 0-0で迎えた34分、ブロックを作って守る相手陣内でインテルがボールを回す中、ピッチ中央付近でフリーでボールを受けたカンナバーロ。相手のブロックの手前まで自分でボールを運ぶと、敵陣中央から豪快なロングシュートを放ちます。DFが打ったとは思えない弾丸のような軌道のシュートはゴール右上隅に突き刺さり、見事な先制ゴールとなりました。 このカンナバーロの先制点に触発されたのか、この後インテルは5点を加え、6-0の大勝を記録しました。 2020.10.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル優勢もゴールをこじ開けられずシャフタールに0-0《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節、シャフタールvsインテルが27日に行われ、0-0で引き分けた。 開幕節でレアル・マドリーを撃破する金星を挙げたシャフタールと、ボルシアMGに2-2で引き分けたインテルの一戦。 インテルは3日前に行われ2-0で勝利したジェノア戦のスタメンから4選手を変更。バレッラやハキミ、デ・フライら主力がスタメンに戻り、コロナ陰性となったヤングが先発で復帰した。 2トップにルカクとL・マルティネス、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにバレッラとビダルを据える[3-5-2]で臨んだインテルに対し、シャフタールは15分に左足太ももを負傷したデンチーニョがプレー続行不可能となってタイソンが投入された。 そんな中、16分に決定機。ロングフィードに抜け出したルカクがボックス左に侵入。シュートに持ち込んだがGKにセーブされ、二次攻撃からバレッラの放ったシュートはバーに直撃した。 続く19分にバレッラがGK強襲のシュートを浴びせたインテルが流れを引き寄せるも、徐々に膠着状態に陥ってしまう。 そんな中、前半終盤の42分に決定機。ボックス手前右で得たFKをルカクが直接狙うと、強烈なシュートが枠の左上を捉えたが、GKトルビンの好守に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、54分にインテルにビッグチャンス。だが、ブロゾビッチのシュートのこぼれ球にフリーで詰めたL・マルティネスのシュートは枠を捉えきれない。 先制の絶好のチャンスを逸したインテルは、72分にL・マルティネスを諦めてペリシッチを2トップの一角に投入。 しかし、終盤にかけてもこう着状態を打破できずにゴールレスでタイムアップ。インテルは2戦連続ドローに終わっている。 2020.10.28 04:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンチで怒りの鉄拳連発のラウタロ・マルティネスが釈明「本能的に…」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦に向けた記者会見に出席した。 アントニオ・コンテ監督のもと大きな成長を遂げ、バルセロナやレアル・マドリーなどメガクラブ注目の存在となっているラウタロ。今シーズンはインテルに残留し、ここまでセリエA5試合で3ゴール1アシストと好スタートを切っている。 <div id="cws_ad">◆ジェノア戦で感情を爆発させたラウタロ・マルティネス<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=sezby5ided4zz4wlwa8bxjmr" async></script></div> しかし、24日に行われた第5節のジェノア戦では、72分に途中交代を命じられると、ベンチに戻った後に怒りを爆発させ、椅子を複数回に渡り思い切り殴っていた。 この件に関して、コンテ監督は「関係性に問題はない」と述べていたが、ラウタロ本人が弁解した。 あのリアクションは自分自身に向けてのものだったのかと問われると、「そうだ。望んでいたようなゲームができなかったので、自分自身に腹を立てていた。交代時に本能的に反応してしまったが、今は幸せで、次の試合の準備はできている」と、怒りの理由を明かしている。 また、会見では去就についての質問も飛んだ。残りのキャリアすべてをインテルに捧げたいかという問いには次のように答えている。 「僕はインテルとチームの改善と利益のために、毎日トレーニングに励んでいるし、それで幸せだ。僕たちは常に勝つために、そしてインテルを可能な限り高みに到達させるためにトレーニングを行っている。今、僕はここにいて幸せだと言えるし、愛情を示してくれるファンとインテルで働く全ての人々に感謝している」 シャフタール戦では、ゴールでジェノア戦の鬱憤を晴らすことができるだろうか。 2020.10.27 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー撃破のシャフタール戦に臨むコンテ「8月の対戦とは全く異なる状況」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦に向けたコメントを残している。イタリア『メディアセット』が伝えた。 27日にCL・グループB第2節でウクライナの雄シャフタールと対戦するインテル。リーグ戦ではラツィオやミランに躓いたものの、ここまで5試合で3勝1分け1敗で概ね上々のスタートを切った。 シャフタールとは昨季のヨーロッパリーグ準々決勝でも対戦しており、その試合ではFWロメル・ルカクやFWラウタロ・マルティネスがともに2ゴールを挙げる活躍で5-0の大勝を収めている。 しかし、コンテ監督は2カ月半前とは状況が異なるとしシャフタールを警戒。「インテルはゆっくりとヨーロッパの重要な地位を取り戻していると思う」と自己評価しながらも、開幕節でレアル・マドリーを破った相手に大きなリスペクトを示している。 「(前回対戦と)比較するのは難しい。あの試合の我々は完ぺきだった。メンタリティにおいても攻守においても限りなく完成に近かった。今回の試合もすべての観点から非常に重要なものとなる。同じことを繰り返さなければならない」 「シャフタールは強いチームだ。多くのブラジル人選手が在籍し、かなり戦術的でとても速い」 「マドリー相手に3点奪って勝利したのは偶然ではない。我々は良いゲームを作ることを望んでいる。そのためには準備してきたことをピッチ上で示さなければならない」 またコンテ監督は、ユベントス時代の対戦を振り返り、当時から隠れた才能を見いだす力に優れたクラブだと、大きな称賛を送った。 「称賛すべきは彼らが(移籍市場で)本当に優れた選手を見つけ出すことができるスカウティング能力だ。かつてユベントス時代にCLで対戦した際にも、当時は誰も知らなかったような選手に苦しめられた。ウィリアンやダリヨ・スルナ、ヘンリク・ムヒタリアンにフェルナンジーニョ…。現在も非常に才能あふれる選手たちが揃っているよ」 2020.10.27 13:50 Tue
twitterfacebook