【スーパーゴール図鑑/インテル編】“怪物”ロナウドはFKまで蹴れる! 同胞ロベカルを彷彿とさせる長距離弾丸シュート

2021.01.10 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロナウド(当時21歳)
国籍:ブラジル
所属:インテル
ポジション:FW
身長:183cm圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備え、史上最高のストライカーの1人として知られるロナウド氏。PSVでのヨーロピアンデビューを経て、インテルへ移籍し、圧巻のパフォーマンスで大ブレイクを果たした。


【試合詳細】
日程:1997年9月27日
大会:セリエA第4節
対戦相手:レッチェ
時間:後半36分(3-1)

◆ロナウドが決めた圧巻のFK

ゴールまで30m近くある位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのロナウドは、FKの名手ロベルトカルロスを彷彿とさせるような長い助走を取る。思い切り走りこんだロナウドは勢いのまま弾丸シュートを放つと、ボールはゴールまで一直線。あまりの威力に相手GKファブリツィオ・ロリエリも防ぎきれず、ゴールへ吸い込まれた。

ロナウド氏はインテルでは在籍5年で98試合に出場し59ゴール11アシストを記録。2度の靭帯断裂という大怪我もあったものの、インテリスタの記憶に強く刻まれていることだろう。
関連ニュース
thumb

「大したサッカーはしていない」リーグ首位に立つインテルをカッサーノが辛辣批判「CLでのパフォーマンスは本当に馬鹿げたもの」

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏は、現在リーグ首位に立つインテルを評価していないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 インテルはアントニオ・コンテ監督の指揮の下、セリエAで今シーズン24試合を消化した時点で首位に立っている。現在はリーグ5連勝中であり、2009-10シーズン以来のスクデット獲得が期待されている状況だ。 しかし、カッサーノ氏は『Twitch』を介して、現在のインテルに対する否定的な考えを発信。コンテ監督が「(グループステージ最下位に終わった)チャンピオンズリーグ(CL)で我々がまだ残っていたら、大きな存在になっていただろう」と発言したことに対しても、辛辣に批判している。 「コンテは自分が(ジョゼップ・)グアルディオラではないと理解しているのだろうか。CLの場で発言権があると思っているのだろうか。勘弁して欲しい。私は馬鹿ではないんだ。セリエAが平凡である一方で、ヨーロッパは別物であり、そこで彼らは支配できていない」 「彼らはプレーに違いを作れるエリクセンのフィットにより、さらに強固となったように見えるが、別に大したサッカーはしていない。その辺はアタランタの方が優れている。インテルは深い位置で相手の動きを待ち、ロングボールを(ロメル・)ルカクに届けるだけだ」 「インテルはタイトルを獲得しなければならないし、彼らも勝ち取るつもりではあると思う。とはいえ、良いプレーをしているとは思わないね」 「もしもコンテが深刻なミスを犯したとしたら、それは彼の責任でしかないだろう。インテルのCLでのパフォーマンスは本当に馬鹿げたものだった。シャフタールにも遅れをとっていたんだからね」 2021.03.02 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コンテ「スクデットへの誓いなんてない。インテルのシャツを着れば、野心が溢れてくるもの」

インテルのアントニオ・コンテ監督がチームの状況に満足感を示している。 インテルは先月28日に行われたセリエA第24節でジェノアとホームで対戦。ベルギー代表FWロメル・ルカクの開始32秒弾で早々にリードを奪うと、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、チリ代表FWアレクシス・サンチェスも続いて、3-0の快勝で飾った。 リーグ5連勝の8戦不敗で2位ミラン、3位ユベントスを抑えて首位を走るコンテ監督。試合後、イタリア『スカイ』のマイクを通じて、優勝にまい進するチームの手応えを語っている。 「今、調子の良いチームと対戦した。ここ最近で見ると、我々に次ぐ勝ち点を積み上げ、7試合負けなし。そんなチームが相手だったが、十分な勝利欲、覚悟を示して、少ししか隙を与えなかった」 「ペリンが幾度となくビックセーブで立ちはだかってきたが、何とか3ゴールを奪い切れた。努力が報われ、満足だ。このチームは自分たちの能力を信じて、状況にうまく対応できるようになり始めている。ボールを持っていないときは特にね」 「大きく成熟している。そう言っても、まだ14試合も残っており、この道を歩み、相手に関係なく、同様の集中力をキープしていく必要がある。それこそが偉大な何かを成し遂げ、ファンに歓喜を届ける唯一の術だ」 ユベントス時代にチームを3度にわたり、スクデット獲得に導いたイタリア人指揮官はまた、ピッチ上で続く力強い戦いぶりについて、単にリーグを制したいがためのものではないと主張している。 「スクデットに向けての誓いなんてない。この色のシャツを着れば、いつだって野心が溢れてくるものだ」 「歴史がそれを物語る。インテルが最後にタイトルを手にしてから、ずいぶんと長い時間が経っているがね」 「私の監督就任1年目も昨年8月にスクデット獲得まであと一歩のところまで迫った」 「きっとだが、不当なチャンピオンズリーグ(CL)敗退で感じた失望感がより競争力を高めるためにレベルを上げていく必要性を気づかせてくれたのだろう」 「今、CLに残っていたら、我々の話に力もあったと思う」 2021.03.01 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカクが全3ゴールに絡んだインテル、好調ジェノアに快勝で首位堅守《セリエA》

インテルは2月28日、セリエA第24節でジェノアをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ミランとのダービーを快勝として2位ミランとの勝ち点差を4に広げた首位インテル(勝ち点53)は、出場停止のハキミに代わってダルミアンを起用した以外はベストメンバーで臨んだ。 ここ7試合負けのない好調11位ジェノア(勝ち点26)に対し、インテルは開始34秒に先制する。ラウタロのパスを受けたルカクが持ち上がり、ペナルティアーク右から右足でゴール左へ蹴り込んだ。 あっさり先制したインテルが主導権を握る中、14分にはルカクのポストプレーからボックス右に侵入したダルミアンが決定的なシュートを放っていく。 その後もルカクとラウタロを起点に攻め込むインテルが追加点に迫る中、25、30分と立て続けにルカクがGK強襲のシュートを浴びせた。 ハーフタイムにかけてもラウタロがゴールに迫ったインテルがジェノアを圧倒したまま前半を終えた。 迎えた後半もインテルが押し込む中、ジェノアは62分にストライカーのパンデフとショムロドフを投入。 それでも69分、インテルが追加点を奪う。ルカクがDF4人を引き付けてラストパスを送り、ボックス右のダルミアンがダイレクトでゴール左へシュートを蹴り込んだ。 勝負を決定付けたインテルは77分、直前に投入されていたサンチェスがルカクのボレーシュートのルーズボールに詰めてネットを揺らすと、一度はオフサイド判定とされたものの、VARの末にゴールが認められた、 ルカクが全3ゴールに絡んだインテルが快勝とし、首位の座を堅守している。 2021.03.01 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 途中出場からの決勝点 ストライカー、サモラーノの一撃

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月28日にご紹介するのは、今から23年前に元チリ代表FWのイバン・サモラーノ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チリの英雄的ストライカー、サモラーノが決めたエレガント過ぎるバックヒールゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtRjdNVHBTcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 0-0の状況でベンチから投入され、ワンタッチのシュートで決勝点を奪いきる。ストライカーの真骨頂のようなサモラーノ氏のバックヒールでのゴールです。 ◆背番号「9」へのこだわり ストライカーの代名詞とされる背番号「9」に特別なこだわりを持っていたサモラーノ氏。インテル在籍時の1998年に元ブラジル代表FWロナウド氏に背番号「9」を譲ることとなると、背番号18のユニフォームの1と8の間に小さな「+」を加えて「9」にしていたことでも知られます。 まだ背番号「9」を着けていた1998年2月28日に行われたセリエA第23節のナポリ戦では、ストライカーらしいゴールを決めています。 ホームにナポリを迎えたこの試合では、拮抗した展開となり0-0の状態が続きます。しかし、迎えた63分、途中出場のサモラーノが均衡を破ります。 サイド攻撃から相手を崩したインテルは、右サイドで裏を取ったMFフランチェスコ・モリエーロがボックス右から低めのクロスを上げます。 中央に入ってきたサモラーノは、これを走りながら華麗なバックヒールで合わせると、完璧なシュートはゴール左サイドのGKの届かないコースに飛んでいき、エレガントな先制ゴールとなりました。 他のFW陣がケガがちだった中、サモラーノ氏はその情熱溢れるプレーを武器に2001年にメキシコに移籍するまでインテルで活躍しました。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ラウタロがバルサとの交渉を明かす!「インテルと延長するつもりで断った」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、昨夏にバルセロナと交渉していたことを明かした。 2018年夏に母国ラシン・クラブから加入したラウタロ。当時から多くのビッグクラブが関心を寄せる存在で、2シーズン目から頭角を現すと、今季はセリエAでここまで23試合13ゴール6アシストを記録。早くも昨季の14ゴール5アシストに並ぶ活躍を披露している。 そんなラウタロだが、昨夏にはバルセロナ移籍の噂が度々報じられていた。ロナルド・クーマン監督が戦力外としたFWルイス・スアレスの後釜としてラブコールしていたようで、一説では個人間合意したとも言われていた。 しかしながらラウタロは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、交渉は事実としながらも、移籍するつもりは全くなかったとコメント。さらに、契約延長の発表が近いことも明らかにした。 「本当だよ。僕はバルセロナと交渉していた。でも(アントニオ・)コンテには『インテルのことしか頭にない。この交渉で僕が心変わりすることはないよ』とはっきり言っていたんだ。だけど全て過去のことだ。僕はインテルと契約延長するつもりさ」 「いつ正式な発表があるかはわからない。その間僕はプレーするだけさ。僕の未来はここにある。ミラノに長くいることを見据えているよ。この街の全てが好きなんだ。食べ物もファンもチームもね。ポジティブな感情しかないよ」 また、現在セリエAで首位に立つインテルに関して優勝候補かどうかと尋ねられると、「そういう言葉は好きではないんだ。でも、僕たちはこの順位にいるのは偶然ではないよ」と、慢心することなく自信を覗かせている。 2021.02.27 20:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly