アレクシス・サンチェス Alexis SANCHEZ

ポジション FW
国籍 チリ
生年月日 1988年12月19日(35歳)
利き足
身長 168cm
体重 73kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

来季インテルは大幅戦力UP? タレミ&ジエリンスキ加入濃厚もインザーギ監督は「選手全員を残したい」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が来シーズンの陣容に目を向けている。イタリア『TUTTOmercatoWEB』が伝えた。 すでに3シーズンぶりのセリエA優勝を決めているインテル。4日の第35節ではサッスオーロ相手に今シーズン2敗目を喫した。 その一方、クラブは来シーズンに向けてすでに成果を挙げており、ポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(31)やナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)のフリー移籍が決定的。インザーギ監督はサッスオーロ戦後、公式発表が待たれる2選手の加入をほとんど認め、さらなる補強を目指しているとも明かした。 「クラブとはそのことについて話し合っているところだが、すでに2人の重要なターゲットの加入が決まっている。クラブの功績を称えなければならない。我々がスクデットを目指してプレーしている時から、彼らはそこに取り組んでいた」 「選手層を厚くする必要があるが、移籍市場は予測不可能だ。すでに(CEOのジュゼッペ・)マロッタ、(SDのピエロ・)アウジリオ、(GMのダリオ・)バッチンと共に新たな選手の獲得を検討している」 「長いシーズンになるから補強する必要がある。ほとんど問題なく、うまくいった今シーズンのようになることを願っているが、多くの選手がユーロやコパ・アメリカに参加することも計算に入れなければならない。しっかりと準備に取り組み、選手たちに適度な休養を与えなければならないだろう」 また、インザーギ監督はタレミが加わるFW陣についてもコメント。アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとフランス代表FWマルクス・テュラムがファーストチョイスの中、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとチリ代表FWアレクシス・サンチェスも残したいと語った。 「私はすでにそこに取り組んでいる。今抱えている選手たちは1人も減らすことなく、全員を使いたいとクラブには伝えた」 「アルナウトビッチとサンチェスは私にとって非常に重要だった。彼らは他の2人よりも出場時間が少なかったが、他の選手たちと同様、必要とされた時には準備ができていた」 「クラブは私の考えを理解しているし、それは私も同様だ。長年サッカーに携わっているから、(2人に)ニーズがあることはわかっているが、選手全員を残したい。彼らは皆とても重要な存在だった」 2024.05.05 14:41 Sun

サンチェスが2度目のインテル退団濃厚…新章に挑戦準備

チリ代表FWアレクシス・サンチェス(35)が今季限りでインテルを退団するようだ。 一度はマルセイユに活躍の場を移したが、今季から2シーズンぶりにインテル復帰のサンチェス。フランスで改めて力を見せつけてのイタリア凱旋で、ここまで公式戦30試合に出場し、4得点4アシストをマークしている。 ただ、プレータイムは973分間で、ラウタロ・マルティネスとマルクス・テュラムからなる2トップの完全なバックアッパーに。元々、そういう立ち位置も見込まれての復帰だったが、思ったよりも出番が限られている。 代表ではいまだチームの中心で、来る夏のコパ・アメリカに向けても不安になるクラブでの状況でこのまま今季が終わりそうな35歳FWだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、活躍先を移す模様だ。 サンチェスは単年契約でのインテル復帰とあって、今季終了着にフリーエージェント。このままインテルを離れ、この夏には新章に挑戦する準備が整っているという。 2024.04.30 17:45 Tue

充実のスカッドで3季ぶり栄冠…インテルが新たに刺激を与えるべきポジションとは「…を呼び戻してはどうだろう?」

インテルの補強ポイントやいかに。『フットボール・イタリア』が伝えている。 3季ぶりスクデットのインテル。ジュゼッペ・マロッタCEOが用意した選手たちを、シモーネ・インザーギ監督らコーチ陣が上手く調理し、今季のインテルは国内敵なしと言ってもよいほど強い。“5試合を残して優勝”がその証か。 ご存知の方も多い通り、現インテルは[3-1-4-2]の各ポジションに最低2人ずつ実力者を揃える充実のスカッド。ただ、現状維持は停滞。来季の成功も見据えるなら、今夏の移籍市場を通じ、既存戦力に刺激と競争力を与えることが大事になる。 すでにナポリからポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)、ポルトからイラン代表FWメフディ・タレミ(31)…2選手のゼロ円獲得が確定事項として扱われるなか、インテルOBの元イタリア代表FWアルド・セレーナ氏は、今夏のさらなる改善ポイントをまず「2トップ」に見出す。 「マルコ・アルナウトビッチとアレクシス・サンチェスの2人は、アタッカーとしてのタイプ的にも、インザーギ(監督)の仕事を少し楽にさせた存在だったと思う。来季は欧州経験も豊富なタレミと契約するらしいね。まさに前進の一歩だ」 「しかし、攻撃面で現チームにはない解決策、選択肢をインザーギに与えるべきかとも思う。グズムンドソンだ。彼の卓越したドリブルは素晴らしい。それに、ヴァレンティン・カルボーニもモンツァから呼び戻してはどうだろう」 セレーナ氏が言及したアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)は、ジェノアで2トップの一角を任され、攻撃時はシャドー気味に自由なドリブルでチャンスメイク。インテルが獲得に興味を示していることが判明済みだ。 カルボーニはインテルから武者修行中の19歳で、先月アルゼンチン代表デビューも飾った新鋭。両ワイドに2列目中央、シャドー…あらゆるポジションをモンツァで経験中のアタッカーだ。 セレーナ氏は一方で「中盤」についても短く言及。カルチョ屈指の鉄人、元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、もう来季は現在のように稼働できないとの見立てを示している。 「ムヒタリアンの奮闘は見事だね。ただ、もう35歳で、ここから何年もインテルに残るわけではなかろうし、来季もどうだろう。その点、ジエリンスキとの契約で先手を打ったのは素晴らしい」 2024.04.24 13:00 Wed

「美しすぎ」「サッカーとはこういうもの」インテルがGKから始まるパス7本でゴールを奪い切る!ファンが流れるパスワークを称賛

インテルが決めたゴールが話題を呼んでいる。 1日、セリエA第30節でインテルはエンポリをホームに迎えた。 開始6分にフェデリコ・ディマルコのゴールで先制したインテル。そのまま試合は進むと、81分に驚きのゴールが生まれた。 インテルは自陣からビルドアップをスタート。GKエミール・アウデーロへのバックパスからはじまると、カルロス・アウグスト、マッテオ・ダルミアン、アレクシス・サンチェス、ヘンリク・ムヒタリアン、ニコロ・バレッラ、デンゼル・ダンフリースとテンポ良く繋いで左から右サイドへと展開し、最後はクロスをサンチェスが合わせてゴールを奪った。 最初のパスから7本、選手たちが流動的に動き、相手に触られないままネットを揺らしたパスワークには「美しすぎる」、「素晴らしいチームのゴールだ」、「流動的で素晴らしい」、「サッカーとはこういうもの」、「なんでCL敗退しちゃったんだろう」、「スピードも全部良いな」とコメントが集まった。 なお、試合は2-0で勝利。しっかりと首位をキープしている。 <span class="paragraph-title">【動画】インテル圧巻のビルドアップ!GKからパスを繋いでそのままゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C5O6ApLITWk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C5O6ApLITWk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C5O6ApLITWk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports(@tntsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.02 17:45 Tue

「この道のりを楽しんでいる」スクデット近づく白星をインテル副官も評価、渦中のアチェルビについては「全員が彼の味方」

インテルでアシスタントコーチを務めるマッシミリアーノ・ファリス氏が、セリエAでの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 1日、エンポリとのセリエA第30節に挑んだインテルは、開始早々にDFフェデリコ・ディマルコのゴールで先制に成功すると、その後はスコアが動かずハーフタイムへ。後半は試合をコントロールしながらも追加点を奪えずにいたが、81分にFWアレクシス・サンチェスにゴールが生まれると、そのまま2-0で勝利した。 この結果、2位ミランとの14ポイント差をキープすることに成功したインテル。声が出なくなったシモーネ・インザーギ監督に代わり取材に応じたファリス氏はチームを称えつつ、前節のナポリ戦で人種差別発言疑惑が出るも証拠不十分で無罪判決となったDFフランチェスコ・アチェルビについても触れている。 「今日は後半の方が良かったと思う。選手交代が功を奏して、この結果を持ち帰ることができた。我々は良い前進を見せており、ディマルコがゴールを決めたという事実はとても幸せで誇りだ」 「我々は多くのポイントを獲得しており、良いリードを保っている。引き続き、良い仕事をしていかなければならない。我々はスクデット獲得を念頭に置いているが、自分たちが歩んできた道のりを楽しんでもいる」 「これからはウディネーゼ戦で良い試合をするための準備をしなければならない。ただ、このグループはあらゆるトレーニングに全力を注いでおり、それは素晴らしいことだ」 「(渦中のアチェルビ起用について)最終決断を下すのが監督なのは明らかだ。我々は話し合い、彼の帰りを待ち、全員が味方だった。彼はとても良い人間だ。今回が悪いエピソードだったのは明らかだが、もう終わったのだからフットボールの話だけになることを願っている」 2024.04.02 10:15 Tue

PK戦の末にCL敗退…インテル指揮官は「失望」を認めつつ「この旅を誇りに思うよう話した」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 13日、敵地でアトレティコ・マドリーとのCLラウンド16・2ndレグに挑んだインテル。1stレグを1-0で終え、引き分け以上で準々決勝進出が決まる状況のチームは、33分にDFフェデリコ・ディマルコのゴールで先制するも直後に追いつかれると、87分には痛恨の失点を喫して延長戦へ。延長戦で決着がつかずPK戦に突入すると、FWアレクシス・サンチェス、MFデイヴィ・クラーセン、FWラウタロ・マルティネスの3選手が失敗し、CLラウンド16敗退となった。 1stレグで得たアドバンテージを活かせずのCL敗退となったインザーギ監督は失望を認めつつ、ここまでの戦いについては誇りを示している。 「誰にとっても失望はある。だが、私は選手たちにこの旅を誇りに思うよう話した。我々は今季のCLで負けたことがなかったが、今夜は残念ながら試合の重要な場面でもっとうまくやるべきだったと思う」 「延長戦では優位に試合を進めながらも、多くのミスがあった。こういう試合でそれをすれば、代償を払うことになるだろう。そして我々は、1stレグでもっと何かできたはずだ」 「今夜はリードを奪ったあとで、もっとうまく対処しなければならなかった。一方で、相手は失点後すぐの得点で試合に戻ってきたと思う。準々決勝進出を手中にしかけていただけに残念だが、このグループの監督である私に大きな満足感を与えてくれたチームを誇りに思う」 「PKでの敗退は残念だが、シーズンを締めくくるリーグ戦10試合を最高の形で戦わなければならない。日曜日のナポリ戦は、イタリア王者との対戦だ。我々は最高の形で自分たちを見せられるよう、エネルギーを回復させなければならない」 2024.03.14 10:10 Thu

真価を発揮し始めたサンチェス、インテルは今季までとなる契約の延長検討か

インテルはチリ代表FWアレクシス・サンチェス(35)に新契約をオファーする可能性があるようだ。 サンチェスはウディネーゼで名を上げると、バルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドとビッグクラブをわたり歩き、2019年8月にインテルへレンタル移籍で加入。翌年には完全移籍へ切り替わり公式戦109試合出場20ゴール23アシストを記録したが、2022年夏にマルセイユへ完全移籍となった。 しかし、昨夏の移籍市場でインテルにまさかの復帰。2024年6月30日までの単年契約で加入となったが、開幕からそこまで存在感を示せなかったこともあり、今シーズン終了後の退団は既定路線かに思われていた。 ところが、チームに負傷者が出たこともあり出場機会が増えたサンチェスは、セリエAで3試合連続アシストを記録するなど大活躍。イタリア『カルチョメルカート』によると、ここまで公式戦23試合3ゴール3アシストの成績を残すサンチェスについて、インテルは新契約を手渡す可能性もあるという。 クラブはシモーネ・インザーギ監督からの信頼も厚いチリ代表FWについて、ここからシーズン終了までの活躍をしっかり見極める構えの模様。ここ数試合で見せているような活躍を続ければ、来季もインテルでプレーする可能性が出てくるだろう。 2024.03.06 12:10 Wed

「これを長い間待っていた」インテルで初ゴール記録のアスラニが歓喜「家族とチームメイトに捧げたい」

インテルのアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニが、クラブでの初ゴールを喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アスラニは4日に行われたセリエA第27節のジェノア戦で先発。30分にボックス内まで駆け上がりFWアレクシス・サンチェスからのラストパスを受けると、ダイレクトシュートを突き刺し嬉しい初ゴールを記録した。チームはその後にサンチェスがPKを決めて2点差にすると、最終的に2-1で勝利を収めている。 勝利に大きく貢献したアスラニは試合後にイタリア『スカイ・スポーツ』で初ゴールを大いに喜んでおり、チームメイトへの感謝も口にした。 「(インテル初ゴールは)家族に捧げようと思っているけど、毎日僕を助けてくれるチームメイトにも捧げたいね。全員が僕を抱きしめに来て、本当に喜んでくれたんだ。正直に言って、僕はこのゴールを長い間待っていた。サン・シーロでのゴールは特別な感情になると思っていたから、そこで達成するのを願っていたよ」 「これは非常に重要な勝利だと思う。ジェノアは良いフットボールをしていたからね。僕たちは避けられる失点を許してしまったけど、チームとして一緒に困難を分かち合えたのは良かった」 「(現在の連勝が)重要なアドバンテージであることは理解しているけど、次はボローニャ戦が待っている。僕たちはこのまま、勝ち続けたいという希望を持ってそこへ向かうつもりだよ」 2024.03.05 10:30 Tue

破竹のリーグ戦9連勝で首位独走のインテル、インザーギ監督「誰もがしっかり機能している」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、絶好調のチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 4日、ジェノアとのセリエA第27節に臨んだインテル。リーグ戦8連勝中のチームは、30分にMFクリスティアン・アスラニのゴールで先制すると、その8分後にはPKをFWアレクシス・サンチェスが確実に決め2点差としてハーフタイムへ。後半は1失点を許すも最後までリードを守り切り、2-1で勝利を収めた。 セリエAで9連勝を飾り2位ユベントスに15ポイント差をつけることになったインザーギ監督は、過密日程でも結果を出し続ける選手を称賛。チームの総合力の高さを示している。 「この多くの試合がある道を進み続けるのは難しい。どの試合でも、それぞれ困難を抱えることになるが、それでも我々は踏ん張り、これからも集中力を維持しなければならない」 「私はアスラニの仕事ぶりについて称えたい。外から見てもわからないものだが、昨年も非常によく働いていたんだ。彼はすべてのトレーニングで学ぼうと努めており、今週はチーム全体と同様に素晴らしい試合をした」 「もちろん、全員がとてもうまくやっていると思う。サンチェスと(マルコ・)アルナウトビッチは2024年初めからのこの連勝の基礎となった。彼ら2人は、今季並外れた成績を収めるラウタロ(・マルティネス)、(マルクス・)テュラムと同じく重要なんだ」 「(連勝について)気分は良いが、重要なのは記録よりタイトルだろう。すでにイタリア・スーパーカップで優勝、クラブワールドカップの出場権獲得を成し遂げ、リーグも素晴らしい成績だ。次はチャンピオンズリーグの試合となるが、非常に難しいものになるだろうね」 「今シーズンの我々は大きく変わり、新しい選手を迎え入れることになったが、誰もがしっかり機能している。クラブは物事を最善の方向に進めるよう助けてくれたし、選手も素晴らしい対応を示してくれた」 2024.03.05 10:10 Tue

カルチョの名守護神フレイ氏、去就注目“後輩”ベンゼマの新天地を古巣と予想?「...なんてどうだろう」

カルチョを彩った懐かしの名守護神、元フランス代表GKセバスティアン・フレイ氏が、アル・イテハド退団が報じられる元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(36)の新天地を考察した。 1990年代後半から2010年ごろまでカルチョで活躍したフレイ氏。中田英寿氏と共闘したパルマ時代の印象が色濃いが、他にもインテルやフィオレンティーナ、ジェノアなどでプレーし、セリエA通算446試合出場を誇る。 そんなフレイ氏は、2007〜08年ごろに当時まだ駆け出しの若手タレントだったベンゼマとフランス代表でチームメイトに。時は流れて2024年1月、36歳となったベンゼマはアル・イテハド加入から半年足らずでサウジアラビア生活に嫌気が差し、クラブとも対立中だと報じられている。 これを受けて「チェルシーが新天地に?」などと伝えられるなか、イタリア『カルチョメルカート』のインタビューに応じた“先輩”フレイ氏は、ベンゼマが自身の古巣でもあるインテルへ向かう可能性を投げかけた。 「カリムはサウジアラビア全体と対立しているそうだね…早ければこの1月にも移籍市場に名前が上がるそうじゃないか。私はジュゼッペ・マロッタをよく知らないが、インテルへ行く可能性なんてどうだろう?」 「でもそうなると…まずはアレクシス・サンチェスの退団が必要か。もしサンチェスが1月中にインテルを離れるなら、ベンゼマが来る可能性もありそうだ」 『カルチョメルカート』はフレイ氏の考察について、インテルがイラン代表FWメフディ・タレミ(31)の来夏フリー獲得に近づいていること、ベンゼマがアル・イテハドとの契約を1年半残していること、破格もいいところの年俸を受け取っていることなどから「非現実的だよ」としつつ、「ベンゼマがCLなど欧州カップ戦への復帰を目指すなら、ほんの少し可能性があるかも」と気持ち程度に乗っかった。 ちなみに、アル・イテハドはベンゼマに関して1月中の放出に消極的だと報じられている。 2024.01.18 20:35 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年8月26日 マルセイユ インテル 完全移籍
2022年8月10日 インテル マルセイユ 完全移籍
2020年9月1日 マンチェスター・U インテル 完全移籍
2020年8月31日 インテル マンチェスター・U レンタル移籍終了
2019年8月29日 マンチェスター・U インテル レンタル移籍
2018年1月22日 アーセナル マンチェスター・U 完全移籍
2014年7月10日 バルセロナ アーセナル 完全移籍
2011年7月21日 Udinese バルセロナ 完全移籍
2008年6月30日 リーベル・プレート Udinese レンタル移籍終了
2007年8月15日 Udinese リーベル・プレート レンタル移籍
2007年6月30日 コロコロ Udinese レンタル移籍終了
2006年7月11日 Udinese コロコロ レンタル移籍
2006年7月1日 Cobreloa Udinese 完全移籍
2005年3月1日 Cobreloa 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループD 6 315’ 2 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 1 2’ 0 0 0
セリエA 22 714’ 2 0 0
合計 29 1031’ 4 0 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第1節 2023年9月20日 vs レアル・ソシエダ 20′ 0
1 - 1
第2節 2023年10月3日 vs ベンフィカ 17′ 0
1 - 0
第3節 2023年10月24日 vs ザルツブルク 65′ 1
2 - 1
第4節 2023年11月8日 vs ザルツブルク 69′ 0
0 - 1
第5節 2023年11月29日 vs ベンフィカ 79′ 1
3 - 3
第6節 2023年12月12日 vs レアル・ソシエダ 65′ 0
0 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月20日 vs アトレティコ・マドリー 2′ 0
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月13日 vs アトレティコ・マドリー ベンチ入り
2 - 1
セリエA
第2節 2023年8月28日 vs カリアリ メンバー外
0 - 2
第3節 2023年9月3日 vs フィオレンティーナ メンバー外
4 - 0
第4節 2023年9月16日 vs ミラン ベンチ入り
5 - 1
第5節 2023年9月24日 vs エンポリ 9′ 0
0 - 1
第6節 2023年9月27日 vs サッスオーロ 22′ 0
1 - 2
第7節 2023年9月30日 vs サレルニターナ 55′ 0
0 - 4
第8節 2023年10月7日 vs ボローニャ 35′ 0
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs トリノ ベンチ入り
0 - 3
第10節 2023年10月29日 vs ローマ ベンチ入り
1 - 0
第11節 2023年11月4日 vs アタランタ 4′ 0
1 - 2
第12節 2023年11月12日 vs フロジノーネ ベンチ入り
2 - 0
第13節 2023年11月26日 vs ユベントス メンバー外
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs ナポリ ベンチ入り
0 - 3
第15節 2023年12月9日 vs ウディネーゼ ベンチ入り
4 - 0
第16節 2023年12月17日 vs ラツィオ メンバー外
0 - 2
第17節 2023年12月23日 vs レッチェ 6′ 0
2 - 0
第18節 2023年12月29日 vs ジェノア 19′ 0
1 - 1
第19節 2024年1月6日 vs ヴェローナ 7′ 0
2 - 1
第20節 2024年1月13日 vs モンツァ ベンチ入り
1 - 5
第22節 2024年1月28日 vs フィオレンティーナ 13′ 0
0 - 1
第23節 2024年2月4日 vs ユベントス ベンチ入り
1 - 0
第24節 2024年2月10日 vs ローマ 2′ 0
2 - 4
第25節 2024年2月16日 vs サレルニターナ 30′ 0
4 - 0
第26節 2024年2月25日 vs レッチェ 90′ 0
0 - 4
第21節 2024年2月28日 vs アタランタ 22′ 0
4 - 0
第27節 2024年3月4日 vs ジェノア 65′ 1
2 - 1
第28節 2024年3月9日 vs ボローニャ 90′ 0
0 - 1
第29節 2024年3月17日 vs ナポリ 11′ 0
1 - 1
第30節 2024年4月1日 vs エンポリ 13′ 1
2 - 0
第31節 2024年4月8日 vs ウディネーゼ 16′ 0
1 - 2
第32節 2024年4月14日 vs カリアリ 75′ 0
2 - 2
第33節 2024年4月22日 vs ミラン ベンチ入り
1 - 2
第34節 2024年4月28日 vs トリノ 27′ 0
2 - 0
第35節 2024年5月4日 vs サッスオーロ 90′ 0
1 - 0
第36節 2024年5月10日 vs フロジノーネ ベンチ入り
0 - 5
第37節 2024年5月19日 vs ラツィオ 13′ 0
1 - 1